フリーターから正社員を目指すためのポイントとは:第二新卒の転職

第二新卒がフリーターから正社員を目指すためのポイントとは

もちろんアルバイトでも、最終学歴終了後3年以内であれば第二新卒として転職活動が行えます。しかしアルバイトからの就職活動では、注意しておきたい部分も幾つかありますので、ここではフリーターから正社員を目指すために気をつけるポイントを挙げていきます。

フリーターに問われるのはやる気である

第二新卒のフリーターに問われるのはやる気である

第二新卒ならば、正社員であってもアルバイトであっても、同様に転職活動ができます。ただし、企業側の受ける印象は異なりますし、アルバイトから正社員になるとなればなおさらです。

まずアルバイトとしての職歴はあまり評価されないという点は理解してください。正社員であれば一通りのビジネスマナーなどを研修で学んでいると期待されます。しかしアルバイトの場合は、与えられた作業に関する最低限必要の研修しか受けていないと捉えられるからです。体系づけた教育を受けていないという点では、新卒と同じように扱われることが多くなります。

しかし実務経験を積んでいるのは確かな事実です。仕事に対する意識は新卒よりも高いはずですから、その点を踏まえてやる気を強くアピールすることが大切です。基本的に求められているのはやる気とポテンシャルです。その点において新卒よりも能力が高いことを、いかに伝えられるかが就活時のポイントになります。

具体的には、アルバイトでの経験から得た、仕事に取り組む上で大切に考えてきたことを、企業側に強く伝えるのが効果的です。効率良く仕事を進めるために工夫したことや、経験を通して学んだことを具体的にアピールするのが良いでしょう。あくまでも具体的な形で、これから取り組む仕事に関しての意気込みを伝えることが必要ということです。

フリーターとして働いていた理由を上手く伝える方法

フリーターとして働いていた理由を上手く伝える方法

新卒者が就職せずにフリーターとなる理由としては、単に内定が取れなかった場合と、何かしらの目的があった場合のいずれかである事が多くなっています。第二新卒を採用する企業はやる気のある新人を必要としていますので、フリーターとなった理由を述べる際にも、あなたのやる気を強くアピールし前向きな印象を与えることが有効です。

具体的には、どうしてもやりたいことがあったこと、そのためにアルバイトという形態を選ぶ必要があったことなどです。あるいは自分が何をしたいのか、じっくりと考える時間が必要だったというのも意味のある理由となります。もちろん正社員を目指す際には、面接を受ける時点でその答えが出ていることが大前提となります。

具体的に面接で聞かれるのは、フリーターを辞めて就職しようと判断した理由です。そこに明確な答えがなければ、採用される可能性は限りなく低くなると思ってください。そこではフリーターを続けながらどのように自分を分析したのか、何をしたいと考えるようになったのかを語る必要があります。その結論に至った経緯も含めて、相手を納得させられる形のアピールが必要です。このとき、話の組み立てが上手くいけば論理的思考力の高さを印象づけることにもつながります。フリーターから正社員への転職時にはとても重要なポイントですので、手を抜くこと無くしっかりと考えてください。

フリーターから正社員への就活では、志望動機に説得力を持たせることが重要です

フリーターから正社員への就活では、志望動機に説得力を持たせることが重要です

フリーターから正社員へと転職するのは、実際のところかなりハードルの高いものです。しかし場合によっては、フリーターをしていたことがプラスに働くこともあります。また、それを活かせるかどうかは志望動機のアピールにかかっています。

一度就職して数年で辞めているということは、同じようにすぐ辞めてしまうのではないかという部分を危惧されます。その点、フリーターは正社員としては就職していませんが、アルバイトの形で仕事を経験しています。ここを上手く活かせばプラスの印象を与えることが可能です。

つまり、アルバイト生活の中で感じた仕事に対する意気込みや自分自身の課題、これから目指したいことを面接時に伝えた上で、それがこの会社であれば実現できるとアピールするわけです。

志望動機として最も有効なのは、「この会社でなければならない理由」を添えることです。この会社でどんな取り組みができるのか、自分自身の強みを活かせるのかを語ることが大切です。その上で、どんな貢献ができるのかを具体的にアピールできばさらに好印象を与えることが可能です。これはむしろ一度退職していることが、より説得力のある志望動機となる可能性があります。

まとめ

フリーターとして働いていた方が正社員へ転職するのは、現実的にはなかなかに難しいものです。しかしフリーターだからこそアピールできることもあるのです。あなたにしかない強みを生かせるように、綿密な準備を行って面接に臨むことが大切です。

第二新卒がフリーターから正社員を目指すためのポイントとは

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」