FIRE(物販オンラインスクール)が評判!副業実績と運営会社TKMとは?

FIRE物販オンラインスクールTKM 取材企業記事一覧
編集部
FIREとは会員制の物販オンラインスクールで、手厚いサポートが評判となり、95%以上の顧客満足度を獲得しているサービスです。
物販をはじめとするさまざまな副業ビジネスが学べるFIREは、TKMが運営しています。

本稿では、FIREの実績、サービス内容、特長、物販手法、運営会社のTKMについて調査しました。また、実際に物販で稼ぐことができ、経済的自立と早期リタイアを目指すFIREの実現は可能なのか、FIREするメリット・デメリットについても紹介していきますので、TKMが運営するオンラインスクールでビジネスを学びたい方から、セミリタイアやアーリーリタイアに興味のある方にまで有益な内容となっています。

FIRE(物販オンラインスクール)とは

FIRE(物販オンラインスクール)とは

FIREとは、合同会社TKMが運営する会員制の物販オンラインスクールです。
サービス名は、近年話題となっている「Financial Independence(経済的自立)」と「Retire Early(早期リタイア)」を目標とするライフスタイルであるFIREから由来しており、スクール受講者にも将来FIREを達成してもらいたいという想いが込められています。

FIREは副業を始めたい人や起業を志している人のためにつくられ、商売の基本である物販をはじめとしたさまざまなビジネスを、Web学習やAIサポート、物販のプロフェッショナルによるマンツーマンサポートによって学ぶことができます。

公式LINE内ですべてのサービスが完結するため、会員はスマホひとつでいつでもどこでもサポートが受けられると評判です。

豊富な実績

日本一のスケールと日本一のサービスを目指すFIREは、物販のプロフェッショナルからサポートを受けられるだけでなく、確かな実績も魅力のひとつです。

FIREを受講した累計顧客数は3,500人を突破しており、毎月実施している顧客満足度調査では、95%以上の初月満足度を獲得しています。
また、物販ビジネスを学べるFIREの圧倒的な品質とサポート量によって、会員の95%以上が副業で収入を得ることに成功するなど、2020年の会社設立から2年弱で既に豊富な実績を残しています。

FIREでプロから学ぶ物販ビジネス

FIREでプロから学ぶ物販ビジネス
編集部
会員制物販オンラインスクールFIREの会員になると受けられるサービス内容を紹介します。

24時間年中無休のAIサポート

物販のプロフェッショナルによるマンツーマンのLINEサポートを提供しているFIREでは、24時間いつでもサポートを受けられるAI搭載の自動返信ロボットも用意しており、充実のサポート体制で会員をバックアップしています。
LINEのトーク機能を用いて、学習につまずいた時やビジネスに関するあらゆる疑問・悩み事を専属サポートに相談でき、効率よくスキルアップが図れます。

ゲーム感覚でできるWeb学習

Web学習は初心者向けから上級者向けまであり、徹底した学習によってビジネススキルと知識力の向上が期待できます。
初心者でも効率よく、正しい順序で学習を進められるように学ぶ順序が定められている他、Web学習画面はゲームのような設計のため、勉強が苦手な人でも継続的に学習しやすいという特徴があります。
また、学びたいポイントをピンポイントで学習することもでき、LINEひとつでいつでもどこでも1日10分から学習可能です。

豊富な物販コンテンツ

物販のプロフェッショナルやAIによるサポート、Web学習の他に、FIREの会員は公式LINEからの一斉送信によるビジネスコンテンツの情報配信や新サービスのお知らせを受け取ることができます。
TKMスタッフは、日々の取り組みによって新しい物販ノウハウをアップデートし続けており、会員の評判をもとにしたコンテンツの更新にも力を入れています。
そのため、FIREの会員もトレンドに合わせた物販ノウハウを随時学ぶことができるのです。

物販を学べるFIREの特長

数千人の個人コンサルティング経験に基づき、会員一人ひとりに寄り添う物販のプロフェッショナルによる再現性の高いレクチャーがFIREの最大の特長です。
TKMの専属サポーターが、一人ひとりの会員と丁寧に向き合ってサポートを行うものの、高い再現性を実現するため、あえて個々にマンツーマンのカリキュラムは組んでいません。

