転職した後にわかる転職失敗ケース2つに共感者あり

転職で失敗すると思う理由は収入?雰囲気?失敗のケース例集

転職活動にはリスクがつきものです。必ずしも成功するケースばかりではなく、意外な失敗をしてしまったということもしばしばあります。一度転職すると、新たな不満が見つかってもすぐに転職を繰り返すわけにはいきません。あらかじめリスクを理解し、転職活動を行う必要があります。ここでは、よくある転職の失敗事例についてご紹介します。

転職で失敗ケース1-基本給の高さで失敗する

転職で失敗ケース1-基本給の高さで失敗する

基本給が高く、年収アップが望めるのではないかと考えて転職するケースもあります。しかし、基本給が高いだけでは、実際の年収が下がっている可能性も少なくありません。なぜ、このようなミスマッチが起きてしまうのでしょうか。

各種手当が少ない

現在の職場の資格手当はどの程度あるでしょうか。もしかすると、思いのほか手当が高いということもあるかもしれません。転職先の職場で同じくらいの手当が付くだろうと考えていると、予想より金額が少なく、現状よりも収入が下がってしまうという可能性もあります。

ボーナスが少ない

ボーナスは会社の業績に応じて支給されます。前年度の実績が良かったからといって、今年度支払われる保障はありません。転職先の基本給が高かったとしても、上の経営方針次第では巨額の投資があるために利益が少なくなっている可能性もあります。

職場によって待遇の差がある

同じ会社でも職場によって待遇に差があるケースも少なくありません。部署によっては従業員の採用を増やし、離職率を下げるために手厚い待遇を用意していることもあります。もし、それ以外の部署に配属されると給与が少なく、年収が下がってしまうことがあるのです。

残業代の支払いルールが特殊

現職で残業代が別途支給だった場合、状況によっては新たな職場で残業代が付かない可能性もあります。例えば、みなし残業が付いていたり、裁量労働制だったりすると、残業代の支払いについて特殊なルールになってしまうからです。事前に確認しておくとよいでしょう。

転職で失敗ケース2-職場の雰囲気やその他で失敗する

転職で失敗ケース2-職場の雰囲気やその他で失敗する

転職先の職場の雰囲気は事前に知ることができません。そこで、転職後に失敗してしまうケースもあります。どのようなミスマッチが起こるかを見てみましょう。

人間関係が険悪

職場の人間関係の良し悪しは、入社してすぐに気づかないこともしばしばあります。人間関係の悪さが原因で、職場内のミスマッチが起こるので、事前に情報収集しておくのがベストです。

残業時間が多い

データには掲載されていないものの、実は残業時間が多かったということも考えられます。この情報を知ることも簡単ではありません。実際に働き始めてみてからわかることも多いですが、連絡する時間帯や面接のタイミングなどで判断するのがよいでしょう。

通勤時間がかかる

思いのほか通勤時間がかかってしまうために、体感的には仕事が忙しくなってしまったというケースもあります。職場までの往復が大変ではないか、実際に転職する前に往来を試してからにするとよいでしょう。

やりがいがない

新しく転職した職場では、やりがいが感じられないというケースもしばしばあります。前職のほうが楽しく働けたということもあり、不満になってしまうケースもあるようです。現在働いている仕事は本当につまらないものなのか、自問自答をすることも大切です。

転職活動で失敗しないように確認できるところは確認しよう

今の職場に不満を感じているとき、必ずしも転職することが正解とは限りません。自分が勤めている会社の条件は、業界全体で見ても条件がよいという可能性もあります。給与ややりがいに不満があったとしても、自分の将来を決めることなので、転職すべきか否かは慎重に吟味しながら決定するようにしましょう。

転職で失敗すると思う理由は収入?雰囲気?失敗のケース例集

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」