テイケイのブラック説は本当なのか?評判を聞き実態を調査してみた!

テイケイのブラック説は本当なのか? 取材企業記事一覧
編集部
テイケイ株式会社はブラック説がありますが果たして本当なのか、実際に評判を聞き実態を調査してみました。

テイケイとは日本でも超有名な警備会社で新宿歌舞伎町に本社がある企業です。グループ会社も複数あり、グループ全体の売上高は956億円(令和2年6月期)と超大型企業です。

そんなテイケイがブラック企業なのか、その実態を調査してまとめました。現在テイケイで働こうか検討している方にも有益な記事ですので、最後までお読みください。

本記事はテイケイ株式会社の社員に完全独占取材した内容を基に記事を作成しています。

テイケイ株式会社とは

テイケイのHP画像

テイケイ株式会社は、東京都新宿区歌舞伎町に本社を構える日本でも有数の超有名警備業会社です。創業50年以上、グループ会社が警備業で3社、派遣で9社あり、連結売上高は900億円を超える大企業です。

交通誘導や、イベント警備企業などその業態は多岐に渡り、誰もが一度はテイケイの警備社員や交通誘導スタッフなどを見たことがあると思います。

テイケイの主な業務内容

テイケイの主な業務内容 テイケイの主な業務内容2
編集部
それではテイケイはどんな業務内容なのか知っていきましょう。
【テイケイの主な業務内容】
  • 警備業(施設・交通誘導・貴重品輸送・警護・道路規制・イベント)
  • 請負業(設備員・消防設備点検)
  • 派遣業(施工管理補助・設備員・ビジネスサポート)
  • 防犯カメラ・保安資機材など
編集部
イメージでは交通誘導かと思いましたが、貴重品輸送や施工管理補助、警護など幅広く事業を展開しています。

テイケイはなぜブラック説があるのか

テイケイはなぜブラック説があるのか
編集部
テイケイになぜブラック説があるのか、まずは原因を探りたいと思います。

そこで、ネット上の口コミ評判サイトを参考にどのような内容があるのか調べてみました。

テイケイは厳しい教育説!?

やる気さえあって、それを積極的に伝えていけば間違いなく昇進の道は開けます。 なので、当然と言えば当然ですが、出世する方は貪欲な方が多いです。

根性論なところはありますけど強い意志で無理なものは無理と伝えればそれなりに融通は効かせてくれます。

編集部
上記以外にも労働面での口コミ、評判が見受けられました。
厳しさの感じ方や捉え方は個々によって違うため、一概に判断するのは難しそうです。

一部では手当に関してのブラック説も?

編集部
ごく一部ですが、昔の口コミ(10年ほど前)では交通費が出ないと言った口コミが見受けられましたが、現在は改善されているという内容もありました。

日本では働き方改革が進んできたのは、ここ数年の話であり、昭和~令和になる期間で現在との制度の違いは大きいと思われます。

昔の日本企業は、「死ぬまで働け」「残業してなんぼ」と言った今で言うブラックな働き方が日常茶飯事でしたので、そんな時代から日本の最前線で頑張ってきたテイケイ株式会社も当時の口コミは、そんなブラックのような話があっても仕方ないのかなと思います。

そもそもブラック企業の定義とは

ブラック企業の定義とは
編集部
そもそもブラック企業の定義について知っておかないといけませんよね。

厚生労働省ではブラック企業の定義はとくに発表していません。下記は厚生労働省のサイトで記載されている内容です。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

引用元:https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/qa/roudousya/zenpan/q4.html

警備業界全体がブラックと言われがち?!

編集部
そもそも警備業界自体がブラックと言われることもあります。
警備業界がブラックと言われる考えられる理由
  1. 現場によって作業時間、勤務時間が異なる
  2. 派遣、アルバイトが多い
  3. ちゃんとした元請け企業じゃないと待遇が悪い
編集部
上記が考えられます。現場作業が多い建設業などと同じで時間は不定期ですし、トラブルなども比較的に多い仕事です。

派遣やアルバイトの方々も多く、ちょっと日雇いで稼ぎたいと思う軽いイメージで仕事をすると、ブラック感を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

