弘田運輸(株)とは?安心安全で評判な運送会社の事業案内や採用情報を調査!

弘田運輸のアイキャッチ 取材企業記事一覧
編集部
弘田運輸(株)とは、名古屋港を本拠地にコンテナ輸送を行う運送会社で、名古屋港界隈では安心安全の評判で知られています。

その評判は、50年に渡って名古屋港の歴史とともに運送業のノウハウや経験を積み、大きな事故もなく堅実に事業を続けてきたからこそ得られたものです。

本稿では、運送会社として高い評価を受けている弘田運輸(株)について、事業案内や採用情報などを調査し、就職や仕事依頼といった弘田運輸(株)に興味のある方へ向けて、有益な情報となるようにまとめています。

弘田運輸(株)とは

弘田運輸(株)とは

弘田運輸(株)とは、名古屋港の一角である飛鳥木場エリア(愛知県海部郡飛島村木場二丁目32番地)に本社を構える運送会社です。1972年に設立され、以来、名古屋港でのコンテナ輸送を事業としています。

企業理念としては「安心・安全を運び続ける」としており、また、平成23年から始めた社内改革により、これまでの運送会社でイメージされるネガティブな仕事内容、会社の風土を変革しています。

事業内容

会社概要に掲げている弘田運輸(株)の事業内容は「一般貨物自動車運送事業(許可番号名陸自第2214号)」「自動車運送取扱業」「荷役作業に関する事業」「特定労働者派遣事業」の4つです。中核事業のコンテナ輸送に関わる部分は最初の3つがほとんどです。

企業理念

公式ホームページのトップに掲げられている言葉は「安心・安全を運び続ける」です。
近年では社内の駐車場や通路などに新たにアスファルト舗装をおこない、より安全に運転できる環境作りを行うなど、ただ単にキャッチコピーとして掲げるだけではなく、実際に活動として実現化を目指しています。

また、「お客様第一主義の精神」も大事にしていて、ユーザーが何を求めているか、ユーザーにとって良い運送会社とは、といったことを追求した結果、多くの顧客から信頼を寄せられる企業になっています。

平成23年7月から始まった社内改革

弘田運輸の社内改革

運送会社やトラックドライバーといった職業には、古くは「きつい、きたない、きけん」の3Kといわれ、最近でも「会社の体制や風土が古い」「若者が働きにくそう」といった悪い印象があります。

こういったネガティブイメージを払拭するために、弘田運輸(株)では現社長体制のもと、平成23年(2011年)7月から社内改革をスタートさせました。

ドライバーや事務スタッフといった全社員からの意見を広く取り入れ、思っていることや、より良い会社にするための意見が通りやすい、風通しの良い社風へと生まれ変わりました。
それにより、相乗効果として、経験豊富な先輩ドライバーが後輩に実践的で効果的なアドバイスを送りやすくなり、社員を育成する職場環境が改善されました。

この社内改革は現時点では大成功を収めており、現在18名のドライバーのうち5名が女性という、非常に女性比率の高い職場となっています。これは働きやすさの証ともいえるのではないでしょうか。

名古屋港で評判な弘田運輸(株)のコンテナ輸送事業

編集部
名古屋港で安心安全なコンテナ運送を任せるなら弘田運輸(株)だと評判となっていますが、なぜ高い評価を得ているのでしょうか。

名古屋港を本拠地にし名古屋港からのコンテナ輸送に特化した弘田運輸(株)だからこそできる仕事の中身をご紹介します。

名古屋港の港湾地域を知り尽くしたプロ

名古屋港で評判な弘田運輸

名古屋港の港湾地域には、工場や流通センター、倉庫などが立ち並んでいます。そこには、様々なコンテナやクレーンが入り組んでいて、まるでトラップの多い難解な迷路のようです。

ここで活躍するのが、地元の名古屋港に精通するプロのトラックドライバーです。
ドライバーは、どこが安全でどこか危険なのか、どういったルートで行けばスムーズなのかなどを経験で知り尽くしており、外部のスタッフでは難しい配送作業も安全かつスムーズに実行できるのです。

国際総合港湾・名古屋港での通関手続き等も万全

名古屋港は、コンテナ貨物などを始め、バルク貨物や自動車などを海外にも輸送する国際港です。

輸出入する貨物については、名古屋税関での通関手続きや法令に関わる申請手続きなどが必要になりますが、コンテナ輸送の専門企業として、弘田運輸(株)では通関手続き等を含めたソリューションの提案が可能です。

弘田運輸(株)の強み・実績

弘田運輸(株)の強み
編集部
弘田運輸(株)が名古屋港を本拠地とする強みについては上記で説明しましたが、それ以外にも運送会社としての強み、そして実績があるのでここで紹介します。

