エムズ・ウエストの評判口コミ!不動産管理/賃貸/特徴/採用情報を紹介!

エムズウエストのアイキャッチ 取材企業記事一覧
編集部
エムズ・ウエストは、不動産管理業を主要事業とし、不動産ユーザーの収益維持と資産価値最大化という業務において高い評価を受けている会社です。

エムズ・ウエストが不動産オーナーに代わって収益を増やしていくプロパティマネジメントという手法に絶対の自信を持っており、働いている社員からの評判や口コミもポジティブなものが集まっています。

本稿では、エムズ・ウエストの概要から多くの賃貸物件・駐車場を管理するといった業務内容、社員の評判口コミ、サービスの特徴、求人採用情報までを網羅しているため、エムズ・ウエストについて知りたい方にとって有益な情報が揃っています。

エムズ・ウエストとは

エムズウエストの外観

株式会社エムズ・ウエストとは、1984年(昭和59年)に不動産業として創業以来、同業他社とは異なる「月額管理料・一室1,000円固定」などの独自路線のサービスを提供してきた会社です。

本社・管理部・ファシリティ事業部は、東京都千代田区霞が関3-7-1霞が関東急ビル13階に事務所を置き、そのほかに京都営業所(京都府京都市中京区三条通西入ル釜座町22)もあります。

事業の内容としては賃貸物件管理(プロパティ・マネジメント)、建物設備管理(ビル・マネジメント)、施設・設備運営管理(ファシリティ・マネジメント)、不動産売買(アセット・マネジメント)を手掛けています。
なかでも豊富な賃貸物件・駐車場の管理に強みがあります。

豊富な賃貸物件・駐車場を管理

エムズ・ウエストは豊富な賃貸物件・駐車場を管理しています。

現在(本稿執筆時、2022年6月末時点)、不動産情報サイト アットホームにはエムズ・ウエストが取り扱っている380件の賃貸物件が掲載されています。物件の内訳は、アパート114件、マンション264件、一戸建て2件です。

所在地は北海道から九州までの日本全国で、賃料も1.5万円/月から23.5万円/月などと幅広く物件を揃えています。また、駐車場の賃貸物件は29件になります。

エムズ・ウエストの業務内容

エムズウエストの業務内容
編集部
不動産会社のエムズ・ウエストでは、賃貸物件管理、建物設備管理、施設・設備運営管理、不動産売買の4つを業務の中心に据えています。

ここでは、それら4つの業務の具体的な内容について紹介します。

賃貸物件管理(プロパティ・マネジメント)

エムズ・ウエストのメイン事業ともいえるのが賃貸物件管理(プロパティ・マネジメント)です。物件管理といっても、ただ建物の状態を管理するというような簡単な仕事ではなく、ユーザーが保有するアパートやマンション、駐車場といった不動産の収益維持と資産価値の最大化を図ります。

エムズ・ウエストでは、不動産経営にかかわる管理料(PMフィー)は業界最安値の月額1,100円(税込、賃料に関係なく1室に付き)に設定し、コストの安さで評判です。
また、長年の経験による空室対策や長期的かつ安定的な不動産経営など、常にマーケットを先取りしながらあらゆる視点で分析、解析を重ね、戦略的な面においても優秀です。

建物設備管理(ビル・マネジメント)

エレベーター、消防設備、受水槽などの建物設備の点検や検査などを請け負います。管理受託を頂いた物件については、適した各専門業者を選択し、コストの管理も行います。

施設・設備運営管理(ファシリティ・マネジメント)

施設・設備運営管理(ファシリティ・マネジメント)では、アパートやマンション、ビル、駐車場などの共用部分、共用設備を最適な形で維持管理します。
それ以外にも、専有部内(居室内)の設備不具合(エアコン、給湯器、水周り等)に対応します。

それらの業務は単に「キレイに」「新しいものに交換すれば良い」ではなく、プロパティマネジメントの目線で、コスト削減といった必要な投資コストを見極め、プラスの投資が良いかどうかなどの判断を行った上で施設・設備運営管理を実施します。

不動産売買(アセット・マネジメント)

エムズ・ウエストの不動産売買では、資産形成を目的とした、流動性(換金性)のある、価値(評価)に見合う不動産取得が重要と考えています。

その大前提があるからこそ、エムズ・ウエストではバブル期でも投資判断を誤ることなく、現在も投資的な観点から的確な不動産売買を行っています。

エムズ・ウエストで働く社員からの評判口コミ

エムズウエスト社員からの口コミ
編集部
エムズ・ウエストがどのような会社なのかを一番良く知っているのが、エムズ・ウエストで働く社員です。
ここでは、読者のみなさんにエムズ・ウエストの生の声をお届けするために、社員からの評判口コミを紹介します。

