せきねもんの評判/経歴を取材!Twitterで話題の給付金とは?

せきねもん(関根義光)のTwitterで話題の給付金とは?経歴や評判を取材! 取材企業記事一覧
編集部
せきねもん(関根義光)さんは、シンガポール在住の仮想通貨投資家でbitcastle社のCEOです。
WEBマーケティングなどを手掛ける株式会社BLITZMarketingの創業者でもあり、現在は会社経営からは身を引いていますが、相談役として社員との関係を築いているため、プライベートのことまで話しやすいと評判です。

本稿では、せきねもん(関根義光)さんのSNSやTwitterで話題の給付金情報、人物像、評判口コミなどについて紹介していきます。

また、せきねもん(関根義光)さんに、経歴やビジネスを始めたきっかけ、今後の目標、社員からの評判などについて直接取材することができました。
さらに、株式会社BLITZMarketingの採用情報についてもお聞きできましたので、株式会社BLITZMarketingへの入社を検討している人にとっても為になる内容となっています。

【追加情報】
2022/02/16「せきねもん(関根義光)の評判口コミ」「bitcastleについて」を追加。
2022/04/18「評判口コミ:お金配り企画」「評判口コミ:仮想通貨投資」に口コミ追加。

本記事は株式会社BLITZMarketing創業者の関根義光氏に、完全独占取材した内容を基に記事を作成しています。

せきねもん(関根義光)とは

せきねもん(関根義光)の顔画像
編集部
せきねもん(関根義光)さんとは、株式会社BLITZMarketingの創業者であり、現在はシンガポールに住みながら仮想通貨取引所bitcastle(ビットキャッスル)のCEOや仮想通貨投資家として活動している人物です。

年収15億円以上を稼ぐ成功者で、自身のTwitterでは毎日1人に給付金10万円を配る企画を行っており、2021年12月1日時点で261日連続実施、計2,610万円を配っています。

また、本気で世界から貧困をなくしたいと思っており、将来的には子供のための施設を建設して経済面から子供たちを見守りたいと考えている心優しい平和主義者でもあります。

プロフィール

プロフィール
  • 名前:関根義光(せきね よしみつ)
  • 愛称:せきねもん
  • 生年月日:1990年9月21日
  • 年齢 31歳(2021年12月時点)
  • 出身地:神奈川県藤沢市
  • 居住地:シンガポール
  • 血液型:O型
  • 最終学歴:東京理科大学 中退
  • 所属:株式会社BLITZMarketing(創業者)/bitcastle社 CEO
  • 趣味:テニス/読書/筋トレ/グルメ/旅行

人物像

編集部
せきねもん(関根義光)さんは、平和主義で素直な性格の方です。ただ、その素直な性格ゆえに思ったことを率直に伝えてしまい、時には軋轢が生じてしまうこともあるそうです。

小さい頃から計算が速かったことが現在の経営にも役立っており、将来値上がりする仮想通貨の投資も得意なため、仮想通貨投資家としても活躍されています。

シンガポールの自宅にはテニスコートが完備されており、趣味のテニスではコーチを呼んでプライベートレッスンを受けたり、毎月10冊ほど本を買って読むほどの読書家でもあります。

せきねもん(関根義光)の著書

編集部
2014年にせきねもん(関根義光)さんは、著書「年収1億円完全マニュアル」を出版されています。

「効率のいい稼ぎ方」を解説したこの著書は、月収3,182万円を稼ぐノウハウや、Facebookを使って日給1万円稼ぐ方法など、ネットビジネスのマル得技を読者が分かりやすいように紹介している一冊です。

年収1億円完全マニュアル

仮想通貨取引所bitcastle(ビットキャッスル)について

編集部
本稿では株式会社BLITZMarketingについて主に取材を行いましたが、せきねもん(関根義光)さんは仮想通貨取引所bitcastle(ビットキャッスル)のCEOも務めています。

bitcastleは海外の仮想通貨取引所であり、日本の仮想通貨取引所とは違い取引手数料0%という特徴があります

また、コールドウォレットというオフラインでの仮想通貨管理を採用しており、セキュリティ面も非常に優れていることから、安心安全に利用できます。このコールドウォレットはハッキングリスクがないことから、世界で最もセキュリティレベルが高い管理方法とされています。

