ベンチャー企業に就職したい!でもどんな人材を求めているの?

ベンチャー企業

ベンチャー企業に就職したいという考えの方が近年増加傾向にあるようですね。今回の特集ではベンチャー企業に就職したいと思っている方に向けた特集記事になります。そもそもみなさんはベンチャー企業がどういう定義かご存知でしょうか。よく勘違いされるのは「若い会社」「成長している会社」と言ったイメージの方も多いようです。そんなイメージのまま就職活動を行って入社されたら違った・・・というケースも出てきてしまうと思います。まずはそこの定義からご説明します。

ベンチャー企業の定義

ベンチャー企業の定義は以下のようになっています。「新技術・新事業を開発し、事業として発足させた企業」

もうお分かりですよね?若い会社だけではないんです。成長している会社というわけでもないです。大手企業ですと何年も前から存在するところがほとんどですが、ベンチャー企業というのは何か新しいサービスや商品をこの世にはまだ存在していない状態のときに開発して事業として会社を設立したときのことを大半は言います。

さてこのへんでベンチャー企業に就職することの何か重要さに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ベンチャー企業に就職って夢もあるがリスクもある!?

そうです!ベンチャー企業に就職することは夢もありますが、リスクもあることを必ず前提に考えておきましょう。
それではどんな夢があって、どんなリスクがあるのか以下に記載します。

ベンチャー企業に就職することでの夢

  • 新しいサービスが成功したときには給与が上がる可能性が高い
  • 企業が成長する過程を社員として体験できる
  • ビジネスの生み出し方を間近でみることができる
  • 将来ビジネスを自分で起こすときの参考になる
  • グループ会社の社長や事業部を持たせてもらえる可能性が高い

ベンチャー企業に就職することでのリスク

  • 新しいサービスが売れなかったときには倒産する可能性がある
  • 新規の法人は信用がないため融資を受けにくい
  • 営業活動でも新規の法人はなかなか受け入れてもらえない
  • ブランド力が世間に定着するまで時間がかかる
  • 給与が支払ってもらえない時期があるかもしれない

さて、あなたはベンチャー企業への就職をどう感じますか?この特集を読んでやっぱやめておこうかなっと思った方は筆者はやめえたほうがいいと思います。あくまで筆者の考え方です。上記にも記載しましたが、中途半端な覚悟でやれるほどベンチャー企業はあまくないです。もちろん有名な大手企業もそうですが、ブランド力がない会社の商材を売り歩くことは本当に努力とセンスが必要です。

ただし夢は本当にあります。大企業に勤めている筆者の友人は10年勤めていても現場の副店長です。年収も450万程です。しかし私はベンチャー企業に就職して約4年で年収700万を超えました。この差はベンチャー企業の夢であると言えるでしょう。

ベンチャー企業が求めている人材

上記でも記載しましたが、ベンチャー企業に就職するには夢もあれば、リスクもあります。しかし夢を追いかける人にとってはチャンスだらけな会社であることは間違いありません。
ベンチャー企業はどんな人材を求めているのか、これが全てではありませんが、特長を記載します。

  • 新たなことに常にチャレンジしたい人
  • 人の評価を待つのではなく評価を自分から獲得する人
  • 熱意がある人
  • とにかく稼ぎたい人
  • 自分の将来図を描いてある人
  • 他人に流されない人
  • 時間がない、余裕がないと言い訳してしまう人

上記に複数当てはまる人はベンチャー企業に就職しても頑張れる人の可能性があると思います。ベンチャー企業は会社を設立するまでに多額の開発投資をしているところもあります。つまりこれからこのサービスで売り出すぞ!という気持ちが前面に出ている会社が多いのです。そんななかに「ただ就職したい」「ただお金もらいたい」で入社してしまうとギャップを感じてしまうと思います。

まとめ

いかがでしょうか。この特集記事を読んだ方は今どのような気持ちになりましたか?ベンチャー企業に就職するということはある意味色々な覚悟を持っていくことが大事だと思います。筆者もベンチャー企業経験者です。これからベンチャー企業に就職したいという方々の少しでも参考になればと思います。ベンチャー希望の方は転職エージェントに登録すると断然就職活動に有利です。おすすめの転職エージェントを5社紹介していますので参考にしてください。

ベンチャー企業

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です