池田屋ランドセルの歴史と人気の理由!6年後も大丈夫?評判/値段/種類などを調査!

アピール企業
編集部
「ぴかちゃん」の名称でもおなじみの、池田屋のランドセル

1950年の創業以来、子どもたちの身体に合ったランドセルを製造し続けています。

そんな池田屋ランドセルの特徴や人気の理由とは?社員の方に直接取材してきました!

ぜひこの記事を読んで、池田屋ランドセルの魅力を感じてくださいね。

本記事は池田屋ランドセルの社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

池田屋ランドセルとは

様々なランドセル
池田屋ランドセル担当者様
池田屋ランドセルでは、主に以下の事業を行っております。

ランドセル企画開発・販売・6年間アフターサポート事業

池田屋ランドセル担当者様
「子ども思い」というコンセプトのもと、丈夫な素材を求めて海外の工場にも足を運び、部品も既製品ではなく自社開発しています。

こうして出来上がったランドセルは、専門知識を持つスタッフにより販売され、お子様の小学校生活が輝くようお手伝いしております。

さらに「6年間完全無料修理保障」を通じて、「売りっぱなし」ではなく、販売後も充実したアフターフォローをすることでお客様とのつながりを大切にしています。

企画開発事業

池田屋ランドセル担当者様
自社ブランド商品の企画開発、ブランド価値の創造を行う事業です。

「企画・提案し、物を作るメーカーの仕事」、「お客様と直接会話し、仕入れ販売をする小売店の仕事」、「組み立てる、修理する職人の仕事」の3つを通じて、お客様と接した経験や情報を活かし、どこにもない、どこよりも優れた商品をご提供いたします。

子ども思いの森事業

池田屋ランドセル担当者様
長年のランドセル事業で育まれた「子ども思い」の精神をもっと広く、もっと多くの人に伝えたいという思いから始まった池田屋の社会事業です。

市民団体やNPO法人と協働し、未来を担う子どもたちに必要な「生きる力」づくりをアクティブに、クリエイティブにサポートしています。

池田屋ランドセルの歴史

池田屋ランドセル担当者様
1950年の創業以来、ランドセルを中心に革製品のバッグ、財布、小銭入れ、ベルト等を製造・販売しております。

1986年に「ぴかちゃん(オリジナルランドセル)」を商標登録。2000年には創業50周年を迎えました。

池田屋ランドセルのこだわりは「厳選したよいものを」と「お客様の立場に立ったものづくり」。

創業から68年が経過した現在も、日々努力と反省を繰り返し、まだ見たことのない、「子どもたちにとっての最高の逸品」を目指して、従業員一同、日夜仕事に励んでおります。

池田屋ランドセルのコンセプト

池田屋ランドセル担当者様
池田屋ランドセルは「子ども思い」というコンセプトを基に商品開発に取り組んでおります。

「子ども思い」とは、ご両親がお子様を思うのと同じ気持ちでランドセルを作ること。もし我が子に背負わせると考えたら、素材、部品、組み立てなど、どの工程においても手抜きは許されません。

ランドセル一つ一つに「子どもにとっての最高の逸品」を提供するにはどのような工夫と愛情を込めれば良いのか。スタッフ一同、日夜考え、努力と研さんを積んでおります。

池田屋ランドセルが人気の8つの理由

1.シンプルなデザイン

ランドセルの正面
池田屋ランドセル担当者様
池田屋ランドセルのランドセルは種類もデザインも豊富ですが、すべてシンプル。

それはお子様が6年間飽きないよう、そしてご家族の「勉学に励んで欲しい」という気持ちを反映した結果です。シンプルだからこそ、ずっと愛用できるし、アレンジも利きます。