トレーラー専門業者の強み

弘田運輸(株)は、コンテナ輸送のプロフェッショナルとして約50年にわたってトレーラー輸送の経験を積み、それを継承してきました。

ドライバーはトレーラー専属運行にすることで、仕事の安定感は増し、スムーズに輸送することで信頼と安全を得ています。

トラクタヘッド20台・トレーラー50台保有

コンテナ輸送会社として所有している車両は、トラクタヘッド20台・トレーラー50台です。

トラクタヘッドはトレーラーヘッドとも呼ばれ、運転手が乗りこむ運転席やエンジンなどがある動力部分のことです。そしてトレーラーとは、けん引される車輌のことで、トレーラーにコンテナなどを載せることで輸送ができます。

弘田運輸(株)ではトラクタヘッドの倍以上の数のトレーラーを保有することにより、荷降ろし場所にトレーラーごとコンテナを設置して切り離し、荷主側の会社のペースで荷降ろしをすることを可能にしています。

地元密着50年の実績

弘田運輸(株)は1972年の創業・設立以来、名古屋港を本拠地に地域密着の体制で運送業務に携わってきました。
名古屋港での業務に精通し、安心安全を大切にした業務体制だからこそ、地元を始め多くの顧客からの信頼を勝ち得ています。

弘田運輸(株)では、「これからも物流の活性化の一端を担うことでお客様のニーズに応え続ける運送会社を目指してまいります」と運送会社としての意気込みを明らかにしています。

採用情報

弘田運輸の採用情報
編集部
弘田運輸(株)は社内改革の成功で意見が通りやすく、働き方や時間の希望も叶えられ、一般的なトラックドライバーのイメージとは異なる働きやすい会社になっています。

そのような良い職場環境の会社で、トラックドライバーとして活躍してもらうため、現在採用活動を行っています。
募集条件として未経験者でもOKなので、これから初めてトラックドライバーになりたいという方にとってもおすすめの会社です。

ここでは、なぜ採用を行うのかという採用背景に始まり、福利厚生や募集要項といったデータを紹介します。

採用活動を行う背景

平成23年からの改革が功を奏し、社内体制や仕事の仕組みが改善された弘田運輸(株)では、時代に即した運送会社として事業を続けていくために、「風通しのよい職場でトレーラーを運転したい」というドライバーを募集しています。

福利厚生

弘田運輸の研修風景
編集部
弘田運輸(株)の福利厚生は、以下のとおりです。
福利厚生

賞与/有給休暇/社会保険完備/雇用保険/労災保険/健康保険/厚生年金

募集要項

仕事の内容主に大型トレーラーにて、名古屋港に揚がる海上コンテナの輸送、愛西市内の鉄工所から重量鉄骨製品を中部地方中心に配送を行います。
主にコンテナ輸送なので荷物に触ることがなく、女性でも長く続けられます。
運ぶもの名古屋港から海上コンテナ、愛西市内の鉄工所より大型鉄骨製品
運送範囲中距離(主に中部圏)
免許種類大型、けん引(玉掛)
勤務地本社営業所 海部郡飛島村
勤務時間7時30分~17時 (8時間、休憩90分)
給与日給月給 28万円~50万円
待遇賞与(年2回)、交通費、制服貸出
休日・休暇週休2日制 当社規定カレンダーによる
採用予定人数2名

応募方法

弘田運輸(株)の採用活動は、新卒採用サイトのリクナビやマイナビといった就職サイト、就活サイトには掲載されておらず、会社へ直接応募する形になります。

応募方法は、まず会社公式サイトの採用情報ページを開き、「採用のご応募はこちら」というバナーからエントリーします。
その後、採用担当者からの連絡があり、日時を決めて面接が行われ、後日、採用の可否が連絡されます。

まとめ

編集部
以上がコンテナ輸送事業を手掛ける弘田運輸(株)についての、会社概要や事業案内、採用情報などについてです。

50年もの長い間、名古屋港を拠点としているだけあり、名古屋港を知り尽くしたプロ達による、安心安全で専門的なコンテナ輸送が行われていることが分かりました。

会社の社風についても、社長のトップダウンや、パワハラがあるといったような古い運送会社的な悪い部分はなく、現在も社内の風通しを良くするための改革が続行されています。

トラックドライバーとして安心安全に働き、良い待遇も欲しいという方にとっては、非常におすすめの会社といえるでしょう。

会社概要

名称弘田運輸株式会社
所在地〒490-1444
愛知県海部郡飛島村木場二丁目32番地
設立1972年
代表代表取締役 弘田敏夫
資本金1,200万円
許認可登録Gマーク(安全性優良事業所)
認定番号2805262(本社営業所)
事業内容一般貨物自動車運送事業(許可番号名陸自第2214号)
自動車運送取扱業
荷役作業に関する事業
特定労働者派遣事業
資格者運行管理者資格(3名)
整備管理者資格(1名)
危険物取扱資格者(1名)
衛生管理者(1名)