また、徹底した顧客満足度調査を行って分析と考察に時間をかけ、多くの実績とデータをもとに、さらなるサービス向上を目指しています。

FIREでの物販手法と物販の流れ

FIREでの物販手法と物販の流れ
編集部
FIREで学べる物販手法と、大まかな物販の流れを紹介します。

Amazonを始めとした物販手法

日本のECサイト売上ランキングで圧倒的1位を誇るAmazonを利用した物販手法、提携企業からブランド商品を仕入れて販売する物販手法、独自のルートで買い付けを行い、無在庫販売を行う物販手法などをFIREで学ぶことができます。

Amazon物販については仕組みなどをわかりやすく解説したWeb学習動画がFIREで用意されており、初心者でも参入しやすいという特徴があります。
ブランド品物販は、利益率が高い一方で仕入れる際の元本も高いため、ビジネスの経験と物販知識が必要となります。
そして、無在庫物販は、中国ではメジャーのオンラインショッピング、タオバオから買い付けを行って無在庫で販売するため、在庫を抱えるリスクがないというメリットがあります。

大まかな物販の流れ

物販を始めるにあたって、まずは季節や流行に合わせて売れる商品をリサーチし、商品を仕入れます。商品のリサーチ方法はさまざまで、FIREでは仕入れ方も徹底サポートしています。
次に、商品を出品します。最初はメルカリやラクマといったフリマサイトでの転売からスタートし、徐々に収益アップを目指して販路を広げていきます。
販路拡大と売り上げアップには経験とテクニックが必要になるため、FIREのWeb学習でライティングなどの出品技術も学んでいきます。

出品した商品が購入されたら、コンビニや郵便局から発送作業を行います。
商品到着までに購入者へ丁寧な対応を心がけると、アカウントの評価が高くなったりリピートにつながったりと多くのメリットを生み出します。

商品が購入者の元へ届いたら、一連の物販取引が終了です。

物販は稼げる?FIRE(早期リタイア)は可能か?

物販は稼げる?FIRE(早期リタイア)は可能か?
編集部
TKMが運営するFIREで物販ビジネスを学べることは分かりましたが、実際に物販は稼げるのでしょうか?
また、物販で稼いで経済的自立と早期リタイアのFIREを実現することは可能なのか、調査しました。

物販で月数万円~数百万円稼ぐことは可能

株式会社クウォンツが2021年に実施した「副業でのインターネット物販」の実態調査によると、回答者の80%以上が、物販で月5万円~10万円の利益を出せていることが分かりました。
また、回答者の5%ほどは月20万円以上の利益を出せているため、副業で物販ビジネスを行い、稼ぐことは可能なようです。
フリマアプリのメルカリの最高月間売上金額を見ても30万円と、実際に稼げている人がいることが伺えます。

一方、物販ビジネスを本業としている人は、月に300万円~500万円の利益を獲得しているという情報もあり、最高月収1,000万円を超えている物販のプロも存在します。
リサーチ能力やアプローチ不足などが原因で、なかなか稼げない人もいるようですが、FIREのようなスクールで学び、徹底的に分析してビジネスを行えば、物販は高確率で利益を出せると言えるでしょう。

物販での早期リタイアはバリスタFIREが現実的

FIRE(経済的自立と早期リタイア)するためには、年間支出の25倍の貯蓄額が必要と言われており、年間の支出が300万円の場合には最低でも7,500万円の貯蓄が必要で、FIRE後はその資産で年4%の運用を行えば生活費をまかなえるとされています。

年収1億円レベルの物販のプロであれば、早々にFIREが可能となりますが、ビジネス初心者が物販だけで7,500万円を貯めるまでには膨大な年月がかかってしまうかもしれません。

ただ、FIREには、十分な資産を確保して贅沢な暮らしができる「ファットFIRE」、倹約しながら最低限の支出に抑えて暮らす「リーンFIRE」、ある程度の資産が貯まったらフルタイム勤務を辞め、働く頻度を減らして収入を得続ける「バリスタFIRE」、FIREに必要とされている資産を確保しつつも仕事は続ける「コーストFIRE」というさまざまな種類があるため、物販で早期リタイアするためにはバリスタFIREが最も現実的です。