一時の流行よりも6年間ずっと使い続けられることの方が大事です。

2.機能性の高さ

池田屋ランドセル担当者様
ランドセルは牛革、または人工皮革のどちらかで作られることが多いです。

牛革で出来たランドセルは強度に優れますが水に弱く、人工皮革のランドセルは強度は劣りますが軽量で水に強い傾向にあります。

両者のメリットを一つのランドセルに含めないか。
そう考えた結果、生まれたのが牛革と人工皮革それぞれの良さを生かしたランドセルです。

衝撃を受けやすい肩部分には丈夫な牛革を、水に濡れやすい背あてやカプセ(カバー)の裏側には防水性に富んだ人工皮革を使用しております。

ほかにも、使いやすい位置に付け替え可能な移動式の防犯ブザーフックや、リコーダーや水筒入れにぴったりの多機能ポケットなど付属品にも力を入れています。

3.耐久性に優れている

池田屋ランドセル担当者様
池田屋ランドセルでは、ランドセルの修理事業も営んでおります

修理事業を通じて、私たちはランドセルの弱点を日々理解しています。

どこの強度を高め、どの部分を補完すれば壊れないランドセルを作れるのか。すべてを熟知している池田屋だからこそ、6年間使ってもボロボロにならない、耐久性に優れたランドセルを製造できます。

4.背中にフィットする背負いやすさ

ランドセルの裏側
池田屋ランドセル担当者様
ランドセルはただ壊れにくいだけではいけません。子どもたちはランドセルを背負って、遊んだり、ケンカしたり、走り回ったりします。その際、背中のランドセルが重すぎて背負いにくいと、せっかくの子どもたちの活発な好奇心に水を差してしまいます。

子どもたちが伸び伸びと楽しく遊び回れるよう。元気いっぱいに通学できるよう。どんな体型の子にもフィットするランドセルを製造しております。

5.収納スペースの多さ

ランドセルの中身
池田屋ランドセル担当者様
教科書やノートなどの勉強道具に加えて、体操着、給食袋、リコーダーなど子どもたちの荷物はいっぱい。そんな子どもたちの持ち運びの負担を減らすため、池田屋は工夫を凝らしております。

A4フラットファイルが入るのはもちろん、ランドセルの内寸は横幅23cm・高さ31cm・マチ幅12cmと業界トップクラス。

ベルト調整で伸縮する小マチも最大4.5cmまで広がります。これで身体が小さな小学生でも、負担なく荷物を持ち運びできます。

6.子ども仕様の使いやすさ

池田屋ランドセル担当者様
子どもは大人と違ってちょっとしたことでもつまずいてしまいます。

給食袋が上手く取り外せない、ランドセルをロックできない、ランドセルが閉められないなど、子どもたちに不都合が生じないよう最大限配慮しております。

7.ケガや事故を未然に防ぐ安全性

ランドセルのループ部分
池田屋ランドセル担当者様
ランドセルに下げていた給食袋が遊具に巻き込まれた、ランドセルの金属でケガをしたなどの事故やケガが起こらないよう、池田屋ランドセルは安全性にも配慮しております。

例えば、金属フックではケガする可能性があるので、安全なナイロン製のロープを使用。また金属を使う際も、とがった部分はなくしています。

ほかにも、給食袋が遊具や車に巻き込まれる事故があることを知って、ある一定の圧力がかかった時点で、自然と給食袋がフックから外れる仕様へと変更しました。

このように安全性にも配慮することで、子どもたちを危険から未然に守ります。

8.卒業まで子どもたちを守る6年間の安心無料保証

池田屋ランドセル担当者様
池田屋ランドセルは卒業まで大切にランドセルを使って欲しいという思いから、6年間の完全無料修理サービスを提供しています。

それなので、壊れてしまっても大丈夫!店頭にお持ち込みいただいた場合はその場で修理しますし、ご送付いただいた場合でも送料はかかりません。

修理期間は代替用のランドセルを無料で貸与。もし部品がなかったとしても、新たな部品の交換費用もかかりません。

池田屋ランドセルの種類と値段

池田屋ランドセル担当者様
池田屋ランドセルでは主に以下のランドセルを販売しております。

1.ベルバイオスムースカラーステッチ

ベルバイオスムースカラーステッチ

カラーバリエーション:全9種類
重さ:1100g前後
値段:¥55,080(税込)

池田屋ランドセル担当者様
牛革ベルトを使用し、よりフィット感にこだわったランドセルです。

背負いやすさや強度に配慮しています。付属品として、移動式防犯ブザーフックと反射シール、無料のイニシャル刻印がついています。

シンプルですが色々な性能が付いており、ご家族全員が満足される逸品です。

2.マットクラリーノカラーステッチ

マットクラリーノカラーステッチ

カラーバリエーション:全12種類
重さ:1100g前後
値段:¥49,680(税込)

