転職活動の平均期間は20代だと2~3ヵ月!?長引くと大きなリスクもある!

転職活動の平均期間は20代だと2~3ヵ月!?長引くと大きなリスクもある!

転職活動の平均期間は20代をメインとすると約2~3ヵ月必要と言われております。「え?それだけの期間で転職ってできるの?」と思った人も「そんなにかかるの!」と思った人もいるでしょう。転職活動の期間は事前の準備やどのような行動をするかによって大きく変わります。今回は転職活動の平均期間に対してどのような準備や心構えをしておけば良いのか、ご紹介します。

転職活動にかける平均期間が20代で2~3ヵ月の理由

その理由は事前準備や現在、在職中なのか、離職中なのかによっても大きく変わることがあります。もちろん知り合いの会社に転職するなどの特別な理由で決まる人もいるので、あくまで平均的な期間だと思ってくださいね。

転職の準備期間~書類の作成

転職の準備として企業研究や書類の作成に約2週間前後は必要だと考えましょう。

求人に応募~面接終了まで

企業にもよりますが、書類選考や一次面接、二次面接、三次面接などステップが多い企業もありますよね。平均的に全ての面接が終わるのに約2ヶ月前後必要だと考えてください。

内定~今の職場の退職手続き

転職活動を行いやっと内定が出て、今の職場に退職の意思を伝えて、引継ぎなどを行うことも考えると約1ヵ月強はかかることでしょう。

補足説明
あくまで平均期間です。企業によってはもう少し早かったり遅かったりします。転職エージェントを活用すると3週間で内定が出たという人もいます。

転職者の平均応募者数も知っておくこと

転職者の平均応募者数も知っておくこと

転職の現実的な数字を最初に知っておくといいかもしれません。上記データは2016年1月~12月の1年間にDODAエージェントサービスを利用して内定を得た人のデータを元に算出されたデータを参考とさせていただいております。(※https://doda.jp/guide/oubo/heikin/)

何と平均応募者数は15.7社というデータです。転職活動を甘く見ると苦労するでしょう。

20代の転職者は企業から人気だから行動力が差をつける

以前に「第二新卒が大手企業へ転職するのは可能か?その方法は?」でも少し触れましたが20代の転職者は非常に企業から求められていて人気です。そのため整理された魅力的なスキルやアピールポイントを用意していれば、ほぼ転職は決定するでしょう。

もし面接や自己PRなどに自信がない人は第二新卒におすすめの転職エージェントを活用しましょう。

20代はまだ社会人としては若い世代です。結婚を考えている人や将来安定したい!と目標や理想とする大人への走り出している最中の20代は30代や40代の転職者よりも行動が無意識の中で早くなります。

転職活動の期間を少しでも短縮したいなら

それでは少しでも転職活動の期間を短縮したいと思っているなら、どのような準備が必要でしょうか。それは主に以下の準備を整えることで変わります。

まずは転職をする理由を明確にしておく

なぜあなたは転職をするのか、転職した後にやりたいことや夢、目標を描きましょう。以前に「入社2年目での離職率は約28%!?退職理由を明確にして転職を成功へ」でも退職理由について触れておりますので参考にしてください。

転職サイトや求人サイトの仕組みを理解して企業の意図を知る

多くの方々は転職サイトや求人サイトに登録することでしょう。しかしなぜ企業が転職サイトや求人サイトを活用しているのか理由を理解している人は少ないのではないでしょうか。実はサイトにも仕組みがあります。その仕組みを理解することができれば、転職で内定が出る可能性が少し上がります。「求人サイトの仕組みを知って有効活用!なぜ無料で活用できるの?」でその仕組みを説明しております。

履歴書や志望動機を準備する

次に必要な準備は履歴書や志望動機などの自己PRポイントを書き起こす作業ですね。この作業は転職活動でも基礎であり一番大切なことです。「第二新卒の履歴書の書き方は志望動機と自己PRが重要!」で履歴書や志望動機の書き方を例文として掲載しているので参考にしましょう。

安心して頼れる転職エージェント7社を厳選したので登録してみよう
20代におすすめの転職エージェント7社

転職活動の期間が長くなってしまう人の特徴

転職活動が長引いてしまう人の特徴は「ブレている」人が多いわけです。かなり大雑把な表現をしましたが、自分が将来どんな人間になりたいのか、どんなライフスタイルを求めているのか迷っていると企業の採用者も感じ取ってしまい他の人を採用してしまう可能性があります。

  • 将来の目標やどんな仕事がなぜしたいのか理由も無い
  • 在職中の人の場合はまだ収入もあるため、余裕があって長引く
  • 離職中の期間が長い人だとサボり癖がついてしまっている

みなさんは当てはまらないでしょうか。転職活動を行う理由は人によって様々だと思います。しかしダラダラと転職活動に手を出していると思わぬリスクもあるということを理解しましょう。

転職活動の期間が無駄に長くなると陥る3つのリスク

転職活動の期間が長引くと人間はネガティブな考えを持つ人が出てきます。

①自分は世間から必要とされていないと考え始める

転職活動の期間が長くなると面接は受けているのに何度も決まらない自分を責めてしまう人がいます。この考え方をしてしまうと、面接を受けること自体拒否してしまうようになってしまいがちです。

②転職を諦めて正社員を目指さなくなる

正社員での雇用を諦めてアルバイトやフリーターの道に進んでしまう人もいるでしょう。もちろんそれが悪いという意味ではありません。しかしこの記事を読んでいる人の大半は正社員での転職を目標としているマインドを持っているはずです。正社員ではないと経験できない仕事や生涯収入にも大きな差が出てくることでしょう。

③収入面と税金面で苦しむ

一番悩んでしまうことは収入面と税金面でしょう。離職していて転職活動を行っている人は常にお金について悩みながら生活をしないといけません。また忘れがちなのは税金です。税金は昨年の収入に対しての課税ですので、離職中でも税金の請求はきます。

まとめ

みなさんは転職をしようと思い平均どのぐらい時間が必要なのか調べた方々ではないでしょうか。または既に転職活動を行い期間が長くなってしまい心配になってしまったのではないでしょうか。準備はできていましたか?転職エージェントも無料なので登録してみましょう。無料でも勉強になることはあります。利用できることは全て利用することは成功への近道ですよ。

転職活動の平均期間は20代だと2~3ヵ月!?長引くと大きなリスクもある!

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」