ワミレスコスメティックスに潜入取材!口コミ/評判/効果/特徴まで完全網羅!

ワミレスコスメティックスのホームページ画面 取材企業記事一覧
編集部
ワミレスコスメティックスは、1980年に横浜にて誕生した化粧品メーカーです。

ビューティーアドバイザーたちによる確かな目利きによって、お客様の肌質に合ったぴったりの良質な製品を勧めてくれると高い評価を受けています。

ここでは、そんなワミレスコスメティックスの『特徴、研究・製造、販売方法、社員からの口コミ、MLMなの?違うの?』といった事柄についてインタビューしています。

「ワミレスコスメティックスが気になっている」という方はぜひご覧ください。

本記事はワミレスコスメティックスの社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

ワミレスコスメティックスってどんな化粧品メーカー?

ワミレスコスメティックスのHP画像
ワミレスコスメティックス担当者
ワミレスコスメティックスは1980年の創業当時から、変わらず横浜に本社を置きながら「美しさの探求」を多くの仲間と共に実施している企業です。

事業内容は化粧品、医薬部外品、健康食品等の製造を中心に、商品企画、研究を行うほか、美容インストラクターも所属しております。

ワミレスコスメティックスの始まりと成長の軌跡

ワミレスコスメティックス担当者
ワミレスコスメティックスは化粧品メーカーです。

ワミレスコスメティックスの品質の良さを聞きつけた法人様から、「ワミレスコスメティックスの商品を販売したい」と打診いただいたため、販売会社制度が始まりました。

販売会社の例として挙げられるのが、株式会社ウインズです。

1987年、株式会社ウインズによる製品販売が始まってから、ワミレス化粧品はどんどん広まっていき、日本全国各地で勉強会やイベントが開催され、ワミレス化粧品をお客様に知っていただける機会が増えております。

ワミレスコスメティックスの特徴を教えて?

ワミレスコスメティックスの特徴
ワミレスコスメティックス担当者
ワミレスコスメティックスでは、スタートから一貫してシンプルをテーマに事業展開を行ってきました。

例えばワミレスコスメティックスオリジナルのプロダクトの場合、皮膚生理学に基づき研究、製造を行い、「人が美しくなるために本当に価値あるもの」と真摯に向き合った結果、複数のケア用品や独自の美容法が誕生しております。

このような事業を展開する背景には、ワミレスコスメティックスが目指す「流行や誤った美容情報に悩む多くの女性に助けの手を差し伸べる」という思いが込められております。

「本当の美しさ」を手に入れるためには、シンプルケアが最も効果的である一方、ある程度美容の専門知識を学ぶ必要もあります。

しかし、一般女性が両方を実現するのは難しいのが現実です。

そこでワミレスコスメティックスでは、多くの情報や化粧品に惑わされている女性に、「上質なアドバイス」を提供できるよう、大学や医療機関との共同研究に取り組んでおります。

「オリジナルプロダクトの研究・製造」に注力

ワミレスコスメティックスの製造風景
ワミレスコスメティックス担当者
ワミレスコスメティックスでは、主にオリジナルプロダクトの研究、製造に力を入れております。

宣伝広告費を抑え、そのぶん開発費に多くの予算を当てています。

先程もお話ししましたが、シンプルケアを行う上で最も重要なのは「正しい知識を持ち合わせている」ことです。

そのためワミレスコスメティックスでは早くから、「BA(ビューティーアドバイザー)制度」を導入したりと、社内の技術向上に努めてきました。

製造・販売方法の秘密「サロン形式」で口コミ/評判で高評価!

