第二新卒が転職先として選ぶことが多い企業とは


第二新卒は一度就職に失敗しているために、やはり次の転職では慎重になるものです。その一方で自分のやりたいことを追求するタイプの求職者も少なからず見られます。そこで今回は、第二新卒の就職先としてどのような企業が多いのかを見ていきましょう。

需要の多い大手企業や公務員と、応募時に重視すべきポイント

需要の多い大手企業や公務員と、応募時に重視すべきポイント

実際に第二新卒を採用している企業として多いのは大手企業と公務員ですが、共に採用総数が多いという背景があります。また中小企業でも業種によっては積極的に採用しています。つまり第二新卒は需要の多い企業にまんべんなく転職しているというわけです。

公務員で採用例が多い理由は就業経験があることがあげられます。社会人枠としては専門科目がない筆記試験が主となり、論文と面接さえ通れば採用されるため、社会人経験のある第二新卒に有利になる傾向があるからです。

大手企業の場合は、前職での経歴はほとんど評価対象になりません。あくまでもバイタリティと組織に馴染めるかどうかが問われることになります。その部分を面接で十分にアピールできれば採用される確率は高まります。さらに前職と似たような職種であれば、より採用されやすくなるのは言うまでもありません。

このように、手堅く転職先を探す必要がある場合は、この2つのパターンで就職を決めるケースが多くなっています。やはり前職を辞めた理由がはっきりとしていて、次の就職先にはその心配が無い物を選ぶという前提があるわけですが、多くの場合不安材料が少ない企業に転職するパターンが多いようです。

中小企業で自分のやりたいことを探す第二新卒

中小企業で自分のやりたいことを探す第二新卒

大手企業や公務員へ転職せずに、あえて中小企業を選ぶ求職者も実は少なからずいます。これは前職での失敗を踏まえて、自分が納得できる会社を探したいという積極性を持つ人に見られるパターンです。ただし多くの中小企業は、人件費に割ける余裕があまりないため即戦力以外の採用には慎重で、すぐに成果を出せる経験者を希望するという傾向があります。

もちろん中には第二新卒でも活躍が期待できる人材はいるものです。仕事を教え込めばすぐに吸収し、成果を出せる人材であればどんな中小企業も欲しいです。とはいえそのような人材の見極めが難しいことがネックとなり、リスクを避けて採用を控えているというのが現実なのです。

しかし持ち前のバイタリティを活かして面接に臨み、見事就職を決める方もいます。中小企業側が期待せざるを得ないだけの熱意を見せた、エネルギッシュな方たちです。自分のやりたいことが明確に定まっているタイプの方は、このように中小企業に新天地を求める傾向があります。特に最初の就職先が大手企業であった場合、自分の能力を存分に発揮したいと望む人がこのパターンで転職しているようです。もちろん受け入れ態勢が整っていない相手企業に飛び込んでいくわけですから、採用されるまでにはそれなりの苦労を伴いますが、そもそもそれを苦にする様なタイプはこのような転職を行ないません。

創業間もないベンチャー企業へ転職する第二新卒

第二新卒が新天地として求める先としては、ベンチャー企業も人気の高いところです。やはり前職でやり甲斐を見いだせなかった方が希望するパターンです。ただし多くのベンチャー企業は、実力社会となるため基本は即戦力を採用します。

しかしベンチャーの中には、同じスピリットを持つ若手を積極的に採用するところもあります。ベンチャー企業にとって大事なことは、会社の理念に賛同し強いマインドを持った人材を集めることです。そして、多少の無理や厳しい状況にも耐えられるような人材を必要とするベンチャー企業では、やる気をアピールする求職者を好んで採用する傾向があります。

このとき注意が必要なのは、このような会社はブラック企業と紙一重であることです。就業時間を過ぎてもほとんどの社員が帰らないといった状況は、傍目にはブラック企業となんら変わりありませんし、実際にそのような企業が多いのも事実です。しかしそれが自分の意思で行っているのか、会社側に強要されているのかによって、働く側の意識は全く異なるものです。このように厳しい条件であっても、将来的な起業を視野に入れて自分の力を試したいなど、バイタリティ溢れる第二新卒がベンチャー企業の門を叩くケースも割と多く見られます。

もちろん、ベンチャー企業でも業績によっては多くの収入を得られる可能性がありますし、一度社会人として経験した中で、まだ若いうちに異なる自分の可能性を試したいと考える方も多くいます。安定を求められる大手企業や公務員とは真逆のスタイルですが、ネットビジネスでの成功例も多い中、一定の割合で第二新卒の転職があるパターンです。

まとめ

第二新卒の就職先企業として多く見られるのは、やはり需要の多い大手企業や公務員です。しかしバイタリティ溢れる人材が新天地を求めて、中小企業やベンチャー企業へ転職するケースもあることがわかります。どのような形であれ、自分のライフプランと転職先の選定は切り離せないものなのです。

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」