セントレード証券-評判と採用情報を現場社員に取材!

セントレード証券-評判と採用情報を現場社員に取材!
編集部
セントレード証券を取材いたしました。 この記事を読んでいる方の大半はセントレード証券について情報を求めている方々でしょう。実際に現場で働いている社員にセントレード証券の商品や採用情報さらに働き甲斐などを取材することによって、リアルな職場環境を知ることができます。
セントレード証券の社員から最初に一言!

会社と一緒に成長できる!環境があります!

目次

セントレード証券とは

セントレード証券とは

セントレード証券は、金融商品の取引業を行っている企業です。取り扱っている商品は「外国為替(FX)」や株式、投資信託、債券、日経225など幅広く対応することができます。お客様と共に「お客様と心の通い合うコミュニケーション」を大切に考えております。ハイテクの時代と言われて久しい現代。そんな時代の中で、私たちセントレード証券は、お客様と向き合い信頼関係を築いていくことにこだわっています。

セントレード証券の経営方針

セントレード証券では、「安心・信頼」していただける投資環境を整え、お客様の繁栄につながるサポートをし続ける企業である事を大切にしています。

  • コンプライアンスを重視した企業運営に努めます。
  • お客様と心の通い合うコミュニケーションの構築に努めます。
  • 取引コストの軽減に努めます。
  • より有利なプライス提供ができるように努めます。
  • タイムリーで的確な投資情報の提供に努めます。

今のハイテクな時代、人と人はコミュニケーションをとらなくても取引を行えてしまう時代です。しかしセントレード証券は考え方が違います。お客様とのコミュニケーションを大事にすることで、お客様が本当に求めていることを導きます。

セントレード証券の取扱商品

  • 外国為替(FX)
  • 株式
  • 投資信託
  • 債券
  • 日経225

他社と違うポイントとは

同業他社との違いは、コンサルティングでは、訪問営業のため、お客様の状況を正確に把握することができ、適切なアドバイスをおこなうことができます。カウンター営業や電話営業だけではお客様の本当の満足は得られないと考えています。

編集部
セントレード証券は、金融商品を取り扱っているので、お客様の大切な資産を運用する責任ある業務を行っています。しかしコミュニケーションを大切にすることでお客様がどのような運用をしたいのか、訪問してしっかりとヒアリングする姿勢があるため、企業として成り立っているのだと思います。

セントレード証券の沿革

引用元:セントレード証券公式ホームページより
http://www.centrade.co.jp/sec/company/history.html

会社沿革
2005.04DTはやぶさ証券株式会社設立
2005.09日本投資者保護基金加入
2005.11日本証券業協会加入
2005.12G-ストック証券株式会社へ社名変更
2006.02資本金5億円へ増資
2006.02証券保管振替機構加入
2006.12資本金6億円へ増資
2007.09金融商品取引法の施行により金融商品取引業者として登録
2008.04資本金10億1,650万円へ増資
2008.12資本金10億9,150万円へ増資
2009.03資本金3億5,000万円へ減資
2010.02株式会社セントレードが株式を取得し、子会社となる
2010.07一般社団法人 金融先物取引業協会加入
株式会社セントレードを吸収合併し、セントレード証券株式会社へ社名変更
資本金4億5,000万円へ増資FX取引の取扱を開始
名古屋支店開設
2014.04福岡支店開設
2016.10北陸支店開設

「安心してスタートするため」のセミナーを開催

セントレード証券では、以下に該当する方向けにセミナーを開催することができます。

  • これから外国為替証拠金取引を始めようと検討中の方
  • すでに外国為替証拠金取引を始めた方
  • 基礎から理解をしたい方
  • ある程度投資経験を積んだが再確認をしたい方

セントレード証券のセミナーでこだわりのポイント

全てはお客様のためになるサービス、会社経営を目指しているためのサービスです。セントレード証券が顧客対応でこだわる点は、コンサルティングを対面で行うことです。お客様のご自宅や近隣の待ち合わせ場所に出向き、お客様の不安や疑問をその場で解決していただき、安心して投資をスタートしていただけることがセントレード証券の『おもてなし』であり、強みです。

セントレード証券の採用情報をピックアップ

編集部
次にセントレード証券の採用情報について取材いたしました。現場社員が語るセントレード証券の魅力を伝えるとともに求めている人物像や働くことでのメリットなどこの記事でしか知ることのできない職場環境のヒントとなるでしょう。
セントレード証券の採用担当から!

