既卒採用を行う企業の探し方:第二新卒の転職

第二新卒のための既卒採用を行う企業の探し方

第二新卒のみなさんにとっての採用情報とは、既卒を取る募集であるか否かに集約されます。新卒のみが対象の求人情報に意味はありません。そこで今回は、そのものズバリ既卒採用を行う企業の探し方について紹介します。

企業はなぜ既卒採用を行うのか?

企業はなぜ既卒採用を行うのか?

企業の人材募集には、大きく分けて新卒採用と既卒採用の2通りがあります。企業によって異なりますが、新卒採用のみ行う場合と、並行して既卒採用を行う事があります。既卒採用を行う企業は、なぜ新卒採用だけでなく既卒採用も行うのでしょうか。

既卒採用の大きな理由として、新たに採用する人材に即戦力を期待していることが挙げられます。大学を卒業したばかりの新入社員には、社会人としての基本やビジネスマナー、商品知識、業界内の基礎知識といったあらゆることを教える必要があり、企業にとって新卒の採用は研修の実施がセットとなっているものなのです。つまり、企業にとって新卒採用は、一人前の社員として活躍できるようになるまで、多大な時間とコストがかかるということになります。

これに対して既卒採用は、同じ業界内の転職であれば業界の事情をある程度理解していますし、社会人として最低限の基礎基本は身についていることがほとんどです。企業としては、研修にかける時間とコストを節約できますし、入社したその年から即戦力として働いてもらえます。良い人材が見つかればすぐにでも入社してもらいたいという思いを込めて既卒採用を行っていることが多いのです。

企業が既卒採用を行うタイミングとは?

企業が既卒採用を行うタイミングとは?

企業が既卒採用を行うタイミングとして、多いパターンが欠員補充です。部署内の人員が退職したり、異動などで欠員が生じた場合に、不足を補うために新人を募集するわけです。欠員補充のために既卒採用を行う場合は、もといた社員とつりあうスキルや経験が求められるケースが多くなっています。つまり、欠員補充の場合は即戦力が求められると考えておくべきです。

一方で、通年募集という形で既卒採用を行う企業もあります。新卒のように募集時期や入社時期を限定せず、1年を通じて自社ホームページなどで常に募集をかけています。応募する側にとっても、いつでも応募できるといった企業です。

通年募集を行う企業については、なぜ通年募集を行っているのかよく見極める必要があります。人手不足が常態化しているような職場では、労働環境に問題があるケースや、賃金などの条件面が良くないケースが考えられるからです。

ただし、通年募集を行っているからと行って必ずしも問題がある企業というわけではありません。希少なスキルを持つ人材を求めていたり、社風に合う人物像にこだわりを持って選考している場合もあります。慎重に見極めて採用募集を行う企業であることも少なくありません。

既卒採用求人の探し方のコツ

既卒採用求人の探し方のコツ

既卒求人を探すのに便利なのがいわゆる転職サイトです。リクナビNEXTやマイナビ転職といった転職サイトでは、既卒採用を行う企業の求人が随時掲載され、毎週更新されています。こうしたサイトで求人募集を行う企業は、それなりのコストをかけて求人情報を掲載しているので、良い人材が応募してくれれば積極的に採用したいと考えています。

転職サイトの多くが、登録者へのスカウトサービスやキャリアコンサルタントによる転職支援サービスを提供しています。在職中で忙しく転職活動になかなか時間が割けない人は、スカウトサービスに登録しておけば、経歴やスキルに興味を持った企業からスカウトが届きます。また、転職活動を進める上で職務経歴書の書き方や面接対策などに不安がある人は、キャリアコンサルタントのカウンセリングを受けてみることをおすすめします。不安を感じている部分に、プロの目線で具体的なアドバイスがもらえるので、利用してみるとよいでしょう。

見落としがちですが、既卒採用求人を探すのに便利なのがハローワークです。ハローワークには随時求人が寄せられていますので、どのような求人が出ているのか検索するだけでも情報収集に役立ちます。一度は自宅近辺のハローワークに脚を運ぶ事をおすすめします。

第二新卒を積極的に採用する業種・企業とは?

2017.03.13

ハローワークの活用方法について:第二新卒の転職

2017.01.15

注意が必要な既卒採用求人の特徴

既卒採用求人には、注意すべき特徴的なパターンがいくつか存在します。転職サイトを定期的にチェックしていると、常に求人を掲載している企業を見かけると思います。転職サイトへの掲載は相応の掲載料が必要ですから、年中求人を掲載している企業は、よほど人手が足りないなど何らかの事情があると考えられます。

また、人材の入れ替わりが激しい企業も急募求人を頻繁に掲載する傾向があります。既卒採用は企業側が人材を募集したいタイミングで求人を掲載できるため、裏を返せば企業側がどれほどの頻度で新たな人材を必要としているのか推測できます。

もちろん、求人をよく掲載していたり急募案件を見かけたりするからといって、全ての企業が要注意というわけではありません。急成長している企業や、新たな事業を立ち上げたばかりの企業では、新戦力をたくさん必要としていることもあるからです。そのような企業の求人は、むしろ優良案件が多いので、じっくりと吟味して募集の背景や理由が把握できるように目を肥やしてください。

既卒採用で通りやすい志望動機とは?

既卒採用で通りやすい志望動機とは?

既卒採用では、応募者全員が社会人経験のある人材ですから、募集企業側も「今までどのような仕事をしてきたのか」「どのようなスキルがあるのか」「入社したらどのような力を発揮できるのか」といった具体的なことを知りたいと考えています。また、同じ業界で転職を希望する場合は、なぜ今の勤務先ではなく志望先へ転職したいのかについて、はっきりとした理由がなければ採用担当者に納得してもらうのは難しいと言えるでしょう。

既卒採用における志望動機は新卒採用のときとは大きく異なり、リスクを承知で転職を決意するに至るだけの明確な理由が求められます。現職で実現できない可能性が高いことを、転職によって実現しやすくなるといった具体的な志望動機であれば、採用担当者にとっても納得しやすく、入社後に活躍できる能力を持った人材と見なされる可能性が高くなります。

反対に、職場での人間関係の悩みなど、職場を変えても同じ理由で転職を繰り返す可能性の高い志望動機に対しては、採用担当者から厳しい目で見られやすいことを念頭に置いてください。本当は現在の職場に耐えられずに転職する場合でも、できるだけ前向きな理由に転換できるように、志望動機をブラッシュアップする必要があります。

第二新卒の履歴書の書き方は志望動機と自己PRが重要!

2016.07.05

まとめ

このように、第二新卒を求める企業には、伸び盛りの企業や自社にフィットする人材を慎重に求めている企業と、社員が定着しにくい企業が含まれています。これらを見極めるためには、転職支援サイトやハローワークなども活用し、しっかり情報収集を行ってください。

第二新卒のための既卒採用を行う企業の探し方

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」