第二新卒の転職で新卒扱いを受けられる時期と転職エージェントの選び方

第二新卒の転職

第二新卒が転職して希望の業界や職種に就くために、乗り越えなくてはならない採用側の固定概念というハードルは、年々、低くなっている傾向にあります。むしろ、第二新卒に対する企業側の熱視線は、新卒ブランドを上回る時代に突入しているともいえます。ただし、多くの転職に成功した第二新卒が共通して実践したこと。

それは、評判の良い転職エージェント選びと、勤務先を退職するタイミング(時期)を慎重に見定めていたという点です。第二新卒であることがチャンスになる、転職を決断してから、エージェントを選定する基準、そして実際に退職するタイミングまで、計算されたシナリオを紹介しながら、今日から使える実践的な転職テクニックを案内します。

編集部
今、どうして第二新卒が必要とされているのか!転職者層かつ経験は確実に浅いのが20代で転職をする第二新卒です。今までの市場の経緯を知らないまま、転職活動をすると、折角のブランドを活かせず、優位性を失ってしまうでしょう。最後まで読んで転職の流れと、どのように活動することが志望する進路への近道であるか、成功パターンを見出してください。

第二新卒とは?

第二新卒について詳しく知る

第二新卒の定義について

第二新卒の定義は、厚生労働省が定めるもの、人材紹介会社が業界的に独自に定めるもの、採用活動を行う企業側が独自に定めるもの、人事担当者が考えているものの4通りがあり、実際のところ第二新卒という属性については、個々に若干の差があると言われています。

主に、高専・専門学校・大学・大学院を卒業してから、概ね3年程度、継続して就職活動をしている層を既卒といい。

同様の学歴を有しながらも、在学中に就職活動を終え、新卒として企業の新入社員になり、2~3年間の社会人経験を有する転職希望者のことを第二新卒と定義づけていると考えるのが一般的です。

人事により差がある第二新卒の定義

第二新卒の定義に関しては、賛否両論がありますが、採用活動をしている人事担当者が第二新卒として扱うとされているのは、社会人経験2~3年で在職中の転職希望者、もしくは、同様の在職期間を有し、退職から概ね半年程度のフレッシュさが残っている層を総称して第二新卒と位置付けている傾向にあります。

第二新卒の人口

新卒で入社してから、3年未満で退社する人を学歴別と社歴でみると、入社後の年数、半年未満・1年未満・2年未満・3年未満という、時間軸が絡んできます。そのため、市況に左右される数字であり、都度都度の計算が必要です。では、どのような数字が第二新卒の人口を把握するために必要なのでしょうか。参考までに掲載します。

  1. 新卒の人口
  2. 内定率
  3. 学歴
  4. 社歴
  5. 退職率

第二新卒の人口を教えてくれないの?といわれそうですが、単純計算は危険です。あなたの最終学歴と社歴、あなたが卒業した年度に、社会人になった人の人数(厚生労働省データを参照)を調べ、あなたと同じ社歴で退社した人が、前年度にどれくらいいたのかを調べることで、より正確なライバルの数を把握しましょう。

第二新卒が転職に成功する確率が上がっている理由

第二新卒の市場価値が上がっている理由

第二新卒が転職に成功している理由とは?どうして、今、第二新卒であるご自身が社会で必要とされているのか。実は、経験ではないということを認識しておかないと、低待遇で都合よく採用される危険だってあることをご存知でしょうか。市場のニーズが発生している要因を把握することで、書類選考や面接で、相手(企業)の弱みを握ることだってできます。

2015年度 経団連加盟が採用活動開始の時期を変更

2015年10月、経団連による時期をずらしての新卒採用が解禁となりました。経団連は、解禁日設定について、公正公平な採用の徹底を行うとしており、以下の通り発表を行っています。

1.公平・公正な採用の徹底

公平・公正で透明な採用の徹底に努め、男女雇用機会均等法、雇用対策法及び若者雇用促進法に沿った採用選考活動を行い、学生の自由な就職活動を妨げる行為(正式内定日前の誓約書要求など)は一切しない。また、大学所在地による不利が生じないよう留意する。

経団連に加盟している企業は、東証などに上場する、いわゆる大手企業が中心であり、採用数も尋常では無い数。無論、学生たちの注目度が高い企業が軒を連ねており、在学中に大手企業の選考を受ける学生が殆どであり、内定が取れなかった場合は中堅・中小企業の採用選考に応募し、合同説明会などを通じた就職活動を継続するというのが通例でした。

