中道山保育園(中道山こども園)とは?評判口コミ/採用情報を取材と調査!

中道山保育園(中道山こども園)のアイキャッチ 取材企業記事一覧
編集部
中道山保育園(中道山こども園)は、半世紀以上に渡って新潟市の地域の子どもたちを育ててきた、評判と口コミが良い幼保連携型認定こども園です。

中道山保育園(中道山こども園)は、これまでの保育園業態から変わり、新たにこども園になることで、親の就業にかかわらず入園できる施設になりました。

新しく生まれ変わった中道山保育園(中道山こども園)について、本稿では概要から取り組み、保護者や職員からの評判と口コミ、採用情報などについて、取材と調査で詳しく紹介していきたいと思います。

これから中道山保育園(中道山こども園)にお子さんを通わせたいと考えていらっしゃる保護者の方、そして働いてみたいと考えている方にとって、必要な情報が揃っている内容となっています。

本記事は中道山保育園(中道山こども園)の職員に完全独占取材した内容を基に記事を作成しています。

中道山保育園(中道山こども園)とは

中道山保育園(中道山こども園)とは
編集部
中道山保育園(中道山こども園)とは、新潟県新潟市幸栄にある幼保連携型認定こども園です。中道山の読み方は「なかみちやま」です。

開園は昭和42年(1967年)と古く、多くの子どもたちが中道山保育園(中道山こども園)から巣立っていきました。令和3年4月にこども園に移行し、受入月齢は1号(満3歳以上)2・3号(2ヶ月~)、定員は1号(15名)、2・3号(90名)となっています。

教育目標は「個を育み 生きる力を育てる」です。これには今後のテクノロジーが発達した世界において、AIロボットや自動操縦の車などがあふれる世の中になっても、単にテストでいい点をとれるという人間ではなく、人と関わる力、物事を創造していく力、何があってもくじけない折れない心を持てるようにという思いが込められています。

教育理念

個を育み 生きる力を育てる
担当者様
「個を育み 生きる力を育てる」の保育・教育理念をもとに、子ども一人一人の個性を大切にして、子どもたちがどれだけ遊びこめるかを職員全体で常に考えています。

中道山こども園では「生きる力」を培うために、遊びを通して一人ひとりの意欲を引き出し、遊びこみ、生活の中で人との関わりを体験しながらチャレンジする力、創造する力、人と関わる力等を身に付けていきます。

中道山保育園の教育理念

イベントや特色

和太鼓とサッカー
担当者様
毎年11月の幼児音楽フェスティバルに向けて、中道山保育園(中道山こども園)では和太鼓演奏に力を入れています。埼玉から講師を招いて子どもたちに教えていただくのですが、子どもだけではなく、職員も和太鼓合宿に参加したりしながら、子どもに和太鼓の楽しさを伝えます。
8月の納涼会では園児の発表はもちろん、職員も和太鼓に挑戦し披露します!保護者の方からは大好評をいただいております!

3歳児以上のクラスは月に1回、アルビレックス新潟のコーチが来られてサッカー教室を行っています。10月には親子遠足でビッグスワンに出かけ、貴賓室や選手のロッカールームを見たり、広いフィールドでサッカーを楽しんだりすることができます。

農園活動

農園活動
担当者様
そのほかでは、園バスに乗って農園に行き、じゃがいもや枝豆、キャベツなどの野菜を育てています。子どもたちもウキウキ気分で楽しみにしており、色々な種類の野菜を見て発見し、収穫までやっています。収穫した野菜たちは園の美味しい給食やクッキング活動に役立ったり、行事などで保護者の人にもお配りしたりしてお家でも味わっていただいています。

