企業の転職系口コミサイトと評判サイトの信憑性調査でわかる3つ

企業の転職系口コミサイトと評判サイトの信憑性調査でわかる3つ

企業の転職系口コミサイトや評判サイトを就活時や転職活動時に検索する人は約8割と言われています。口コミサイト内には現在も働いている社員の生の声や元社員のコメントがあり、企業研究にも使えるため参考にしている就活生や転職者はかなり多いようです。恐らくこの記事読んでいる人は興味のある企業の転職系口コミサイトや評判サイトの信憑性があるのかどうか知りたい人ではないでしょうか。

本記事では特に有名な口コミ、評判サイトの『転職会議』と『カイシャの評判』と『Vorkers(ヴォーカーズ)』の3サイトに絞り込み、信憑性について独自に調査してみました。このようなサイトの口コミや評判は参考になるのでしょうか。

転職系口コミ・評判サイト「転職会議」

転職会議

運営会社

株式会社リブセンス

特徴

元社員や現職の社員、家族や取引先と何らかの形で企業とつながっている人からの情報を集めて口コミや評判を掲載している口コミ、評判サイトです。企業の情報を色々な角度から情報を獲得して入社後のギャップを少しでもなくすために運営されています。

https://jobtalk.jp/

転職系口コミ・評判サイト「カイシャの評判」

カイシャの評判

運営会社

エン・ジャパン株式会社

特徴

就職、転職を希望するすべての求職者に参考にしてもらうための社風口コミサイトです。質の高い正確な情報を社員や元社員から情報収集して、閲覧できるのは特徴です。福利厚生や給与などの情報が細かくコンテンツ分けされていてスコアもつけられているので、就活生にはみやすくて優しい口コミ、評判サイトに仕上がっています。

https://en-hyouban.com/

転職系口コミ・評判サイト「Vorkers(ヴォーカーズ)」

Vorkers(ヴォーカーズ)

運営会社

株式会社ヴォーカーズ

特徴

会社内の人事部や社長のフィルターが通っていない、社員の生の声が掲載されていることが最大の特徴です。少しでも口コミや評判の信憑性を高めるために、投稿には500文字以上の文字数がないと投稿できないシステムにしています。

http://www.vorkers.com/

転職系口コミ・評判3サイトの信憑性を調査

転職系口コミ・評判3サイトの信憑性を調査

転職会議の信憑性を調査

転職会議は企業の口コミ、評判サイトでは国内でも最大手となります。2016年7月時点での掲載企業数は65万7418社と膨大な企業の情報が掲載されています。

長所

  • 登録企業数は国内でもトップ
  • 多くの企業名で上位表示しているため認知度が高い
  • 書き込みの内容は運営元で目視の監視をしている

短所

  • 就活生や求職者が企業の口コミや評判を閲覧するためには会員登録が必要
  • 多くの企業の情報を閲覧するには書き込みをするかポイントを購入する必要がある
  • 評価点の操作が容易であるため、実際の評価点と異なることがある

信憑性

企業の口コミ、評判サイトとしては文句なしの知名度と規模を誇っている転職会議ですが、信憑性としては短所の部分にも記載したが、低くなってきているように思えます。多くの企業が転職会議に悩んでいる様子が検索結果にも出ており「転職会議」と検索すると「削除」と言った候補キーワードが表示されるほどです。これは企業が悪い口コミや評判に困って削除する方法を検索している証拠です。削除ができなかった場合、企業は人事面や企業のブランディングに大きなダメージを受けてしまう可能性があるため、口コミや評判の情報操作を行う可能性があります。したがって、信憑性は昔に比べて低くなってきていると思われます。しかし、登録者数や企業数、運営元の目視監視の点を踏まえると決して悪いわけではないということだけは添えておきます。