そのため、大学側では就活に専念し、単位が足りなくなった学生が留年したり、中途退学するといった諸問題が発生。社会問題化していることもあり、政府が厚生労働省を動かし、最終的にボリューム採用を行っている経団連加盟企業に対し、お達しがあったというのが、新卒採用選考の解禁日が設けられた理由である。

学業への専念を妨げない採用選考を行うという経団連

2.正常な学校教育と学習環境の確保

在学全期間を通して知性、能力と人格を磨き、社会に貢献できる人材を育成、輩出する高等教育の趣旨を踏まえ、採用選考活動にあたっては、正常な学校教育と学習環境の確保に協力し、大学等の学事日程を尊重する。

このようなことから、新卒採用選考に解禁日ができ、新卒の刈り取り合戦が激化。僅か2年目にして、第二新卒にを新卒として採用するという、非経団連加盟企業を中心とした動きが加速することとなった。

情報元: 経団連ホームページ

大手上場企業による新卒刈り取り合戦が定番化

2015年度より新卒採用選考の時期を前倒しした経団連加盟企業。その動きにより、優秀な新卒者は、あっという間に希望の内定先に就職を確定させます。経団連加盟企業の採用選考が前倒しになった影響で、非加盟の大手上場企業も、足並みを揃え早期決着へ動く訳ですが、この動きが正に合戦の様相を呈している。そのため、第二新卒は、この時期には動かないことをお勧めします。

新卒から内定辞退が絶えない状況が急加速

新卒選考の時期より前に、インターンやアルバイトとして学生との接点を持っていた企業が、解禁時期より劣勢になる傾向がでている。それは、求職者である新卒者側から企業への「内定辞退」という宣告。これにより、企業側も気が気ではいられず、いわゆる「オワハラ」という、就職活動を終わらせることを確約しないと、内定を取り消しますよ!という、脅し作戦に走ってしまう傾向がでており、これが、新卒者側からの内定辞退を急加速させてしまう悪循環になっている。

転職を希望する第二新卒に白羽の矢が立った

転職を考えている第二新卒を求める企業。ここまでの流れで、新卒ではなく、第二新卒が求められている現状がある理由をご理解いただけたかと思います。社会的都合なのです。特段、第二新卒が経験豊富ということではなく、新卒並みの月収かつ、そこそこの待遇で採用できるからというのが理由です。残念ですが不安は増すばかりです。だからこそ、自己分析と企業分析が重要なのです。騙されないようにしましょう。

第二新卒を採用した企業には助成金が出る制度も創設

国は、第二新卒を新卒として雇用する企業などに、助成金を出したりしています。気を付けましょう。助成金を活用して採用活動をする状況の企業はどんな企業でしょうか。これは偏見ではなく、実際に、助成金の活用に慣れているのは製造業です。彼らは、国際経済などに業績を大きく左右される業界でありながら、左右されないモデルを作れていない業界でもあります。

日本は技術大国なので、技術者を守る傾向があり、国からも都度都度支援の手が差し伸べられています。そのため、製造業の経営層は、国の助成金などを活用して研究開発(不要なものが多い)をしているケースがります。

正直、お勧めできない業界です。安く長く使われるのがおちです。助成金を使いそうな会社の選考を受けるのは止めましょう!

第二新卒の転職者に企業が求めている5つのこと

企業の人事が第二新卒に求めていること。

第二新卒が転職活動をしていく中で、自身の希望的観測に身を委ねることほど、曖昧で危険な進路選択はありません。少しは考えてみてください。あなたが、人を採用する側だったら、どんな人材が欲しいですか?しかも、新卒採用が上手くいかない中で、第二新卒を採用する動きをしている人事の気持ちはどんなものでしょうか?