池田屋ランドセル担当者様
シンプルなデザインの中にも、マット仕上げのクラリーノ生地やステッチが入っているなど、個性が光る逸品です。肩ベルトには牛革を使用しております。大人っぽくもなりすぎず子どもらしさも忘れない、親目線でも「可愛い!」と思える製品です。

3.イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ

イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ

カラーバリエーション:全9種類
重さ:1300g前後
値段:¥62,640(税込)

池田屋ランドセル担当者様
控えめで上品なツヤと発色が特徴の牛革モデルです。背あて、ベルト裏、カプセ裏には防水性に優れたクラリーノ(人工皮革)を使用しています。子どもたちを思う作り手の気持ちが伝わってくる逸品です。

池田屋ランドセルでは上記以外にもさまざまな種類のランドセルを販売しております。詳しくは、池田屋ランドセルの「ランドセルを選ぶ」のページからご覧ください。

機能性/性能へのこだわり

池田屋ランドセル担当者様
池田屋ランドセルでは、全商品の機能・性能を同一化。そのため、どの商品を手にとっても、お客様は同じように安心してランドセルをお使いいただけます。

理由の一つが、すべてのお客様に満足・信頼していただきたいから。

製品によって機能や性能に偏りがあったら、「○○ちゃんのランドセルはよかったけれども、××くんのはよくなかった」といった事態になりかねません。

そうならないためにも、すべての製品において安全性・機能性・デザイン・背負いやすさなどトップを目指す。それが池田屋のものづくりにかけるこだわりです。

小学校6年間問題無く使える理由

池田屋ランドセル担当者様
池田屋のランドセルは小学校6年間安心してご利用いただけます。最大の理由が6年間使える無料の修理保証です。

ランドセルは乱暴に使われて当たり前。その想いがあるからこそ、お子さんが故意に壊したとしても、遺憾に思うことなく無料で修理対応いたします。

修理不能な場合は、無料で新しいランドセルと交換しますので、ご安心ください。
(機能に問題のない傷、汚れ、落書きや、地震や洪水、盗難などによる紛失はサポート対象外です)

ランドセル選びのコツ

池田屋ランドセル担当者様
以下、68年間ランドセル事業を営む池田屋が考えるランドセル選びのコツです。就学前のお子さんをお持ちの方はぜひ参考にしてください。

1.機能性が高い

池田屋ランドセル担当者様
まず何より大切なのがランドセルの機能性のチェックです。丈夫か? 汚れや傷は付きにくいか? 必要な物はすべて入るか? 万が一壊れてしまったときはどうすれば良いか? などなど。

最近は、刺繍入りなど可愛らしいデザインのランドセルが増えていますが、そのようなランドセルは総じて機能性に劣る傾向にあります。見た目の愛らしさももちろん大事ですが、それと同様に機能性もしっかりチェックしてくださいね。

2.背負いやすい

池田屋ランドセル担当者様
基本、ランドセルは毎日使う物。だからこそ、背負いやすさも重視したいところ。自分の物なら試着すれば分かるけど、子どもにとってランドセルが背負いやすいかどうかは正直、よく分からないという親御さんも多いでしょう。

その際は、以下2点に注目してください。

  • 肩……ベルトと肩の間にすき間はありませんか? 横からだけでなく、後ろからもチェックしてくださいね。
  • 背中……背負ったとき、ランドセルが垂直に立っていますか? 横から見てランドセルが少し斜めに傾いていると感じたら、ベルトの長さを調整するか、ほかのランドセルを検討した方がいいかもしれません。

3.保証内容が優れている

池田屋ランドセル担当者様
ランドセルは買って終わりではありません。そこから6年間、使い続けなくてはなりません。

子どもは大人と違って物を乱暴に扱います。ランドセルも然りです。そのため、製造会社は壊れたランドセルにどう対応してくれるか。修理は可能か、費用はどのくらいかかるのか、万一背負えなくなったらどうすれば良いのか。そのようなサポートが非常に重要になってきます。

池田屋ランドセルでは、6年間の無料修理サポートを提供。そのため6年間安心してランドセルを使い続けることができます。

池田屋ランドセルの社長の経歴と実績

池田屋ランドセル担当者様
現在の社長である、池田浩之(66才)は2015年8月に代表取締役に就任しました。静岡県静岡市出身で、日本大学芸術学部写真学科卒業後、都内のハンドバッグ問屋で営業職に就き、池袋パルコ内のバッグ専門店の店長を経て、家業に入ったそうです。

