面接で性格(長所と短所)を聞かれたら?第二新卒が話すべき回答例と考え方

面接中の20代女性 転職の知識

面接で多い「性格(長所・短所)」に関する質問は、自己アピールの最大のチャンスです。しかし、自分の性格を説明するのは意外と難しいことで、採用側への伝え方や話すべきポイントの整理でつまずく方は少なくないのでは?今回は面接官が聞きたいポイント、自分の性格を伝えるコツ、実際の例文の順でお話ししていきます。

新卒の面接とはどう違う? 第二新卒に求められる4つの心構え

面接官が性格(長所・短所)の質問に求めていること

メモをとる面接官
社会人経験のある第二新卒の場合は、前職または現職における「人格」「スキル」を求められていることを意識しておく必要があります。採用側は長所、短所の話を通して、自社で活躍する人材か否かを判断したいからです。

前職・現職で得た経験

もちろん第二新卒も社会に出て数年なわけですから、ベテランの中途採用ほど即戦力となる手札は持っていないはずですし、採用側も高いスキルは期待していません。

しかし、最初の職場で得たものが無いように見えると少々印象が悪いこと、また、転職理由や志望理由など他の話題につなげやすいことも考慮して、「現職・前職における自分」を簡潔に表現できる状態が理想です。

自己分析ができているか

長所、短所は、いずれも自分を客観視していないと説明できません。自身を客観視できていれば今後の課題が自然とわかるので、適切な自己分析は成長にもつながります。

逆を言えば、「私に短所はありません」という過大評価も、「私に得意分野はありません……」という過小評価も成長の妨げになるわけです。

企業が第二新卒を求める理由を知れば面接が楽になる!企業側が期待していることとは?

【面接で話す「長所」の考え方】メイン要素は、この3つの中から選ぶ

バインダーに何かを書き込んでいる女性

自分の性格は自分が一番理解しているはずですが、文章化すると途端に混乱してしまう方が多いのではないでしょうか。そもそも性格というものは、生来の気質とたくさんの経験を経て形成された複雑なものであり、数分ですべてを伝えられるほど単純なものではありません。だからこそ、面接で自分の性格を簡潔に説明するためには「何を伝えたいか(コンセプト)」を明確にしてから文章化に着手しましょう。

「何を伝えたいか(コンセプト)」については、以下のような“採用側が聞きたいこと”に絞るように心がけてみてください。

  1. 組織に好影響なスキル
  2. 専門的なスキルや資格
  3. 職種、環境に関係なく役立つスキル

1.組織に好影響なスキル(一般的なPR)

組織の中での機能を指したスキルで、「人柄」というニュアンスに近いですね。新卒採用の際はこの項目をメインに話される方が圧倒的に多いかと思います。

例)「学生時代、2年かかるプロジェクトを最後までやり通した(忍耐力)」「繁忙期も仕事のパフォーマンスが保てた(自己管理能力)」「毎月チーム編成があるような環境で活躍した(柔軟性)」

2.専門的なスキルや資格(同業種に効果的)

既に習得している技術なので、同業種への転職では特に「即戦力」という印象が持たれやすいでしょう。また他業種への転職、例えばWEBメディア業界から出版業界という場合も、志望先がWEBの強化を望んでいるタイミングであればメリットとなり得ます。

例)「TOEICの結果が700点(資格)」「製品の仕様書作成を担当していた(専門的なスキル)」「Photoshop、 Illustratorの使用歴7年(ソフトウェア関連)」

3. 職種、環境に関係なく役立つスキル(転職に最重要)

厚生労働省が提唱しているポータブルスキルのうち「仕事のしかた」「人との関わりかた」に当たるもので、名前の通り“どんな職種でも通用する汎用性の高い能力”を指しています。

例)「新規サービスの企画に参加した(計画力)」「プロジェクトチームでスケジュール管理を担当した(実行力)」「複数の後輩の教育を担当した(マネジメント力)」

自己PRで選ぶべきエピソード|第二新卒の面接対策4

面接で「長所」を聞かれた際の回答例

長所の回答例①「聞き上手」

私は「聞き上手」と言われることが多く、相手の話を引き出すことが得意です。前職では接客業に従事しており、性別年齢ともに幅広く担当させて頂きましたが、自分ではなくお客様自身のお話が弾むよう意識しておりました。

