企業の口コミ・評判サイトは信用できる?情報収集はどうすべき?

企業の口コミ・評判サイトは信用できる?情報収集はどうすべき?

今回の特集では、企業の口コミ・評判サイトは信用できる?情報収集はどうすべき?について解説していきます。

就職活動や転職活動をするときに、インターネットを活用することでしょう。企業の内情や評判について自由に書き込みができる口コミサイトがあります。口コミとは、マスコミとの対比で生まれた言葉で、「口頭でのコミュニケーション」の略です。

友達から友達へなどお互いに信頼できる仲同士の情報交換でしたが、いまではインターネットの普及で形も大きく変わってきました。マスコミサイトが客観的事実に基づいた報道をしているのに対して、口コミサイトは個人の主観的な意見を集つめています。

口コミサイトに投稿されるひとつひとつの口コミは主観そのものなのですが、多くの口コミが集まることによって客観性を生み、信頼度が増してくることもあります。当然、口コミサイトに寄せられるには、真実も虚偽も、良い評判も悪い評判もあります。

企業の口コミサイトや評判サイトとは

転職会議

転職会議は、株式会社リブセンスによって運営されている企業に関する就職や転職関連の口コミ情報を提供するウェブサイトです。国内公式No.1の口コミ件数で、60万社以上の企業データと従業員の口コミ・評価点数で、なかなか調べられない企業の姿が掲載されています。転職者にとって企業の会社概要をはじめ、評判、年収、入社対策、売上・業績の口コミから転職/中途の採用・求人情報までサポートしてくれるサイトとして運営されています。

現在、在籍中の社員や元社員が社内の実際の現場をコメントしているサイトで、これら口コミによる投稿をもとに、項目ごとの企業情報を閲覧することができ、会員登録(無料)して口コミ投稿をしてポイントを得なければ、すべての情報を閲覧することはできない仕組みになっています。

みん就(みんなの就職活動日記)

登録者55万人、2.6万社の日本最大級口コミ就職サイトで楽天株式会社が運営しています。就活生同士で「どんな面接だったのか」「どんな社風だったのか」など情報交換ができる掲示板があります。更にメンバー登録で内定者の志望動機や選考スケジュールがわかるなど、志望動機25万件、体験談13万件も閲覧できるなど、就職活動において参考にするコンテンツが盛りだくさんです。

Vorkers

Vorkers(ヴォーカーズ)は、 就職や転職のための企業口コミリサーチが出来るサイトで、株式会社ヴォーカーズによって運営されています。企業に関する就職や転職関連のクチコミ情報が提供されています。

「社員・元社員」から独自に収集した「年収・待遇」や「職場環境」の評価・レビューを共有しており「組織体制」、「給与制度」、「退社理由」など、10カテゴリのレビューと8つの数値評価で採用企業を分析しています。細かいカテゴリに分かれているため気になる企業の評価や口コミを狙って情報を探すことができます。

口コミサイトで閲覧される人気サイトはどれ?

就活経験者に口コミサイトはどのサイトを参考にしたか聞いてみると多かったのは「転職会議」と「みん就」です。
その回答の理由は登録者の数や掲載企業のボリュウムもありますが、在職中の社員や元社員の生の声が聞けるサイトとして人気が高いようです。

また、「みん就」のように実際に企業の面接を受けた就活生との情報交換ができる点が、就活を行う上で使い勝手のいい情報ツールとして人気があるようです。企業の人事担当者もこれらのサイトを常にチェックしていますので、企業にとっても口コミの人気サイトは気になるもののようです。

一般的に口コミサイトの信用はあるの?

多くの就活生を中心としたアンケート結果をみると、就活中に口コミサイトを利用するのは約6割程だという結果が出てます。また、同様のアンケートでは、口コミサイトを閲覧者のうち書き込み内容については約7割が参考にすると回答しています。就活をする上で前もって企業のリアルな情報を持っておくことは必要不可欠になってきていることには間違いありません。

しかし、口コミサイトの多くは、企業が公式に発信している情報ではなく、面接を受けた就活生や過去に働いていた元従業員の書き込みが大半であることから事実とは異なることも多少含まれているものです。

それに退職者が投稿した書き込みは、今後入社を検討している学生に向けてアドバイスをしている情報ではありません。中には有益な情報に交じってその会社のネガティブ情報を書き込みをしているケースだってあります。

投稿者のプロフィールをごまかすことも簡単で、匿名を良いことに会社の評判を下げるような嘘の書き込みをしている人も多いため、その情報を鵜呑みにしないようにしておきましょう。

また、口コミサイトの中には、サイト運営者自体が意図的に情報を操作しているケースもあります。利害関係によって情報操作、自作自演(いわゆるヤラセ)や嫌がらせ、褒め殺しなどもあるようですので、情報の取扱いについては十分に注意しましょう。

まとめ

今では多くの情報がインターネット上から容易に入手できます。就職活動でも参考にできる口コミサイトや評判サイトは数多くありますが、まずは公式サイトなど企業が発信している正しい情報を確認してみましょう。それから、当サイトや多くの口コミ評判サイトをじっくりと時間をかけてみていきましょう。必ず疑問に思うことやその企業の特徴をみつけることができます。積極的にいい人材を認めている企業は、自社サイトやハローワークに限らず、求人サイト、就活サイトで確認することができます。そちらの情報入手も就職活動においては、ぬかりなくやっておきましょう。

最後に就職活動で登録しておくべき「おすすめの転職エージェント5社」をぜひ参考にしてみてください。

企業の口コミ・評判サイトは信用できる?情報収集はどうすべき?

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」