成長途中のセントレード証券では、一緒に成長できる仲間を求めています。ご応募お待ちしています。

セントレード証券が採用したい人物像

新卒には「思いやりと行動力があり、自身の成長のために努力できる方」ですね。中途には「経験や自身の考えに固執せず、物事を柔軟に考え、行動することができる方」を求めております。

セントレード証券で働くメリット

セントレード証券で働くメリットとして「急成長する会社を一緒に作り上げることができる点」が実感できると思いますよ。

採用面接で重要視する2つのポイント

  1. 周囲に感謝し、感謝を表現できる方。
  2. 自分が受ける会社や業務内容、仕事の内容をしっかり理解し、明確な志望動機をお持ちかどうか。

セントレード証券には3つの自慢がある!

  1. 良好な人間関係とチームワーク
    社員全員が、会社を大きくしたいという同じ目標を持って仕事をしています。互いの成長のために協力し、切磋琢磨している社員が、当社の自慢です。
  2. キャリアアップの基準が明確
    実力が正当に評価され、年齢や経験に関係なくステップアップできます。
  3. 万全なサポート体制
    研修はもちろん、普段の仕事も社内一丸となっておこないます。未経験の方でも安心してご入社いただけます。

採用したい3つの部署

  1. 営業部
    営業部では、資産運用コンサルタントとして、お客様のご要望や資産状況に合わせた金融商品をご提案するお仕事です。お客様と会社との接点として一番大切な部署です。
  2. トレーディング部
    トレーディング部は、カスタマーサポートという大切なお仕事が中心です。お客様や営業担当からからの注文を受け、伝票作成やシステム入力をおこないます。
  3. コンプライアンス部
    コンプライアンス部は、顧客保護の観点から、営業方法の各種法律や社内規則を遵守して正しく行われているかを管理・監督します。

セントレード証券の新卒社員の評判(Q&A)

セントレード証券の新卒社員の評判(Q&A)

編集長
セントレード証券株式会社に2016年4月に新卒入社した岩田様にジョブアピ編集部は直撃インタビューさせていただきました。セントレード証券に入社しようと決めたきっかけや、働きがいなどを語ってくれました。これからセントレード証券に入社を考えている方には必見の記事です。

Q1.セントレード証券に入社しようと決めたきっかけは?

大学時代に勉強したことを仕事に行かせる業界を志望し、証券会社に絞って就職活動をしていました。たくさんの証券会社の中でも、セントレード証券の研修は、期間も長く、一人ひとりの能力に合わせておこなってくれるという点に魅力を感じ、入社を決めました。

Q2.就職活動で一番苦労したことはなんですか?またどのように乗り越えましたか?

本当に営業を志望して良いものかという不安がありました。自分自身の不安が最初の面接にも現れてしまい、思うようにPRできませんでした。しかし、会社説明を聞き、不安が解消されてからは決意が固まり、自分の考えをしっかり伝えることができるようになりました。

Q3.セントレード証券の仕事を通してやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

最初は、投資に全く興味がなかったお客様から「君に任せてみようかな。よろしく頼むよ。」と言っていただけた時です。会社はもちろんですが、私自身を信頼していただけたことを実感できます。

Q4.現在の仕事で感動したエピソードは?

結果が出ないくて自分がつらいとき、先輩や上司が心から応援してくれたことです。「一生懸命やっていることはみんな分かっているから、あきらめるな!今やっていることを信じて続けることが大切なんだ。」という上司の言葉で、スランプを脱出することができました。

Q5.会社の長所はどこですか?