さらにバイナリーオプションも実装されているため、プラットフォーム内でのバイナリーオプション取引も可能となっており、中には5秒で利益が得られる世界最速のバイナリーオプションもあり、多くのトレーダーから注目を集めています。

せきねもん(関根義光)のSNS

せきねもん(関根義光)のSNS
編集部
せきねもん(関根義光)さんのSNSアカウントを紹介します。

Twitterではフォロワー13万人以上、InstagramやFacebookでは1万人以上のフォロワーがおり、交友関係の広さと、多くの方から注目・支持されていることが伺えます。また、Twitterではプロアカウント認定、Facebookでは公式認定されています。

せきねもん(関根義光)のアカウント一覧

「#せきねもん給付金」について

編集部
せきねもん(関根義光)さんは、自身のTwitterアカウントにて「#せきねもん給付金」として毎日1人に10万円を配る企画を実施していました。
仮想通貨の爆上がりによって儲かったお金を日本に還元したいという想いから始まった企画で、毎回1万件以上リツイートされています。

とても魅力的な企画ですが、せきねもん(関根義光)さんの給付金企画に便乗した偽物のアカウントも作られているようですので、企画に参加する際にはIDが「@yocchan60」の本人のアカウントであることを必ず確認しましょう。

せきねもん給付金

せきねもん(関根義光)公式Twitterより

せきねもん(関根義光)の評判口コミ:お金配り企画

編集部
SNSで行っていた給付金企画で注目を集めているせきねもん(関根義光)さんの、お金配り企画に関する評判口コミについて、調査してまとめました。

お金配りに尊敬と感謝の気持ち

せきねもん給付金当たりました。お金配りを批判する日本人も多いですが、僕は尊敬と感謝しかありません。コロナ禍の中で売上が厳しかったので本当に助かりました。
編集部
お金配りには賛否ありますが、本来自分が稼いだお金は自分のために使うことが当たり前であり、せきねもん(関根義光)さんのように他人のためにお金配りをしている人を尊敬するといった評判が多数見受けられております。

クリスマスプレゼント企画に当選

せきねもんサンタのクリスマスプレゼント企画当選しました。一番欲しかった物だったのでとても嬉しかったです。
編集部
クリスマスプレゼント企画に当選した人たちからも高い評判を集めていました。

1年間参加し続けて見事当選

せきねもんの毎日10万円企画に当選しました。1年間ほぼ毎日のように参加した末の当選で本当にうれしく、ワンオペ育児や旦那入院による貧乏生活で大変でしたが生きる糧ができました。これからも応援しています。
編集部
せきねもん(関根義光)さんが2022年3月15日まで365日間毎日1名に10万円を配り続けたのと同様に、給付金企画に毎日参加していた人も多かったようです。
その中の1人が3月に当選できたと喜びの口コミを投稿していました。

せきねもん(関根義光)の評判口コミまとめ

編集部
せきねもん(関根義光)さんに関するネット上の評判や口コミの多くが、せきねもん給付金などのお金配りやプレゼント企画に関する内容でした。
とくにTwitterには企画に当選したといった口コミが多く、評判や口コミから、せきねもん給付金は実際に当選できる企画だということも見て取れます。

今後も不定期でお金配りが実施される可能性があるようですので、更に高い評判と注目を集めそうです。

せきねもん(関根義光)の評判口コミ:仮想通貨投資

編集部
せきねもん(関根義光)さんの仮想通貨投資やトレードに関する評判口コミについても、調査してまとめました。

トレード情報が参考になる

せきねもんさんのツイートがきっかけで仮想通貨トレードを始めました。仮想通貨の投稿などをいつも参考にさせていただいてます。
編集部
せきねもん(関根義光)さんは投資した仮想通貨の情報などもTwitterにて公開しており、その投稿をきっかけにトレードを始めた人も多いようです。仮想通貨トレーダーたちからは、情報が参考になると評判です。

SNS投稿から仮想通貨投資を学べる

日頃から仮想通貨の投稿などを参考にさせてもらっています。相場が難しい中で、慎重にせきねもんさんから色々学ばせてもらいながら実際に挑戦してインプットしています。
編集部
せきねもん(関根義光)さんがSNSに投稿する仮想通貨投資の情報を参考にして、銘柄選びができると評判でした。せきねもん(関根義光)さんは、現在上昇している仮想通貨の情報も投稿しています。

