採用面接で絶対に必要な5つのポイント

採用面接で絶対に必要な5つのポイント

就職活動や転職活動で必ず通るのが企業の人事担当による面接ですよね。今回はどの情報サイトにもない独自の面接対策に必要な5つのポイントをご紹介致します。企業の人事担当者は以外にもシンプルなとこをみていますよ。

面接は第一印象

対人コミュニケーションで重要な第一印象、それが定まる時間はおおむね最初の10秒と言われています。面接なら入室して着席するまでの挨拶の部分までというところです。ここまでの間にほとんどの人事面接は結果が出ていると言っても過言ではありません。この時点でNO!となった印象はなかなか挽回できません。いったん決まってしまった印象を覆すのは非常に大変です。礼儀作法など全て完璧にこなす必要はありませんが、基本は押さえておきましょう。

身だしなみ

企業に着いたらまずは見た目ですよね。面接する際には必ず清潔かどうか確認されますから。

  • ネクタイが曲がってないかどうか
  • 靴は汚れていないかどうか
  • ワイシャツはしわがないように
  • 髪型もしっかりと整えているかどうか

上記は最低でも必ず確認されます。とくに意外とみなさん無頓着なのがです。一番足元だから見られないだろうと思っていると大きな失敗です。ほとんどの官面接がみます!注意しましょう。

相手の目をみて会話すること

これは意外とみなさんしていないことが多いです。相手の目、またはネクタイの結び目を見ましょう。目を合わせるのがどうしても難しいのであれば、相手の目の少し下を意識してください。視線が定まっていないと、「自信がない人」という印象を与えかねません。相手の目を見ることが「話を聞いていますよ」というサインになり、面接官に「真剣に話を聞く、誠実な人」という印象を与えられます。

会話の中で頭がフラフラ、目線もフラフラしているようだと、どんなに見た目がよくても一発アウトです。社会人は人柄で商売することもありますので大切ですよね。

会話の軸がはっきりとあること

これは一番大事だと思います。当サイトの「転職して年収が上がった営業マンが語る年収アップの秘訣とは」にて軸のある目標について話しておりますが、今までの人生がどんな人生だったのか語れないといけない場面が出てきます。そのときに話の軸がなかったら「君は今までなにをしたかった人生なの?」「何を目標にしてきたの?」と不信感だらけになってしまうのです。このような印象になってしまうと挽回することは不可能に等しいと思います。つまり何か自分の人生や今後の目標について話すときは「なぜこの目標にしたのか」「なぜこの行動をとったのか」を明確に語れれば大丈夫ということです。

自分が入社したらこんなメリットがあると語れる

なかなか勇気がいることですが、自分が入社したら企業にとってはこんな良いことがありますよと語ってしまいましょう!もちろん嘘はいけません、根拠のあることを自分の長所と混ぜて話すことが大切です。

例えば「私が前職で作ってきた人脈は貴社の商品を更に効率よく販促できる必須のツールになります!」と会話の中で自信いっぱいに話しましょう。その理由も混ぜて話していけば企業側は、採用後の想像ができるようになり結果的に会社の今後の展望まで想像できるようになります。

とにかく企業側は「今後この人を採用するとどんなことがあるのか」「売り上げはあがえるのかどうか」という目線で入ってきます。その疑問に少しでも刺さる会話ができないとただ時間の無駄になってしまうのです。

最後のひと押し!

これは人事担当者によるみたいですが、採用面接の最後に必ず「この会社で絶対に働きたい」という姿勢を出しましょう。ここで勘違いしてはいけないのが「大声でアピールしろ」ではないということです。採用面接も最後の方は確認作業のようなもので大半の企業は終盤時点では結果が出ているか、少し迷いがあるかどちらかです。その迷いの可能性も割合が少しでも採用OK側だった場合はひと押しで決着がつきます。もしNG側の考えだったとしたら少しはOK側になるでしょう。無駄なことは一切ありません。その際は中途半端にしないでとにかく「はっきりと短めに」言うことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の特集では採用面接で絶対に必要な5つのポイントということで執筆させていただきました。基本的なことしか実際は書いていませんが、一番大事なポイントです。上記5項目ができていない人はほとんど内定などでないと言って良いでしょう。ぜひ参考にして採用面接に挑んでください。

採用面接で絶対に必要な5つのポイント

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です