  1. アットホームなところです。集中するときは、みんな一緒に頑張り、楽しむときは一生懸命楽しむ。メリハリがあって居心地が良い環境です。就活中、営業は孤独な仕事だと聞いていましたが、そんなことはありませんでした。
  2. 仕事とプライベートのメリハリがつけやすいところです。残業はありますが、極端に遅くまで仕事をすることはありません。私は、夜8時半過ぎには家で自分の時間を楽しむことができています。ノー残業デーは、17:30に退社できるので、プライベートの時間も充実しています。
  3. 研修が丁寧なところです。入社後、1ヵ月の合宿、その後はマンツーマンのOJT。同期の仲間がどんどん結果を出す中、私は全然結果が出ませんでしたが、結果が出るまで、あきらめずに何度も指導して下さいました。

Q6.今後の目標とセントレード証券に入社を検討している方へ一言!

私は、マイペースな性格で、周りの人から誤解されることが多いのですが、セントレード証券のみなさんは、一人ひとりの個性を重視して指導やアドバイスをしてくれるので、安心して入社してください。

セントレード証券の中途社員の評判(Q&A)

セントレード証券の中途社員の評判(Q&A)

編集長
セントレード証券株式会社に2016年10月に中途入社した生田様にジョブアピ編集部は直撃インタビューさせていただきました。セントレード証券に入社しようと決めたきっかけや、働きがいなどを語ってくれました。これからセントレード証券に入社を考えている方には必見の記事です。

Q1.セントレード証券に入社しようと決めたきっかけは?

もともと政治や経済に興味があり、その知識を生かして社会貢献ができる仕事をしたいと考え、証券会社を志望しました。セントレード証券は、お客様とのコミュニケーションを重視し、型にはまらない営業ができるところに魅力を感じ、入社を決めました。

Q2.前職の退職理由はなんだったのでしょうか?また現在のモチベーションはどんなところにありますか?

前職は、飲食業界でした。お酒が好きで始めた仕事でしたが、自分の勉強すべきことはもっと他にあるのではないかと思い、退職を決めました。営業が初めてなので、不安を抱えたまま始めた仕事ではありますが、今ではお客様とお話ししながら、商品はもちろん、自分を理解していただき、評価していただけることが楽しいと感じています。

Q3.セントレード証券の仕事を通してやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

日本では、投資商品を毛嫌いする方も多いですが、投資家を増やすことが日本の経済成長につながるという想いをもって営業をしています。その想いに賛同していただき、ご契約いただけた時です。

Q4.現在の仕事で感動したエピソードは?

資産運用(投資)に全く興味のなかったお客様が私の説明を聞いて、『こんな良い商品があったんだ!もっと早く知りたかったよ。』と納得してご契約いただいた時です。自分がお客様のお役に立てたことを実感しました。

Q5.会社の長所はどこですか?

  1. 政治・経済や社会情勢に詳しくなれるところです。
  2. 若い社員が多く、活気があるところです。お互いライバルではありますが、良いところを認め合って、高め合うことができる関係です。
  3. 丁寧な研修があるところです。マンツーマンで、営業のノウハウを教えてもらうことができます。自立した後で、自分一人では対応しきれない場面に遭遇しても、上司がすぐにサポートしてくれます。

Q6.今後の目標とセントレード証券に入社を検討している方へ一言!

目標は、資産運用コンサルタントとして、一人でも多くのお客様に、投資を始めていただき、みなさまのお役に立つことです。営業職に不安を感じる人もたくさんいらっしゃると思いますが、自分の人柄をお客様にPRできて、勝負できる、こんなに楽しい仕事はありません。未経験でも成長できる環境が、セントレード証券には揃っていますので安心してください。

会社概要

会社名セントレード証券株式会社
代表取締役社長松田 文和
本社〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2丁目7-6
資本金4億5,000万円
設立2005年 4 月27日
登録番号関東財務局長(金商)第74号
加入協会日本投資者保護基金
日本証券業協会  会員コード 1031
証券保管振替機構 加入者コード 2058
一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 1164
顧客分別金信託日証金信託銀行株式会社
事業内容
  • 有価証券の委託、募集・販売(株式先物取引・信用取引・株価指数先物取引・株価指数オプション取引の取次ぎ等及び他の事業者の経営に関する相談に応じる業務等)
  • 店頭デリバティブ取引(外国為替証拠金取引(FX取引))
  • その他業務(匿名組合の締結又はその媒介、取次ぎ若しくは代理に係る業務)
苦情処理・紛争解決特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
セントレード証券-評判と採用情報を現場社員に取材!

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」