参考にした通貨がプラスになった

リップルが一時急上昇し、せきねもんさんのおかげでプラスが出ました。
編集部
せきねもん(関根義光)さんが投資している仮想通貨を参考にしたことで実際に稼げたという評判もありました。

せきねもん(関根義光)の評判口コミまとめ

編集部
せきねもん(関根義光)さんは、将来値上がると予想している仮想通貨の情報や、自身が今投資している仮想通貨などについてSNSで公開しているため、多数のフォロワーがその投稿をきっかけに投資を始めたり、投稿を参考にトレードを行ったりしています。

投稿を見るだけでもトレードの勉強になったとトレーダーから評判で、中にはせきねもん(関根義光)さんが勧める銘柄を購入したことで、稼ぐことができた人もおり、高い評判を獲得していました。

せきねもん(関根義光)の生い立ち・経歴

せきねもん(関根義光)の生い立ち・経歴
編集部
ここからは、せきねもん(関根義光)さんに取材した内容を紹介していきます。
まず、生い立ちや経歴についてお聞きしました。

プロを目指してテニスに打ち込んだ中学・高校生時代

せきねもん(関根義光)さん
僕は神奈川県藤沢市で生まれました。
子供の頃はごく普通の子で遊戯王カードやゲーム、漫画などが好きで、中学に入ってからはテニス部に入部しテニスの楽しさにのめり込んでいきました。
テニススクールにも通って本気でプロを目指していたほどです。でも、高校のときに出場した県大会では予選優勝までいったものの本戦1回戦から苦戦してしまい結果負けてしまいました。プロは無理かもしれないと心が折れたのはこれがはじめてだったと思います。

極限状態に追い込まれた大学生時代

せきねもん(関根義光)さん
テニスで生計を立てるのは厳しいと思い、進学を決意しました。
東京大学を受験しましたが落ちて浪人、結局一浪して東京理科大学に進学しました。ただ、自分が思った以上に授業がきつかった…。
朝から晩まで研究室にこもり、レポート提出を繰り返し、寝る間もなければアルバイトをする余裕もなく、生活費が尽きてしまいました。
この極限状態から抜け出すために、学生ながら自分で稼ぐ力を身に着けることに注力していきました。

20代で起業し現在はシンガポールに移住

シンガポール
せきねもん(関根義光)さん
その後は東京理科大学を1年で中退し、いきなり起業という選択をしました。
起業後はWEBマーケティング、WEBコンサルティング、誹謗中傷対策に関連する事業を展開しています。

2014年のタイミングで「年収1億円完全マニュアル」を執筆し書籍を刊行。
2019年のタイミングで後継の吉原に会社経営を任せてはいますが、今も株主として事業戦略や人材配置などは相談にのるようにしています。

現在はシンガポールに移住して、犬2匹と家政婦さんと仲良く暮らしています。

ビジネスを始めたきっかけ

ビジネスを始めたきっかけ
編集部
せきねもん(関根義光)さんが起業したきっかけや、現在の事業を始めたきっかけを教えてください。

テニスラケットのオークション出品がきっかけとなる

せきねもん(関根義光)さん
ビジネスを始めたきっかけと言えるのかわかりませんが、東京理科大学の極貧生活に耐えかねて自分のテニスラケットをオークションで販売したのがきっかけです。
このときに「お金を生む」ことは自分が考えているよりもシンプルなのではと思いました。

そのテニスラケットを売ったお金で、WEBで稼ぐノウハウが書かれた電子書籍を購入したんですよね。読んでみるとWEBマーケティングの面白さに気づき、そのとおりに行動をしたら収入がみるみる増えていく。気づいたら新卒のサラリーマンの給料を軽く超えるようになりました。

堀江貴文の書籍で「起業」を知る

せきねもん(関根義光)さん
自分で稼げるのに大学に通う意味がわからなくなっていた頃に、堀江貴文氏の書籍から「起業」というものがあると知ったんです。しかも、資本金1円でも普通に会社を設立できるというのが衝撃でしたね。