ワミレスコスメティックスのサロン
ワミレスコスメティックス担当者
製品の販売方法には店舗販売、訪問販売と化粧品には様々な販売形式がございます。

なかでも、ワミレスコスメティックスでは創立当初からサロン形式を採用しております。

店舗販売、訪問販売では既製品しか売ることができず、肌に合わないものを売ってしまうケースがあります。

しかし、ワミレスコスメティックスのサロンでは、肌ケアの専門家であるビューティーアドバイザーがカウンセリングをしながら、お客様の肌質や肌状況を確認し、お客様ひとりひとりにとって、適切な製品を販売できるようにしています。

それに加え、サロンでは、老化した角層を肌に負担をかけずに無理なく取り除き、ターンオーバーを整えて皮膚本来の健やかさを引き出す「エクスフォリエーション」をはじめ、バリア機能が弱まり、乾燥や過敏に悩む肌のためのオイルトリートメント「リストレーション」など、ひとり一人に合わせた施術を受けることができます。

「ビオセル バイタライザーαII」は超人気でロングセラー商品

ワミレスコスメティックスのビオセル バイタライザーαII商品画像
ワミレスコスメティックス担当者
すべての製品に自信を持ってご提供していますが、その中でも、「ビオセル バイタライザーαII」はビオセル バイタライザーαIIの前身となるMDFホワイトニングドロップの発売以来(1986年)、多くのお客様に愛され続けているロングセラー商品でございます。

ビオセルαIIは“果実”、“根”、“若枝”と、梅の木をまるごと使っているのが特徴です。

ワミレスコスメティックスでは、古来より有用植物として用いられてきた梅に注目し、この商品の開発のために自社農園をつくり、たくさんの梅の木を育てています。

特に梅の根からとれるウメ根エキスの製造はとても手間がかかる作業です。
まず、梅の木をまるごと持ち上げ、社員自ら根を1本ずつ手作業で切り取ります。

収穫した根は成分が流出しないよう、冷水で洗浄。
有用成分が偏らないよう手作業で仕分けし、細かく裁断。
品質の劣化を防ぐため、フリーズドライ処理を行います。
最後に、有用成分を抽出・濃縮。

こうして、ビオセルαIIに配合されるウメ根エキスが出来上がります。

根の採取から抽出精製までは1ヶ月以上の期間を要し、1本の木の根から得られるエキスはごくわずかしかありません。

その他の“果実”(有機JASの梅果実を各地の契約農家から購入しています)、“若枝”の収穫も成分の有効性を高めるため、部位ごとに一番良質な時期に収穫を行っています。

このように出来上がった、梅の生命力が凝縮された「ビオセル バイタライザーαII」。

肌のうるおいを保つアミノ酸やビタミンなどの各種美容成分がたっぷり含まれており、様々な肌のエイジング要因にアプローチし、トラブルの少ない、ハリとうるおいのある肌へと導きます

ワミレスコスメティックスの「社長」はどんな人?

ワミレスコスメティックス担当者
ワミレスコスメティックス代表の瀬田は、「健康が未来の自分を幸福にする」という理念を掲げています。

ワミレスコスメティックスのプロダクトやサロンで行う施術には、アンチエイジング効果がある一方、根底には「肌が求めるケアをする」という目的があります。

身体の一部である肌の求めに応じるには、心身を健やかに保たなくてはならない……。

そのためには「見た目と同じように”心のあり方”も大切」と瀬田代表が社員に向けて話す姿を頻繁に見かけます。

そんな瀬田代表の言葉を体現化したのが、ワミレスコスメティックスで行う研究とチャリティイベントです。

ワミレスコスメティックスがつくりだすプロダクトをご愛用くださるお客様の声を身近で聞けるよう、両者に力を入れ、「真のアンチエイジングの研究」に日夜励んでいます。

社員の評判-自社製品に対する正直なコメント

ワミレスコスメティックスの商品画像
ワミレスコスメティックス担当者
「サロンにお越しいただいたお客様にワミレスコスメティックスのプロダクトを褒めてもらった時が一番嬉しい」という言葉を社員から耳にします。

それはどうやらチャリティイベントも同じようで、「イベントを通しワミレスコスメティックスの存在を少しでも知ってもらえるのは純粋に楽しい」という感想を以前もらったことがあります。

