ハローワーク求人票の見方!賃金・仕事内容のポイント

ハローワーク求人票の見方と、見落としがちなチェックポイントまとめ

第二新卒のみなさんが、就職活動を行なう際に利用することが多いハローワークですが、ハローワークと一般の就活支援サービスで大きく違うのが求人票の書式です。これを知っているといないとで大きな差が出ますので、ここではハローワークでの求人票の見方、チェックするべきポイントなどを説明していきます。

実は判り辛い、ハローワーク求人票の「賃金」の読み方

実は判り辛い、ハローワーク求人票の「賃金」の読み方

ハローワークの求人票を初めて見る人がまず戸惑うのが、賃金の独特な記載方法です。ハローワークの求人票では、賃金は「a+b+c」といった書き方がされています。このa、b、cそれぞれの意味を正しく理解しましょう。

aの給与額は基本給を表しています。表示額は税込みですので、ここから税金や社会保険料が控除された額が手取りの支給額となります。特に注意が必要なのは、多くの企業でこの基本給をもとに賞与や退職金が算出されている点です。基本給以外の手当が高くても、基本給が低ければ賞与や退職金が少ない場合があることを留意してください。

bは食事手当のような毎月必ず支払われる額を表しています。cは家族手当のように、従業員によって支給額が変動する諸手当額を表しています。つまり、a+bが毎月必ず支払われる額を表し、それにcを加えたものが月給の総額ということになります。こうした書き方は転職サイト等ではされておらず、ハローワーク特有のものです。これらを頭に入れた上で求人票を見るようにすると、求人票のチェックがスムーズに進むはずです。

「仕事の内容」は先入観を持たずにしっかりと読み解く

「仕事の内容」は先入観を持たずにしっかりと読み解く

ハローワークの求人票の中でも比較的広い面積を確保している欄が「仕事の内容」です。入社後、どのような仕事をするか書いてあるわけですから、ここは必ずじっくり読んで、自分の希望する仕事内容と合っているかきちんと確認します。

「仕事の内容」欄は広めに確保されているとはいえ、仕事内容を全てこの欄に書き切れるとは限りません。また、書き方も求人企業によってまちまちなので、「〜をしていただきます。そのため、…のスキルをお持ちの方に限らせていただきます」といった文章で書かれていることもあれば、簡潔に箇条書きで列挙されていることもあります。

ていねいな言葉で書かれている求人票に好印象を持つかもしれませんが、箇条書きで書かれた素っ気ない求人票だからといって、その会社や仕事が良くないとは限りません。主な業務を一通り示すために簡潔に書かれたものかもしれませんし、詳細は面接で話すつもりかもしれません。ここでは先入観にとらわれず、仕事内容が自分の希望に合っているかを優先して確認しましょう。

従業員数と男女比率には注意が必要

従業員数と男女比率には注意が必要

労働時間は基本的に週40時間までと法令で定められています。しかし従業員数10名未満の会社の場合は、44時間まで認められることになっています。たった4時間と思うかもしれませんが、月単位、年単位で考えた場合、その分だけ残業代が減ることになります。残業代の計算根拠となる基本給の額にもよりますが、残業代が時間あたり1,000円としても、この週4時間が年間約20万円もの差となって表れます。

また、従業員数の欄には「うち女性」という表記で女性従業員の人数が記載されています。全従業員数と「うち女性」との差が男性従業員の数ですので、その会社の従業員の男女比率が分かります。なぜここが要チェックなのかというと、極端に女性が多い職場の場合、男性応募者は選考に通過しにくい可能性があるからです。もちろん、男性従業員を増やしたいという意図がある場合もないとは言えませんが、多くの場合は女性を採用すると考えられます。

反対に、ほとんどが男性の職場で女性を優先的に採用したいといった書き方をしているのであれば、お茶くみや雑用ばかりさせようとしていないか、仕事内容をよく確認したほうが良いでしょう。

雇用形態と雇用期間のチェックは必須

雇用形態と雇用期間のチェックは必須

正社員の場合、雇用期間の定めがない無期雇用であることが前提となります。雇用形態には正社員の他に、正社員以外、常用型派遣労働者、登録型派遣労働者といったものがあります。契約社員やアルバイト、パートは「正社員以外」に含まれます。試用期間中は契約社員として採用し、一定期間後に正社員に登用する会社もありますので、よく確認しましょう。

常用型派遣労働者と登録型派遣労働者の違いについては、いわゆる派遣スタッフは登録型派遣労働者に入ると考えてよいでしょう。常用型派遣労働者の場合、派遣会社の正社員または契約社員として雇用され、客先に常駐して働く形になります。理系の研究職や開発職に多い形態で、一定期間のプロジェクトを終えたら別のプロジェクトへ、といった働き方をする際に利便性の高い雇用形態と言えます。つまり、常用型派遣とは専門的なスキルを持つスペシャリストを客先へ派遣するための雇用形態です。

これに対して、登録型派遣労働者は派遣会社に登録しておき、派遣会社から仕事の紹介を通じて派遣先で就業する形になります。常用型派遣、登録型派遣に共通することとして、「正社員以外」に派遣労働者が含まれていない点には注意が必要です。

必要な経験・必要な免許資格は満たしているか

必要な経験・必要な免許資格は満たしているか

せっかく希望に合った仕事を見つけたとしても、募集企業が求めている経験やスキル、仕事に必要な免許や資格がなければ、採用される可能性はほぼないと言ってよいでしょう。応募する側にとっても余計な時間は使いたくないところですし、募集企業にとっても書類選考の時間を取られることになりますので、きちんと求人票を確認しお互い時間のロスにならないようにしましょう。

必要な経験については、具体的にどのような経験を持つ人を求めているのか、特に注意深く読むようにします。たとえば「接客の経験」といった書き方であれば、「仕事の内容」欄と併せて読み、どのような接客を指しているのか読み取るようにします。たとえば、アパレルショップ店員に求められる接客と、スーパーマーケットのレジ接客では、求められる対人スキルはかなり異なります。自分の経験が就業先で活かせるか慎重に読むようにします。反対に、自分の経験が活かせるか判断に迷う場合は、応募すれば面接へ進める可能性があるということです。積極的に応募してみるとよいでしょう。

資格については、必須の場合と「あれば望ましい」程度の場合があります。該当資格が無い場合、よく確認せず「この求人は受からない」と勝手に判断しているかもしれません。資格が必須かどうか、最後まできちんと読んで確認するようにしましょう。

まとめ

ハローワークの求人票の見方が理解できましたでしょうか?就職後に安定した就業を行なうためには、自身と採用企業双方の希望が合致することが肝心です。ハローワークの求人票に限ったことではありませんが、長期的な人生設計に関わることですから、求人票の内容は落ち着いてじっくりと読み取るようにしてください。

ハローワーク求人票の見方と、見落としがちなチェックポイントまとめ

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」