意を決して東京理科大学を中退し、自分の理想となる会社を作ろう、ビジネスで世の中をもっと豊かにしていこうと思いました。
そして生まれたのが現:「株式会社BLITZ Marketing」です。

自信を持って始めたWEBマーケティング事業

せきねもん(関根義光)さん
WEBマーケティングに関しては僕が学生時代から培ってきたノウハウで戦えると考えました。世の中には良い商品を生み出す能力があっても、認知させる、流通させることには疎い企業が多いと感じていたんです。
そこに自信はあったのですが、まずは会社として成功事例を積み重ねたかったので自社商品の販売を中心に展開してきました。

もちろん普段からお付き合いのある方に関しては自社のマーケティングスキルを駆使してご協力はさせていただいていました。

自身の経験をきっかけとした事業展開

せきねもん(関根義光)さん
そこから自社商品の売れ行きが順調で、これなら広く展開できると確信してできたのがWEBコンサルティング事業です。
「WEBを活用しても商品やサービスの売上が伸びない」「WEBに関してまったく知識がない」といった企業や店舗からお問い合わせが来るようになり、自社のノウハウを余すことなく提供しています。

また、切り口が異なる事業として誹謗中傷対策事業も行っています。
これは僕自身が謂れのない中傷を受けることがあり、同じ思いの人を救いたいというのが根底にあります。
昨今はこの誹謗中傷がワイドショーやネットニュースでも注目され、法律も大きく変わり始めており、事業として非常に存在意義があるのではないでしょうか。

株式会社BLITZ Marketing創業者としての評判

株式会社BLITZ Marketing創業者としての評判
編集部
株式会社BLITZ Marketing創業者として、社員からはどのような評判がありますか?

フランクで程よい距離感を保てている

せきねもん(関根義光)さん
う~ん、どうでしょう。
今は創業者という立場でもありシンガポール在住なので…、新しいメンバーとは深く関われてない部分もあるんですよね。

ただ古くからいるメンバーにとっては話しやすい存在なんじゃないかなぁと。僕自身会社が好きで、そこで働くメンバーのことも大好きなので。だから日本に帰るときはいつも楽しみですね。堅苦しい雰囲気とかは好きではないので、メンバーもけっこうフランクに話しかけてきますよ。

あとは定期的に社員全員と1on1をする機会を設けていて、キャリアやプライベートのことまで相談にのったりしています。言いたいことをはっきり言ってくれるメンバーが多いので、僕との距離感はいい感じに保てているんじゃないでしょうか。
年齢が近い社員が多いのでジェネレーションギャップを感じる機会も少ないと思います。

せきねもん(関根義光)の今後の目標

せきねもん(関根義光)の今後の目標
編集部
せきねもん(関根義光)さんが今後計画していることや、目標はありますか?
せきねもん(関根義光)さん
僕は創業者として経営からは身を引いている立場ですが、「時価総額1,000兆円企業」を目指すというのは常日頃言っており、社内のメンバーにも浸透していると思います。
この目標を聞いて「無理だろう」ではなく「ワクワクする!」と思ってくれるメンバーが揃っているのも大きいですね!

世界から貧困をなくしたい

せきねもん(関根義光)さん
また、僕個人の目標としては世界から貧困をなくしたいと思っています。ちょっと大げさに聞こえるかもしれないですけど本気です。

世界には学校にも行けず、今日を生きるだけでやっとな子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちに学べる場を、当たり前の衣食住を提供できないかといつも考えています。

会社は僕がいなくてもグングン成長しているので、これからは自分の目標とも向き合う時間が増えるかな。そうしたらまずどこかの国で子供たちを育む施設を建設して、そこの園長みたいなポジションで経済面から子供たちを見守りたいなと考えています。

株式会社BLITZ Marketingについて

株式会社BLITZ Marketingについて
編集部
株式会社BLITZ Marketing(ブリッツマーケティング)とは、WEBマーケティング、WEBコンサルティング、誹謗中傷対策事業を展開するIT企業です。
せきねもん(関根義光)さんが2011年に設立し、現在は吉原教一郎さんが代表取締役社長を務めています。

