年収を上げる転職の心構え!年収アップ狙いの転職で失敗する3つの理由

年収を上げる転職の心構え!年収アップ狙いの転職で失敗する3つの理由

転職の動機は人それぞれですが、職場を替わる以上収入の変化は避けて通れない問題です。今回は、転職で年収は上がるのか?年収アップを考えた時に陥りやすい失敗例などについてまとめてみました。

転職で年収をアップしたいなら厳選した転職エージェントはチェック

転職して年収アップすることは可能なのか?

転職するからには年収を上げたい!と考える人は多いはずです。しかし、一般的には転職しても年収が上がるとは限らず、むしろ年収ダウンしてしまうこともあります。このことから、転職に二の足を踏んでしまう方も多いのが実情です。

それでは、転職によって年収を上げることは不可能なのか?と言うと、実際に転職によって年収アップを実現した人もたくさんいます。つまり、「転職で年収を上げることは可能。ただし、誰でも年収アップを実現できるわけではない」というのが現実です。

矛盾するようですが、「年収アップが転職の最大の目的」という人ほど、転職に失敗しやすい傾向があります。当然ながら、転職後に入社した会社では新しい環境に慣れ、仕事を覚えていかなくてはなりません。以前の職場では常識だと思っていたことが通用しなかったり、就労環境や人間関係がかえって悪化することも考えられます。

もし転職後に短期間で離職することになれば、むしろ以前の職場で働き続けていたほうが多くの収入を得ていたことになるかもしれないのです。転職によってチャンスをつかめる可能性もあると同時に、転職によってリスクも背負うことを忘れてはいけません。転職=年収アップ、と単純に考えてはならない理由はここにあります。

年収アップを目的に転職すると失敗しやすい理由

「転職しようかな」という思いが頭をかすめるときは、現在の職場に多かれ少なかれ不満を抱えていることです。特にその不満の主な原因が収入面の場合、年収を上げるために転職したいといった考えに傾きやすくなります。しかし、年収アップを主な目的とした転職は、失敗するリスクが高いとよく言われています。

年収アップ目的の転職が失敗しやすい理由としては、次の3点が挙げられます。

1つめの理由としては、給与以外の条件が目に入りにくくなることです。

求人を検索するとき、年収アップが目的の人は給与条件を最優先して探すはずで、年収が極めて高い求人が見つかると、すぐに飛びついて応募してしまう傾向があります。しかし、給与は高いものの実は厳しいノルマを課される仕事だったり、離職率が非常に高い職場だったりすれば、結果的に短期間で退職となる可能性も高くなります。

2つめとしては、実力以上に自分を良く見せようとする傾向があるためです。

経歴を盛ったり、本来あまり得意でない業務について、スキルがあるように見せて採用されるなど、入社してからとても厳しい状況に追い込まれるケースです。せっかく入社しても、評価が低ければ昇給や昇進にも影響しますし、最悪のケースでは、採用ミスと見なされ試用期間で解雇されることもありえます。

3つめとしては、企業の風土や文化といったものを軽視しやすくなる点です。

多くの会社は、特有の風土や文化を持っており、入社後に職場の雰囲気や独自のルールに馴染めるかどうかは、その先長く働き続けていく上で非常に重要です。ところが、入社前に企業とコンタクトを取る機会は限られており、その企業がどのような風土や文化を持っているのか察知するのは、よほど注意して観察・検証しなくては難しいものです。給与が高いというだけの安易な理由で転職先を選ぶと、果たして自分がその職場に合っているかどうか、といった細やかな観察や検証のプロセスを軽視ししがちになります。

このような点から、年収アップを主な目的とした転職は失敗しやすい傾向があると言われるのです。

そもそも年収が上がれば幸せになれるのか?

転職によって年収を上げたいと考える人の中には、もしかしたら年収と幸福度をリンクさせている人もいるかもしれません。つまり、年収が上がれば幸せな生活が送れる、といった考え方にとらわれている可能性があるのです。

ところが、高い給与を受け取るようになれば幸福度が上がるかと言えば、必ずしもそうとは限りません。仮に年収が今の倍になったとしても、健康を害するほどの激務だったり、プライベートで家族や友人と過ごす時間が一切なくなったりするようでは、たとえお金に少々余裕ができたとしても幸せだと感じられなくなってしまうはずです。

また、社員を雇う側の企業から見れば、高い給与を支払うということは、それだけ重責を負う職務を任せることを意味します。相応のプレッシャーやストレスに耐え、たいていの人があきらめてしまうような状況下でもきちんと結果を出すことが厳しく求められます。それも、1年や2年といったスパンではなく、その職場にいる限りずっと求められるかもしれないのです。そのような働き方が自分にとって本当に幸せかどうか、よく検討してみる必要があります。

漠然と「年収が上がればいいな」と考えている人は、なぜ年収を上げたいのか、一度じっくりと考えてみましょう。「お金さえあればやってみたいこと」は、実は「お金があっても時間がなくてできないこと」かもしれません。

基本的に、得られる収入が増えるということは、何かしらとのトレードオフであると考えて、失うものについても突き詰めて考えておくことをおすすめします。

第二新卒の転職は年収アップを狙うかやりがいなのか!注意点も解説!

2017.10.12

年収アップは結果的についてくるもの

転職して年収が上がれば、それだけ転職市場で高く評価されていることを意味します。年収アップを狙うのであれば、年収以外の要素をしっかりと考え抜いた上で、結果的に年収「も」上がる転職を目指すべきです。

転職後、実現したいキャリアや挑戦してみたい事業はあるでしょうか。他の人にやらせるよりも、ぜひ自分に任せてもらいたい!と自信を持って言える仕事はあるでしょうか。これまでの経験を活かして、新たな職場でさらにステップアップするイメージが湧くでしょうか。そういったことを面接で熱意を持って伝えられれば、人材として高く評価され、結果的に年収アップを実現できる可能性は大いにあります。

「年収が上がれば成功」は、もしかしたら転職についてごく狭い視野でしか考えていないために出てくる考えなのかもしれません。転職によって年収を上げられるとすれば魅力的な話ではありますが、そこに至るまでには、自分の職業観やキャリアに対する展望を深く考え抜くことが求められます。

転職による年収アップは、実力が認められ「ぜひうちに来て働いて欲しい」と高く評価された結果としてついてくるものです。くれぐれも最初から年収アップだけを目的とした転職活動にならないように、十分に注意しておきましょう。

まとめ

たしかに転職は、年収をアップするための大きな機会であることは間違いありません。しかし、誰でも現在よりも評価が上がり、年収アップできるわけではありません。基本的には、より重い責任を負う覚悟が必要で、収入増と引き換えに失うものもあると心に留めておくべきです。短期的な視点だけでなく、キャリアを通じて自分の価値を高められる環境を求めていきましょう。

年収を上げる転職の心構え!年収アップ狙いの転職で失敗する3つの理由

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」