テイケイで働いていた人たちの口コミ、評判を集めてみた

テイケイで働いていた人たちの口コミ、評判を集めてみた
編集部
それでは最近のテイケイに関する口コミ、評判をみてみましょう。古い働き方の時代ではなく割と最近勤務されていた方の口コミ、評判を集めてみました。
社員やアルバイトからの評判・口コミ①
仕事がある日と無い日の差が激しい。梅雨や台風などの天気などの影響をもろに受けるのが大体の現場先なので雨のある日は基本仕事ないです。安定した仕事がしたいなら施設警備や室内警備などがいいと思います。

でも3~4時間で終わる現場もあるのでおいしい思いするときもある。固定給なので早く終わっても大丈夫な所がいいと思います。

(参考元:https://jp.indeed.com/cmp/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%82%A4%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/reviews)

社員やアルバイトからの評判・口コミ②
給与面では労力以上の金額が貰える。独身であれば充分に貯金ができるレベル。ただ、人によっては希望日数働けない可能性あり。

(参考元:https://jp.indeed.com/cmp/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%82%A4%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/reviews)

社員やアルバイトからの評判・口コミ③
仕事自体は歩行者誘導、駐車場での誘導、工事現場等色々有りますが難しいことはありません。基本的に直行直帰なため場所により時間を考慮する必要あり。基本は直行直帰だが週一回は会社へ行き装備点検を受けなければならない。給料は週払いの為管理しやすいと思う。

(参考元:https://jp.indeed.com/cmp/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%82%A4%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/reviews)

編集部
古い口コミ情報ではブラックな時代も感じましたが、現在は改善された声が見受けられます。

実際にテイケイ社員にブラックなのか聞いてみた

質問と回答
編集部
長くなりましたが、ここからは実際にテイケイ社員に『ブラック説は本当なのか』読者が知りたいと思われる内容を質問し、回答してもらいました。
他の口コミサイトでは知れない内容もありますので参考までに。

テイケイがブラック説がありますが、どう感じますか?

担当者様
まずネット上の口コミや評判をみていると『研修手当が払われていない』という書き込みがあったのですが、あり得ないと思いました。未払いがあると書かれていましたが、何の部分が未払いなのかわかりません。
編集部
それでは実際は事実と異なっている情報があるということですね。

競合他社と比べて違うところは?

担当者様
まず、業界の他社と比べると、賃金が最高クラスのレベルにあります。
また、制服装備品にこだわりがあり、全てきれいなものをお渡ししています。クリーニング等も全て行っています。
それから、資格取得に力を入れており、受験費やお弁当も含めて全額会社負担です。例えば、資格を取るための講習会をする場合の賃金も保障します。
編集部
それは手厚いですね。クリーニング代、お弁当代も全額会社負担は有難いと思います。資格取得に力を入れているというのは、具体的には?
担当者様
はい。今、力を入れている資格は、電気工事士です。警備とは無縁ですが、1000名計画と名付けて、1000人に取得させる計画を立てています。取った後に関しても、1日当たり500円の手当が付くなど、待遇アップにもつながります。

テイケイで働く年齢層と向いている人、向いていない人とは?

担当者様
共通するところは元気な方です。元気であれば、年齢層は問いません。若い方から60代の方まで、健康な方を採用しています。
編集部
なるほど。それではテイケイで働くうえで向いている人、向いていない人の特徴はありますか?
担当者様
やはり、人と関わる仕事なので、人間関係が苦手な方には難しいです。交通誘導であれば現場に行って、「恐れ入ります、歩行者が通ります」と声を掛けるなど、コミュニケーションを取る仕事です。施設警備であれば受付で座って、「あちらになります」という受け答えをします。コミュニケーションが苦手な方には難しいかもしれません。

研修の厳しさがブラックと言われる要因も?!

編集部
テイケイでは研修制度はどうなっているのでしょうか?結構厳しそうなイメージです。
担当者様
警備という仕事柄もありますが、警備会社の中でも研修は厳しいほうです。
例えば、警備員になるためには、20時間以上の研修を受けなければならないという、警備業法の決まりがあります。号令を掛けて気を付け、敬礼、ということをするので、右翼のようだと思う方がいるのかもしれません。警察官と近い号令です。
編集部
しかし警備業であれば、正直そのぐらいの厳しさというかマナー含めて基本的なところは必要ですよね。危険が伴う仕事でもあると思うので。
担当者様
研修が厳しい、右翼のようだという書き込みがあるようです。
そもそも、国を守るというところからスタートしているので、そういった思想になりがちかもしれませんが、普通だと思います。規律は厳しいです。頭髪は長いといけませんし、色にも厳しいです。

転勤などはありますか?

