今の会社を辞めたい!不満や不安があって嫌いだ!転職前に読んで!

今の会社を辞めたい!不満や不安があって嫌いだ!転職前に読んで!

今の会社に不満や不安があり嫌いになってしまい辞めたいと思っている方々がこの記事を読んでいることでしょう。皆さんは今転職を考えているのではないでしょうか。

今回の記事では同じように今の会社に不満や不安があり嫌いになってしまい、辞めてしまおうと考えている人々の考えをまとめて、同じ境遇の人の意見や考え方を客観視してみて、本当に転職する必要があるのかどうか、再度自分を見つめ直す機会となります。

最初にお伝えしておきます!今の時代は転職はやり方さえミスしなければ悪い時代ではありません!

今の会社をなぜ嫌で辞めたいのか

それではまず今の会社がなぜ嫌になってしまい辞めたいのか。業種や職種によって考え方は様々ですので皆さんの理由を見てみましょう。もし自分に該当することがあるようだったらさらに下の記事を読んでいってください。

今の会社に不満がある人のパターン

  • 「何か嫌だ」と漠然としている感覚だけの人
  • 「何かが違う」と勝手に何かと比べている人
  • 「評価制度」に対して不満がある
  • 「会社の方針」に対して不満がある
  • 「福利厚生面」で育休や有休が使いにくい
  • 「人間関係」がめんどくさい

今の会社に不安がある人のパターン

  • 「将来性がみえない」と思い不安になっている人
  • 「事業内容」が続かないと思い不安がある人
  • 「給与や賞与」に対して伸びしろを感じない人
  • 「自分のスキル」や「経験値」が得られず成長を感じれない人

このように今の会社を嫌で辞めたいと考える人の特徴はだいたい上記に当てはまる方が多いようです。みなさん同じような考え方なのですね。ここで疑問に思うのは同じ環境でも何年もモチベーションを保って長く働いている先輩社員もいるのはなぜでしょうか。

自分が嫌になって辞めたいと思っている会社でも続ける人のモチベーションの違い

自分がこの会社ではもう働きたくない、嫌だからもう辞めたいと思っている会社にも、必ず数人または数十人とモチベーションを高く保って務めている方々もいると思います。そんな人たちはどんなモチベーションで働いているのでしょうか。

  • 将来のビジョンを想像して目標に向かって行動している
  • 将来企業や目標の貯金額など明確なゴールを持っている
  • 会社組織の体質をドライに自分に落とし込み淡々と業務をこなしている
  • 入社時から企業のミッションや理念、商材などの理解を事前にしている

上記のように明確な目標意識があることが特徴のようです。

同じ職場環境でも辞めたいと思う人と続ける人の違いは「目的意識の差」

あくまで調査した結果で書いておりますので100%目的意識の差が明確な違いとは言い切れませんが、このデータを見る限り同じ職場環境でも辞める人と続ける人の違いは明確なゴールや目的がある無しでの差だと思われます。人によってはその時の事情により突然、職場が嫌な環境に変化することもあり得ます。しかしどんな環境でも自分のマインドを客観視し、いま自分は何をしたいのか何に向かって仕事を行っているのかはっきりさせることは必要なのかもしれません。

昔と違って転職はポジティブになってきている

少し前の日本では転職をすることは「悪」というイメージがありました。一つの企業に長く務めることが安心で安定し、信用になっていました。しかし今の時代大手企業でも倒産する時代です。逆にITの普及により常駐しなくても働ける環境や働き方改革によって多様な職場環境や面白いユニークなアイディア企業が増えてきています。その多くはベンチャー企業であり優秀なスキルや実績を持っている人を求めている市場です。

つまり転職をすることで年収を上げる機会になる場合や働き甲斐をみつけられる機会も増えてきているのが現状です。理由のない転職回数が多い人の信用はありませんが、この後説明する「会社を辞める際の理由」をしっかりと作れていればポジティブな転職となるでしょう。

今の仕事を辞めるか続けるべきか判断や相談する方法3選

それでは今の仕事を辞めるかそれとも続けるべきか判断する方法をここでは3つ紹介いたしますこの3つの方法は同じような悩みがある人たちが実際に行なった方法を参考にしております。

①上司や人事担当と面談で相談する

会社の上司や人事担当者と面談できる環境であれば是非一度相談してみるのもいかがでしょうか。普段厳しい上司でも仕事を辞めるか続けるべきかという話になると真面目に向き合ってアドバイスや相談を受けていくれる方もいるようです。

②同年代や同期と食事をしながら本音で仕事について語る

同年代の他社で働く友達に働き方の相談や現在の職場の環境について共有してみると、意外なアドバイスをもらえるかもしれません。また同じ会社内であれば同期と食事をすることもお勧めします。実は同期も同じような悩みを抱えていたりモチベーションの切り替え方をすれに経験しているかもしれません。

③他の会社の環境を時間をかけて情報収集する

隣の芝生は青く見えるとはよく言ったもので、他の会社の話を聞くと良いところしか印象につきません。 ホームページなどを見てもポジティブなことしか書いていなく表面上の部分しか知ることができないでしょう。例えば転職エージェントに登録してエージェントから他の会社の良い点悪い点をリアルに聞くことが可能です。

厳選した第二新卒向けの転職エージェントを紹介していますので参考にしてください。

それでも会社を辞めるなら理由もはっきりさせることが大切

会社を辞めるなら退職する理由もはっきりとさせておくことが大切です。ここではっきりさせるという意味は退職理由をはっきりさせるということではなく、自分が転職をした後にどのような人生を送っていくかという自分に対する辞める理由を決めるという意味です。会社を辞めた後の今後の人生にも関わりますし、ぶれた伝え方だと円満退社にならなかったり、上司から止められたりしてしまい自分の判断に再度迷ってしまうことになるでしょう。

退職理由については「入社2年目での離職率は約28%!?退職理由を明確にして転職を成功へ」を参考にしてください。

辞める前と辞めた後の転職活動はどっちが良い?

それでは実際に会社を辞めて転職活動をするとなった場合、会社を辞める前と辞めた後どちらの転職活動の方が良いのでしょうか。 それぞれのメリットやデメリットを含めて解説します。

辞める前に転職活動を行う場合

メリット

  • 家族がある人は心配をかけずに済む
  • 金銭面的に心配がない
  • 働くモチベーションを保てる
  • 焦らず企業を選ぶことができる

デメリット

  • 今の会社の業務に支障が出る場合がある
  • 有休がとりにくい会社は面接に行けない場合がある

辞めた後に転職活動を行う場合

メリット

  • 時間的に余裕がある
  • 転職活動だけに集中できる
  • 今の業務内容やスキルをアピールしやすい

デメリット

  • 金銭的な心配が出てくる
  • 焦って転職活動を行ってしまいがちで企業をしっかりと研究できない

まとめ

この記事では今、会社に不満や不安を持っていて辞めたいと思っている人に読んでもらいたい記事です。転職を行う前に一度客観的にこの記事を読んで再度気づきをみつけてもらいたいと思っております。それでも辞めたいと思ったなら、記事の後半で書いた自分に対する辞める理由の見つけ方と転職活動の注意点も解説しました。今この時も同じように悩んでいる人達はいます。一人で悩まず冷静に行動して人生を成功に導いていきましょう。

今の会社を辞めたい!不満や不安があって嫌いだ!転職前に読んで!

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」