また、新潟空港に近いという立地上、年に1回年長さん(5歳児)が空港の海上保安庁の基地に見学に出かけています。

中道山保育園(中道山こども園)の取り組み

編集部
中道山保育園(中道山こども園)では、一生懸命遊んで、自ら考え行動できる子どもを育てるために、創意工夫を凝らしたオリジナルの取り組みを多数行っています。

子供の様子を毎日掲示

掲示板
担当者様
玄関には、子どもたちの様子が毎日掲示されます。これを保護者の方が見ることで、子どもの目線に立って親子のコミュニケーションがとれます。

ソフト素材の園庭で思い切り遊べる

遊ぶ園児
担当者様
子どもたちが走り回り、遊ぶ園庭にはソフト素材が採用されています。子どもたちは怪我を恐れることなく、体を思いっきり使ってみんなで遊ぶことができます。

毎日ある絵本の時間

絵本の時間
担当者様
毎日、必ず行われる絵本の時間。絵本を読むことで未知の世界を想像したり、冒険したりする楽しさを味わい、子どものクリエイティブな部分を伸ばし、物事を創造していく力を育みます。

中道山保育園(中道山こども園)の評判口コミ

中道山保育園(中道山こども園)の評判口コミ
編集部
中道山保育園(中道山こども園)の評判として、保護者の方からの口コミをまとめました。

子どもたちをよく見てくれていて安心

担任の先生だけではなく、ほかの先生方も子どもをよく見てくれているという印象です。
帰りにお迎えに行くと、園での様子を教えてくれるので、どうやって過ごしているのか知れて安心するし、子供とのコミュニケーションのきっかけにもなります。
編集部
先生方は、子どもたちの個性を大切にしていて、職員全体でそれぞれの子どもたちをしっかり把握するようにしています。

外で元気に遊んで元気な子どもに

天気が良ければ、寒くても暑くても外で元気に遊ばせてくれて、あまり風邪を引かない丈夫な子に育ちました。
遊具もいっぱいあるので、遊び回った子どもは給食やおやつを多く食べて、体力のある子になってくれました。
編集部
園庭は15×18メートルほどの広さがあり、遊具や砂場なども揃い、子どもたちは思い思いに遊ぶことができます。

芸能・体育へのチャレンジが素晴らしい

子どもたちの挑戦へのサポートが素晴らしい。
芸能では和太鼓、体育ではサッカーなど、ちゃんとしたプロフェッショナルを呼んで教えてくれるので、子どもたちがいろいろなことに興味をもつ姿に感心します。
編集部
和太鼓の発表会では、子どもたちは緊張しつつもやり切った成功体験を得ることができているようです。ほかにも、英語や茶道、踊りなどの授業があり、子どもたちの将来のいろいろな扉を用意しています。

園の前は道路だけどセキュリティは安全

中道山こども園の近くには交通量が多い国道113号線がありますが、保育中は門が完全に閉鎖されていて、防犯カメラもあるので安心です。また、不審者情報も迅速に保護者にまわってきて、不安を感じることがありません。
編集部
中道山保育園(中道山こども園)は国道113号から少し入った道路に面している場所にありますが、保育中は閉門しているので園児が飛び出す心配はありません。
また、セキュリティ対策として防犯カメラの設置や迅速な情報共有をすることによって、保護者は安心して利用することが出来ると評判です。

中道山保育園(中道山こども園)の評判口コミまとめ

編集部
中道山保育園(中道山こども園)の評判口コミは、保護者から満足の声があがっていました。それは、「個を育み 生きる力を育てる」という教育理念のもと、先生方がちゃんと意思疎通をして、子どもたちをしっかり見ているから実現できているのでしょう。
父母会も保護者にとって負担にはならず、イベントにもみなさん積極的に参加しているようです。

五十嵐雅樹園長について

五十嵐雅樹園長について
編集部
中道山保育園(中道山こども園)の五十嵐雅樹園長はどのような人物なのでしょうか。
園の担当者様に取材しました。

先生方の“やりたい”を聞いてくれる

担当者様
自分のやりたい保育について真剣に耳を傾けて聞いてくださる方です。
ときには、先生方も保育のやり方や考えで悩むことがありますが、「園長先生相談なんですけど…」と気軽に相談、報告ができます。

園長の向上心がすごい

担当者様
五十嵐雅樹園長は以前、高校教師をやられていたので、いろいろな知識や情報が豊富でとても頼りになる方です。また、向上心があり、今でも高みを目指して常に勉強なさっているので、私たち職員も必死についていこうと努力しています。