細やかなヒアリングを心がけたことにより、対応や提案に高いご評価をいただくことも非常に多かったと自負しております。

長所の回答例②「トレンドに敏感」

私は「情報収集」が得意です。ジャンルを問わず最新ニュースを読むことが好きで、どのような方とも盛り上がれる話題を常に持っています。ビジネス面でもこの長所を活かし、様々な角度からサービスの提案をしておりました。

その結果、顧客から情報交換のために連絡がくることが多くなり、それに並行して仕事の紹介を頂く機会にも恵まれておりました。

長所のNG回答例

・単調な作業も苦にならない性格です。
→第二新卒に求められるのは作業リソースではないため、別の視点から考えてみましょう。

・社交的な性格で、誰ともすぐ仲良くなれます。
→長所ではありますが、ビジネス面で残した結果を補足しましょう。

第二新卒が未経験業種へ中途採用枠で転職するときの注意点

【面接で話す「短所」の考え方】重要なのは「成長の可能性」

パソコンを操作している女性の手元
短所は自分の弱点であり、採用側には伝えたくない内容ですよね。しかし、最初にお話ししたように、採用側が応募者の長所、短所から得たい情報は「自己分析能力」と「成長の可能性」です。自覚している短所は今後克服する(または直接的にカバーできる他の能力がある)ことを前提に話すことができれば、何も問題はありません。

話すべきでない短所とは

基本的に「人と接するのが苦手」「ネガティブ」といった性格的な弱点は、克服が難しいため控えるべきでしょう。面接で話すべき短所は、あくまで“キャリア面で未成長の部分”と考えてください。

志望先が求める人材(スキルなど)をリサーチし、その人物上に近づく上で自分に足りないものを想像すれば、自然と弱点が見えてきます。

その中で優先順位の高いものをピックアップしましょう。

短所は「対策」とセットで話す

面接では、あなたの弱点だけを話すのではなく、それに対して自身がどのような対策・改善に取り組んでいるかまで伝える必要があります。ここまで話せてはじめて“入社後の成長”を相手に想像させることができます。

「長所が短所でもある」は便利だが避けるべき

長所と短所が同じ、という回答はあまりおすすめできません。長所の後に「これが短所でもあります」と話すことで自分の欠点を話すリスクは避けられますが、ここまでお話しした“企業に伝えるべきポイント”が伝わらない内容になる可能性があります。

長所なのであれば伸ばすべきであり、短所なら対処すべきである、というシンプルな構造が壊れ、採用側にとって入社後の成長が想像しにくくなります。

ホワイト業界に転職!人気業界一覧とホワイト企業の特徴を7つで解説!

面接で「短所」を聞かれた際の回答例

考えながらしゃべる様子のスーツ姿の女性

短所の回答例①「抱え込みやすい」

私の短所は、仕事を1人で抱え込みやすいところです。キャパオーバーの仕事量を1人で完了させた折に、同僚から「相談がないから心配だった」と言われて自分のチームワークにおける欠点に気づかされました。

その後は進捗の報告を頻繁するようになり、内容によっては早めに分担することでプロジェクトの進行を効率化できるよう心がけております。

短所の回答例②「心配性」

私の短所は心配性なところで、いつも細かい箇所まで気にしてしまいます。書類やデータ作成の際も間違いのないよう完成後に何度も見直してしまうため、確認の時間が増えてしまうことがあります。

重要書類の作成は日常的に発生するので、確認箇所や流れを明確にして作業の効率化を徹底し、確認の時間を逆算して余裕を設けるなど、スケジュール管理にも気をつかうようにしております。

短所のNG回答例

・自分の意見をストレートに伝えるので、衝突することがあります
→意見があることは大事ですが、衝突の理由が本当にそこなのか疑念を抱かせてしまう可能性があります

・ネガティブ思考な一面があり、行動に移るまでに時間がかかることがあります
→「ネガティブ」を「慎重」などに置き換えるなど、ワード選びで内容の印象が大きく変わります

入社1年目での退職率12%!理由次第で転職に大きな影響

まとめ

スーツ姿の女性2人が話をする様子
転職希望者の中には、退職時に強いコンプレックスを抱いたことにより、「自分の長所がどうしても思いつかない」と悩む方も少なくありません。自己分析は決して簡単なことではないので、行き詰まったときは周囲に協力を仰ぐのも一つの方法です。

自分の性格を客観視することは、今後のキャリアプランを考える上でも非常に大切なステップとなるので、是非一度自己分析の機会を検討してみてくださいね。

知っておきたい諸先輩の転職成功例:第二新卒の転職