第二新卒の退職・入社時期と在職中の就職活動について

第二新卒の退職・入社時期と在職中の就職活動について

第二新卒の人が転職活動を始めるにあたって、まず迷うのは「仕事を続けながら転職先を探すか、一度仕事を辞めてから探すか」ではないでしょうか。今回は転職活動を始めるタイミングについて掘り下げていきます。

第二新卒の転職活動は在職中?退職後?

第二新卒の転職活動は在職中?退職後?

新卒の就職活動がとても忙しく、大変だったと記憶している方は多いのではないでしょうか。このため、仕事をしながらの転職活動は難しいと考え、一度辞めてから落ち着いて転職活動をしよう、と考える方もいるようです。しかし、在職中と離職中では、応募先の企業の受け止め方が全く異なります。

逆の立場で考えると分かりますが、離職中の人は仕事がない状態で就職活動をしています。これに対して、在職中の人は「当面の収入はある」が、仕事を変えたいので転職活動をしています。悪い言い方をすれば、離職中の人は「足元を見られやすい」のです。

また仕事を辞めてしまうと、次の仕事が見つかるまでは収入がないため、もしなかなか内定がもらえない場合は気持ちに焦りが出ます。職場環境が劣悪で、一刻も早く退職しないと心身を病みそうな場合は話が別ですが、現在の仕事を続けられるのであれば、できる限り働きながら転職活動をしたほうが得策です。

在職中の就職活動は本当に大変で、まるで2つの仕事を掛け持ちするような辛さがあります。それまでの日常生活を完全に変える覚悟が必要ですし、必死に時間をひねり出さなくてはなりません。しかし、新しい職を得ても最初が肝心で、スムーズに一定以上の評価を得るには相当な緊張と集中を必要とされます。その状況を乗り切るためにも、就活時にモチベーションと自身のテンションを上げておくことには大きなメリットがあります。

第二新卒の転職で新卒扱いを受けられる時期と転職エージェントの選び方

2016.09.04

在職中に勤務しながら就活するには?

在職中に勤務しながら就活するには?

仕事を続けながら、さらに転職活動をすると聞いて、そんなハードスケジュールをどうこなせばいいのか?と困惑してしまう方もいるかもしれません。しかし、多くの転職経験者が在職中に動いて転職を成功させていますので、やり方次第では在職中でも転職活動は可能です。

まず、第二新卒が応募できる求人をできるだけ短時間で効率よく検索することが重要です。少なくとも2つ以上の転職サイトに登録しておき、通勤中の電車内や昼休みなどのスキマ時間を活用してスマホで求人を検索しましょう。数多くの求人を見るうちに、現在どのような業種・職種で第二新卒を募集しているかなど、大まかな傾向が分かってきますから、スキマ時間に求人を探す癖をつけるのはとても重要です。

また、転職エージェントを活用する手もあります。たいてい最初はエージェントとの面談が必要になりますが、一度希望条件を伝えておけば、希望に合った案件を探して紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間が省けます。面接に進んだ場合は、有給休暇を取得して面接にのぞむ方が多いですが、企業によっては土日や夜間面接といった、在職中の仕事に支障がないよう配慮してもらえる場合もあります。

第二新卒の転職エージェント7社を比較!おススメ度付き

2017.05.26

内定がもらえず就活が長期化してきた場合

新卒の就活では、会社説明会やグループワークに参加する必要があったり、三次面接、四次面接まで設定されていたりといったように、何度も応募先企業へ足を運ばなくてはならないことが多かったはずです。転職の場合、書類選考から面接へと進み、面接は1回または2回程度のケースが多くなっています。よって、比較的短期間で内定が得られるケースもめずらしくありません。

反対に、面接まで進んだものの、合否の結果連絡を待っていたところ不採用の通知が届いた、といったことを何度か繰り返すうちに、予想外に就活が長期化することがあります。こうした場合、焦って別の企業へ応募する前に、なぜ選考を通過できないのか、その理由を分析しておきましょう。

応募している企業の業種や職種に一貫性はあるかどうか、自分がやりたいことや働きたい環境は明確になっているか、といったことを書き出して整理することをお勧めします。また、転職サイトに登録している志望動機を、応募先企業ごとにアレンジしているか、提出する職務経歴書の書き方は伝わりやすいものになっているか、なども客観的に見て練り直してみましょう。

第二新卒の履歴書の書き方は志望動機と自己PRが重要!人気3職種対応

2016.07.05

退職日・入社日を設定するときの注意

面接を受ける中で、「いつから入社できますか?」と聞かれることがあります。在職中の人の場合、現在の勤務先を今すぐに辞められないことは先方も分かっていますから、たとえば「仮に内定をいただけましたら、それから〇日ほどご猶予をいただきたいです」といった伝え方をするといいでしょう。勤務先の就業規則に、退職する場合は何日前までに申し出ればよいか書かれているはずですので、その期間に従うようにします。

応募している企業から「できるだけ早く入社して欲しい」と言われた場合も、「現在の職場での引き継ぎをきちんと行いたい」とハッキリ伝えましょう。早く来てほしいのが事実でも、前職を適当に辞めてくるような人材はほしくないというのが本心です。言っていることと思っていることが違うようにも感じますが、筋を通せる人間であるかどうかは雇用する側にも非常に重要で、かえってあなたの責任感を評価してもらえます。

なお、退職日と入社日のタイミングによっては、社会保険料を多く払わなくてはならないケースがあります。特に退職から入社までにブランクがある場合、その間は国民健康保険への加入手続きが必要になることがありますので、できれば月末退職、翌月初日からの勤務開始に設定するのが理想です。

退職の申し出から退職日まで

退職の申し出から退職日まで

応募先の企業から内定をもらい、今の勤務先を退職する決意が固まったら退職の申し出をします。退職の申し出は、直属の上司にするのが一般的です。間違っても、直属の上司は課長なのにその上の次長や部長にいきなり申し出ないようにしましょう。これは直属の上司を全く信頼していないことを意味します。上司の心証を悪くして退職の手続きがスムーズに進まなくなる恐れがあります。

なお、社長以下がフラットな組織や小規模な会社などであれば、社長に直接申し出ても問題ありません。また、直属の上司が主任やリーダーといった実務上の監督者の場合、課長などいわゆる役職者へ申し出るようにします。

退職の申し出はまずは口頭で伝えます。「お話ししたいことがあります」と申し出て、会議室などの別室で伝えるのがいいでしょう。そして、管理職や社長から承諾の返答をもらってから退職願を提出します。「退職届」ではなく退職願として提出するようにしましょう。

退職日までの間は、業務の引き継ぎを最優先します。有休が残っている場合は有休を使い切りたいところですが、あくまで引き継ぎが十分にできて、余裕があれば有休を取得するように心がけましょう。このように、辞め際をきれいにして円満退職することで、退職後も仕事内外で人間関係が続いていったり、思わぬところで仕事上の協力者になってくれたりするものです。

まとめ

いかいかがでしたか?確かに働きながらの転職には時間がかかりますが、ここは焦らず現在の仕事を全うしながら転職先を探すべきではないでしょうか。また職が決まってからも、スムーズな転職には意外に細かい根回しも必要です。「立つ鳥跡を濁さず」を肝に銘じ、最後まで気を抜かずに取り組んでいきましょう。

第二新卒の退職・入社時期と在職中の就職活動について

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」