職場の人間関係が悪くて転職するか悩む!改善方と相談で早期解決!

職場の人間関係が悪くて転職するか悩む!改善方と相談で早期解決!

職場の人間関係が悪くて転職を悩んでいる方は多いのではないでしょうか。色々な考え方の人と人が関わる職場なので、どうしても考え方の違いや性格の違いなどで人間関係に苦労していることは事実です。必ずしもあなたの悩みを解決できる方法、改善できる方法があるわけではありません。

この記事では職場の人間関係が悪くて転職を考えている人にフォーカスして、代表的な改善方法や相談方法などのご紹介し、さらに転職を行う場合の選択肢などもご紹介します。

職場の人間関係が悪くなる代表的な原因

職場の人間関係が悪くなる原因はなんでしょうか。職場によって様々な理由があるとは思いますが、全てに共通することは「人」と「人」が関わっていることです。

①コミュニケーション不足

人によっては対面での会話が苦手という考え方の人もいることでしょう。もしかしたら自分自身がそうだ!という人もいるのではないでしょうか。いくら職場だからと言って職場内の同僚や上司とコミュニケーションをとらず、業務だけこなす考え方だと人間同士を理解することは難しいと言えます。

②仕事とプライベートの境界線を表に出しすぎる態度

何が悪いの?と思う人もいるのではないでしょうか。もちろん仕事とプライベートを分けることは大切です。しかし露骨に態度や言葉に出してしまうと、他の人は「一歩踏み出してコミュニケーションを図ることを躊躇してしまう」ようになる原因となるでしょう。

③陰口と愚痴と悪口が多い場合

人間は弱い生き物です。何か不安や不満などがあった場合、一人で抱えられず他の人に相談や話したくなるものです。しかしこれが他人の悪口や陰口、愚痴などが複数人に広まってしまうと職場内でグループが形成されてしまったり、悪口のターゲットとなる人の精神状態を追い込み、職場内の空気感が必ず悪くなります。

職場の人間関係が悪いことで起こる影響

職場の人間関係が悪いと様々な面で影響があります。

  1. 職場内での会話ができなくなり、空気が悪くなる。
  2. 新入社員が入社してもすぐ退職してしまう可能性がある。
  3. 相談したくてもできなくなり、業務の質や効率が悪くなる。
  4. 職場でのレクレーションでも不参加率が高まる。
  5. 業績が落ちる。
  6. プライベートでも抑鬱状態になる。
  7. ストレスで自暴自棄になる。

その他にも多くの影響が考えられます。職場だけではなくプライベート、さらにひどい場合は精神的にも身体的にも大きな影響が出てしまうこともあるでしょう。そうなる前にモチベーションの変え方や転職をおすすめします。

職場の人間関係で転職した人の割合

職場の人間関係で転職した人の割合

上記は、厚生労働省が発表した「平成27年雇用動向調査結果の概況」のデータです。男性よりも女性のほうが職場の人間関係が原因で転職をした割合が多いようですね。転職者の転職理由をアンケート調査した内容ですが、男性は全体の6.7%が職場の人間関係が原因で転職していることに対して、女性は全体の12.2%が人間関係が原因で転職をしているようです。つまり10人に1人~2人は職場の人間関係が原因で転職していることになります。

職場の人間関係が悪いと出てくる「私は関係ない人間」と「グループ化」

ここで職場の人間関係を少しイメージしてください。職場ではどんなに人間関係が悪くても同じ空間にいないといけません。そんな時に出てくるのは「私は関係ないから」と淡々と無になり仕事をこなす人と「同じ考えの人で形成されるグループ化」です。これが職場の人間関係をより悪化へと進む原因と考えられます。

①私は関係ない人間の特徴

他の人たちがどんなに職場で問題が起ころうとも私は関係ないからと言って話題にも入らないし話しかけても全くアクションを行さない人です。悪いことではないと思いますが、この行動はさらに職場内の環境を悪化させる要因にも考えられます。

