後藤悟志の評判/経歴/太平エンジニアリング/採用情報まで徹底調査!

太平エンジニアリングのサイトトップ画像 取材企業記事一覧
編集部
後藤悟志さんは、太平エンジニアリングの代表に就任してから太平グループを年商700億円まで成長させた敏腕経営者であり、社員や協力業者を大切にし、周りから慕われる懐が深い人物として知られている人物です。

その後藤悟志さんが経営する太平エンジニアリングは建築設備を主な事業とし、「建設設備のトータルソリューションカンパニー」として業界内でもトップクラスの実績を誇る企業です。

今回は、太平エンジニアリングの後藤悟志さんの人柄や評判、経歴や経営で心がけていることに加えて、会社の事業内容、業績(売上高)や大企業を生み出す秘密などを徹底調査しました。

建築設備会社に興味のある方には必見の内容になっています。

【追加情報】
2021/05/18「後藤悟志社長」に関する情報追加。
2023/01/17「プロフィール」「生い立ち・経歴」「人柄と評判」を追加。

後藤悟志とは

後藤悟志社長の人柄/評判/経歴

後藤悟志さんとは太平エンジニアリングの代表取締役社長であり、同社を大きく成長させ続けている人物です。

太平エンジニアリングの創業者一族に生まれ、幼少期から帝王学を施されてきました。将来経営者になることを意識したためか、経営課題に立ち向かえる人材を育成する青山学院大学の経営学部に進学し、卒業しています。

太平エンジニアリングを成長させたことで高い評判を獲得している後藤悟志さんですが、かつて勤務していた大手洋酒メーカーにて営業マンとしても優秀な実績を残しており、ビジネスセンスに優れた人物であることが伺えます。

プロフィール

後藤悟志のプロフィール
  • 名前:後藤悟志(ごとう さとし)
  • 生年月日:1957年11月12日
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京都
  • 居住地:東京都杉並区
  • 最終学歴:青山学院大学経営学部 卒業
  • 所属:株式会社太平エンジニアリング
  • 趣味:音楽/ゴルフ

経営者として心がけていること

後藤悟志さんは「お客様第一主義」や「現場第一主義」が経営の根幹であるとしており、「安全・安心」をなによりも重視しています。
建築設備を軸に建設業と関わりの強い保険や金融事業など幅広い事業展開を行うことにより、あらゆる形で人々の生活をサポートしていくことを心がけています。

後藤悟志の生い立ち・経歴

編集部
後藤悟志さんの生い立ちや、現在に至るまでの経歴を調査しました。

生い立ち

太平エンジニアリングの前身の会社である三榮建設工業株式会社は、後藤悟志さんの祖父が創業者であり、物心ついた時には父が会社を受け継いでいました。
そのため、父からは帝王学を叩き込まれ、自分もいつかは会社を継承するのだと想いながら育ちます。

後藤悟志さんは、成長するとともに創業時の苦労を理解し、0から1を創り出すことは自分には到底できないことだと感じましたが、1を10へと拡大させることは得意だったため、自分の得意分野を伸ばしていこうと思ったそうです。
そしてその能力は、現在の経営にも活かされています。

経歴

青山学院大学出身、平成8年に太平エンジニアリングを先代(後藤一之さん)から引き継ぎました。
これは後藤悟志さんが入社してわずか9年目のことだったそうです。

そこからめきめきと持ち前の手腕を発揮し、業績を伸ばしているのですからかなりのやり手だと言えます。
現在では太平グループを年商700億円の優良企業に成長させています。

後藤悟志の人柄と評判

後藤悟志さんについて調査していて感じたのは、とにかくやり手という評判です。
営業能力が高く、超大手の契約をバンバン受注してくる手腕とのことです。

そのためか人にも(もちろん自分にも)厳しい一面もあるようですが、会社の成長を共に支えてくれる社員のことを考えての叱咤激励なのでしょう。そこが会社成長のカギなのではないかと考えられます。

後藤悟志率いる太平エンジニアリングとは?

