ホワイト企業7つの特徴!ホワイト業界を知って転職を成功へ!

ホワイト企業7つの特徴!ホワイトな業界を知って転職を成功へ!

ホワイト企業に転職したいという考えは誰にでもあると思います。この記事を読んでいる方の大半は『ホワイト企業に就職や転職したい!』という考えを持っているはずでしょう。またホワイト企業を知るうえで絶対に知っておくべきことは『ホワイト業界』についても知っておくべきです。

そこで今回は独自に調査してまとめた『ホワイト企業7つの特徴』と『厳選したホワイト業界』についてご紹介します。また当サイトが独自に取材や調査した転職エージェントもご紹介!転職を希望している方に親切で実績のある転職エージェントに登録できます。

第二新卒で転職を成功させたい方は厳選した転職エージェントをおすすめします。

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは明確な定義はありませんが主に『離職率が低い』『社員の為に福利厚生が充実』『社員が自社に満足している』『労働時間や管理体制が整備されている』など【社員が安心して働ける仕組みが整っている企業】をホワイト企業と呼ばれています。

また近年では女性の働き方にも国として注目されていることから『育児休暇が取得しやすいか』『産前や産後に復帰できる』など【女性社員に関係する仕組みもホワイト企業の目安】としてみられているようです。

ホワイト企業7つの特徴

①離職率が低いこと

①離職率が低いこと

参考元:新規学卒者の離職状況 |厚生労働省

①離職率が低いこと

参考元:新規学卒者の離職状況 |厚生労働省

まずホワイト企業の特徴で「離職率の低さ」は参考になります。上記画像は厚生労働省が発表した大学卒業者を対象とした離職率のデータです。社員が増えていくほど離職率が低い傾向がわかりますね。近年では大企業になるほど社員の働きやすい環境を整えないと社会的にブラック企業というレッテルを貼られてしまう可能性があります。また社員が多いので数字では低くみえても退職する人数は多いはずです。このデータをみて皆さんが何を感じるかは個人によって違うと思います。ホワイト企業は少なくても上記データよりも低い離職率を目指している、又は実現している企業と言えるのではないでしょうか。

②女性が働きやすい環境である

②女性が働きやすい環境である

参考元:平成27年版厚生労働白書 本編図表バックデータ|厚生労働省

ホワイト企業の特徴として「女性が働きやすい環境」ということも重要です。現代では多くの女性が結婚後や出産後にも仕事をすることが多くなっています。上記データをみると明確に共働き世帯が増えていることがわかります。日本の企業は古い企業ほど女性に対する待遇が悪い企業が未だに数多く存在します。しかし女性の働き方改革が進む現代では女性の働きやすい環境を整えることがホワイト企業と呼ばれる要因になることは間違いありません。

③充実した福利厚生

ホワイト企業の絶対条件とも言えるのが「社員のためになる福利厚生」です。福利厚生とは給料以外の金銭ではなく企業から社員に対する報酬と言えます。主に社員だけではなく社員の家族にまで利用やメリットがある制度を福利厚生と呼びます。近年では福利厚生が充実した企業が多くその傾向は主に「ベンチャー企業」に多くユニークな制度を完備しています。以前に「ユニーク制度があるベンチャー企業4社!第二新卒の企業研究」という記事で一部面白い福利厚生を特集していますので参考にしてください。

④明確な人事評価制度

次にホワイト企業の特徴として「明確な人事評価制度」も大切にされています。その理由は理不尽な人事業評価制度によりどんなに努力しても給料が上がらなかったり、モチベーションが上がらなく転職を考えることになってしまうようです。近年の学生や転職者に聞くと、自分の努力や結果をしっかりと評価してくれないことがブラック企業と呼ばれてしまう傾向もあるようなので、不透明な評価委制度ではなく明確な基準を用意されている企業がホワイト企業の特徴ではないでしょうか。

⑤給与や賃金にも納得できること

ホワイト企業の特徴として「給与」や「賃金」についても社員が納得できることが大切なようですね。しかし勘違いしないでもらいたいのは、『高額な給与や賃金がホワイト企業というのは間違い』です。ここで言う納得とは自分の年齢や仕事内容、責任の大きさ、労働時間などトータル的に判断された、社員も納得できる内容であることです。初任給で月給30万円の社員だが仕事量が多すぎて、毎日終電ギリギリ帰宅の人と初任給で月給21万円だが適正な仕事量と帰宅時間の人だと後者の人がホワイト企業と感じる割合が多くなります。

