第二新卒の転職は年収アップを狙うかやりがいなのか!注意点も解説!

第二新卒の転職は年収アップを狙うかやりがいなのか!注意点も解説!

第二新卒のみなさんが転職活動を考える時、次の職場に求めるのは年収でしょうか?やりがいでしょうか?もちろん両方とも得られればベストですし、キャリアをどうやって積み上げるのか?休みや自由時間が取れる、転勤のあるなしと言った様々なファクターを考慮するかと思います。今回は年収とやりがいに絞って考察していきます。

第二新卒の転職は年収が下がるって本当?

第二新卒は「転職すると年収が下がる」と耳にすることがあります。

実際には、転職して年収がアップするケースもあるのですが、必ずしも年収が上がる人ばかりではないのも事実です。

第二新卒はスキルで評価されにくい

まず、第二新卒の場合、現在の仕事の経験年数は多くても数年間ですので、スキルや経験を高く評価されて年収アップするのは現実的に難しいと考えたほうがいいでしょう。

同様に、最初からリーダーや管理職として採用されることもほとんどないため、役職手当などで年収が大幅に上がることも期待できません。

よって、第二新卒の時点で転職した場合、年収が横ばいか若干下がるケースは決して少なくないと思っておいたほうがいいでしょう。

第二新卒は期待値が高い

しかし、第二新卒の時期は大きな転職チャンスとも言えます。

特に未経験の業種や職種に転職したい方は、年齢が高くなるほど不利になる可能性が高いため、第二新卒のうちに動いたほうが転職しやすいケースが多いのです。このように、一時的に年収が下がる可能性はあるものの、新たなキャリアを築くための機会としてとらえると、第二新卒という時期は転職する絶好のタイミングと言えるのです。

第二新卒が年収をアップさせる転職とは?

第二新卒でも転職で年収アップに成功する人がいます。では、どういった人が転職で年収を上げているのでしょうか。

残業支給の会社へ転職する

たとえば、現在の職場で残業代がきちんと支払われていないケースでは、残業代を適正に支払う企業に転職すれば年収が上がる可能性が高くなります。

手当を上乗せしている企業へ転職

また、求人票に書かれた月収が現在の職場と同程度でも、現在の勤務先が基本給を低く設定し、手当を上乗せしている様な給与体系の場合は、年収ベースでアップするケースがあります。

残業代やボーナスは、多くの企業で基本給を元に算出しているため、基本給が低い会社では実質的に損をします。さらに、退職金も基本給が計算根拠となることが多く、生涯賃金としては基本給が多い企業のほうが有利なケースが多いのです。

第二新卒は新卒よりも競争率は低い

さらに、新卒の就活であまり条件の良くない企業からしか内定がもらえなかった方は、第二新卒の転職活動で年収を上げるチャンスがあります。第二新卒採用は新卒採用ほどの競争率でないため、新卒のときより条件の良い企業の面接に進める可能性が増すのです。新卒で不本意な就職をした人は、第二新卒として次のキャリアにチャレンジする価値があります。

第二新卒の転職をサポートをしてくれる転職エージェント特集

やりがいを優先させた転職で注意すべきこと

社会に出て数年間働いてみると、学生時代には見えなかった世界が見えてくるものです。やってみたい仕事に出合った人や、やりたいことが明確になってきたために転職したいという人もいることでしょう。より大きなやりがいを求めて転職するのは真っ当な転職理由ですが、やりがいを優先させた転職には注意も必要です。

やりがいを求めた場合、はたして実際の仕事内容をどの程度理解しているのでしょうか。隣の芝生は青い、と言われることがありますが、外から見ている限りでは華やかに見えたり社会貢献度の高い仕事に思えても、実際に働いている人は「仕事が大変な上に給料が上がらないので転職したい」などと考えていたりするものです。

やりがいを重視して転職したものの、あまりに給与が低くて生活できなかったり、過酷な労働環境で心身の健康を損なったりするようでは、結局のところ仕事に集中できなくなります。転職関連の口コミサイトで確認する、その業種で働いている知り合いを探して話を聞くなど、実際に働いている人の声を聞いてみることが大切です。

企業の社員へ実際にインタビューした特集記事

給与条件や年収モデルを見る際に確認すべきこと

やりがいを求めて転職する場合でも、最低限、給与条件や年収モデルは確認しましょう。「やりたい仕事ができるなら、少しぐらい給料が下がっても構わない」と思うかもしれませんが、勤務先が変わることで給与条件が大きく変わると生活設計に直接響くため十分な注意が必要です。

表面上の月給表示に注意!

月給を見る限りそれほど悪くない給料だと感じたとしても、実際には基本給+手当の合計を月給として表示しているケースが多くなっています。基本給が低くても手当が多ければ問題ないと思うかもしれませんが、先に述べた通り残業代や退職金は基本給を元に計算されるため、基本給の差がそのまま生涯賃金の差となって響いてきます。

残業代が含まれた月収例の場合もある

また、「〇歳:年収〇百万円」「課長職:年収〇百万円」といった年収モデルが示されている場合も、必ずその通りになるとは限らないことには注意が必要です。月に一定の残業をした場合の想定年収になっていたり、賞与が多めに支給された年の年収が書かれていたりするからです。

特に注意が必要なのは、残業代込みの月給が表示されているケースです。「月〇時間相当の残業手当を含む」といった書き方がされている場合、長時間の残業が続いても残業代がわずかしか加算されないといったケースもあり得ます。仕事に対する対価がきちんと支払われているからこそ、やりがいを感じられる面もありますので、やりがい重視で転職する場合も、給与条件の確認だけは忘れないようにしましょう。

年収の上がり幅や評価基準を確認しておこう

たとえ初めは給与が低くても、やりがいのある仕事に就きたい、と考える人もいることでしょう。その場合、重要になってくるのが年収の上がり幅や評価基準です。つまり、頑張ったら頑張っただけ給料が上がるのかどうか、その評価はどのようにされるのか、といったことです。

頑張ったから評価されるというのは、ごく当たり前のことのように思えるかもしれません。ところが年功序列の会社では、若手はどんなに頑張っても一定以上の給料がもらえず、あまり働かないベテラン社員が倍以上の給料を取っていたりします。また、中途入社の社員が不利な扱いを受けないかどうかも知っておきたいところです。会社によっては、中途採用は新卒採用に比べて昇給幅が小さかい、入社タイミングによって給与の設定がまちまちといったケースもあります。

こういった会社に何年も勤めていると、やりがいを求めて入社してきた人であっても徐々にやる気を削がれていくものです。「頑張ってもどうせ評価されない」「やってもやらなくても給料は変わらない」と考えるようになり、仕事で手を抜くことを覚えていくのです。こうなると、せっかくやりがいを求めて転職したにもかかわらず、自身の成長スピードは鈍化し本末転倒になってしまいます。やりがいを求めるからには、働いて得られる対価、つまり年収にもこだわっておく必要があるのです。

まとめ

このように、年収・やりがいのいずれを重視するにせよ、周辺情報をよく調べる必要があることがお分かりいただけたでしょうか?あまり思い込んで判断せず、バランスを考えて冷静に応募する企業を選択してください。いずれにせよ、しっかりとした企業研究が必要ですので、じっくりと情報収集を行っていきましょう。

第二新卒の転職は年収アップを狙うかやりがいなのか!注意点も解説!

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」