カイシャの評判の信憑性を調査

エン・ジャパンが運営する企業の口コミ、評判サイトです。100万件の元社員や社員の声が掲載されている国内最大級の口コミサイトです。

長所

  • 細かい項目ごとにスコア化されていて閲覧しやすい
  • 運営元がエン・ジャパンのため企業の人事とつながりが深い
  • 社員、元社員の声にフォーカスしている

短所

  • 会員登録する手間がある
  • 点数操作される可能性がある
  • 社員の声は企業から教育されている可能性がある

信憑性

運営元の安心度で言うとカイシャの評判は信憑性が高いと判断しております。企業からの削除申請にも明確な理由がないと対応しないと聞いたことがあります。(噂で申し訳ない)ただし社員の声にフォーカスしすぎてしまうと、社員は企業側の可能性が非常に高いため、都合の悪いことはあまり言いません。中小企業だとリアルな声は個人を特定されてしまうリスクがあるため事実と異なる可能性があります。その点を踏まえて参考にするといいです。

Vorkers(ヴォーカーズ)の信憑性を調査

株式会社ヴォーカーズが運営しています。1日に1700人もの新規登録者がいる国内最大級の口コミ評判サイトです。

長所

  • シンプルなつくりで閲覧しやすい
  • 閲覧者の年代が若い
  • 企業研究として使いやすい情報がある

短所

  • 運営元のヴォーカーズの認知度が他の口コミ、評判サイト運営会社に比べると乏しい
  • 閲覧するには会員登録が必要

信憑性

他の企業の口コミや評判サイトを運営している会社より知名度がまだないことが少し難点です。しかし他のサイトに比べて信憑性は高いように思えます。Vorkersをネット検索しても悪い評判はみかけないです。社員による評価を細かいジャンルで分析していることが就活生には優しいのではないでしょうか。

転職系口コミ・評判サイトの信憑性を調査してわかった3つのこと

転職系口コミ・評判サイトの信憑性を調査してわかった3つのこと

今回、就活に役立つはずの企業の口コミや評判サイトが実際、信憑性があるのかないのか調査してみてわかった3つのポイントがあります。

第三者が書けるサイトは操作されているかも

一つ目は情報が操作されている可能性があるということです。就活に役立つはずのサイトが、口コミや評判が多くなるにつれて企業側も公開されてほしくない情報まで露出してしまい、削除したいという思いからステマのような書き込みが多くあるように思えます。これはどんなに管理体制が運営元で配備されていても、完全には防げない規模になっている証拠です。情報社会ですから、今後もこのような情報は多くなるでしょう。信憑性も年々低くなる可能性があります。

信憑性を期待しないようにする

あえて、信憑性などは気にしないで参考程度にすると良いと思います。多くの書き込みを閲覧していると矛盾点もあります。また書き込みしているのが人間である以上、全員が同じ気持ちでいるはずがありません。

インタビューサイトの方が信憑性は期待できる?!

誰でも匿名で口コミや評判を書き込めることは非常にメリットがあり現場社員や元社員の声を聞けることは優れていると思いますが、誰が書いているがわからない以上、信憑性には欠けますよね。当メディアのように企業の担当者や社長に直接取材をして、客観的な意見を混ぜながら書いた情報の方がリアリティがあると思います。例えばジョブアピ内のアピール企業新卒入社の先輩社員の声を知れることは顔出しの強みがありますよね。このようなサイトを参考にすることをお勧めします。

口コミや評判サイトに不安を感じたら?

それでは口コミや評判の内容に不安を感じるが、企業にはまだ興味がある場合どうすればいいのでしょうか。必ずしもどの企業も評判サイトなどに書かれているわけではないですし、メディア情報があるわけでもありません。その時に活用するのが転職エージェントです。

転職エージェントとは転職活動で面接の方法や企業の紹介をしてくれる企業のことを言います。当メディアで紹介している転職エージェントは実際に取材をして7社だけに絞り込んだ信用できる転職エージェントのみを掲載しています。

転職エージェントは、企業の採用担当者とつながりがあり、どんな人物を求めているのか事前に把握しており、紹介する前には親身になって不安に思っている口コミや評判についても聞いてくれるでしょう。ぜひ登録して無料なので相談をしてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。今回は「企業の口コミサイトや評判サイト」にフォーカスをあてて、就活で実際に役立つ情報なのか調査してみました。結論として信憑性は多少であり企業研究として完全に信用することはしない方が良いと思います。

企業の転職系口コミサイトと評判サイトの信憑性調査でわかる3つ

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」