緑鋼材(株)とは?採用情報/求人/評判/口コミを取材&独自調査で解説!

緑鋼材のアイキャッチ画像 取材企業記事一覧
編集部
緑鋼材株式会社は、広島県広島市に本社を置く鉄鋼加工会社です。

各種鋼材の加工や販売を事業としていて、2021年5月現在は鋼材・アルミ・ステンレスの加工を行う人材を採用募集しています。

本稿では、緑鋼材の担当者様に採用について取材した内容を掲載しているので、実際の採用面接に役立つ情報になっています。

また、緑鋼材への就職に興味を持っている方に対し、会社の概要や企業理念、評判、口コミなどを独自調査しているので、ぜひ参考にして下さい。

本記事は緑鋼材株式会社の社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

緑鋼材株式会社とは

緑鋼材のHPトップ画像

緑鋼材とは、鉄鋼を加工する業務を主力事業とする鉄鋼加工会社です。
1897年(明治30年)創業、130年以上の歴史がある老舗の会社で、長く広島を本拠地にしています。

日本で初めて3次元レーザー加工システムを開発するなど開発力・技術力が高い会社で、加工部門に強みがあり、ITを活用して高付加価値の商品を生み出し、ユーザーからの口コミも評判で高い評価を受けています。

企業理念は「鉄鋼販売を媒体として社会へ貢献する」

企業理念は「鉄鋼販売を媒体として社会へ貢献する」を掲げ、ユーザー側に立つという考え方から、臨機応変な製品の供給、コスト削減、短納期などに常に取り組んでいます。

国内初の3次元レーザー加工システムを開発

3次元レーザー加工システム

3次元レーザー加工機(緑鋼材 公式HPより)

2001年(平成13年)には、日本国内で初めて、レーザー加工機と産業ロボットを組み合わせた3次元レーザー加工システムを開発しています。
その後、加工部門の拡充・強化、ITを駆使することで高付加価値を生み出す独自のサービスを提供しています。

緑鋼材株式会社の事業内容

緑鋼材株式会社の事業内容は、鉄鋼、金属の加工が主力です。

加工の方法には、同社が得意とするレーザー加工や板金加工、パイプコースターなどがあり、職人の技や最新ロボット・マシンの導入などで作業を行っています。

3次元・2次元レーザー加工

2次元レーザー加工機

2次元レーザー加工機(緑鋼材 公式HPより)

3次元レーザー加工では、角パイプ、形鋼などの材料供給や加工品の回収機能を持たせることで24時間操業が可能になり、高精度な製品を少量多品種、短納期、低コストでの納入に対応しています。

また、2次元レーザー加工では、高速精密切断・精密穴開けの24時間無人加工を可能にし、薄板、厚板の切断や穴あけを高速かつ精密に実行できます。

板金加工やパイプコースターも手掛ける

パイプコースター機

パイプコースター機(緑鋼材 公式HPより)

板金加工では、職人の手作業に加え、複数のロボットを配置して、薄板曲げ、切断、穴あけ、溶接を行います。
パイプコースターでは、加工機パイプコースターにより、パイプ構造材を精密で迅速に加工できます。
そのほか、マシンで板のバリを取れる機械加工、開先加工機により斜切断された形鋼にも対応できる開先加工も行っています。

鋼材販売

取扱い鋼材

(緑鋼材 公式HPより)

加工だけではなく、H形鋼、角パイプ、丸鋼、溝形鋼、鋼板、山形鋼、不等辺山形鋼、平鋼といった鋼材も販売しています。

緑鋼材株式会社の組織図

緑鋼材株式会社の組織図

組織図(緑鋼材 公式HP
より)

緑鋼材株式会社の組織は、代表取締役の緑博康社長をトップに本社では営業本部があり、その下に、レーザー事業部、営業部、業務部(株式会社グリーンメタルワーク)があります。
また、営業本部とは別に不動産部もあり、ここには緑興産株式会社、有限会社博真不動産のグループ会社があります。

緑鋼材株式会社の歴史・沿革

  • 緑鋼材は1897年(明治30年)、広島の材木町(現中島町)に緑竹蔵商店として創業
  • 事業拡大に伴い1933年(昭和8年)には現在地の広島市西区観音新町に移転
  • 1937年(昭和12年)に株式会社へ改組
  • 1945年(昭和20年)第二次世界大戦により、原爆で社屋が被災
  • 終戦から4年後の1949年(昭和24年)、社員4~5名で会社の復興を果たす
  • 1953年(昭和28年)緑鋼材株式会社として法人成立
  • 1980年(昭和55年)本社屋完成
  • 2000年(平成12年)代表取締役社長に緑博康が就任
  • 2001年(平成13年)3次元レーザー加工システムを開発
  • 2003年(平成15年)には本社敷地面積を1400坪に拡張
  • 2018年(平成30年)には西区観音新町へ本社全面移転

