第二新卒のハローワークの活用方法について

第二新卒のハローワークの活用方法について

ハローワークでの求人募集を探す利点は、内定の難易度が低いことにあります。手堅く転職先を探す場合には便利に利用できるものです。そこで第二新卒がハローワークを利用する上でのポイントをいくつか挙げていきます。

ハローワークは第二新卒を率先して紹介している

ハローワークは第二新卒を率先して紹介している

ハローワークでの第二新卒の転職先探しは現在、補助金制度の制定によりとても有利な状態となっています。これは厚生労働省が第二新卒の正社員化を推進するために策定した制度によるものです。具体的には、第二新卒を雇用し正社員とした場合、企業に助成金が支給されるというものです。そのために第二新卒を積極的に募集する企業が増えているというわけです。

さらにハローワークでは、数年間ではありますが前職で備えたスキルに応じて、適正とみられる企業を斡旋してくれます。もしあなたが、まだどのような基準で仕事を選べば良いのか分からないならば、「自分に合いそうな仕事」という観点から選んでみるのも良いのではないでしょうか?自分がやりたいことが明確であれば別ですが、将来のキャリアプランが定まっていない場合は、自分の能力を活かせる仕事に就くのがベストです。なんであれやり甲斐と達成感を味わえれば、仕事が長く続くことになるからです。そのためには自分の長所を活か世相な仕事を選ぶのが手っ取り早い方法です。

また、ハローワークは地域に密着した求人が多く集まっていることも特徴です。地元での転職にこだわるのであれば、より多くの転職先を紹介してくれるというメリットが活かせます。地元で長く続く優良企業への転職が可能なのがハローワークで職探しを行なう利点です。第二新卒雇用促進との相乗効果もあり、まさに今こそが有利な条件で就職できるタイミングなのです。

ハローワークを利用することで得られるメリットとは

ハローワークを利用することで得られるメリットとは

第二新卒がハローワークを利用することで、様々な職業訓練を無料で受けられるという利点もあります。これは3ヶ月から1年間ほどの間、学校に通うという形になりますので、第二新卒として通用される期間を考慮する必要はあります。しかしこの制度を利用することで、自己都合で離職した場合にも雇用保険がすぐに支給されるなどの特典もあります。さらに雇用保険が支給される期間が講習が終わるまでずっと続くというのも無視できないポイントです。

この職業訓練を受けることにより、ハローワークでの転職が有利になることがあります。元々ハローワークは、スキルに応じて適正な会社を紹介するシステムです。そのスキルを職業訓練で新たに備えることで、選択肢の幅が広がるわけです。さらに第二新卒の場合は、明確な武器となるスキルを身につける前に離職してしまうことが多いものです。そこに特定のスキルを備えることで、即戦力として採用されるようになるわけです。しかも職業訓練で教えるのは実践で使えるスキルばかりなので、入社後すぐに成果を出せるようになることも期待できます。その後の昇給にもプラスに働くので是非活用したい仕組みです。ただし、第二新卒とされる期間は卒業後3年以内と定められているので、その点だけは注意してください。

ハローワークを利用するデメリット

ハローワークは企業側からしてみれば採用コストがゼロなため、ありとあらゆる求人が含まれてきます。もちろん採用コストがかからないため、「試しに働いてもらおうか?」といったスタンスの企業も多く、採用までの敷居が低いという利点もあります。

しかし大手企業の求人情報は少ない傾向があり、特に首都圏の場合は、エージェントなどを利用できるため全くハローワークを利用しない大手企業が多いのが特徴です。また常時求人を出し続けているような従業員の定着率の極端に低い企業や、逆に採用予定がないのにカラ求人を出している企業、労働条件が悪いブラック気味の企業も含まれている点には注意する必要があります。

第二新卒がハローワークの仕組みをフル活用するためのポイント

ハローワークを通して求人募集をする企業は、応募した就職希望者とは全て面談をしなければならないという決まりがあります。人気のある企業がハローワークを通して求人募集をしない理由は実はここにあります。もちろん、そのような人気企業は採用される確率も極めて低いため、転職活動の期間が限定されている第二新卒にとってはリスクの高い企業とも言えます。このためより確実に転職先を見つけるためには、ハローワークで紹介される企業の中で探すことがベストです。そしてここで活用できるのがこの面談の仕組みです。

応募した相手企業とは必ず面談できるので、直接自分の熱意をアピールできます。エントリーシートに頭を悩ます時間も不要です。またスキルの面が既に保証されているため、相手の担当者も話をきちんと聞く態勢で面談に望んでくれます。そこで自分の仕事に対する思いをダイレクトに伝えることができるため、最も効率の良い転職へのアプローチと言えます。もちろん、適正さえ合えばどんな会社でも良いというわけではありません。面談で情報を仕入れるのは、第二新卒の側も同じです。その会社の雰囲気や企業理念などをしっかり聞いて、長く働くに値するところであるか否かを確認することは大切です。

まとめ

第二新卒がハローワークを利用する最も大きなメリットは、最短で転職先を探すことができることと、面談まで確実に進める事です。デメリットとしては大手の求人が少ない点と、カラ求人やブラック気味の企業も含まれる点です。これらを理解したうえで利用すれば、ハローワークの有効活用が可能です。

第二新卒のハローワークの活用方法について

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」