自己PRで選ぶべきエピソードとは:第二新卒の面接対策4

自己PRで選ぶべきエピソードとは:第二新卒の面接対策4

第二新卒の皆さんは、企業面接で自己PRを行なうという経験を一度はされているはずです。しかし学生時代とは異なる数年間の生活を送ってきているだけに、改めて問われると今の自分の何を自己PRしてよいかわからない、どのエピソードが良いのだろうか?など、悩まれることも多いと思います。

ここでは自己PRを行なう上で、どのような背景の方にとっても共通の組み立て方と、第二新卒が自己PRを行なう上で、必ず待ち構えている罠についてお伝えしていきます。

企業側が重視しない、就活生が取り上げがちな自己PRエピソード

企業側が重視しない、就活生が取り上げがちな自己PRエピソード

就活生が自己PRのテーマとする事が多い題材として、「サークル・クラブ活動」と「趣味」に関する物があります。しかしこれらは就活生の自己PRエピソードとして聞き飽きていることもあり、企業側からの関心が非常に低い題材となっています。

またアルバイトに関する自己PRも比較的多いものです。

少なくともアルバイトは「他者と関わり対価としてお金を頂く」という社会性のある行動ですし、パートタイムとは言え労働経験なのですが、残念ながら採用側としては、サークルや趣味に比べれば若干マシと言う程度にしか考えていません。

企業が重視している自己PRのポイント

企業が重視している自己PRのポイント

それでは逆に、企業側が自己PRから判断したい、聞いておきたい、といった内容はどのようなものでしょうか?

それは、「人柄と性格」「応募企業への熱意」「今後の可能性」が判断できる内容を持つ自己PRです。つまるところ「自己PRのテーマやストーリー自体はなんでも良い」という話です。

PRポイントのテーマの選び方

先に述べたように、「企業側が求めている人材にふさわしい」と、PR文の最後で結論づけてアピールできる内容であれば、自己PRのテーマ自体はどのようなことがらでも構いません。ただしテーマは1つに絞り込み、複数の話題を含む展開を避け、取り組んできた過程を端折らずに記述していきます。

企業側は履歴書に書かれた内容をもとに面接に望みますので、基本的に履歴書と同じテーマについてくわしく説明する形とします。

時間的な余裕があり予め合わせて準備できれば問題はありませんが、既に履歴書を提出しているといった状況であれば、少なくとも履歴書と整合性が取れるような内容とします。

まずは、テーマから外れた話題が含まれないように整理していく必要がありますので、箇条書しするか、パソコンのマインドマップツールを使って進めていきます。

履歴書の書き方については「第二新卒の履歴書の書き方は志望動機と自己PRが重要!人気3職種対応」で詳しく例文付きで特集しています。参考にしてください。

PRポイントの組み立て方

自己PR文の構成としては、まず「何を成し遂げたのか」という結論から伝えます。その上で、

  1. 何に取り組んだのか?(計画内容)
  2. そこで起こった問題点は何か?(実行)
  3. 解決策として何を考えたか?(検証項目)
  4. 改善した内容でどのように実行したか?(実行・反復)

という順番で、それぞれに対し行った行動を具体的に述べる形で組み立てます。

先に箇条書きして整理した4つの幹に対して、更に枝葉を付けていくイメージです。

幹の部分が履歴書に書く内容となり、枝葉のついたものが面接時に採用担当者に向けてアピールする内容となります。マインドマップツールを利用していれば、この作業は非常に楽ですし、間違った展開にもなりにくくいためおすすめできます。

そして、一連の取り組みの後最後に得られた成果から、自分の強みが「その企業に対してどのような形でいかせるか」を述べ、最後に「応募企業への熱意」を伝えましょう。

「なぜその能力を前職で活かす事ができなかったのですか?」

「なぜその能力を前職で活かす事ができなかったのですか?」

新卒と違い社会人経験のある就活生は、採用担当者から放たれるこの厳しい質問に、必ず返答出来なくてはなりません。必ずこの質問が来ると考え、そこから逆算して上手く切り返せる内容を自己PRのテーマとして選び、採用側に「御社で働きたい」という熱意を伝える必要があります。

自己PRをプレゼンする時の注意点

自己PRで話せる時間は、個別の面接かグループ面接なのかによって変わります。どちらにも対応できるように2パターンでまとめます。基本的には、先に述べたように結論から話し始め、切り替えされたら深い内容に進むという組み立てをしておけば、どちらのパターンにでも対応できるものになります。

まとめ

いかがでしたか?うまくアピール内容を組み立てられそうでしょうか?そして何よりも大切なことが、自己PRを行なう当日に、自信を持った態度で採用担当者と向かい合うことです。就活の自己PRはまさにプレゼンなのですが、「何を言っているのかよくわからなかった」という失敗例が意外に多いです。準備した内容がしっかり伝わるように、はっきりとした明瞭な口調で話せるよう繰り返し練習してください。

自己PRで選ぶべきエピソードとは:第二新卒の面接対策4

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」