会社PRで採用の景色を変えるネイティブPRメディア

求人広告を促進する仕組み

掲載すると顕在層に閲覧される

掲載すると顕在層に閲覧される

掲載すると「会社名」「会社名+評判」「会社名+採用」などの顕在層が検索する会社名系のキーワードで上位化します。顕在層により多くの情報を発信し企業価値を印象付けすることができます。

求人媒体を後押し!

求人広告を後押し!

求人広告を出している企業にとって「多くの求職者に閲覧してもらいたい」という思いがあると思います。ジョブアピの記事内に「求人広告サイトにリンク」することも可能です。現在の求人広告をさらに多くのユーザーに閲覧してもらうための拡散ツールとして活動も可能です。結果的に現在の求人広告費のパフォーマンスを最大限まで上げることができます。

掲載費が安い!

第二新卒と新卒が閲覧します

第二新卒と新卒がアクセス全体の80%を占めています。その理由は、就職活動や転職活動で役に立つ「履歴書の書き方」や「志望動機 例文」などの検索キーワードで数千キーワードの上位化を達成しているため、自然と検索して特集記事を閲覧する方が集まる仕組みを実現しているためです。

人事採用責任者様はこんな悩みはございませんか?

採用広告費が高くて求人を出せない

求人広告費が高くて求人を出せない

求人広告費は年々増加傾向にあります。しかし企業の約70%は人手不足という統計データが出ております。売り手市場となっている現在、求人広告費はさらに増加する可能性があるため、求人が出しにくくなるかもしれません。

内定辞退が多くて悩んでいる

内定辞退が多くて悩んでいる

内定辞退される原因は「同業他社との比較で負けた」「企業の情報が不透明」「口コミや評判が良くない」が60%を占めています。(当社調べ)内定辞退を防ぐにはより多くの情報を発信する必要があります。

第三者の評価サイトが少ない

第三者の評価サイトが少ない

求職者の企業情報を得るツールはインターネットが大半です。当然「口コミや評判」サイトを閲覧する求職者も多い現代、匿名で書かれることを仕方ないと思うのではなく、積極的にメディアに情報を発信することで求職者に与える情報を増やすことが大切です。

その悩みを解決するのはお金じゃありません!

多額の予算を投じても必ずしも、採用活動が成功する時代ではないことを統計データが明確に出しています。

何度も言わせていただきます。

求職者は情報を求めています!

ジョブアピのアクセス解析一部をご紹介

ジョブアピのアクセス解析一部をご紹介

上記データはジョブアピ開始後7ヵ月目現在のデータとなります。(2017,3,10)

月間で約15,000PVと平均セッション時間(閲覧時間)が約1分間となっています。

さらに新規検索ユーザーが約8割という集客結果となっています。

大変多くのユーザーが記事を長い時間をかけて読んでくれています。

またジョブアピはスマートフォン利用者の割合が約60%というデータもあるため、サイトの仕様は完全にスマートフォンユーザー向けに仕上げており、記事が読みやすいように工夫されております。

掲載利用者の声

某営業会社社長
掲載期間:現在3ヵ月目 ジョブアピからの内定者が出た

最初はジョブアピの掲載する時に、本当に効果があるのか不安でした。当時はまだサービスが始まって1ヵ月目だったため、閲覧者も少なくサイトの仕様も正直「大丈夫なの?」という気持ちでしたが、掲載して2ヵ月目で初めて「ジョブアピをみた」という応募者がいました。聞いてみると競合が多い中でもたまたま「評判」を探しているときにジョブアピが上位化していたことで目に止まり興味を持ってくれたそうです。

某法律関係会社
掲載期間:現在2ヵ月目 求人以外もPRできることにgood!

事業柄、なかなか表だって求人情報を表に出すことができないため、大変重宝しております。求人情報だけに特化するわけではなく、企業のPRも同時に行えることと、検索結果に上位化しているため多くの方に閲覧してもらえるため満足しております。

コンサルティング会社社長
掲載期間:現在2ヵ月目 求人を出す時には都度記事のカスタマイズができる

当社では求人は3ヵ月に1度のペースで地方の媒体やメディアを使っています。しかしなかなか採用まで至らないことと情報が少なすぎることに不満を持っていました。爆発的な効果があるわけではないと思いますが、10万円のみで年間通してPR情報を掲載できることと、掲載記事のカスタマイズがいつでもできることは大変ありがたいです。

求人広告を促進するために掲載しましょう!

掲載までの流れ

  【ステップ1】

ジョブアピ掲載のお申込書をご返送後、取材のアポイント調整。

その際に直接のインタビューが好ましいのですが、不可能な場合は電話とメールでの取材でも対応可能です。

  【ステップ2】

打合せで記事の構成を一緒に決定します。

見出しやタイトル、キャッチフレーズや画像の挿入の仕方など細かい打合せを致します。その際にインタビュー形式でも可能なので、新卒入社の社員や中途入社の社員、採用担当者様はぜひご出席されると、よりリアリティーのある記事にできます。

  【ステップ3】

決定した構成を元に貴社には一部記事を作っていただきます。

「貴社の会社概要を教えてください」という構成があった場合、その質問に対してシートにご記入いただき、メールで返信いただく流れです。また弊社側ではインタビュー形式の部分をまとめて記事を作成致します。

  【ステップ4】

最後にテスト記事の確認をして修正する

テスト版を確認してもらい、修正がある場合はメールでも電話でもご指摘下さい。最終確認後に本番環境にアップ致します。アップ後の修正も自由にできるため、お気軽に都度ご連絡ください。