⑥事業内容や会社に働きがいを感じること

ホワイト企業の特徴6つ目は「事業内容や会社に働きがいを感じれる」ことです。個人によって感じ方は変わりますが、少なくても会社の事業内容などに共感して自分の行っている事業や作業に誇りを持っている人たちは働きがいを常に感じ、満足度は非常に高くなる傾向があります。どんなに条件が良くても会社の事業内容や作業内容とのマッチングができていないと、その人にとってはホワイト企業と言えなくなるのではないでしょうか。

そんな時は転職マッチングのプロに相談することをお勧めします。転職を成功させる転職エージェントを特集していますので参考にしてみてください。

⑦不要な残業は廃止

ホワイト企業の特徴として「不要な残業の廃止」は非常に多く存在します。もちろん「完全に残業がない」というわけではありません。与えられたミッションや役割を終えるまで業務をこなすことは絶対条件です。しかし「ノー残業デー」や「規定時間外は残業不可」などを企業として設定して、さらに「徹底」している企業はホワイト企業として呼ばれることが多いです。

ホワイト企業の見つけ方

ホワイト企業の見つけ方

それではホワイト企業をみつけるにはどんな方法があるのでしょうか。今まで説明してきたホワイト企業7つの特徴を読んで感じた方もいると思いますが、自分でピンポイントで探すには厳しいと感じた人もいるでしょう。当メディアでは一番推奨している見つけ方として、転職エージェントの活用を推奨しています。

転職者なら転職エージェントに相談する

これは当メディアが一番推奨している方法です。理由は転職エージェントが色々な企業のデータを持っているからです。転職エージェントによって紹介してくれる企業のデータは違いますので2~3社ほどの転職エージェントに登録して相談することをお勧めします。

転職希望者におすすめの転職エージェントを7社厳選して特集記事としてまとめています。

ホワイト業界とは

ホワイト業界とは

ホワイト企業に就職や転職をしたい人はホワイトな業界も知っておくべきです。もちろんここで紹介する業界が必ずしもあなたにホワイトな業界とは言い切れません。しかし一般的な情報を知っておくことは損にはなりません。

①インフラ業界

一般的には社会基盤を扱うような企業のことを言います。非常に社会にとって必要なポジションや仕事内容を扱いますので仕事は絶えずあります。さらに社会的認知度も高く不正取引や従業員に対して良くない扱いをすると、世間的に大きな問題になることから、ホワイト企業と言われるよう制度もしっかりと整えていることが大半です。

代表的なインフラ業界の企業

  • NTT
  • 東京電力
  • JR関係
  • ガス会社

②公務員

これは社会的にもホワイト業界のイメージはすでにあるでしょう。国や自治体に雇われているので安定もしています。国が大本なので労働基準に対しての違反ももちろんありません。例外もあるようですが、まさにホワイト業界の代名詞と言って過言ではありません。

③メーカー業界

メーカー業界もホワイト業界として有名な話です。給料や勤務時間、社会的認知度と総合的にホワイトと呼ばれる業界です。離職率の低さの観点からも非常に高評価です。

代表的なメーカー業界の企業

  • 東ソー
  • JSR
  • カネカ
  • 昭和電工

④航空・海運業界

航空業界や海運業界はすでに既に国内シェアの大半を握っています。つまり新規参入することが難しい為、競合会社が増えないというメリットがあるのです。国によって認可が守られているため安心です。航空業界ではジャンボジェット機など単価の大きい案件が多く、儲けも非常に大きいため倒産するリスクも少ないと言えるでしょう。

代表的な航空・海運業界の企業

  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日本空輸)
  • 日本郵船
  • 商船三井

まとめ

ホワイト企業7つの特徴と見つけ方、さらにホワイト業界についてご紹介しました。ホワイトな企業や業界に就職や転職を成功させたいと考えている方々に向けた記事でしたが参考になりましたか?人それぞれ感じ方や働き方は違いますので全員がこの記事が参考になるとは思っておりませんが、少なくとも一般的な情報を基に独自の観点でまとめてみました。とくに転職エージェントは大変多くの企業とのコネを持っています。当メディアで紹介する転職エージェントは電話取材などを基に独自で厳選しましたのでご安心ください。この記事を読んだ皆様がホワイト企業やホワイトな業界に就職、転職をできることを応援しています。

ホワイト企業7つの特徴!ホワイトな業界を知って転職を成功へ!

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」