仕事への姿勢を評価される会社

社員からの評判・口コミ①
仕事をどれだけやったとか、スキルが凄いとかいう能力面はもちろん、仕事に取り組む姿勢(真面目さとか人柄とか)を評価してくれる会社です。ノルマもないので、気持ちよく働くことができます。
編集部
働く姿勢を評価する一方、管理職に出世すればちゃんと業績に比例した報酬ももらえるので、仕事ができる人が出世して、多くの給料を得ることができるシステムでもあります。

新人に求められるのはコミュ力・マルチタスク力

社員からの評判・口コミ②
新人の仕事で大きな割合を占めるのが電話対応です。電話の相手先が何を言いたいのか、何を求めているのか、そういったことを話の最中に読み取っていくコミュニケーション能力が大事です。
編集部
新人時代には、電話対応のほかにも自分に振られた仕事をこなしていくので、マルチタスク力も必要です。

残業ほぼなしで生活の質があがった

社員からの評判・口コミ③
転職して驚いたのが、残業がほとんどないことです。そのため、定時退社後に趣味の教室に通ったり、スキルアップのための不動産関連資格の勉強をしたり、日々の生活が充実しています。
編集部
会社の方針として残業はしないで働くというものがあり、社員は自分の時間を楽しむ余裕ができています。

不動産分野のスペシャリストに

社員からの評判・口コミ④
エムズ・ウエストの不動産管理業務は分業化され、各業務において特定分野のスペシャリストを育てています。そのため、一つのことに特化して専門的に深く学ぶことができます。
編集部
各業務には専門チームが設けられているため、タスクを短期間でこなすことができるようになります。

エムズ・ウエストで働く社員からの評判口コミまとめ

編集部
エムズ・ウエストは、ノルマやスキルに振り回されることなく仕事への向き合い方で判断されるので、ポジティブな人が評価されて働きやすい職場だと言えます。また、専門チームが形成されて知識の深い仲間たちと働くことでお互いに高め合い、自分の成長も実感できます。この働き方に合っている人にとっては、やりがいを感じながら成長できる最高の職場です。

エムズ・ウエストの特徴

エムズウエストの特徴
編集部
エムズ・ウエストは他の不動産会社とは異なる明確な特徴があるので、ここで紹介していきます。

月額管理料は一室1,000円固定

他の不動産会社は賃料の3~8%程度の月額管理料(PMフィー)を請求しますが、エムズ・ウエストでは月額管理料は一室1,000円固定です。

例えば低価格な4万円/月のアパートでも、慣例により定められた業界水準の月額管理料なら1,200円~3,200円となり、エムズ・ウエストの月額管理料が安いことが分かります。

エムズ・ウエストでは、賃料滞納保証(期間を定めた立替払)や24時間緊急受付窓口といった無駄なコストを省き、月額管理料は一室1,000円固定を実現しています。

管理物件受託可能エリアは日本全国

エムズウエストの対応エリア

引用元:エムズ・ウエストの公式HPより

エムズ・ウエストの本社は東京、営業所は京都にあるのですが、管理物件受託可能エリアは日本全国となっています。
これは、各地域、各エリアに信頼のおけるパートナー(提携業者)が存在するため、遠隔地でもオーナーのアパートやビルなどの賃貸物件をコントロール(マネジメント)できるのです。

管理物件受託を目的とした営業は行わない

多くの不動産管理会社は管理物件受託を目的とした営業を行います。
しかし、エムズ・ウエストでは会社の規模に応じた管理戸数のみしか受けず、PRのために数を上乗せするための管理戸数や受託件数は求めないことにしています。

系列にとらわれない独立系の不動産管理会社

エムズ・ウエストは独立系の不動産管理会社です。

不動産管理会社(PM会社)の多くはデベロッパーの子会社だったり、その系列会社であったりすることが多くなっています。また、会社はビジネス面を重視するために、スケールメリットを求めたり、ノウハウを活かせる同じ業界での展開が多くなったりしています。

しかし、子会社や系列会社という形態は、必ずしも顧客本位の考えが成立しない場合があるため、エムズ・ウエストではユーザー最優先を重視した結果、独立系を保っています。

賃貸仲介店舗を展開していない

エムズウエストの賃貸仲介店舗

引用元:エムズ・ウエストの公式HPより

家賃が安いなど、物件を借りるユーザーにとって最適な物件紹介を行うのが賃貸仲介店舗です。しかし、その存在は、できれば高い賃料で入居してほしいというオーナーの願いを叶える不動産管理会社とは利益相反に近いものとなります。

