石濱人樹が社長「株式会社ノーザ」の実態とは!評判や実績はある!?

株式会社ノーザのサイトトップ画像 取材企業記事一覧
編集部
株式会社ノーザは、歯科を中心とした様々な医療システムを開発しているソフトウェア会社。

歯科電子カルテシステムや透析業務支援システムなど、現在の医療を支えるうえで不可欠なシステムを幅広く開発・販売しています。

そんな株式会社ノーザのスタッフの方に今回は直撃取材!

株式会社ノーザとはいったいどのような会社なのか?業務内容や導入実績、石濱人樹社長の経歴/人柄、お客様の評判などについて聞いてきました。

「現代の医療を支えているシステムメーカーについて知りたい!」という方はぜひご一読ください。

本記事は株式会社ノーザの社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

株式会社ノーザって?

株式会社ノーザのホームページ画像
株式会社ノーザ担当者
株式会社ノーザは、主たる事業として、デンタルサービス事業、メディカルシステム事業、メディカルデバイスセールス事業(以下、MDS事業)を行っている会社です。

「医療×IoT」の技術によって、明るい未来づくりに貢献しています。

クリニックや大学病院向けに様々な製品サービスを提供しています。

例えば、歯科電子カルテシステム「WiseStaff」シリーズは、豊富な実績と長年蓄積してきたノウハウから正確なレセプトを作成。
簡単に正確な電子カルテを作れると、お客様から非常に喜ばれています。

ほかにも、歯科医療情報システム「winForce」、歯科用予約管理システム「予約Premium」などいろいろな製品サービスを提供することで歯科の業務効率を支援しています。

歯科以外にも、透析業務支援システム「STEP」Mac専用電子カルテ「WINE STYLE」などの医療向けソリューションを販売。

患者様にもクリニックにも喜ばれる製品開発を行っています。

社長「石濱人樹」氏の経歴/人柄は?

石濱人樹の顔画像
株式会社ノーザ担当者
社長の石濱人樹は、先見性に富んだ非常にビジョナリーな旗をふる経営者です。

変化が激しく混沌としたヘルスケアIT業界の中で、お客様にとっての最善と、会社が進むべき方向を常に指し示しており、社員とともに前へ進もうと周囲を鼓舞しています。お客様とともに明るい未来を創りたい姿勢に社員ともども共感しています。

人柄としましては、学生時代より長年リーダーとしてチームを引っ張ってきた経験があり、時に厳しく時にさりげなく気を配る(美味しいイチゴ大福や杏仁豆腐をときどき社員を労るため振舞ってくださります)、根っからの情熱社長タイプです。

社長業のかたわらゴルフをこよなく愛しており、日ごろから体力づくりを欠かさない、まさにヘルスケア業界のリーダー像を体現している方です。

主な3つの事業内容とは

①デンタルサービス事業

株式会社ノーザのデンタルサービス事業
株式会社ノーザ担当者
歯科クリニック様向けシステムのトップメーカーとして、歯科電子カルテシステム「WiseStaff」、歯科医療情報システム「winForce」、歯科用予約管理システム「予約Premium」などのシステムを研究開発・販売しています。

特に「WiseStaff」シリーズは、全国に約68,000件ある歯科医院中、約1万件にご導入いただいています。

デンタルサービス事業の営業方法

株式会社ノーザ担当者
デンタルサービス事業の主な営業方法は、既存のユーザー顧客や卸売・代理店といった中間流通業者への訪問営業です。
基本的には全国約1万件の自社ユーザー様への新製品買い替えを促進しております。

ほかにも、新規開業や他社ユーザーを取り込むため、デンタルショーでの展示活動や中間流通業者との良好な関係構築といった様々な手法を創意工夫しています。

アフターサポートも充実

株式会社ノーザ担当者
株式会社ノーザのスタンスは、売っておしまいではありません。
ただのITシステム販売のみならず、導入後の診療報酬に精通したインストラクタースタッフやITシステムメンテナンススタッフによる手厚いサポート体制の充実が、お客様より高い評価を得ています。

②メディカルシステム事業

株式会社ノーザのメディカルシステム事業
株式会社ノーザ担当者
メディカルシステム事業には、2つのサービスがあります。
  1. 全国の透析治療クリニック様向けに、透析業務支援システムの提供。
  2. 全国の医科クリニックのMac愛好ユーザー様向けに、Mac専用電子カルテシステムを提供。
株式会社ノーザ担当者
両者とも院内にたくさんある医療機器や病院基幹システムとつなげることで、シームレスな環境の構築を実現。

医師や看護師、医療スタッフなど院内にいるすべての方々が効率よく働けるよう、最適なシステムを研究開発・製造しています。

メディカルシステム事業の営業方法

株式会社ノーザ担当者
メディカルシステム事業の主な営業方法は、既存の病院顧客や地域代理店といった中間流通業者への訪問営業です。

1メーカーだけの導入構成ではないソリューション案件が基本になるため、いかに案件紹介の声掛けを地域代理店や協業メーカーなどの協力会社から頂けるかがポイントになります。

また、学会での企業展示活動による宣伝活動や業界内での人脈作りも行っています。

③MDS事業

株式会社ノーザのMDS事業
株式会社ノーザ担当者
2019年6月から新たに始まった事業部です。

全国の美容クリニック様や歯科クリニック様向けに、最先端の再生医療機器を提供しております。

MDS事業の営業方法

株式会社ノーザ担当者
新規事業であるため、営業スタッフがオーソドックスな新規開拓営業活動を行っています。

MDS事業部の再生医療機器製品は、海外メーカーが開発した先進的な製品であり、担当社員は先進的な製品をこれから日本中に広めていく仕事に非常にやりがいを感じているようです。