採用とは、端的に言ってしまえば、給与額を提示し人を購入するということなのです。当然、購入者(採用企業)には、入社した人材を養うという継続的な責任を伴いますし、業績を左右する選択となりますから、自然と慎重に人物像を見極めることになるでしょう。

その上で、第二新卒の転職者に企業が求めていることとは何でしょうか?あなたは、その期待を上回ることができるでしょうか?無理をしても、入社後に会社に合わず、繰り返し退職しジョブホッパーになる可能性も十分にあります。以下、5つにまとめましたので、しっかり把握し退職リスクを自分自身で未然防止してきましょう。

  1. 適応性
  2. 順応性
  3. 社会性
  4. コミュニケーション能力
  5. 一定の業務処理スキル

要するに、多くを求められていないということです。第二新卒が転職する際、退職理由を気にする人が多いのですが、履歴書や職務経歴書による書類選考は、正直なところ、どうにでもなってしまいます。しかし、面接では、あなた自身が試されるので、適応性(適応力)、順応性(順応力)、社会性(社会適応力)、コミュニケーション能力、スキルの5つは質問を通じて見抜かれてしまうでしょう。

多少、社会経験があると、相手に見抜かれない自分がいるように感じてしまいがちですが、経験豊富な社会人からはお見通しなのです。あなたの考えているレベルのことは、手に取るようにわかります。特に表情の変化がなかったとしても、動揺しているような素振りが面接の中で見受けれれなくても、概ね結果は同じところに着地するでしょう。

相手は数百人、数千人を見てきているのです。どんなに取り繕っても逆効果なのです。平然と対応され、上手くいっているように見せられておしまいです。気を付けましょう。ありのままの自分が大切です。

転職に成功した第二新卒が在職期間に実践していること

転職成功者が密かに実践していること

自己分析に時間を使うこと

転職に成功した第二新卒の方の多くは、自分自身の現状を正確に把握することに、時間を割いていることをご存知でしょうか。その方法こそが自己分析です。学生のとき、キャリア課が主催する就職セミナーや、就職イベントなどで催される勉強会などで経験がある方も多いかと思いますが、以下、引用しますのでおさらいしておきましょう。

自己分析とは、「自分を探る」作業のことです。就活の際の自己分析とは、「どんなシゴトがしたいか」「どんなシゴトが自分に向いているか」「どんな会社に行きたいか」を認識・理解することといえます。簡単にいうならば、大学を受験する時に、「自分は何に興味があるのかな?」「大学生活で何をやろうかな?」「どこの大学だったら入学できるかな?」とあれこれと悩んだうえで、進路を決めたと思います。それと同じことだと考えてみてください。しかし、大学の受験と違って、就活では面接やエントリーシートなどで「自分の価値」をどれだけアピールできるかが合否に影響してきます。そのためには自分の長所や特徴を把握し、具体的に説明ができるように準備しておかなければなりません。そこで、自己分析という作業が重要になってくるのです。そういった意味で自己分析は、自分の進路を決定するために不可欠な一番最初に取り組むべきステップだといえるでしょう。

引用元:コトバンク

社会人になると、仕事の中で培った経験を活かすことこそが転職を有意義なものにすることである。そのように勘違いする人が多いのですが、基本には忠実であることが大切です。自己を顧みないで、次の職場に転職することほど怖いことはありません。失敗もありますし、転職エージェントを活用する場合などは、相手にされないことも多くなりがちです。

転職における不安を書き出しカバー策を練ること

自己を振り返る「自己分析」に挑戦したら、次に必須なこととして、現職(前職)において、ご自身が上手くいかせることができなかったことや、改善が必要とされる部分の振り返りです。

仕事をする中で、どのようなことが不得意で、どのような点で周囲からの信頼を得ることができなかったのか。

高い業績を上げ、上司や同僚から評価を得ていたという人でも、更なる年収アップやスキルアップなど、キャリアアップをしていくうえで、転職した後に不安となる材料は少なからずあるはずです。不安を書き出し、それを、今後、どのような形で払拭していくのかのプラン作りは、第二新卒であるあなたの将来への安心できる道筋づくりに役立ちます。

目標の収入や待遇を明確にすること

あなたは、ビジョナリーな人でしょうか?もしも、あなたがビジョナリーな人だったとしても、転職先の企業のミッションやビジョンに共感し、それを拠り所にして勤続し続けれるのは生活できるだけの収入があってこそではないでしょうか。

企業は成長しようとして人を採用します。故に、収益を求め、それに貢献した上でミッションやビジョンを実現しようとする、目標や目的意識の高い人間が組織をけん引しています。

月給26万円、交通費全額支給、社会保険完備。

この条件は凄いでしょうか?