担当者様
基本的に、交通誘導の現場の人間に関しては、終わったら次の現場、明日はここ、という形で勤務しているので、所属の支社自体を転勤するということは、本人の引っ越しなどがない限りはありません。

残業やシフトは?

編集部
近年、働き方について変化がありますが、当サイトの読者もワークライフバランスについて知りたいという方々がいます。テイケイでは残業やシフトなどどうなっていますか?
担当者様
残業は、現場によりますが、自分でシフトの希望を出して、そのシフトの中で勤務してもらいます。逆に言えば、働きたければ労働基準法のぎりぎりまででもできますし、残業ゼロで働きたいのであれば、本人が調整できます。自分次第で選べます。
編集部
例えば水道管が破裂したなど、トラブルがあった場合はどうなりますか?
担当者様
水道管が破裂したときなど、どうしても工事してもらわなければならないときは、勤務してもらいます。もちろんその際の残業代などは出ます。

福利厚生、クリーニング代などは?

担当者様
福利厚生は、例えば冬場は寒いので、使い捨てカイロは無料で支給します。夏場は冷えピタや塩分補給の塩あめは無料で配ります。先ほど言った、制服のクリーニングは会社で全て行っています。一番初めに、靴下3足、中に着るインナーシャツ、施設であればワイシャツを支給します。肌着ですが仕事で使うものに関しては全て無料です。
編集部
すごいですね。競合他社でもクリーニング代まで出すところはあまり聞かないです。

テイケイ社員に聞いた「警備業界の今後」とは?

担当者様
警備はなくなることがない業態だと思います。AIが進んできてロボット警備をしているところもあり、人数としては減ってくると思うのですが、その代わりなくなるものではありません。実際に人材も不足しているところは労働人口が減っていることもあり、今後さらに人が足りなくなる業界だとは思っています。
編集部
そう考えるとブラックというより業界的には将来性もあり、安定しているのかもしれませんね。

テイケイはブラックではなく厳しい世界で勝ち抜くスキルを磨く

テイケイの研修風景
担当者様
当社は研修を厳しく行うことで、原石をダイヤモンドにするように、必要なスキルを磨いて鍛えています。それは、とりあえずつなぎで入ってきた方にも同じように行います。

もともと私もアルバイトの感覚で、3ヶ月の短期で入ったつもりでした。しかし、そのうちに内勤者にならないかという話があり、現在に至ります。30年勤務しています。

編集部
現場から内勤になる可能性もあるわけですね。
担当者様
長く勤めている人は、ここ1年で賃金は3回ほど上がっています。そういった点からも、警備という仕事をしっかりと認識し、責任感を持って勤めている人にとっては、当社は勤めやすい環境ではないかと思います。ただのアルバイト感覚だときつい会社かもしれません。

【結論】テイケイは昔はブラックっぽい時代もあったが、現在はブラックではないと判断

テイケイの社員
編集部
結論ですが、テイケイはブラックでは無いと判断しました。昔は日本の働き方もひどい時代がありましたが、昨今の働き方改革もあり、テイケイ自体も制度が整っているようでした。

ブラックかどうかは、明確な基準がないため実際に働いた人が個々で判断することになりますが、今回の調査と取材からは、制度面や評価面、福利厚生はしっかりとあり、教育・規律は厳しい面があるものの会社の方針をきちんと理解していれば働きやすい会社だと感じました。

ただ、文中にもありますが、気軽な気持ち、中途半端なイメージで働こうと思うと厳しい環境だと感じてしまうかもしれません。

会社概要

名称テイケイ株式会社
本社所在地東京都新宿区歌舞伎町1-1-16
テイケイトレード新宿ビル(靖国通り)
創業1975年4月
設立1978年7月
代表者代表取締役 影山嘉昭
資本金5,000万円
支社62支社
グループ会社警備3社・派遣9社(86支社)
業務内容警備業(施設・交通誘導・貴重品輸送・警護・道路規制・イベント)、請負業(設備員・消防設備点検)、派遣業(施工管理補助・設備員・ビジネスサポート)、防犯カメラ・保安資機材等