緑博康社長からのメッセージ

緑博康社長

(緑鋼材 公式HPより)

2000年に社長に就任した緑博康社長はホームページにメッセージを掲載しています。

キャッチコピーとしては「やれば必ずできる。挑戦あるのみ。」を掲げていて、これは、「新たな技術に挑戦することは、人の能力を引き上げ成長を促す」という考えからきています。

また、努力や創意工夫を大事にするという社風があり、できないならどうやって解決するか考えるというスタイルが、緑鋼材の技術力を向上させているとし、今までも、そしてこれからも「一歩一歩前進してまいりたいと思います。」と表明しています。

緑鋼材株式会社の採用情報

編集部
緑鋼材株式会社では、2021年5月現在、鋼材・アルミ・ステンレスの加工を行う人材を募集していて、その採用情報について担当者様に取材しました。

採用活動を行う背景

担当者様
おかげ様で、お客様より色々な案件の引合を頂いております。

最新の機械やロボット等の設備を導入して自動化・省人化を図って参りましたが、それだけでは人員の数が追い付かない状況となって参りました。
また、弊社で今まで行っていなかった加工の検討依頼も多くお客様より頂いております。お客様のニーズに応える為にも、さらなる弊社の加工可能範囲の拡大をしていく必要があります。

今回の採用活動につきましては、お客様のニーズに応える為の加工領域・事業拡大の2点からの採用活動となっております。

現在求人募集している職種・募集要項(2021年5月現在)

仕事内容鋼材・アルミ・ステンレスの加工
応募資格普通自動車免許(AT限定不可)
経験不問
募集年齢39歳以下(長期勤続によるキャリア形成の為)
勤務地広島県広島市西区・島根県松江市宍道町
勤務時間8:30~17:30(変則の場合有)
給与当社規定による
休日会社カレンダーによる(年間休日105日)

緑鋼材株式会社に入社するメリット・デメリット

メリットとデメリット
編集部
緑鋼材株式会社に入社するメリットについて担当者様に取材しています。
また、デメリットについては編集部の独自考察として紹介します。

メリット①・最新の工作機械や産業機械を使用できる

担当者様
弊社に入社した場合、公共展等で展示されている最新の工作機械や産業機械を使用する事ができ、常時、最新の機械について学べる、触れられる環境にあります。

メリット②・多種多様な機械を使用できる

担当者様
機械の導入もほぼ毎年行っている為、機械自体の種類も豊富なので様々な機械を使用する事ができます。

メリット③・資格を取得できる

担当者様
資格につきましては、クレーン操作に必要な資格・大型トラック等必要に応じて資格の取得を行って頂いております。

デメリット①・学ぶ姿勢が必要

編集部
機械の使用が多く、最新機器にも対応しなければいけないので、学ぶ姿勢のない人は活躍し辛い環境です。

デメリット②・仕事量をこなす能力が必要

編集部
会社として加工可能範囲の拡大のために新たに人材を求めているので、仕事量は多いと思われます。
その仕事をこなすだけの能力が求められていて、慣れるまでは忙しく働く必要があると思われます。

デメリット③・残業は覚悟を

編集部
仕事が多いための残業はあると考えられます。
ただ、新入社員が多く入り、それぞれが業務に慣れてくれば、徐々に定時帰宅へと近づけるものと思われます。

入社前に知る!緑鋼材株式会社の評判/口コミ

編集部
緑鋼材株式会社についての評判/口コミをネット上で集めました。

緑鋼材株式会社の評判と口コミ①

仕事はやりがいがある、それは自分でやれる仕事を直接任せてもらえるから。
やれば自分の仕事に満足できる。
編集部
「やれば必ずできる。挑戦あるのみ。」という社長のメッセージ通り、社員には仕事を適切に振り分け、それを各自が達成できることを目指しています。

緑鋼材株式会社の評判と口コミ②

忙しいと思うことはあるが、やりきれば達成感が得られる。
編集部
忙しい中でも機械について習熟したり、新しいスキルを身に付けたりと、会社の中で成長することが可能な社風です。

緑鋼材株式会社の評判と口コミ③

今はコロナでなかなかできないが、社内行事、レクリエーションが豊富で楽しい。
編集部
社員旅行や忘年会、納涼会、ソフトボール大会などのイベントがあり、社員みんなで楽しんでいるようです。

緑鋼材株式会社の評判と口コミまとめ

編集部
緑鋼材株式会社については多くの評判と口コミは見つけられませんでしたが、会社や仕事について満足しているの多く人は、仕事のやりがいや達成感についてプラスの評価をしている印象です。

