ヤマナカゴーキンの採用情報と会社の評判を100%インタビュー

株式会社ヤマナカゴーキン

ヤマナカゴーキン様に採用情報PRとしてジョブアピのインタビューにご協力いただきました。創業が昭和36年、設立は昭和41年と非常に歴史のある企業ですが、自動車部品の製造には必要不可欠な金型の設計などを手掛けています。今回は他のメディアには掲載されていない貴重な採用情報を掲載していますので、企業研究に活用してください!

ヤマナカゴーキンの社員から最初に一言!
匠の技と常識を超えるアイデアで新しいビジネスモデルを生み出す鍛造金型のリーディングカンパニーです!

ヤマナカゴーキンとは

株式会社ヤマナカゴーキンとは

ヤマナカゴーキンは、主に自動車の駆動系、エンジン、ミッションに搭載される部品の生産には不可欠である「金型」の設計、製造、販売を行っている企業です。お客様の約9割は自動車メーカーや自動車関連企業であり、国内外に関わらず多くの自動車に当社の金型で作られた部品が使用されています。

また、解析シミュレーションソフト「DEFORM」の国内総販売代理店として、ソフトの販売から受託解析、アフターサポート、ユーザーへの技術支援なども行っています。50年以上の歴史を誇るヤマナカゴーキンの技術を持って、世界中の部品開発に携わるお客様に対して、様々なソリューションを提供しています。

DEFORMは最先端の数値計算技術を駆使し、金属の材料流れ・工具への負荷状態・熱処理による変形・切削時の切りくず予測などあらゆる加工現象をコンピュータ上でシミュレートすることのできるCAEソフトウェアです。
引用元:ヤマナカゴーキンホームページより
http://www.yamanaka-eng.co.jp/business/cae/about.html

ヤマナカゴーキンの企業ビジョン

企業ビジョンは、創造力と熱い心で「モノづくり」を追求し、あらゆる想いをカタチにすることで、人と社会に向け、いつも新しい提案を続けること。

  • お客様のために
    「お客様のニーズをカタチに」「ベストソリューションの提供」
  • 社員のために
    「豊かな生活の実現」「誇りの持てる職場の創造」
  • 社会のために
    「地域社会への貢献」「愛される企業の実現」

ヤマナカゴーキンの強みは「人」である!

ヤマナカゴーキンの強みは、何といっても「」です。

常にチャレンジし、あらゆる難題をお客様と一緒に解決する「人財」です。この個性あふれる「人の力」が、新しい技術とサービスを生み出しお客様と私たち自身に利益をもたらしてくれています。そして互いの信頼を強固にし、新しいビジネスモデルを確立してきました。これからも、ヤマナカゴーキンは、匠の技と常識を超えるアイデアで、新しいビジネスモデルを生み出し、お客様と共に発展し続けます。

ヤマナカゴーキンは「人」で他社との差別化を図っている

金型製作にとどまらず、設計から量産まで一貫したものづくりを展開し、部品開発に携わるお客様のあらゆる困りごとに対して、ベストソリューションを提供しているところが強みであり、同業他社との違いでもあります。

    ヤマナカゴーキンの各事業部署を知る

    編集部
    各事業部の役割を知ることもヤマナカゴーキンを知るための大事なポイントだと思います。あまりネット上には公開されていない、ヤマナカゴーキンの各事業部について教えていただきました。

    ソリューション事業部

    ソリューション部は設計開発グループとCAEグループで構成されています。

    設計開発はお客様が求める製品のニーズを汲み取り、鍛造工程から金型まで設計し、製造された金型を用いて試作を行います。自分の設計した金型が「カタチ」となり、さらに部品が出来上がるまでの過程に携わることができるのがこの仕事の醍醐味です。

    また、CAEは 「DEFORM」の販売管理をする他、「DEFORM」を利用するお客様の操作方法の疑問にお答えするなどのサポートを行ったり、ソフトの操作研修を実施したりします。お客様と接する機会が多いため、お客様の生の声を改善やサービス向上へと繋げていけるところがこの仕事の面白さです。

    製造部

    製造部では、旋盤・放電加工機・マシニングセンタなどさまざまな加工機を使って金型を製作することが主な仕事です。

    金型はお客様のニーズに合わせて一品一品製作するため、作業者は一日に同じ形の製品を加工することはありません。製品によって加工の仕方や工具も異なるため、その都度判断し、的確な加工を行う必要があります。そこがこの仕事の難しさであり、面白さです。

    また、金型の製作工程は細かく分かれていて、作業者は各々の担当工程で加工を行います。作業者全員の手によって一つの製品が完成しするため、チームワークの問われる仕事でもあります。この他に現場を支える生産管理や生産技術といった仕事もあります。

    営業部

    営業部では、自動車をはじめとする各種部品の金型の受注・販売および解析シミュレーションソフト「DEFORM」の販売活動が主な仕事です。ヤマナカゴーキンの営業の最大の特徴は「提案型」であることです。

    金型だけではなく、部品開発に携わるお客様のさまざまな困りごとに対して、よりよい提案をしていくことが営業の大きな役割です。そのため、営業担当者には金型知識のみならず、鍛造知識やお客様の製品知識など幅広い知識が求められます。

