ホワイト企業の特徴とホワイト業界ベスト3選!新卒・第二新卒に対応

「新卒・第二新卒向け」ホワイト企業の特徴とホワイト業界3選!

ホワイト企業の特徴ホワイト業界ベスト3を発表。新卒と第二新卒の方は、これから就職する企業がホワイト企業であることを求めていることでしょう。誰もが進んでブラック企業に就職しようなどとは考えないと思います。今回の特集では「ホワイト企業の特徴」のポイントを細かくご紹介します。さらにホワイト業界を筆者で選抜してまとめました。新卒と第二新卒の方はぜひ就職活動や転職活動でお役立てください。

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは「社員の離職率が低いことや、福利厚生が整っていること」「従業員のために企業が勤務形態を一定基準以上の労働を強いないこと」など一定の定義はとくに存在はしないが、従業員が安心して働ける仕組みができている企業を指します。

ホワイト企業の特徴

離職率の低さ

離職率データ

参考元:http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/12.html

ホワイト企業の特徴として「離職率の低さ」が挙げられます。上記画像は一般的な離職率のデータとなりますが、大学卒業後に就職した「新卒」の離職率は約32%以上となります。ホワイト企業と言われるには最低でもこのデータ以上ではないといけませんね。

充実した福利厚生

ホワイト企業の特徴として「社員のための福利厚生」が非常に充実していることも特性です。以前に「ユニークな制度があるベンチャー企業4社!新卒・第二新卒の企業研究に活用!」でユニークな制度のある企業をご紹介したことがありますが、従業員の労働環境をしっかりと整えている企業は離職率も低くなり、ホワイト企業として言われるケースが非常に多いのです。

明確な人事評価制度

ホワイト企業の特徴として「明確な人事評価制度」が設けられていることです。企業は従業員が存在することが大半です。従業員が仕事をしなかったら売上も管理も成り立ちません。ホワイト企業の人事評価制度は従業員が満足する基準を設けて日々業務に励めるように企業側が設定することは大切です。

「どのようなミッション」「どのような目標」「いつまでに」「結果に対してのフィードバック」が存在する企業がホワイト企業の要因になります。

給料が納得できる

ホワイト企業の特性として「給料」が低いと従業員も目的意識がなくなっていきます。ミッションとそのミッションを達成した時の給与への反映は必ずあるものです。しかし多くの日本企業はこの給料に不満を持つ方が多いのです。

ホワイト企業は給料も「頑張った分の評価」がしっかりと整っていることは大前提です。多くのホワイト企業と呼ばれる企業はこの問題をクリアしています。

ここで勘違いしないでいただきたいのは「給料が必ずしも高い」わけではないということです。自分の役割に対して従業員が妥当だと納得できる評価をされて給料に反映していることになります。

事業内容にやりがいがある

ホワイト企業の特性として「事業内容に従業員が理解を示していること」にあります。どんなに儲かる仕事でも「やりたくないこと」「社会のためにならないこと」「法律に違反している」などあれば、それは従業員も満足することはないでしょう。

従業員が「やりがいを感じる」「誇りを持てる」と思える事業内容ではないとホワイト企業として認められることはないです。

女性が働きやすい環境

ホワイト企業の特性として「女性が働きやすい環境」ということも重要です。現代では多くの女性が結婚後や出産後にも仕事をすることが多くなっています。

女性が働きやすい環境

参考元:http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h24/hakusho/h25/html/n1213000.html

「共働き世帯」が増加傾向にある日本は、女性の活躍も非常に大切になってきています。しかし昔ながらの風習で女性への福利厚生や待遇が悪い状況が現在でも存在するのは事実です。

ホワイト企業と呼ばれる企業では「育児休暇」や「女性だけの休日」といった制度を設けているケースも存在しています。女性の従業員満足度も大きな要因であることは間違いありません。

不要な残業は廃止

ホワイト企業の特性として「残業の廃止」は非常に多く存在します。もちろん「完全に残業がない」というわけではありません。与えられたミッションや役割を終えるまで業務をこなすことは絶対条件です。しかし「ノー残業デー」や「規定時間外は残業不可」などを企業として設定して、さらに「徹底」している企業はホワイト企業として呼ばれることが多いです。

ホワイト業界3選

ホワイト業界3選

インフラ業界

一般的には社会基盤を扱うような企業のことを言います。非常に社会にとって必要なポジションや仕事内容を扱いますので仕事は絶えずあります。さらに社会的認知度も高く不正取引や従業員に対して良くない扱いをすると、世間的に大きな問題になることから、ホワイト企業と言われるよう制度もしっかりと整えていることが大半です。

代表的な企業

NTT、東京電力、JR関係、ガス会社など

公務員

これは社会的にもホワイト業界のイメージはすでにあるでしょう。国や自治体に雇われているので安定もしています。国が大本なので労働基準に対しての違反ももちろんありません。例外もあるようですが、まさにホワイト業界の代名詞と言って過言ではありません。

メーカー業界

メーカー業界もホワイト業界として有名な話です。給料や勤務時間、社会的認知度と総合的にホワイトと呼ばれる業界です。離職率の低さの観点からも非常に高評価です。

代表的な企業

東ソー、JSR、カネカ、昭和電工

まとめ

いかがでしょうか。これから就職する新卒や転職活動中の第二新卒の方の参考になるといいです。ホワイト企業に入社したいという声は多く聞きますが、全体的にどんな企業を目指しているのか不透明に思っていました。今回の記事でホワイト企業の特徴をしっかりとつかんでいただきたいと思います。また、ホワイト業界を知ることでホワイト企業に就職できる可能性もあると思います。

「新卒・第二新卒向け」ホワイト企業の特徴とホワイト業界3選!

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」