ワミレスコスメティックスには「どうしたらお客様を喜ばせられるか?」という疑問と真剣に向き合える社員が多く在籍しています。

例えば年齢や性別はもちろん、全く同じ経年変化と同じ肌質を持つ女性は存在しません。

それぞれ異なる肌悩みに対応するには、ネガティブな部分をケアする以上に、「魅力を引き出す」ことが必要です。

「女性を“個人”として輝かせる」ことが、ワミレスコスメティックスがたどり着いた独自のアンチエイジング方法です。

それなので、ワミレスコスメティックスに所属する人間は、もちろん研究一筋のインドア派もいますが、基本的に他人とのコミュニケーションが好きなタイプばかりで、楽しそうに仕事している様子です。

ワミレスコスメティックスの事業内容に共感してくれているのかなと思いますね。

事業を通してお客様と“ワクワクすること”を共有できる

ワミレスコスメティックス担当者
例えば2018年、東日本大震災復興チャリティをテーマに開催した着物ショーでは、鶴岡八幡宮の自然をバックに色鮮やかな着物のデザインを楽しむと同時に、観客の皆さんと「和の心」を共有するという内容でした。

その中でも、だれよりも楽しそうだったのがうちのスタッフでして(笑)、ミス鎌倉の女性が登場するたびに、女性社員からの歓声が大きかったです。

そう考えると、「事業を通してお客様と“ワクワクすること”を共有できる」、というのも社員からの評判のポイントになります。

人生に寄り添えるものづくりを目指したい

ワミレスコスメティックスのカウンセリング風景
ワミレスコスメティックス担当者
ワミレスコスメティックスでは「ものづくり体制」を軸にプロダクトの研究を行っていまして、この体制のテーマが「既存の概念にとらわれない」です。

これは、社員の業務姿勢にも同じことが言えると思います。

ただ消費者に化粧品を買わせるという概念にとらわれず、「その後の人生に寄り添えるものづくりを目指したい」というワミレスコスメティックスの思いに共感してくれる社員が、ありがたいことに多く集まっています。

MLM(マルチ)と誤解しないように!

ワミレスコスメティックスの理念
ワミレスコスメティックス担当者
ワミレスコスメティックスでは、MLM(マルチレベルマーケティング連鎖販売業)は行っておりません。

すでにお話ししたとおり、店舗販売、訪問販売と化粧品には様々な販売形式がありますが、その中でもワミレスコスメティックスは、お客様一人ひとりの肌に合わせたサービスを展開するため、サロン形式を採用しています。

各お客様の肌質を調べ、肌ケアの専門家であるビューティーアドバイザーが適切な製品を販売することで、それぞれ違った肌の悩みを持つお客様一人一人に寄り添うことができます。

まとめ

編集部
ワミレスコスメティックスでは、プロのビューティーアドバイザーがお客様一人一人の肌質をしっかり調べ、ぴったりの化粧品を勧めてくれます。

そのため、若い方から年配の方まで、肌トラブルを抱えるすべての女性たちの悩み解決に貢献してくれます。

社員さんも皆、質の高い化粧品を通じて、お客様の美容と健康を促進できることに、誇りを持って仕事に励んでいる様子でした。

「お客様をキレイにしていきたい」「美容のプロとして活躍したい!」という人はワミレスコスメティックスに注目してみるのもいいかもしれませんよ。

会社概要

会社名ワミレスコスメティックス株式会社
所在地(本社)〒233-0004 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-16
設立1980年7月23日
代表取締役瀬田 浩一
資本金8千万円
従業員数65名(グループ会社含む131名)
平均年齢37歳
事業内容化粧品の製造販売、医薬部外品の製造販売、健康食品の製造販売、理美容器具の製造販売、美容学校の経営、上記各号に付帯関連する一切の業務
職務内容商品企画、販売促進、営業、研究開発、美容インストラクター、一般事務、他
施設ワミレスホリスティックビューティー研究所/幸浦ロジスティックセンター/鎌倉研修所/伊豆保養所