鉄鋼業界の現状・就職の状況

鉄鋼業界
編集部
緑鋼材を含む鉄鋼業界の現状や就職の状況について調べました。

鉄鋼業界の現状

まず大きく鉄鋼業界としましたが、鉄鋼メーカーと鉄鋼加工会社では大きく事業内容が異なります。

鉄鋼メーカーは高炉メーカーや電炉メーカーがあり、鉄を溶かして鉄を形成し出荷します。一方、鉄鋼加工会社では鉄を作ることはせず、鉄や金属の加工を行う会社になります。

日本の鉄鋼業界全体で見ると、中国の鉄鋼メーカーの過剰生産や、鉄鉱石と石炭の価格高騰による生産コスト上昇、国内需要の低下などで今後厳しい状況が予想されます。
しかし、生産能力や技術力はいまだ世界トップレベルにあり、緑鋼材のように開発力や技術力を磨くことを重視している会社は今後も成長が見込まれます。[/voice]

鉄鋼業界の就職の状況

鉄鋼業界では、ユーザーのニーズに合わせて製品の供給と販売を促進する「営業」や製造ラインの工程を管理する「生産管理」、また大小の鉄工所で働く「製造職」といった職種があります。

緑鋼材が属している鉄鋼加工会社にも、営業やプログラマー、オペレーター、現場で働く製造加工職など様々な人が働いています。

今回、緑鋼材で採用がある製造加工職は、工場で働く肉体労働というイメージが強く、就職先としては避ける人もいます。
実際、鉄工所で働くのは大きな機械を扱い、危険もある仕事です。ただ、仕事に慣れさえすれば、職人として技能が身につきます。

編集部
忙しい仕事でも、身体がその環境に慣れれば10年、20年、30年と長く続けられる人も多い業界です!

社員の評判Q&A:新卒社員Y.S.様

編集部
緑鋼材の業務部に勤務する新卒社員Y.S.様にインタビューしました。

Q.緑鋼材に入社を決めた理由を教えてください

新卒入社 Y.S.様
私は運動が得意だったこともあり、現場で体を動かし尚且つ、頭を使い創意工夫しながら働くことの出来る企業を探していました。

趣味でランニングをしている道すがら、幾度か弊社の現場で働いている方々が見に留まり、自分に合った仕事が出来るのではないかとホームページを拝見しました。

年々規模が拡大している新たな機械設備の導入、開発姿勢、加工製品に将来性を感じ、是非ともこの仕事に携わりたいと思い選びました。

Q.現在、どういったモチベーションで働いているか教えてください

新卒入社 Y.S.様
現在ではゲーム感覚で働いています。もちろんふざけている訳ではございません!

機械の保守なども怠らず、安全規則を守った上で、自分に任せてもらった仕事をどれだけ効率良くスピーディーにこなし、より加工精度を上げる事が出来るのかを常に考えて働くようになりました。

時には様々なトラブルにより自分の考えていた工程と大幅に変わる事もあります。
しかし、そのトラブルが経験として次に繋がり、今後もし同じような事が起こる可能性が有るのならば、どうすれば改善されるかなどを編み出し解決しています。

常に小さな目標を決め、それを達成させる為にはどうすれば良いのかなどを考え実行するところが、ゲーム感覚で働く事ができモチベーションに繋がっています。

Q.入社前と入社後で感じたギャップを教えてください

新卒入社 Y.S.様
私が入社前に拝見したホームページに掲載されているレーザー加工の動画は、ロボットで材料の搬入搬出からレーザー加工機で加工する光景の繰り返しでした。

その光景から想像してた仕事内容は単純な作業の繰り返しで、同じ製品しか作り出す事が出来ないのではないかと思っていました。

しかし、それは表向きの光景であり、その光景を生み出すまでにとてつもない時間を費やして、難易度の高いプログラムの作成や機械操作を行うなど、様々な加工も可能なのだと今では実感しています。

Q.緑鋼材の長所や特長を教えてください

新卒入社 Y.S.様
弊社では多品種、高精度、大量生産、短納期が可能な企業だと感じています。今尚お客様が増え続け、様々な加工依頼があります。

私の仕事は1日として同じ加工をしていません。
もちろん他の社員では、同じ加工で大量生産をする仕事もありますので、1人でノコ切断やロボット、3次元レーザー加工機を活用し対応しています。

私の場合は、様々なお客様且つ多品種にわたる加工を常にする仕事ですので、3次元レーザー加工機のみを扱い対応しています。

このようにお客様の要望に合わせて対応する事が出来ますので、弊社にとっての特長とも言えますし、働くやりがいも感じます。

Q.どんな方々に入社してもらいたいですか?