明るく元気な職員ばかりが多数在籍

明るく元気な職員ばかりが多数在籍
編集部
中道山保育園(中道山こども園)では、正社員やパートの先生方が在籍しています。
みなさんに共通しているのは「明るく元気」ということで、どのような人が先生になっているのか、人柄や経歴など細かい事まで教えていただきました。

個性豊かな先生が在籍

担当者様
中道山で働く先生たちは子どもたちに負けないくらい個性豊かな人たちでいっぱいです。

ピアノが得意、絵を描くことが好き、ダンスが上手い、製作を作るのが早い!などなど、自分の得意なことや好きなことがあり、それを子どもたちに伝えることもできます。

経歴や年齢もさまざまで、明るく元気な職員ばかりです。

サポートや教育・指導の体制も万全

担当者様
1年目の先生には一番年の近い先輩先生が優しく丁寧に指導してくれます。また、ベテラン保育者もいるので保育での出来事や悩みを一人で抱え込む心配もありません。

問題や思い、考えを職員全体で共有し、寄り添い、お互いを高め合いながら、自分のやりたい保育を目指すことができます。

採用情報

採用情報
編集部
中道山保育園(中道山こども園)では採用活動を行っているので、その内容について担当者様に取材しました。

採用活動を行う背景

担当者様
今年度はこども園移行に伴い子どもの定員が15名増え、それに対応するための人員が必要です。

昔は、結婚後に退職する職員が多かったですが、今は給与面での処遇改善が進み、結婚後もそのまま続ける職員がほとんどです。
本園はパートの先生も育児休業をとることができ、福利厚生制度も整えています。実際に制度もちゃんと利用してもらっていて、昨年度は一度に4人も産休・育休が重なりましたが、みんなで協力することで子どもたちをしっかり見ることができました。

職員は正社員に加え、4時間、6時間パートの先生も多く、家庭の状況で働き方を選択できるようにしています。急なお休みもとれるようチームで保育する体制を整えています。

正社員は大学・短大・養成校の新卒が対象ですが、パートの先生はそれぞれの状況に応じてチームに加わっていただきたいと思いますので、お問い合わせください。

入職して欲しい人物像

担当者様
中道山保育園(中道山こども園)では、経験がなくてもしっかりとした教育制度があるので大丈夫です。

また、子どもが可愛くてしょうがない!と思える人、元気で明るくあいさつのできる人、得意なことや趣味がある人を歓迎しています。

入職して受けられる研修や合宿

担当者様
研修制度は、自分が受けたい、伸ばしたい研修を受けられます。

また、健康、言葉、表現など、組織ごとに希望グループに分かれており、チームで子どもたちの主体性を伸ばすために計画をしています。
年2回全体での園内研修、月1回の職員会議やクラス会議を設けていますのでその中で子どものことや保育について話し合うことができます。

コロナウイルスが落ち着けば、県外での太鼓合宿に参加できる機会があります。2泊3日みっちり太鼓について学び、全身筋肉痛にはなりますが達成感や自信、子どもたちにどのように指導したら良いか学ぶことができ、帰ってくるころには一皮むけた別人になっています!意志があればライセンスも取れる可能性があります。

福利厚生、給与モデル

担当者様
福利厚生はしっかりしており、有給休暇も自分がお休みしたい日にとれます。

具体的には、加入保険は健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険・傷害保険 ・退職金制度ありです。

また、制度として産休、育休手当あり(昨年度実績/4名、復帰率100%)、傷病手当ありとなっています。園独自の「誕生日休」もありますので特別な一日をゆっくり休んでください。

給与モデルについては、短大・養成校出身の新卒採用者の初任給は、180,404円(諸手当含む)、ボーナス4.4ケ月で交通費・住宅手当の支給もあります。その他、初任者には処遇改善手当を年間20万円程度支給しました。