デンタル事業の人気製品と言えば「WiseStaff」

WiseStaffのシステムイメージ
株式会社ノーザ担当者
株式会社ノーザの主力製品「WiseStaff」シリーズは、1979年創業以来培った歯科用レセプトシステム開発技術の進化継承を経た後の1995年11月に、初代版が発表された歯科電子カルテ搭載システムです。

発売以来、バージョンアップを重ねながら23年以上の長きにわたり販売普及を続けております。

現行版では、電子レセプト作成やオンライン請求などの歯科用レセプトシステム機能に加え、電子カルテ機能を搭載することにより、歯科医院におけるさらなる利便性向上の実現に寄与しています。

オプション機能として、VPN回線を通じた訪問診療/分院管理、専用アプリを使用した歯周検査値入力、介護保険請求、保険証スキャンリーダなどの各種機能も取り揃えています。

このような多彩かつ利便性ある最新機能と、基本性能であるチェック機能の精度の高さとLinuxOS採用による操作処理の速さが業界内でも定評となっていることから、当製品の業界No.1クラスのユーザーシェアの高さと長期継続性の高さにつながっています。

実際に導入したお客様からも「時間短縮につながった」「紙カルテと違って破れたりすることがなくなった」などのお声をいただいております。

「WiseStaff」シリーズは、チェック機能の速さと操作処理の速さが特徴です。

商品力もさることながら、現場スタッフが長年きめ細やかなお客様サポートに努めてきたことで、約1万件の歯科医院ユーザー様から長く愛される支持を得てきた自負を持っています。

これからも、現状に満足することなく、さらなる商品・サービスの向上に努めて顧客満足度を高めていきたいと社員一同願っております。

メディカル事業の人気製品と言えば「STEP」

株式会社ノーザのSTEP
株式会社ノーザ担当者
株式会社ノーザの「STEP」シリーズは、1997年より開発を始めた透析業務支援システム。病院やクリニックなどの透析施設を販売先としています。

「STEP」シリーズは、透析指示や透析準備から始まり、透析中のモニタリングや処理実施・データ入力、透析後の記録参照に至るまでの一連の管理システムで、国内で販売されているほとんどの透析装置と接続実績がございます。

電子カルテ・医事システム・検査システム等の医療情報システムと積極的に接続を図ることで、人・医療機器・医療機関をつなぐ『医療ICT時代』をリードする先進的なソリューションシステムを実現。

さらに、ソフトウェア会社ならではの強みを生かした特殊血液浄化装置との接続や、お客様の運用に合わせたシステム変更対応力が評価され、クリニックから大学病院まで多くの施設にてご利用いただいています。

実績としては、全国の透析施設約4,400件中、約200件が導入しています。

また透析支援システムについて当社社員は、28年の実績を持つ安心感があります。

さらに、従来の電子カルテや装置連携に留まらず、顔認証システムなど新しい取り組みにも積極的に対応しているのが面白いと担当社員は語っています。

お客様からも評判は高く信頼関係が構築されている

株式会社ノーザのサポートイメージ
株式会社ノーザ担当者
株式会社ノーザでは、様々なニーズに応えられるようサポート体制を構築しています。

特に心配事が多い導入時には、専任のスタッフがサポート
専任のスタッフにいろいろな質問ができるため、システムに慣れていないお客様でもスムーズに使いこなせるようになります。

システムリプレース時も、お客様のシステムに詳しい専任スタッフが対応しますので安心です。

専任スタッフがお休みのときも、お客様サポート総合窓口を設けておりますので、通常の支店の対応時間外(平日は20時、土曜日は17時30分まで)含め電話やリモートサポートで対応致します。

システムの操作など分からないことがございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

また当然のことながら、保険改正にも都度対応しておりますので、改正のたびに不安を感じる必要はございません。

このような万全なサポート体制により、多くのお客様に長年にわたってシステムをご利用いただいております。

実際にシステムをご利用いただいているお客様からも「業務効率化につながった」「作業時間を短縮できた」などのお声を頂戴しております。

皆さまの周りにもシステム化にお困りのクリニックなどがございましたら、ぜひとも株式会社ノーザにお問い合わせください。

社員一同誠心誠意を尽くして、対応させていただきます。

まとめ

編集部
以上、株式会社ノーザのスタッフの方に取材してきました。

株式会社ノーザはデンタルクリニック向けシステムではトップクラスのメーカー。

歯科医療だけでなく、人工透析やMac専用電子カルテなど様々な医療システムの研究開発・販売をしています。

現在、日本の国民医療費は43兆円を超えています。
この大きな支出が日本の社会保障を圧迫していると言われています。

医療費削減のためにも医院の業務効率化は必須。
そして、それを成しえるのが株式会社ノーザのシステムです。

株式会社ノーザ社長の石濱人樹氏は「医療業界を大きく変えていける立ち位置に株式会社ノーザはある」と話しています。

そんな日本の医療の命運を握っているともいえる株式会社ノーザのシステム。興味のある方は、ぜひ調べてみてください!

会社概要

会社名株式会社ノーザ
所在地〒164-0011 東京都中野区中央1-21-4 ノーザビル
創業1979年4月28日
設立2018年6月1日
代表者名代表取締役社長 石濱人樹
資本金9,500万円
従業員数285名(2018年12月1日時点)
事業内容医療情報処理装置の研究開発、製造、販売並びに保守