「マーケティングテクノロジーを駆使し、世界中の課題を最速で解決する」という企業理念のもと、企業や個人の課題を最速で解決に導くプロ集団です。

そんな株式会社BLITZ Marketingの今後の展開について、せきねもん(関根義光)さんにお聞きしました。

目標達成のための事業領域拡大

せきねもん(関根義光)さん
先程もお伝えしたように株式会社BLITZ Marketingの目標は「時価総額1,000兆円」です。達成するには事業領域をさらに拡大させていく必要があります。

今はそのための一歩として事業の一部を子会社化した上でD2C事業を発足させている最中です。
自社で本当に優れた商品を開発し、それを求めている人に確実に届ける。WEBマーケティングを得意とする僕らだからできることだと思います。
創業者という立場上はほぼ相談役みたいなポジションになっていますが、社員が驚くほどに知識を身に着け主体的に動いてカタチになってきています。
まずはひとつの商品を流通させ、そこからブランド認知を拡大し、一気にシェアを拡げることが直近のゴールです。

株式会社BLITZ Marketingの採用情報

株式会社BLITZ Marketingの採用情報
編集部
最後に、株式会社BLITZ Marketingの採用情報について、現在募集している職種や採用活動を行う背景、どのような人物像を求めているのか教えてください。

募集職種

せきねもん(関根義光)さん
現在募集している職種は、デザイナーと広告運用です。

デザイナーは、自社商品はもちろん企業様から依頼された案件のLPやサイト制作を行います。デザインのコンセプト提案からコーディングまで一貫してできる人材が対象です。

広告運用は、YouTube広告やリスティング広告、SNS広告など商材に合わせた広告媒体の決定、毎日の数値チェックと結果分析による最適化を目指していただきます。月間1億円規模の広告運用に携われる貴重な機会です。

採用活動を行う背景

BLITZ Marketingの社内

株式会社BLITZMarketingの社内

せきねもん(関根義光)さん
どの企業も成し遂げたい目標に対してリソース不足が大きな課題になっています。
弊社もそれは同じなのですが、誰でもいいという「猫の手も借りたい状態」ではありません。
弊社のビジョンに対して正面から向き合える人材がいれば次々と採用を進めたいと考えています。

将来的に事業領域毎で子会社化をすることもあり得ますし、下を育てることで既存社員を経営という視点からビジネスを構築できる人材に育てたいとも考えています。
いずれにせよ優秀な人材ならどれだけ集まっても困らないというのが大きいです。

求める人物像

せきねもん(関根義光)さん
採用に関しては人事と現在の代表である吉原が中心となって動いています。
ただ確実に言えるのは挑戦ができる人材です。

弊社には「7つの文化」がありそのひとつが「挑戦の文化」です。
無理難題をはじめから突っぱねるのではなく、「一度やってみよう」と思えることが大切です。やってみた結果が失敗だとしても、そこから学び、PDCAサイクルを早めていけば、必ずゴールに辿り着きます。

最初に「無理」と決めつけたら成長はありません。
結果を求めるのは当然ですが、プロセスも大事で、「社員の成長=会社の成長」です。
経営陣というのは難題を絶えず与えるべきだと思います。それが将来的に社員にとって財産になるからです。
それを頭で論理的にわかる必要はなく、肌で自然と感じられるような人材であれば十分活躍できると思います。

まとめ

編集部
以上が、株式会社BLITZ Marketing創業者のせきねもん(関根義光)さんに取材を行った内容です。

せきねもん(関根義光)さんは仮想通貨で稼いだお金を給付金として配ったり、将来は世界の貧困をなくしたいと考えたりと、誰かのために行動できる人物であることが分かりました。
ホリエモンこと堀江貴文さんの著書をきっかけに、大学中退してすぐに起業するほどの行動力があることも、現在31歳という若さで成功されている要因なのだと感じます。

また、株式会社BLITZ Marketingのビジョンに共感し、時価総額1,000兆円企業へと成長させるために自分の能力を活かしたいという気持ちのある人は、ぜひエントリーしてみてください。

会社概要

名称株式会社BLITZ Marketing
所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-12 三貴ビル 3階
設立2011年12月28日
代表取締役社長吉原 教一郎
資本金4,000万円
従業員数130名
事業内容WEBマーケティング
WEB広告代理店
誹謗中傷対策