ジールアスリートエージェンシー中途入社の社員に直撃インタビュー

ジールアスリートエージェンシー中途入社の社員に直撃インタビュー

今回はジールアスリートエージェンシーに中途入社した杉本様に「入社する前の気持ち」や「現在のやりがい」などを直撃インタビュー致しました。この記事を読めばジールアスリートエージェンシーの内部が更にわかると思います。

数ある企業のなかで、なぜジールアスリートエージェンシーを選んだのか

前職で人材業界の営業や人事をしていた頃、後に同じチームで働くこととなる仲間と知り合い、取締役の作野と会うことになりました。

事業内容は体育会の就職支援。私も大学まで体育会系の部活に所属しており、部活動と就職活動の両立がなかなかうまくいかない経験をしたので、その経験が活かせるビジネスだな。という印象を受けたのと同時に、当時設立2年目でこれから会社の土台を作っていくというところに魅力を感じました。

まさに自分の成長=会社の成長が実感できる企業という印象を受け、ここで自分のスキルを磨いてビジネスパーソンとして成功したいという思いで入社を決めました。

今はどんな業務を任されているのですか?また、やりがいは何ですか?

企業様と学生さんの架け橋となる様な仕事をしています。
具体的には企業様の求める人物像をヒアリングし、それにマッチする学生さんを説明会に招いたり人事担当者の方に推薦したりします。また、学生さんからの就活相談や、部活動の悩みなどを聞くことも多いです。部活動と就職活動との両立が難しい体育会学生が、気がかりなく就職活動に前向きに取り組めるようサポートをしています。
 
また、最近ではチームのマネジメントも任せてもらえるようになり、チームの数字も管理しております。自分自身の成長を感じられることはもちろんですが、自分が関わったチームメイトの成長を感じられるのもやりがいです。

そもそも転職を考えた理由はなんですか?

正直、転職は考えておりませんでした。強いて言うなら常々思っていたことで、「自分の市場価値を高めたかった」これが理由かなと思います。
 
元々自分自身、もっと多くのことを経験し、成長していきたいという考えがありました。その中で多くの人と出会い、自分がさらに成長できる環境を見つけてしまった。というのが正直な所です。

会社について会社の長所を3つあげてください

働いてる人が気持ちいい

仲良しこよしというわけではなく、入社時期、役職関係なく意見を言い合える関係。

新規事業など、手を上げれば任せてもらえる環境

それなりに責任も伴いますが、そのプレッシャーに打ち勝ち目標を達成した達成感は何にも代えられません。

ファイトする仲間とフィールド

社員全員が仕事だけではなく、自分自身に向き合ってると思います。また、自分の夢に近づける、を叶えることができるフィールドかなと思います。

社長の薮崎さんはどんな方ですか?

何事にも非常に熱く、何をするにも全力で、自分たち社員に対しても真正面からぶつかってくれて、心から信頼してます。
食事に連れて行っていただくことも多く、会食の場では今後こういう風になりたいということも受け止めてくれ、非常に自分たちのことを思ってくれているんだなと感じます。
 
今後は、「自分の成長→会社の拡大」を成し遂げて、自分を拾ってくれた薮崎さんに恩返しをしたいです。

今後の目標と自社のアピールを新卒や第二新卒の方にお願い致します

今後の目標としては年内にサブマネージャーになる事です。その為には今要求されている以上の結果を残す事だと考えています。年齢に関係なく積極的に前に出て、チームを引っ張っていく環境がジールにはあります。
 
また、これから転職を考えられる方は、職場選びのポイントとして、なりたい自分になれるかどうかを考えてみるといいと思います。自分の人生は誰かが作ってくれるものではありません。自分自身の耳で聞いて、目で確かめて、納得のいく転職活動をしてください。

ジールアスリートエージェンシー中途入社の社員に直撃インタビュー

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」