あなたが第二新卒で、社会経験が浅く、現職や前職での実績がどうであるにせよ、この条件が凄いと思ううちは、将来を素晴らしいものにする転職はできないでしょう。

理由は簡単です。目標に対し、多くの場合は、多少低い着地となるからです。これは、採用側が、「できるだけ安く、良い人材を採用し、長く低い賃金で使いたい」というニーズがあるからです。そのことを認識して、目標の収入や待遇を試算してみましょう。条件に近い会社を探すには、まずは、目標設定からなのです。

大手と中小企業の両方から目ぼしい企業を見つける

  • 転職先としてハードルが高い会社を選ぶ
  • 現在のままでも内定が獲得しやすい転職先を選ぶ
  • 滑り止めとなる転職先を選ぶ

転職する前から転職活動は始まっている

退職前から転職活動は始まっている

説明十分な退職理由にするストーリー

今の職場を退社するということは、在職中の会社に対して、説明責任が発生することはもちろん、「早く辞めたい」という欲求に負けてしまってストーリー性を欠いてしまっては元も子もない状態になってしまいます。実は、この退職理由づくりが、次のキャリアを形成するために行う転職活動の中で、最も大きな将来の分岐点となります。

現職の役職や職質もさることながら、次に目指すキャリアが何であるか、どのような経験やスキルが必要になるか、一緒に働く人々が最も大切にすることが何かということを予め想定する必要があるのです。

第二新卒ということは、社会人経験が浅いということは、人事側が十分に承知しており、履歴書や職務経歴書による書類選考の段階、面接の段階、共に選考の中で最も重視されるのが「退職理由」「将来のビジョン」「経験とスキル」の3点になります。

筆者のおすすめとしては、できる限り、晴れやかに惜しまれつつ会社を退社するということ。もしくは、懇切丁寧な引継ぎを行い、盤石な体制を構築するという責任を全うして退社するということ。どちらもできていれば完璧です。しかし、仕方なく会社を退職するのであれば、資格試験への挑戦や明確なミッションとビジョンを提示できる状態になっていることが重要でしょう。

転職をする第二新卒の多くが、一回目の就職で失敗した、いわゆる「ミスマッチ」を理由とした転職を退職理由に掲げ、会社の責任、すなわち他人のせいにしているケースが多く、そのような退職理由を認めてくれる第二新卒採用企業はまれであり、長いキャリアを考えると、良い転職先とは言えないことが往々にしてあります。

次の職場でも重宝される存在になるために、早期離職の前から、第二新卒の自分自身に何ができるのか、何がセールスポイントになるかを正確に把握し、内定獲得までのストーリーを考えておきましょう。

【ストーリーが浮かばない場合】
率直に申し上げます。上記の説明で、勘所がわからないという方には、退職前から転職エージェントに相談することをお勧めします。無理をして自力での転職活動をしても、企業側のニーズと、ご自身のニーズがマッチしない、いわゆる退職リスクが高いミスマッチ転職になってしまい。ジョブホッパーになるリスクが高いためです。

転職時のライバルは誰なのかを割り出して対策を練る

第二新卒者である貴方のライバルは誰でしょうか。明確に把握しておくことで、自分自身に何が求められているのかが変わってしまいますので、個々の属性や退職理由として多いものを予め調査することで、人事への自己PRのポイントがどの部分になりそうなのか面接対策を徹底しましょう。

第二新卒の転職でライバルになる20代は5属性

  1. 大学中退者
  2. 新卒
  3. 既卒
  4. フリーター
  5. 経験豊富な転職者

転職サイトを企業分析の情報源にする

転職サイトをリストとして活用する

転職求人サイトで興味のある業界と職種を網羅的に確認する。

求人情報が見れる人気求人サイト『ランキング』

  1. リクナビNEXT (http://next.rikunabi.com/)
  2. DODA (https://doda.jp/)
  3. マイナビ転職 (http://tenshoku.mynavi.jp/)

診断を受けてから求人情報が見れるサイト

企業の口コミサイトや評判サイトは就活に役立つ?信憑性を調査してみてわかった3つのポイント

2016.07.30

評判の転職エージェント!選び方

転職エージェントの選び方

どんな層に強い転職エージェントがあるかを知る

転職エージェントにも得意と不得意があります。時間を無駄にしない。不利な条件で採用されるようなことが無いように、以下のことを、必ず熟知してから転職エージェントを選ぶようにしましょう。