    お客様の新商品開発に携わる機会もあります。自分が携わった部品がカタチとなり、世の中で役立っていることにやりがいを感じることの出来る仕事です。

    ヤマナカゴーキンの社員が誇る3つの自慢ポイントと目標

    1. 業界最高品質の製品を生み出すノウハウと技術力を備え、自動車業界をはじめとするお客様から信頼を得ているところ。
    2. 最新設備を導入し、新商品開発や技術開発など未来に向けての投資を積極的に行っているところ。
    3. 社員が真面目で、誠実にものづくりに向き合っているところ。
    ヤマナカゴーキンの目標

    “Challenge to next 2020”

    ヤマナカゴーキンでは、2020年に向けて、国内の営業利益率20%・新規製品・サービスの売上比率20%を実現できる人材と体制づくりを目指します。

    編集部
    ヤマナカゴーキンの目標は2020年のオリンピックに向けて目標を掲げております。現在の利益だけではなく、新規製品やサービスの売上にも目標設定をすることが企業成長につながる体質だとジョブアピ編集部では感じております。

    ヤマナカゴーキンの採用ポイント聞いてきました!

    ヤマナカゴーキンの採用情報についてインタビューさせていただきました。実際に求める人物像や働くメリットなど、他のメディアには掲載されていない情報まで回答していただきました。

    ヤマナカゴーキンが採用したい5つの人物像

    1. 意欲、向上心の高い人
      自分から進んで取り組める、もっと成長したいという気持ちを持って取り組める人です。
    2. 責任感をもった人
      会社の一員として責任をもって行動できる人です。
    3. 好奇心、探究心が旺盛な人
      会社を知りたい、仕事を知りたい、業界を知りたいという人です。
    4. 気配り、配慮ができる人
      協調性が備わっている人です。
    5. 誠実な人
      やるべきことに対して愚直にコツコツ取り組める、あいさつがしっかりできる、人や物事に対して素直に接し対応ができる。
    ヤマナカゴーキンで働くメリット

    ヤマナカゴーキンで働くメリットは、自分のやる気次第で、若いうちからさまざまなチャレンジの機会を得ることができ、成長できるフィールドが広がっているところにあります。

    ヤマナカゴーキンの採用面接で重要視すること

    求める人物像にも挙げているように、資格やスキル、経験の大きさではなく、チャレンジ意欲や成長意欲、誠実に物事に取り組む姿勢といった、その人の人間性を重視して見るようにしています。

    ヤマナカゴーキンの福利厚生

    • 「Let's Challenge制度」
      社員が自ら手を挙げ、1年間かけてチャレンジしたいことに取り組む制度です。会社からは活動費が補助されます。
    • 「BUKATSU!」
      自発的に参加したい社員で部活動を結成し、1年間テーマに沿った活動を行います。会社からは活動費が補助されます。

    ヤマナカゴーキンから求職者へ

    社員の「やりたい」という意欲を尊重する会社です。ぜひヤマナカゴーキンで「やりたい」ことを見つけてください。夢や目標に向かって共に挑戦できる仲間をお待ちしています。

    ヤマナカゴーキンの評判を独自調査

    編集部
    ヤマナカゴーキンの評判をインターネット上の情報をもとに独自に調査してみました。社員の評判や福利厚生、働きやすさなどの評判を調査し実際の現場を想像できるように企業研究の一部としてご活用ください。

    人事評価制度の評判はどうなの?

    ヤマナカゴーキンの人事評価制度について調べてみました。

    • 目標に向かって行動している人や成果を上げている人に対する評価制度はしっかりと整っている。
    • さすがに歴史のある会社なので、評価制度は整っているので、人事評価は納得できることが多い。

    上記のような声がありました。ベンチャー企業と違って、明確な評価制度が整っていることは働く上で安心できる点ではないでしょうか。

    研修体制は整っているの?

    ヤマナカゴーキンの入社後の研修体制は整っているのか調べてみました。

    • OJTがしっかりとしている。
    • 入社後のサポートは一定水準用意されている。
    • 目標管理設定ができており、自身のキャリプランを会社の成長とともにたどれる。

    上記のような評判がありました。ヤマナカゴーキンでは研修体制に対する不満の声もないようです。採用された後の心配もないようですね。

    会社概要

    会社名 株式会社ヤマナカゴーキン
    役員 名誉会長:山中政夫
    代表取締役社長:山中雅仁
    取締役常務執行役員:山本忠司
    取締役常務執行役員:上野完治
    監査役:山中真理子
    本社所在地 〒578-0901
    大阪府東大阪市加納4丁目4番24号
    TEL(072)962-0676
    FAX(072)960-2545
    創業 昭和36年2月
    設立 昭和41年7月
    資本金 8,500万円
    従業員数 230名(国内)
    320名(海外グループ会社)
    ※2016年11月現在
    取引品目 精密冷間鍛造金型
    温・熱間鍛造金型
    粉末成形金型
    複合成型金型
    数値解析シミュレーションソフト
    (塑性加工全般・熱処理・切削)DEFORM™
    ダイセット・プレス周辺機器
    株式会社ヤマナカゴーキン

    この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」