太平エンジニアリングの事業内容

後藤悟志さんが経営している太平エンジニアリングとは建築設備を主軸事業とし、建物の快適環境を生み出すサービスを提供している会社です。
東京都文京区に本社を置き、20社を超えるグループ会社を日本国内外にて展開しています。

高収益な独自のビジネスモデルや経常利益率5%以上という強固な財務体質、さらに顧客からの信頼を得る誠実な仕事により、2019年には創業70周年を迎えました。

快適な環境を人々の生活シーンごとに見つめ直し、新たなる快適性を追求し続けています。

太平エンジニアリングのメイン事業

編集部
まずは太平エンジニアリングのメイン事業をご紹介します。建物の快適環境をつくる事業として、以下のような事業を展開しています。
太平エンジニアリングのメイン事業
  • 空気調和
  • 給排水、衛生
  • ガス関連設備工事
  • メンテナンス
  • リノベーション
  • 電気

太平グループの多様な事業

太平エンジニアリングは日本で培った技術を、東南アジアを中心に海外へと発信させています。
また太平グループでは、メイン事業のノウハウを存分に注ぎ込んで様々な事業を展開しています。

快適環境を作るために必要な物販や、インテリアや空調まで自社でノウハウを持つ太平グループだからこそできる、快適な飲食店やオフィスなどの不動産事業も行えるのではないでしょうか。

その他の事業
  • 外食事業
  • 不動産
  • 保険
  • 商品販売
  • 金融
  • 海外事業

売上高・業績について

編集部
太平エンジニアリングならびに太平グループの売上高(業績)をみていきましょう。
公開されている2020年3月末日現在までの情報をまとめてみました。
項目金額(決算年月別)
2018年03月31日2019年03月31日2020年03月31日
売上高491億1500万円560億1600万円582億2700万円
当期純利益17億5200万円16億2900万円34億8700万円
利益余剰金205億7900万円221億1800万円254億5500万円
総資産(未反映)468億9700万円500億7800万円

なお、グループ全体の売上高は700億円を超え、純利益は43億円を超えています。(2020年6月現在)

沿革

編集部
続いて、沿革をみていきましょう。
太平エンジニアリングは非常に歴史ある会社であることがわかり、M&Aや海外進出なども繰り返しながら成長を続けていることもよくわかります。
年月できごと資本金
昭和24年05月太平工業株式会社創業

(創業時名称 三榮建設工業株式会社)

昭和36年04月太平空調機株式会社設立(日立製作所特約店)

(後に改称 株式会社太平ビルケア)

9千6百万円
昭和44年04月太平プラミング株式会社設立

(後に改称 株式会社太平テクノス)

5千万円
昭和51年02月株式会社太平エンタープライズ設立

(松下食品システム代理店)

3千万円
昭和60年02月太平エージェンシー株式会社設立4千万円
昭和60年04月太平工業株式会社と関連会社太平エンジニアリング株式会社を合併、社名を株式会社太平エンジニアリングと改称
昭和63年12月株式会社ユキマル設立

(後に改称 株式会社太平ハートニング)

1億円
平成08年04月株式会社太平クリエイト設立1千万円
平成14年06月株式会社太平フーズ設立

(後に改称 株式会社太平フーズアンドリカーズ)

1千万円
平成16年12月株式会社山吹ビルサービス買収1千万円
平成18年08月株式会社ヒル・フィールド買収

後に有限会社ジオンを吸収合併

8百万円

 

平成18年11月株式会社太平パートナーズ設立

後に株式会社ベルコミュニティシステムズと合併

4千万円
平成20年07月Vivica Style株式会社設立3百万円
平成22年02月株式会社太平フィナンシャルサービス設立5千万円
平成24年12月株式会社太平エンジニアリング シンガポール設立3千4百万円
平成25年07月株式会社エイコーポレーション買収1千万円
平成25年08月株式会社太平エンジニアリング ミャンマー設立US$100,000
平成26年02月株式会社太平ゴルフ&リゾート設立9百万円
平成26年06月株式会社太平メディカルコール買収1千万円
平成28年06月株式会社太平エンタープライズ

Vivica Style株式会社を吸収合併

平成28年09月株式会社Fanimal設立

(後に改称 株式会社太平トレーディング)

3百万円
平成29年06月株式会社Fanimal50百万円に増資
平成29年11月TECM Co., Ltd.設立4億KHR

(US$100,000)

平成30年01月協栄空調株式会社買収5千万円
平成30年02月大晃エンジニヤリング有限会社買収300万円
平成30年06月株式会社SPIN D&D設立6千万円
令和2年3月Duc Duong Trading-Engineering Joint Stock Company買収150億VND

主にどんな事業で大きくなった会社なの?

太平エンジニアリングの事業3

太平エンジニアリングは主に建築設備を主軸とする企業ですが、「建設設備のトータルソリューションカンパニー」であり、コンサルティングから稼働まで責任をもって快適環境の創造をしています。

設備を生み出すこと、そしてそれをメンテナンスし快適環境を保ち続けるサービスの提供で大きく成長してきました。

IR情報で考える成長性・期待度は高い?

