新卒が3ヵ月以内に退職する主な理由とその後の人生に与える影響とは?

新卒が3ヵ月以内に退職する主な理由とその後の人生に与える影響とは?

いま、早期退職をお考えのあなた。新卒で入社したばかりの会社に勤め始めて、まだわずか。入社前と入社後、いろんなギャップを感じていますか。一般的には退職希望日の1ヵ月前に通知することが会社の就業規則に定められていますが、辞表を出すだけで退職手続きは意外と簡単です。

しかし、ここで考えていけないことは、次の仕事がなんにも決まっていないうちに行動するのは、その後の人生に大きな影響を及ぼしかねません。独立開業や実家の家業を継ぐケースや結婚という永久就職や海外留学など大きな夢があって、それをつかむために今の会社を辞めて、その実現に向けてスタートを切るのはかっこいいようですけど、よその会社に転職するのなら 履歴書に書かないといけない「職歴」として一生残るものだから 安易に決断してはいけません。

4月に入社して、研修を終えて配属先の現場で働き始め、ゴールデンウィークを過ぎた頃から 描いていたイメージと少しずつずれてきて、梅雨時期になる頃に、退職するという3ヵ月で退社するというパターンがあるようです。古いことわざに、「石の上にも三年」とあるように、日本人は耐え忍ぶこと、鍛錬をかさねることの大切さを教訓としてきました。

入社3ヵ月でミスマッチを理由にあっさりと退職していいものでしょうか。悩んでいる社会人一年生のために新卒が3ヵ月以内に退職する理由とその後の人生に与える影響とは?について解説していきます。

新卒の新入社員が3ヵ月で退職を考えるケースとは?

新卒の新入社員が3カ月で退職を考えるケースとは?

新卒入社の場合、学生時代のアルバイトやインターンで職場のバーチャル体験や企業研究などで、ある程度、働くことのイメージをしていたにも関わらず、実際に入社した会社の実態?に触れた途端、大きなギャップをかかえてしまう新入社員が見かけられます。よくいわれるミスマッチということでしょうが、相性だけの問題でしょうか。クリアできる問題であれば、辞表を書く前に、よくある傾向とその対策をチェックしておきましょう。

よくあるパターン・・・将来の自分のビジョンが描けない

配属されたばかりの仕事から 将来、自分が成長している姿をイメージできない場合、幻滅して退職したいという気持ちが沸き上がることがあります。

例えば、その職場にいきいきと仕事をこなしている憧れの先輩がいたり、自分自身の将来の目標が持てたりすればよいのですが、それが見えない場合もあります。この場合、先輩たちの長所を探したり、自分なりの仕事の目標を決めたりするとよいでしょう。

よくあるパターン・・・自分の能力を過信している

入社前に思っていたような大きな仕事のチャンスが与えられず、能力を発揮できる場がないように感じ、退職したいという気持ちになることがあります。入社後、いきなり大きな仕事を任されることは現実的にはほとんどなく、プロ野球選手のドラフト1位指名の選手でもファームからのスタートがセオリーです。入社数年はいずれ大きな結果を出してもらうための与えられた助走期間と考え、まずは下積みをしなければならないものと考えましょう。

よくあるパターン・・・人間関係になじめない

配属されたばかりの職場内の人間関係や雰囲気に、どうしてもなじめないと感じるときに退職したいという気持ちになることがあります。入社からわずか3か月以内で人間関係を判断するのは難しいですが、たいていはコミュニケーション不足から生じる不安です。プライベートの場で話してみると打ち解けて解決することも多いので、気軽に食事や飲み会に積極的に参加してみるとよいでしょう。

ブラック企業であれば、スピード退職すべき?

新卒者が入社わずか3ヵ月以内で早期退職と聞くと、印象はいいものではありません。しかし、ケースバイケースで、退職は悪いものありません。

例えば、残業時間が長いのに残業代が支払われない、パワハラなどによって被害を受けているなど、明らかな違法性があるようなブラック企業で働き続けるべきではありません。我慢して働き続けるあまり、身体を壊してしまったり、精神を病んでしまったりすると、元も子もありません。

労働組合に相談しても改善の見込みがないと判断すれば、また、コンプライアンス違反を繰り返しているような企業に入社したのなら スピード退職もやむを得ないでしょう。

3ヵ月以内の早期退職は、転職に不利?

新卒者が3ヵ月で早期退職した場合、正社員で採用してくれる可能性は著しく下がります。

正社員の道を求めて転職活動がうまくいかず、やむをえず派遣社員やフリーターの道を選んだり、引きこもりになってしまったりするリスクもあります。運よく第二新卒枠で採用してもらえるケースもあるにはありますが、第二新卒枠で転職を目指す方が賢明で、最低でも1年程度は在籍して働いていたほうが有利です。

3ヵ月以内で退職してしまうと、仕事が続かない人とみなされてしまうリスクがあるので、職歴欄を見て書類審査でふるい落とされ、面接試験すら見送られてしまうことも少なくありません。

3ヵ月以内の早期退職は、市場価値が著しく下がってしまうレッテルになってしまうことを肝に銘じておきましょう。本サイトでは「第二新卒の履歴書の書き方は志望動機と自己PRが重要!人気3職種対応」をピックアップしていますので、参考にして下さい。

転職の準備として 転職エージェントに登録?

学校を卒業して社会人として働き始めると、予想していたよりもつらい現実が待ち受けていたのかもしれません。新入社員なりに結果を出さなければならないことも多く、プレッシャーから逃げだしたくなることもあるかもしれません。

しかし、これまでの多くの社会人が乗り越えてきた現実社会の壁かもしれません。ストレスを抱えて、心身を病まない程度に向き合い、早期退職すべき状況ではない限り、1年間なんとか頑張っていきましょう。

その間、水面下で、転職の準備として 転職エージェントに登録して情報を集めておきましょう。一般的に有名なのはインテリジェンスが運営する転職支援サービスDODAやリクルートの運営するリクルートエージェントがあります。

このような有名な転職支援サービスは多くの企業から求人募集の依頼がきており、細かい条件や将来のビジョンを説明することでマッチングしてくれます。

本サイトでは「おすすめの転職エージェントを5社厳選」し、登録できるようにピックアップしています。登録して間違いない転職エージェントしか掲載しておりませんので、新卒の方で退職を考えている方は無料登録から始めましょう。

新卒が3ヵ月以内に退職する主な理由とその後の人生に与える影響とは?

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」