紹介先の企業の数には限りがある!顧客構造に着目しよう。

転職エージェントも会社ですので、取引先があり、そのリストから第二新卒であるあなたの希望と経験に基づき、採用活動を行っている最中の企業を選定。その中でも、あなたを採用してくれる可能性があり、待遇面などであなたの条件を満たすものをリストから抽出します。要するに、あなたがリスト内(顧客構造内)の企業にマッチしないと、紹介できる先が無いということになります。

初回の電話や面談で判断しよう!
転職エージェントのWEBサイトで、履歴書と職務経歴書を登録、その後に非公開求人から案件を紹介されるケースが多いですが、その時のエージェントの『テンション』には十分に注意しましょう。経歴に難癖を付けられたら、十中八九、「あなたには紹介する企業がありません」ということです。無駄な時間を使わないで次にいきましょう!

第二新卒に強い転職エージェント

  1. Re就活 (https://re-katsu.jp/career/)
  2. ジェイック (http://www.jaic-college.jp)
  3. 第二新卒ナビ (http://daini2.co.jp/)

上記、3社は既卒と第二新卒に極めて強い、転職エージェントとして有名です。どうして、リクナビNEXTやマイナビ転職を紹介しないのか、気になりませんか?答えは、第二新卒は経験者として認められるような層ではないというのが、企業の人事担当者たちの本音です。そのため、本気で第二新卒を新卒として採用する企業を、探して顧客として保有する必要があるのです。

転職サイトや転職エージェントの多くは、年収の数か月分を人材紹介の報酬として得ているのですが、上記3社は固定の成果報酬として企業から紹介手数料を得ている傾向にあります。

よって、ハードルが低いことが見て取れます。もしも、経験が浅い、第二新卒の皆さんが年収の数か月分の報酬をもらうような、転職エージェントを経由して、転職したとすれば企業側からは、相応の働きと結果を早期に要求されることでしょう。しかし、上記3社経由であれば、通常の転職エージェントのような30代のスペシャリストを紹介する、エージェントを経由した時のような大きなプレッシャーは無いに等しいでしょう。

そのため、転職エージェント選びは、ご自身の経歴を熟知して選定する必要があるのです。

理想的な第二新卒の転職タイミングとは

第二新卒の理想的な転職タイミング(時期)

経団連の採用が終わって2カ月以降はオールタイムOK

経団連に加盟している企業の新卒採用選考が完了した段階で何が発生しているかをご存知ですか?答えは、中堅・中小企業にて内定を獲得していた新卒が、内定辞退を出しているということです。

その段階で、中堅・中小企業側として、期待の星(エース)として内定を出していた、ハイスペックな人材が一斉に刈り取られ、ある意味では『無難』な人材だけが選考に残るという現象が発生するのです。

それが、経団連に加盟する企業が採用選考を完了の直後となり、必然的に次の選考を開始しなくてはならなくなった中堅・中小企業は是が非でもエース候補を採用する活動にシフトしなくてはなりません。そこで、一定の社会人経験を有しながらも、まだまだ自社の社風に慣れさせることができそうな、有能な第二新卒を新卒枠で採用するという動きが開始されます。

転職活動の時期を、このタイミングに合わせることができるか否かにより、その後の再就職を志望する企業にて成功裏なものにすることができるか、勝敗を大きく左右しますので現職で引継ぎなどを完了している必要があります。

まとめ

ご理解いただけたでしょうか。これでも、希望的観測で、転職活動を進めようとしますか?絶対的に根拠のある経歴がある方は、本記事を必要とする人ではないでしょう。しかし、第二新卒に社会が求めていること、期待されていること。期待してよい待遇の現実は変わりません。

第二新卒で転職した人の何割が再就職先を探しているでしょうか。

よくよく検討してから退職するようにしましょう。今の会社に不満があっても、自活できるようなレベルの20代でなくては、将来的に大きな成長を遂げるような転職は難しいと考えるのが正解です。新卒と同じような待遇で転職することには何の意味も無いでしょう。

ただし、社風や同僚に恵まれなかった場合や、法に抵触するような雇用をしている企業に勤めている状況があっての転職なら、しっかりと時間をかけて選ぶということを前提にですが、選択すべき時があると筆者は考えます。それでは、第二新卒のキャリアアップ、頑張ってください。

第二新卒の転職

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」