太平エンジニアリングの事業2

太平エンジニアリングの業績からも一目瞭然ですが、毎年業績を伸ばしていることからも今後の成長性や期待度は高いと言えるのではないでしょうか。
共用施設や駅再開発なども今後続いていくことなどからも、ますますの成長が期待できそうです。

太平エンジニアリングの採用情報

太平エンジニアリングの採用情報
編集部
太平エンジニアリングの採用情報を紹介します。
インターンシップ、ならびに新卒採用の応募については、リクナビ・マイナビから受付けをしているようです。

また、LINE(友だち登録後)からも会社説明会動画をご覧いただける対応もしています。

募集要項

編集部
募集要項は以下の通りです。(2020月10月時点)
【対象者】
2021年3月卒業見込みの方、 既卒可
【募集職種】
  • 総合職:施工管理・メンテナンス・サービス・営業・管理部門
  • 一般職:営業事務・管理部門事務・CADオペレーター
【募集人員】
理系25名・文系10名 計35名程度
【勤務時間/休日・休暇】
  • 8:30~17:30(休憩12:00~13:00)
  • 完全週休2日制(土曜・日曜)、祝日、年末年始、慶弔休暇、有給休暇(初年度10日)
    ※2019年度 年間休日126日
【勤務地】

東京、札幌、仙台、沼津、浜松、名古屋、大阪、福岡

給与・賞与・福利厚生

編集部
給与や社福利厚生等については以下の通りです。(2020月10月時点)
【総合職の給与】
  • 大学院卒・・・ (首都圏・大阪)243,800円/(左地区以外)240,800円
  • 大学卒・・・(首都圏・大阪)233,000円/(左地区以外)230,000円
  • 高専卒・専門・短大卒・・・(首都圏・大阪)221,160円/ (左地区以外)218,160円
  • 高卒・・・(首都圏・大阪)199,000円/(左地区以外)197,000円
【一般職の給与】
  • 大学卒・・・(首都圏・大阪)213,000円/(左地区以外)211,000円
  • 高専卒・短大卒・・・(首都圏・大阪)201,000円/(左地区以外)199,000円

一般職は3ヶ月間の試用期間があります。
試用期間中の雇用条件変更はありません。

【昇給】
年1回(4月)
【賞与】

年2回(6月・12月)

【諸手当】
時間外、通勤、技術、地域、世帯手当
【保険】
社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働災害保険)
【福利厚生】
寮(首都圏2ヶ所・各支店)~保養所(舞子高原)
会社業績に応じた特別報奨金(期末賞与)
【諸制度】

育児支援制度、財産形成貯蓄制度、低金利貸付制度、確定給付年金制度、確定拠出年金制度、団体生命保険制度

研修制度・職場環境

研修制度については、『新入社員研修、新人フォローアップ研修、初級技術研修、専門コース技術研修、海外研修』が用意されており、しっかりとした教育環境が整っています。

職場環境については、『入社3年後定着率90%以上』『平均勤続年数15年以上』『育休取得率90%以上』といったデータからも、長く勤務でき、ワークライフバランスが整った働きやすい環境であることがわかります。

採用フロー

  1. エントリー
  2. LINE友達登録
  3. WEB動画視聴
  4. 書類選考
    学校指定の履歴書・成績証明書を郵送
    (印刷したOpenESなど手書きでなくても可)
  5. SPI-3受検
  6. 面接(2回)
    WEBまたは実地

求める人物像

太平エンジニアリングでは、筆記試験は参考程度とし、人物やマッチングを重視し、面接時の志望意欲を大切にしているとのことです。

後藤社長は公式HPの挨拶で「『お客様第一主義』を貫くことこそが、経営の根幹である」としていますが、そうした姿勢をもって仕事に取り組める方と共に働いていきたいと考えているのではないでしょうか。

まとめ

編集部
太平エンジニアリングは多くの事業を展開しながら成長をし続けている会社です。
そんな風に会社が成長し続けていける秘密は、社長の後藤悟志さん自らが中心になって事業成長のための活動をしているからなのではないでしょうか。

新卒採用も積極的に行っているようですし、現場で成長していきたいとお考えの方には特に、成長することができるいいチャンスかもしれません。

会社概要

名称株式会社太平エンジニアリング
本社所在地東京都文京区本郷1丁目19番6号
代表者代表取締役社長 後藤悟志
資本金5億2千万円
従業員数2,279名(連結)(2020年4月時点)
認定医療関連サービスマーク認定
営業品目空気調和設備(一般空調、産業空調、特殊空調)、給排水設備、衛生設備、電気設備、防災設備、水処理設備、ガス関連設備、建築付帯設備一切の設計・施工、冷暖房・空調・電気・給排水・昇降機・防災設備等の建築設備施設の運転、点検及び保守管理、保安設備、清掃、受付案内業務、電話交換、駐車場管理業務、建物の総合清掃、環境衛生管理及び建物の営繕工事、不動産事業、機器・商品販売