第二新卒がUターン・Iターン転職する際に考慮するべきこと

第二新卒がUターン・Iターン転職する際に考慮するべきこと

いつかは故郷に戻りたい、新卒の時に戻れなかったので、転職のタイミングで地元に帰りたい。といった希望を持たれている第二新卒の方も多いと思います。

ここではUターン・Iターン転職を行うにあたり、予め考えておかなくてはならない事をまとめています。

本当にその転職で自分が幸せになれるのか、このページを参考によく考えてから行動を起こしてください。

第二新卒のUターン・Iターン転職を受け入れる企業と仕事の探し方

第二新卒のUターン・Iターン転職を受け入れる企業と仕事の探し方

現在は地方の自治体や企業も第二新卒に対して募集枠を持つ傾向が強くなり、採用数も拡大し続けています。

企業側としても優秀な人材を確保するため、新卒にこだわる姿勢は減ってきているということです。

仕事の探し方としては、ハローワークや転職エージェントなどを利用することが多いと思いますが、ハローワーク(厚生労働省)がない地域でも、ふるさとハローワークと呼ばれる国と市区町村が運営する地域の職業相談所を利用できます。

転職理由は本当にUターン・Iターンなのか?

転職理由は本当にUターン・Iターンなのか?

ここで少し厳しい話になりますが、本当に転職理由がUターン・Iターンなのか?という点です。

現在の職場に対する不満が本当の転職理由で、それをUターンにすり替えているだけではないか?ということです。

過去の自分を思い出してもらいたいのですが、都会に出たい一心で進学時や就職時に首都圏を選び、結果として現在の生活となっているはずです。当時と今の心境を思い起こせばわかるとおり、田舎では田舎の、都会では都会なりの不満が出てくるというものです。

もちろん田舎や地方へ向かうという気持や、現在の職場に対するやるせない気持ちから、望郷の念が募ることを否定するものではありません。しかしあとになって後悔するのも自分です。自身の中だけでも、本当の気持ちを明確にしておく必要はあります。

第二新卒が地方で働く魅力と様々なメリット

第二新卒が地方で働く魅力と様々なメリット

通勤ラッシュが少なく豊かな自然がある環境での生活は、それを望む方にはかけがえのないものです。両親や家族と近い場所で暮らせることの安心感や、首都圏と比べて生活費を低く抑えられる点も魅力があります。

また両親を始めとしたご家族の方にとっても、それは嬉しい決断となります。将来的に結婚された場合は、パートナーを連れてUターンということになります。子育てなども考えると、子供がある程度以上大きくなってからのUターンはなかなかに厳しいものがあります。

このように、人生の何処かでUターンを考えているのであれば、それが可能なタイミングは意外に限られているものです。

第二新卒での転職タイミングで、家族の支援が得られる環境で地に足を付けた生活を選択するのも良い判断です。

U・I・Jターン転職者への地方自治体からの支援制度

近年地方自治体では、地域活性化を目的として移住者を募り移住支援を行なうところも多くなっています。U・I・Jターンの場合、家賃助成金、出産・子育て支援、医療費補助といった、補助・奨励金制度を利用できるケースも多いので、予定されている地域にどのような補助制度があるか、予め調べてみることをお勧めします。

第二新卒がUターン・Iターン転職の難易度

第二新卒がUターン・Iターン転職の難易度

やはり大都市圏と比較すると、求人数は圧倒的に少なくなりますし、求人に関する情報も入手し辛くなります。また専門性の高い職種の場合、自分の能力をいかせる企業が少ない・そもそも無いといったことさえあります。

このため先に上げたふるさとハローワークや転職エージェントへの複数登録を行い、長期的なスパンで転職のチャンスをうかがうというスタンスも必要になります。

Uターン・Iターン転職のリスクと予め調べること

非常に残念なケースですが、全く意にそぐわぬ結果となることもありますので、Uターン転職時の注意点もまとめておきます。

大手・優良企業にありがちなのが、地元に帰ったつもりが転勤により首都圏や海外に出向・赴任を命じられてしまうといったパターンです。また企業買収や業績の拡大で本社移転を行なうといったケースもありますので、地場の企業だからと言って安心はできません。

ある程度の規模の企業への転職であれば、100%このような事を防ぐのはなかなかに難しいのですが、「帝国データバンク」などの会社データを取ることはもちろん、2ちゃんねるや転職会議といった噂レベルのものも含め、その企業の将来的な方向性や情報は綿密に調査しておくことを強くおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?第二新卒のUターン転職も、必ずしも良いことばかりではありません。自分の人生を長期的なスパンで考え、周辺情報も綿密に調べた上で実行するべきです。自分にとっての幸せとは何かを見つめ直すチャンスにもなるはずです。

第二新卒がUターン・Iターン転職する際に考慮するべきこと

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」