ホワイト企業への転職を成功させるコツとは?

ホワイト企業への転職を成功させるコツとは?

ホワイト企業への転職を検討している第二新卒の皆さんは、現在の職場に待遇や勤務条件で不満を持たれている方が多いかと思います。ここではホワイト企業への転職を成功させるコツをまとめていますので参考にしてみてください。

ホワイト企業への転職難易度

ホワイト企業への転職難易度

ブラック企業に対して、残業が少ない、土日祝は必ず休日、住宅手当や家族手当の待遇が良いなど、労働条件の良い職場についてホワイト企業という言い方をされることがあります。

ホワイト企業と言われる待遇の手厚い企業は世の中でもよく知られています。なぜなら、過去に働いた職場の労働条件や社内の雰囲気、仕事のやりがいなどについて、口コミを投稿するウェブサービスが複数存在するからです。転職を検討している人の中にも、こうした口コミサイトをチェックして、志望する企業の評判や実情を事前に確認して応募するケースが増えています。

いわゆるホワイト企業の場合、過去に働いていた人や現在就業中の社員からの口コミが概ね良好で、従業員満足度が高いことが多くなります。こうした待遇の良い企業は応募が殺到しやすく、必然的に求人の倍率が跳ね上がる傾向があります。書類選考に通過する確率や、面接を勝ち抜ける確率が下がることも少なくありません。

ただし、このような口コミサイトの内容をそのまま鵜呑みにするのは禁物です。口コミ対策・誹謗中傷対策といった、ネガティブな情報を削除するサービスが存在します。逆に問題のある元社員によって、良くない評判を書き込まれるケースもありますので、書き込み内容については慎重に判断するべきです。

ホワイト企業の定義は人それぞれ!?

ホワイト企業の定義は人それぞれ!?

ところで、どのような企業をホワイト企業と呼ぶのでしょうか。よく挙げられる特徴のひとつに平均勤続年数があります。社員が長く働いている会社は良い会社のはずというわけです。

しかし、勤続年数が長ければ必ずホワイト企業かというと、そうとも言い切れないところがあります。平均勤続年数が長い企業は、年功序列など終身雇用が当たり前だった時代の名残を引きずっていることが少なくありません。こうした職場では、能力が多少不足していても会社に残れる反面、たとえ能力が高くても大幅に高い評価を受けられない場合があるのです。つまり、優秀な人が十分に評価されておらず不満を抱いている可能性があるというわけです。

このように、ホワイト企業と言えど万人にとって完璧な企業というものは存在しません。職場の良い面も、とらえ方ひとつで欠点になることがあります。ですから、自分にとって「ホワイト企業」とはどういった職場環境のことを指すのか、どのような点を特に重視したいのかを一度整理してみるといいかもしれません。

たとえば、給与面、休暇、残業、社風、仕事のやりがい、といった中で、何を最も重視して転職先を選びたいか、優先順位をつけてみると転職で重視したいことが整理できますし、志望動機をブラッシュアップすることにも役立ちます。

ホワイト企業の7つの特徴とホワイト業界ランキング4選!

2016.07.24

ホワイト企業の求人募集を見分ける方法

ホワイト企業の求人募集を見分ける方法

意外に思うかもしれませんが、ホワイト企業の求人募集は「あっさりしている」「そっけない」といった印象を持つことが少なくありません。ホワイト企業の多くは、就労環境が良く働きやすい会社であることを広く知られています。このため求人募集で熱心にアピールしなくても、ホワイト企業だということを知っている人は応募してくるわけです。

またホワイト企業の中には、一見すると非効率的な応募方法を取っているところもあります。たとえば、転職サイトに求人情報を掲載しているのであれば、通常はウェブ応募が可能なはずです。しかし、あえて履歴書・職務経歴書と課題作文を郵送させる、といったエントリー方法を取っているといったケースです。ホワイト企業だと知らない人にとっては、「面倒くさい」「わざわざそこまでして応募したくない」といった理由で避けるべき求人と判断されるでしょう。

ところが、隠れた人気企業だと知っている人にとっては、たとえ面倒な手続きを踏んででも、どうしても応募したい企業だったりするのです。このように、応募時点で転職希望者の「本気度」をテストする意味で、あえて面倒な手続きを踏ませるケースも存在します。もちろん、手続き方法が面倒だからといって全てがホワイト企業とは限りませんので、見分け方のひとつと考えてください。

ホワイト企業への志望動機はどうする?

ホワイト企業に転職したい人にとって、実は大きなハードルとなるのが「志望動機」です。ホワイト企業は就労環境の良さから、「働きやすい」ことを理由に転職を希望する人が非常に多いのです。当然ながら、働きやすさを志望動機として記載した場合、他の応募者と重複する可能性が非常に高くなります。また、企業側も就労環境が良いことは承知していますので、それ以上の何かを動機として志望してくる人材を求めていることが多いのです。

また、ホワイト企業を志望する人は安定志向の人が多くなる傾向があります。つまり、ひとつの会社で長く勤め、年齢とともに着実に昇給する、といった働き方を望んでいることが多いのです。しかし企業側としては、単に安定しているというだけの理由で応募してくる人を採用したいわけではありません。

他企業と同様、入社後にどのような力を発揮できるのか、どういった強みを持った人材なのか、といったことを、選考の中で見極めているのです。本音では、安定していることや、働きやすいことが最大の志望動機の場合、応募書類上でどんなに良いことを書いていても、面接の場で志望動機を話す際に堂々と伝えられなくなるなどの失敗をしがちです。職場環境や働きやすさに惹かれて志望する場合は、それを上回る志望動機を必ず持っておくようにしましょう。

退職理由としてNGな事例と志望動機|第二新卒の面接対策7

2017.05.30

第二新卒の履歴書の書き方は志望動機と自己PRが重要!

2016.07.05

ホワイト企業への転職を成功させるにはタイミングが重要

ホワイト企業への転職を成功させるにはタイミングが重要

やはりホワイト企業への転職は競争率が高く難関と言えます。インターネットで誰でもさまざまな情報にアクセスできる現代では、どの企業が評判の良い会社なのか多くの人が知っています。このためホワイト企業が求人を出したとたん、応募が殺到することもめずらしくありません。そこで、ホワイト企業への転職を成功させたいのであれば、まずは求人が掲載されるタイミングを逃さないことです。

多くの転職サイトでは、企業名を登録しておくと求人を掲載した際にメールで知らせてくれるアラート機能が提供されています。こうした機能を活用し、志望する企業が求人を掲載したらすぐに応募できるように準備しておきます。また、人気企業の中には自社ホームページでのみ募集を行う場合もあります。既卒者募集ページをブックマークするなどして随時チェックしましょう。

なお、ホワイト企業のような人気企業は、一般向けに求人を掲載せず、人材紹介会社を経由してのみ応募を受け付けていることもあります。人材紹介会社では大多数が非公開求人という場合もありますので、登録してキャリアコンサルタントに直接希望を伝えるのも手です。応募先企業が求める人材像と合致していれば、キャリアコンサルタントから有力な候補者として推してもらえることもあります。人材紹介会社の活用も検討し、タイミングを逃さないように全方位から準備しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?誰もが入社したいホワイト企業への転職はタイミングが重要です。現在の職場が我慢できない、辞めたいとなってから動き出すようでは、ホワイト企業への転職はおぼつきません。タイミングを図るためには時間的・精神的な余裕も必要ですので、早め早めに動くことを強くおすすめします。

ホワイト企業への転職を成功させるコツとは?

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」