②グループ化

同じ考えの人が集まりお昼のランチや退社の際に行動を共にする人が目立ってきます。グループ以外の人との関りが作りにくくなり、新人が入社しても考え方が違うと判断された瞬間に拒絶され新人の退職率が上がる要因になる可能性があるでしょう。

職場の人間関係やトラブルを改善するには

それでは今までの原因をもとにどのような考え方や行動を起こせば職場での人間関係を改善できるのでしょうか。必ずしも正しい方法ではないと思いますが、参考になると思いますよ。

①どんな相手にも傾聴の姿勢をとって客観的な視点で職場を分析する

職場の人間関係を改善するには、まず今職場がどんな状況なのか冷静に分析することが大切です。誰がどんな考え方で誰がどんな考え方を持って行動しているのか、客観的に分析しましょう。

さらにそれぞれの人と会話してみて、お互いの言い分を傾聴すること大切です。そうすることで相手は一時ですが自分を味方と思うでしょう。(※ここで中立的な姿勢は崩さない)

最後にどんなミスマッチが起きているのか、分析してみましょう。そこで解決策が出てくるかもしれません。

②グループに属さない

グループに一度でも属しているとみなされると、他の人は一切心を開いてくれません。あなたが話す言葉に一切説得力を感じなくなるでしょう。決して職場では特定のグループに属さないことをおすすめします。

③私は関係ないという考え方をやめてみる

めんどくさいという理由から人間関係を拒否してしまい、どんな職場環境であろうと関係ない!仕事さえしてお給料をもらっていれば良いという考え方はやめましょう。コミュニケーションをやめてしまうことこそ、一番の職場環境への悪影響だということを理解しましょう。

④否定的な感情を環境から無くす努力

職場で人間関係が悪くなる一つとして会話の中の「否定」です。日本人によくある特徴でもありますが「この考えが伝統的、一般的」という規範通りに動くことが日本人は得意です。しかしその固定概念こそ新しいアイディアや意見を否定的に捉えてしまう原因です。否定的な感情は相手にとって敬意を一切断ち切った行動と言えるでしょう。まずは相手の主張や行動を冷静に分析し敬意をもって意見交換しましょう。

職場の人間関係を相談するにはどんな人へ?

職場の人間関係を相談するには相談相手も考えなければいけません。選択をミスしてしまうと自分がグループに属したと考えられてしまうこともあります。

  • 親・親戚に相談する。
  • 他社で働く友達に相談する。
  • 会社の上司か同期に相談する。
  • カウンセリングを受ける。
  • インターネットを活用してチャットや掲示板などで意見を調べたり、聞いてみる。

上記をおすすめします。近い立場の人だと感情が混ざってしまいます。感情を無く客観的な意見を求めたいのならインターネットを活用しましょう。

それでも転職したいなら

それでも転職したいなら、転職エージェントはお勧めします。

その理由は

  • 転職のプロだから多くの企業の人事担当とつながっている。
  • 今までの職場の人間関係について相談することができる。
  • アドバイスがもらえる可能性がある。
  • ポジティブな転職理由や推薦を考えてくれる。
  • 年収や働き方の交渉をしてくれる。

上記のような利点があります。もちろん自分でゆっくり転職サイトなどを閲覧しながら転職を行うこともお勧めします。

当メディアで取材して厳選して選んだ転職エージェント7社

まとめ

今回は職場の人間関係が悪く転職を考えている人に向けて執筆しました。まずは一度自分の職場の環境を再度冷静に見直してみましょう。そして自分を自己分析してみて、どんな状況でどこでミスマッチが起きているのか考えてみましょう。もしかしたら自分が原因かもしれないですし、自分が解決できる糸口をみつけることができるかもしれません。それは自分にとっても成長ですし、大きな会社への貢献にもなるでしょう。

職場の人間関係が悪くて転職するか悩む!改善方と相談で早期解決!

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」