代表就任後は、池田屋を企画開発型企業へと転換したり、銀座店・梅田店・博多店をオープンしたりするなど、手腕を振るっております。

ほかにも、子ども思いの森事業をスタートさせたり、劇団四季「こころの劇場」への協賛を開始したりするなど、社会貢献事業にも関心が高いです。

朝、ロードバイクでのトレーニングを愛し、目標はゴルフのエージシュート。静岡呉服町名店街の副理事長も務めております。

採用活動も行っている

池田屋ランドセル担当者様
「あなたの想いを、私たちの思いで」をコンセプトに、カバンや革製品の専門店として実績を重ねてきた池田屋。

子どもへの思いが詰まったオリジナルランドセルは、全国のお客様から長く愛されています。そんな自社開発の製品をもっと多くの方にお届けするため、静岡県内3店舗、東京銀座店に加えて2016年5月に関西1号店の梅田店、2018年4月に博多店をOPEN。すでに多くの先輩が新店舗や既存店、展示会の会場で活躍中です。

そんな池田屋では、一緒に新たな会社や店舗作りに協力してくれるフレッシュな仲間を募集しております。

求める人物像

池田屋ランドセル担当者様
販売・接客経験はなくてもOKです。異業種から入社し活躍している先輩たちが大勢います。

今まで培ったキャリアや経験を生かし、新しい視点からのアイディアを積極的に採用する風土。先輩たちの前職は保育士や歯科助手、パティシエなどさまざまです。

  • 人と話すことが好き。特に子ども好きな方歓迎!
  • 責任感を持って仕事に取り組める
  • 自分自身で考え、行動できる
  • 人との出会いの中から、さまざまなことを吸収できる
  • モノづくりや社会事業に関心がある

入社のメリット

  • 接客・販売の経験はもちろん、ランドセルをはじめとするカバンをはじめ、財布やパスケース、キーホルダーなどの小物類、また、全国屈指の品揃えを誇る山梨の伝統工芸「甲州印傳」の知識を学ぶことができます。
  • 販売業務に慣れてきたら在庫の管理や仕入れ、商品の配送、修理などの業務にもトライできるので、ただ売るだけではなく、店舗運営に関する仕事も幅広く経験していただけます。
  • オフシーズンには店内ワークショップの企画や運営のお仕事も経験できます。
  • 資格取得やキャリアアップについてのサポート制度も充実しています。
  • 頑張り次第では主任・店長・課長・部長など管理職への昇進も望めます。

平均年収・平均勤続年数、福利厚生

初年度年収

250万~300万円

平均勤続年数

35年

福利厚生

  • 各種社会保険完備
  • 社内割引販売
  • 産休・育休制度あり
  • エプロン貸与
  • 年間2万円の洋服手当あり(勤務用の白色ブラウス・シャツ購入補助費)
  • 健康診断制度あり

採用面接で重要視するポイント

池田屋ランドセル担当者様
お子さまと接する仕事ですので、ずばり人柄&意欲を重視しています。
子ども好きな方は特に大歓迎です。

経験の有無は問わず、まずは「やってみたい」という気持ちが大切です。

まとめ

編集部
池田屋ランドセルの特徴、分かりましたか?

池田屋は創業以来、ランドセルを中心に革カバンや小物製品を作り続けています。受け継がれた職人の技術とノウハウがあるからこそ、安全で頑丈なランドセルを製造できるのでしょう。

池田屋ランドセルの方に直接インタビューすることで、いかに池田屋が子どもの立場に立ってランドセルを開発・製造しているかが分かりました。

お子さんにぴったりの素敵なランドセルを贈りたい方は、ぜひ池田屋のランドセルをチェックしてみてくださいね。

会社概要

会社名有限会社池田屋カバン店
代表者池田 浩之
ネットショップ所在地〒420-0031
静岡県静岡市葵区呉服町1-3-14 YS 静岡呉服町ビル 7F
設立1950年(昭和25年)4月
従業員数60名
資本金600万円
店舗
  • 銀座店
  • 梅田店
  • 浜松店
  • 静岡店
  • 清水店
  • 博多店