FIRE(早期リタイア)するメリットとデメリット

FIRE(早期リタイア)するメリットとデメリット
編集部
日本でも働き方の多様化が急速に進み、労働に縛られない人生を求める人々からFIREが注目されています。
経済的な自立を実現し仕事を早期リタイアするFIREには魅力が多い一方で、当然ながらデメリットも存在するため、ここではFIREのメリットとデメリットを紹介していきます。

自由な生活ができる

FIREの最大のメリットは、仕事、場所、時間などのあらゆる束縛から解放され、自由な生活ができることでしょう。
FIREは仕事を辞めることではなく、豊かな生活を送ることが目的のため、趣味の時間を過ごしたり、田舎や海外に移り住んで悠々自適な生活を送ったりして、自分にとってやりがいを感じられる豊かな時間を過ごすことができます。

破綻するリスクがある

魅力的なメリットがある一方で、FIREの前提条件とされている年利4%を資産運用で実現し続けるのは決して簡単なことではありません。
この数値はアメリカにあるトリニティ大学の教授らが過去のデータから導いたものであり、将来を約束しているものではなく、アメリカと日本では税額も異なります。

また、家族の入院や介護といった急な出費があると、貯蓄だけでは生活が難しくなる可能性があり、前線から退いたFIRE後はキャリアが積み重ねられないため、再度仕事に復帰しようとしても好条件での再就職が難しいというデメリットもあります。

これらのデメリットを回避するためには、投資元本以外にも一定の余剰資金を用意することやFIREを実践する中でもキャリアにつながるスキルアップを行っておくと良いでしょう。

FIREを運営する物販のプロフェッショナルTKMについて

FIREを運営する物販のプロフェッショナルTKMについて

FIREを運営する物販のプロフェッショナルが集うTKMとは、法人名「合同会社TKM」であり、TKMプロジェクトを通して会員制の物販オンラインスクールを展開している会社です。
社名は、時間という意味を持つTIME、知識という意味を持つKnowledge、お金という意味を持つMoneyのイニシャルからつけられており、時間、知識、お金の流れに沿って得られる幸せのことを同社ではTKMと定義しています。

愛知県名古屋市に本社を置くTKMは、物販オンラインスクールFIREの他、データアナリティクスやマーケティングコンサルティングといった事業も展開しています。

経営理念

TKMの経営理念は「教育業界での顧客満足度100%」であり、顧客満足度100%達成が実現できる教育をつくり上げていくことに邁進しています。

TKMの創業者で現代表の北折陽一氏は大学生時代に塾講師として働いていましたが、塾業界の中でもトップクラスの教育環境が整っている塾でさえ、第一志望校への合格率が10~20%だったことから、教育業界の現実に絶望してしまいました。
しかし、絶望と同時に顧客満足度100%の教育に対する興味が芽生え、起業して物販オンラインスクールのFIREをつくり、本気で顧客満足度100%の実現を目指しています。

TKMの北折陽一代表について

北折陽一氏は合同会社TKMの代表取締役であり、同社の創業者でもあります。
1997年生まれで、2015年に名古屋大学へ入学しました。
大学生時代には、高校時代に通っていた予備校にて講師として勤務し、受験戦争に名乗りをあげましたが、結果は2年連続で惨敗という苦い経験をしました。

この経験から、顧客満足度100%の教育や、その教育を実現させた日本の未来を見てみたいという想いが芽生えることとなります。
そして、大学卒業後に進学した名古屋大学大学院を2020年に中退し、同年11月に合同会社TKMを設立しました。

まとめ

編集部
以上が、物販ビジネスを学べるオンラインスクールのFIREの概要や、運営会社のTKM、経済的自立と早期リタイアのFIREについて調査した内容でした。

本稿ではFIREで物販ビジネスを学び、早期リタイアすることをメインに紹介しましたが、物販ビジネスは副業として取り組んでいる人も多いため、商品のリサーチ方法やアプローチ方法などの物販で成功するために大事な基礎から教えてくれるTKMのオンラインスクールは、本業と並行して副収入を得たい人にもおすすめです。

顧客満足度100%を目指してアップデートし続ける、物販オンラインスクールFIREのさらなるサービス向上が期待されます。

会社概要

名称合同会社TKM
所在地愛知県名古屋市中区栄3-28-36アサヒドーカメラビル2階3階4階
設立2020年11月16日
代表者北折陽一