第二新卒を積極的に採用する業種・企業とは?

第二新卒を積極的に採用する業種・企業とは?

第二新卒は就活に不利なのか?という疑問のある第二新卒の方は多いのではないでしょうか?たしかに闇雲に入りたい会社を選んでいたら、あまり積極的に第二新卒を採用していない企業にあたってしまうこともあります。第二新卒が不利にならない企業を見分けるために、「第二新卒を積極的に採用する業種・企業」の採用に対する考え方を知っておきましょう。

第二新卒を採用する企業側のメリット

第二新卒を採用する企業側のメリット

新卒採用時に就職活動を経験した人は分かるはずですが、就活では人気企業や有名企業に応募者が殺到する傾向があります。応募する学生側からすると、そういった企業は狭き門であり、高い競争率を勝ち抜いて内定を勝ち取る必要があります。人気企業や有名企業に入るために行なう就活はとても大変なものになります。

ところが、採用する側の企業から見ても、いわゆる人気企業・有名企業というのはごく一部です。つまりそれ以外の企業にとっては、単に目立たないというだけの理由で、新卒採用募集をかけても良い人材が集まらない、といったことになりがちなのです。

新卒採用で十分に人材を確保できていない企業にとって、第二新卒は大きなチャンスと言えます。社会人としての経験はまだ数年の層であり、新卒と同様に自社の風土や雰囲気に真っさらに近い状態から慣れてもらえます。既卒採用のように経験を積んだ人材は集まりにくいものの、他社での勤務経験がありますので基本的なビジネスマナーや社会人としての常識は身についている可能性が高いのです。こうした理由から、新卒採用だけでなく第二新卒にも力を入れて採用活動を行う企業があるというわけです。

第二新卒を積極的に採用する業種の特徴

第二新卒を積極的に採用する業種の特徴

第二新卒に積極的な業種とは、簡単に言えば新卒で人が集まりにくい業種です。新卒採用で十分に人材を確保することが難しいために、第二新卒を採用するというわけです。やはりその中には、人気のない業種が含まれる傾向はあります。一例として、小売業、飲食業、運送業といった、仕事がつらいと思われている業界や、職場環境が良くないといったイメージを持たれやすい業界が多くなる面はどうしてもあるのです。

しかし、第二新卒採用を積極的に行っている業種だからといって、必ずしも働く環境が悪いわけではありません。一見すると華やかに見える業界でも、実際に働き始めてみると案外地味な仕事が多いといったことはいくらでもあります。

新卒採用時に人気が集まっていた企業へ入社したにもかかわらず、数年後に異業種へ転職していく人が少なからずいるように、新卒時には企業や業種に対するイメージが先行しやすい面があります。具体的な仕事内容や働き始めてからの実感と、新卒採用時の人気は別物と考えたほうが良いケースも多いのです。

このように、第二新卒を積極的に採用している業種の中には、派手さはないが働きやすい業種が含まれていることがあります。新卒で就活をしていた頃のイメージから一旦離れて、仕事内容など業種の特徴に注目してみることをおすすめします。

第二新卒を積極的に採用する企業の特徴

第二新卒を積極的に採用する企業の特徴

企業単位で見ていくと、第二新卒を積極的に採用している企業には、営業や接客、介護といった職種を主に採用している企業が挙げられます。特に営業は、必ず目標を達成することが求められるため、高い意欲を持って入社を決めなくてはなりません。新卒の場合はまだ社会経験がありませんから、ノルマを達成するために目標を常に意識して仕事をする、と言われてもピンとこないのが当たり前です。

このように、意欲的に取り組めば大きな経験値になる可能性を秘めた仕事であっても、新卒にとっては「大変そう」「自分にできるか不安」といったマイナスイメージを持たれやすい仕事が存在します。

しかし第二新卒であれば、何年かの社会人経験を積んで「もっと稼ぎたい」「別の職種に挑戦してみたい」といった意欲が高まってくる時期でもあり、ここで営業に挑戦したいと考える人も少なくありません。

このようなマッチングが起こりえるため、ある程度の社会経験を持ち、仕事の厳しさを知っている年齢的に若い人材が欲しい企業は、第二新卒を積極的に採用する傾向があるということです。

新卒寄り?既卒寄り?第二新卒に期待されることの違い

新卒寄り?既卒寄り?第二新卒に期待されることの違い

第二新卒を積極採用している企業の中には、大きく分けて2種類があります。1つは第二新卒と言いながらも、ほぼ新卒採用に近いイメージで採用募集を行っている企業。もう1つは、第二新卒も既卒の一部として扱い、中途採用者の枠で採用している企業です。双方では、第二新卒へ期待している内容がかなり異なるため、その見極めには注意が必要です。

新卒寄りの意味合いで第二新卒を積極採用する企業は、第二新卒で入社した人材にも新卒と同じように真っさらな状態から会社の風土や雰囲気に馴染んでいくことを望む傾向があります。つまり、前職で得た経験やスキルを前面に出してアピールするよりも、素直さや好奇心といった部分を伝えたほうが、好感を持たれる可能性が高いということです。

反対に、既卒の一部として第二新卒を採用する企業は、第二新卒を「若手の経験者」と見なしています。前職で得た経験やスキルをもとに、即戦力として活躍することを望んでいるケースが多くなります。

一般的には、新卒向け就活サイトに「第二新卒も歓迎」といった追記をしている企業は新卒寄りの意味合いで第二新卒を捉えています。反対に、転職サイトに「第二新卒歓迎」と書いているのであれば、第二新卒を既卒と同様に扱っている可能性が高くなりますので見極めの参考にしてください。

第二新卒が書類選考で通過しやすい志望動機とは

第二新卒は数年間の社会人経験がある既卒にあたる人のことです。これは裏を返せば、最初に就職した会社を短期間で辞めていることを意味します。一般的には3年内に退職して次の転職先へ移るケースが多いでしょう。もちろん転職理由はさまざまですが、いずれにせよ最初に就職した会社で「入社してみたら、思っていた仕事と違っていた」という何らかのミスマッチが生じているわけです。

転職の理由は常に前向きなものばかりとは限りません。特に第二新卒のように、比較的短期間で前職を辞めている場合は、ネガティブな理由で転職を検討し始めた人も少なくありません。そのあたりのことは、企業の採用担当者もだいたいの察しはついています。そのため、志望動機をテンプレート通りの言い回しで塗り固めてしまうのではなく、ある程度までは本音の部分が入っていてもよいのです。

ただし、仮にネガティブな理由で転職したい場合であっても、前職での不満や後悔を引きずらないように気をつけてください。書類選考で通過しやすい志望動機とするためには、次の職場で挑戦したいことや、今後実現したいキャリアといった、未来に向けたポジティブな面が志望動機に表れている必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?企業側にも、第二新卒を積極的に採用する理由があることがお分かりいただけたでしょうか。新卒生から人気のある企業や、今現在の花形業種が必ずしもあなたに取って良い職業だとは限りません。望まれる環境で自分本来の実力を発揮するという選択肢も考慮してみることをお勧めします。

第二新卒を積極的に採用する業種・企業とは?

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」