入社3年程度で、担任になると毎年のベースアップの他、毎月2.5万円程の手当が加算され、さらにミドルリーダー以上になると月4万円の加算となります。その他の処遇改善手当もあります。

採用面接で重要視するポイント

担当者様
ポイントは大きく分けると4つあります。
採用面接で重要視するポイント
  1. 第一印象が大切
    身だしなみはもちろん、来園された際職員や保護者、子どもに対して明るく笑顔で挨拶できるか。
  2. 保育に携わろうとしたきっかけ
    なぜ保育者になろうと思ったのか、子どもが可愛いと思えるか、どのような子どもを育てていきたいか。
  3. 何か得意なことがある
    何か一つ得意なことがあると、子どもたちへの良い刺激につながります。得意なことがなくても興味のあるものなどでもOKです。
  4. 子どもが好きか
    子どもが好きか、何故好きかを語ってくださいね。

募集要項

担当者様
ここでは新卒採用の募集要項について紹介します。
職種保育教諭
必要資格保育士、幼稚園教諭
勤務時間【変形労働時間制】40時間/週
8:00~17:00
9:00~18:00
〇早番…7:00~16:00
〇遅番…9:00~18:00
基本給¥165,404~¥180,404
特殊業務手当¥5,000~¥49,000
時間外手当あり 昨年度実績…4時間/月
諸手当通勤手当、住宅手当
【上記合計】¥180,404~¥195,404(諸手当含む)
賞与2回/年 約4.5ヶ月(昨年実績)
昇給1回/年4月
休日土曜日(月1回程度は出勤※昨年度平均月1.0回以下)、日曜・祝日・年末年始、誕生日休暇
有給休暇あり(10日~)
備考初任給は、教員免許など、免許・資格によって査定します。
土曜保育は職員でシフトを組み、月1回程度出勤になります。
平日の勤務は、8時~17時、9時~18時が基本ですが、早番、遅番となることもあります。

職員からの評判口コミQ&A:K.N様

職員からの評判口コミQ&A:K.N.様
編集部
中道山保育園(中道山こども園)に対して思っていることなどを、評判口コミとして、令和3年4月に入社した1年目の現役職員のK.N様に取材させていただきました。

Q.中道山保育園(中道山こども園)へ入職を決めた理由を教えてください

新卒先生:K.N様
私は、小学校の頃からダンスをやっていたので、音楽や体を動かすことが大好きです。
新潟で最も大きい会場でやる子どもたちの音楽フェスティバルを見に行った時、中道山の子どもたちがキラキラした顔で和太鼓を発表している姿を見て感動しました。私も、その中の一員になって子どもたちと一緒に舞台を創り上げてみたいなと思ったのがきっかけです。

また、実際に保育実習にきてみて、子どもたちがすぐに名前を呼んで打ち解けてくれ、先生たちの子どもの接し方や明るい雰囲気が心地良いなと思ったので中道山こども園に決めました。

Q.現在どういったモチベーションで働かれていますか?

新卒先生:K.N様
現在中道山こども園に就職して、朝に子どもたちの顔を見て、「K先生おはよー!」と名前を呼んでくれると今日も頑張ろうという気持ちになります。

子どもが一人で自転車乗れるようになったり、素直に「ありがとう」と言えるようになったり、保育者でしか経験できない個々の小さな成長を間近で見て嬉しい気持ちになり、やりがいを感じています。

Q.入職前と入職後で感じたギャップを教えてください

新卒先生:K.N様
いろいろありますが、5つにまとめました!
  • 先生たちの仲の良さが実際に入ってみてさらに感じたこと
  • 給食がとってもおいしいこと
  • 子どもが元気で、人懐っこいこと
  • 子どもからいつもパワーをもらえること
  • 子どもが素直で可愛すぎ!!