新卒入社 Y.S.様
自発的に動くことの出来る方々に入社して頂きたいです。

機械操作などの仕事を覚えるのにも、とてつもない時間を必要とする場合もあります。仕事によっては体力勝負な面もあります。

ですが弊社の仕事は、勉強すればするほど効率良く働く事が出来、それをこなす時間は少しずつ短縮されていき、新たな仕事をする時間が出来る、の繰り返しで絶える事がありません。

新しい事に対する勉強、チャレンジなどを続けられる方々なら、企業の成長、もちろん様々な面での自身の成長にも繋がりますので入社して頂けたらと思います。

社員の評判Q&A:中途社員Y. Y.様

編集部
続いて、2015年5月に中途入社した業務部のY. Y.様にもお話を伺いました!

Q.緑鋼材に入社を決めた理由を教えてください。

中途入社 Y. Y.様
工場見学をさせて頂いた際、色々な機械を使用して大小様々な材料を加工している作業風景に感激しました。

もともと私自身加工や組み立て作業ができる仕事に携わりたいと思っていたのでかなり興味も持ちました。鉄をレーザー切断機で加工出来る事も工場見学の時に初めて知り、自分もこの作業をしてみたいと思った事が入社のきっかけです。

また、ライン作業の様な単純な作業の繰り返しではなく、作業者が色々な機械をテキパキと効率の良い動きで操作している風景を見て、色々な知識が身につくのではないかと感じた事も転職を決断するきっかけとなりました。

Q.前職の業種は?なぜ転職を決断されたのでしょうか

中途入社 Y. Y.様
前職も製造業をしていました。機械を使わずに自分の手で加工を行う作業内容で毎日同じ事の繰り返しといった仕事です。

転職を決断した理由は、飽きがこない作業がしたい。もっとスケールの大きい仕事がしたいと思っていたからです。
実際に工場見学をさせて頂いた際にこんな仕事もあるんだと衝撃を受けました。
自分でもできるのか?どのくらい技術を磨けるか?など自分を試したい気持ちともっと成長したいという思いが強かったからです。

Q.入社前と入社後で感じたギャップを教えてください

中途入社 Y. Y.様
入社後、作業に携わる事で感じたのは、レーザー加工を工夫する事で色々な加工方法や新たな加工方法を見つける事ができ、加工技術、機械の知識が想像以上に身に付きます。

また、色々な機械を操作する事が出来る様になり自分自身のスキルアップにも繋がります。

Q.緑鋼材の長所や特長を教えてください

中途入社 Y. Y.様
弊社は高精度、高品質、短納期対応が可能な企業です。

我社でしかできない事をチャレンジし続け常に新しい事に取り組んでいます。
作業者自身が考え工夫しアイディアを出す事で、不可能な加工を可能にし、お客様に信頼を得る様、日々取り組んでいます。

また、営業・営業アシスタント・業務部・CAD・配送係が協力し合って良い製品づくりを目指しています。

Q.1日のお仕事の流れを教えてください

中途入社 Y. Y.様
まず当日配送する荷の検品、積み込みを行います。その後に工程に基づいたレーザー加工を行います。

Q.どんな方々に入社してもらいたいですか?

中途入社 Y. Y.様
弊社は自分自身のアイディアや工夫する事で色々な加工を行う事ができます。また、常に新しい事にチャレンジしています。

元気があって自分を成長させたい、自分の技術を向上させたいと思う方は大歓迎です。

今現在、作業している業務部もほとんどが未経験者でしたが、今ではたくさんの機械を扱えます。毎日、楽しく仕事をしましょう。

まとめ

編集部
以上が緑鋼材株式会社についての採用情報や概要、企業理念、評判、口コミなどについての取材と独自調査です。

特に採用情報については、社員さんの情報が濃密で、緑鋼材の努力や創意工夫を大事にするという社風を強く感じることができました。

また、世界でもトップレベルにある鉄鋼業界において、緑鋼材は日本で初めて3次元レーザー加工システムを開発するなど、その開発力や技術力に光るものも感じました。

製造業で働くことに不安を感じている方もいるかもしれませんが、機械について学び、仕事内容に達成感も得られる緑鋼材でのお仕事、学んで成長したいと考えている方には特におすすめの職場になっています。

会社概要

名称緑鋼材株式会社
所在地(本社)
〒733-0036 広島市西区観音新町四丁目6番17号(鳥取事業所)
〒699-0406 松江市宍道町佐々布868-65
創業明治30年
設立昭和28年1月
代表者代表取締役 緑博康
資本金10,000,000円
従業員数30名
年商24億6637万円(令和元年12月決算)