エムズ・ウエストでは、利益相反を避け、強みである管理業務(PM業務)に経営資源を集中させるために、賃貸仲介店舗の展開は行っていません。

サブリース契約を行わない

サブリースとは、一括借上による転貸のことです。
一般的には、不動産会社がユーザーの物件を借り上げ、不動産会社が貸主となって入居者に転貸する契約のことです。

しかし、サブリースには受託条件や査定額・借上比率の不明朗さ、長期一括借上保証などの問題点があり、どちらかといえばオーナー側よりも不動産会社にとって都合の良いシステムのため、エムズ・ウエストでは採用していません。

2つの不動産管理システム

編集部
エムズ・ウエストに不動産を任せる場合、総合管理委託契約と一般管理委託契約という2つの管理システム(管理委託契約)から選べます。

総合管理委託契約

総合管理委託契約

引用元:エムズ・ウエストの公式HPより

入居者の募集から退室時の精算まで、全ての管理業務を代行するのが総合管理委託契約です。

お金の流れとしては、エムズ・ウエストが入居者から賃料を集金し、会計処理を行った後にオーナーの指定口座に送金します。ほかにも、月次の収支報告書、年間の収支報告書の提出、賃料遅延者に対する督促業務が行われます。

総合管理委託契約では料金は月額1室1,100円(税込、一棟5室以上)です。

一般管理委託契約

一般管理委託契約

引用元:エムズ・ウエストの公式HPより

総合管理委託契約の業務から、賃料の集金、管理、遅延時の徴収が外されたものが一般管理委託契約です。

アパートなどのオーナーは入居者から賃料の集金、管理、遅延時の徴収を行わなければならず、特に遅延時の徴収などはトラブルになりやすくなっていて、オーナーの負担としては大きなものとなります。

オーナー負担が大きい分、この一般管理委託契約では月々の管理費(PMフィー)が無料です。

求人採用情報

エムズウエストの採用情報
編集部
エムズ・ウエストでは、プロパティマネージャーや不動産鑑定士、一般事務・営業事務など、複数の職種について求人採用活動を行っています。

ここでは、知っていればエムズ・ウエストへの就職が有利になるような、同社が求めている人物像について、また、会社に入ってからの生活がイメージしやすい年収例など、求人採用に関わる情報をお伝えします。

求めている人物像

エムズ・ウエストではこれまで、未経験者や他業種(美容、警備などなど)からの転職者など、様々な人を受け入れ、不動産のプロフェッショナルとして成長させてきました。
会社としては幅広い知識とスキルを得て活躍できるベースが出来上がっています。

そのような会社に合っている人物としては、「お客様の役に立てる仕事がしたい方」「評価制度の整った会社で活躍したい方」「安心して長く活躍したい方」「専門知識を身につけたい方」「ワークライフバランスを実現したい方」などとなっています。

社風と評価制度

社風は会社内でのビジネス的な成功はもちろん、残業なしでプライベートも充実させるべきという考え方です。

評価制度は、社歴を問わず日頃の成果が評価され、昇格に合わせて給与が昇給します。
具体的には、入社後1年間は2~3ヶ月に一度、面談などを通して査定が実施され、その都度、適正な給与が決められます。

年収例

エムズ・ウエスト流の評価により、リーダーなど管理職になれば月給50万円も可能です。
試用期間中(2ヶ月)は月給20万円となります。

年収例としては下記の通りとなっています。

エムズ・ウエストの年収例
  • 800万円/入社5年(月給50万円+賞与)
  • 350万円/入社1年(月給25万円+賞与)

福利厚生

エムズ・ウエストには下記の福利厚生があります。

エムズ・ウエストの福利厚生

健康保険/厚生年金/雇用保険/労災保険/交通費支給(4万円迄)/残業手当/資格手当/技能手当

まとめ

編集部
以上が不動産管理会社のエムズ・ウエストについての社員からの評判口コミを始め、会社の概要やサービスの特徴、求人採用情報などの内容です。

不動産業界内でも異色と言える月額管理料・一室1,000円固定や事業拡大至上主義ではなく社員のプライベートも重視するなどの独特な考え方を持ち、それでもしっかりと収益は確保して事業を成長させてきた会社です。

この会社なら、自分の能力を発揮し、自分を成長させつつ私生活も充実できるという非常に整ったワークライフバランスが期待できます。

これからオーナーとして不動産管理を任せる方も、社員として働きたいという方にも、オススメの会社として紹介できるのがエムズ・ウエストです。

会社概要

名称株式会社エムズ・ウエスト
所在地(本社)
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-7-1  霞が関東急ビル13階
設立1984(昭和59)年7月
役員代表取締役 川西英樹
資本金1,000万円
免許登録宅地建物取引業免許 東京都知事(7)第63346号