Q. 中道山保育園(中道山こども園)の特長を3つ教えてください

新卒先生:K.N様
中道山保育園(中道山こども園)の特長は、以下のとおりです。

①職員の仲の良さ

新卒先生:K.N様
若手の1年目からベテラン保育者まで、いろいろな職員がいますが、何気ない会話や保育の悩みも一人で抱え込むこともなく年齢関係なくお話しできるので仲が良いと思います。

②職員や子どもの主体性を考える保育

新卒先生:K.N様
自分のやりたいことや子どもの意見を尊重する保育を、園長先生はじめ職員全体で目指しています。

③和太鼓発表

新卒先生:K.N様
中道山といったら和太鼓です!園児の発表だけでなく、納涼会では職員も太鼓を叩きます。毎年保護者の方も楽しみにしてくださっています。

Q.1日のお仕事の流れを教えてください

新卒先生:K.N様
ある一日の仕事の流れを紹介させていただきます。
一日の仕事の流れ

7時:開園(順次子どもの迎え入れ)
8時:自由遊び、外遊び
9時:職員朝礼(担任のみ)、朝の会
10時:クラス活動(未満児はおやつあり)
11時30分:給食
12時30分:午睡(休憩)
13時30分:一日の活動記録、ドキュメンテーションの作成
15時:目覚め、おやつ
15時40分:お帰りの会
16時:順次降園、合同保育
18時:延長保育
19時40分:閉園

新卒先生:K.N様
通常勤務は8時~17時か9時~18時です。
早番(2人)7時~16時、遅番(2人)10時~19時(以降園児がいた場合~19時40分まで超過勤務)で、残業となるのは1ヶ月で平均1時間程度です。

Q.どんな方々に入職してもらいたいですか?

新卒先生:K.N様
とにかく誰にでも明るく元気に挨拶のできる方や、子どもたちと毎日楽しく遊ぶことができる方に来ていただきたいです!子どもたちとやりたいことがあればなおさらです!

職員は年齢が若い1年目の先生からベテラン保育者までバラバラではありますが、年齢関係なく他愛のない会話から保育の悩みや相談も気軽にできる雰囲気を大切にしている職場です。

子どもたちもみんな個性があって毎日新しい発見や成長でいっぱいです。
ぜひ中道山こども園の子どもたちと一緒に子どもたちの生きる力を育てていきませんか?

まとめ

編集部
以上が中道山保育園(中道山こども園)についての概要や教育方針、保護者の方と職員の方からの評判口コミ、採用情報などになります。

取材してわかったことは、個性的で子どもたちのことを思っている先生方が揃っているということです。また、和太鼓やサッカー、英語など、ユニークなイベントや授業で子どもたちのやる気や創造性、協調性を伸ばせるこども園でもあります。

評判や口コミからもトラブルなどはなく、安心して子どもを預けることが出来、働ける場所であることがわかりました。

運営法人概要

名称社会福祉法人 幸栄振興会
所在地〒950-0022 新潟市幸栄2丁目18番8号
設立設立認可 昭和54年9月13日(1030号)
登記昭和54年9月25日
理事長佐藤孔
事業目的・内容「多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるようよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成されることを目的として、次の社会福祉事業を行う。」
※第二種 社会福祉事業
(イ)保育所の設営 (設置認可 昭和54年10月1日) 「幼保連携型認定こども園」へ移行(令和3年4月1日)
(ロ)一時預かり事業の経営
駐車場約30台
アクセス新潟交通「中道山」バス停より徒歩3分
駐車場約30台
定員1号 15名/2・3号 90名
受入月齢1号 満3歳以上/2・3号 2ヶ月~
入園について1号 定員内であれば入園可能/2・3号 市の利用調整により決定
制服あり
保護者会あり
給食毎日
1号 5,500円(主食代含む)/2号 5,500円(主食代含む)
一時預かりあり
延長保育100円/30分
標準時間 18:01~19:40(土曜は19:00まで)
短時間 7:00~7:59 16:01~19:40
預かり保育(1号のみ)7:00~7:59 16:01~19:40
諸費用絵本代390円~980円(年齢に応じて)
サッカー教室代200円~400円(3歳児以上)
和太鼓教室500円(4歳児以上)
さくら会(保護者会)500円
卒園経費(5歳児のみ)2,000円
日本スポーツ振興センター掛け金210円/年