株式会社ヴィヴィット|山田俊太郎社長インタビュー|採用・評判情報

株式会社ヴィヴィット|山田俊太郎社長インタビュー|採用・評判情報

株式会社ヴィヴィット様を取材させていただきました。上野に本社を構える株式会社ヴィヴィットは従業員12名のメディア運営やアプリ開発を行っている企業です。今回はヴィヴィットの事業内容はもちろんのこと、ヴィヴィット設立の経緯や社長の会社への気持ち、採用情報までジョブアピでしか知ることができない情報をインタビューしております。

株式会社ヴィヴィットの3つの事業を紹介!

株式会社ヴィヴィットの事業は3つあります。この3つの事業を今後も成長させることがヴィヴィットの軸となります。

ポイントメディア運営事業

1つ目はポイントサイトの運営事業です。業務としては、プロモーション、サイト設計、代理店との案件の調整、CS対応、換金処理etc、お客様により使いやすく、貯めやすいサイト設計を行っております。BtoCのサービスになるので、お客様との距離が近いのも特徴です。

広告事業

クライアント様のサービスを広めるお手伝いをするお仕事です。Webの広告に特化しています。Webの広告と言ってもSEO、ブランディング、オウンドメディア、企画提案、インフルエンサーマーケなど、様々なジャンルがありますが、ヴィヴィットでは、SNSの広告運用をメインに行っております。クライアント様一社一社、広告の訴求の仕方は異なります。一つ一つを丁寧に攻略していくスタイルです。

web制作事業

企業のコーポレートページ、アプリデザイン、DTP、LP制作、wordpressを活用したウェブサイト、LINEスタンプなど様々なジャンルに対応しております。

ヴィヴィットの経営理念

  1. お客様のライフスタイルをより良いものにするコンテンツの追求。
  2. 社員一人一人の成長、また社員同士の成長をも心から望み、実現への道を描き続ける。
  3. 取り組んだ業界ではトップに君臨することを目指す。
  4. 自己実現を達成するための最大限役に立つ現場環境を目指す。

ヴィヴィット設立の経緯-山田俊太郎社長に聞いてみた!

ヴィヴィット設立の経緯-山田俊太郎社長に聞いてみた!

ヴィヴィットの代表取締役である山田俊太郎社長に設立の経緯を教えてもらいました。

「将来自由に生きてやりたいことをやれる人間になりたいな~」と、なんとなくな将来像を描いていた10代でした。とは言え、それってどうすればなれるんだという危機感も覚えている時期でした。

そんななかIT企業のサイバーエージェント藤田社長や、ライブドアグループのホリエモンなどがメディアに露出されるたびに、「この人達はなんだか面白そうだな」と、思うようになりました。ああいう方たちってやっぱり自分の価値観と全然違うことをたくさんしていて、本やテレビで見ているだけでも凄い良い刺激を受けていたと思います。

そういう人達を見ているうちに、「やりたいことを自由にやれるポジションって社長だよな。ただ社長になるためには、どうすれば良いんだろうな。」→「社長に似たポジションを学生のうちに経験できないか」という発想になりました。「学生だけど、社長に似たポジション。インターンで事業責任者とか出来ないかな??」そんな今でも有るんですかね。当時はちょっとでも、他の人よりも良い機会に恵まれて成長したいなっていう気持ちが凄い強かったです。

当時のネオキャリアのインターン情報サイトにベンチャー企業のインターンの求人とかってあるじゃないですか。そこに一軒一軒電話をかけまくって、「事業責任者のようなポジションさせてもらえませんか?」と電話を書けまくっていきました。今思えばかなり無謀なやつでしたね。結果新宿のベンチャー企業でインターンをすることになり、営業大会の企画運営などを行いました。直感的に「ビジネスって面白い!」っていうことを凄く感じた期間でした。そこから、チャンスを探すようになり起業のきっかけを掴んでいきました。

 

ヴィヴィットの山田俊太郎社長が考える会社への想い

経営理念にもあるように、良いサービスを作りたいという想いでやっています。お客さんがそのサービスを使って、凄い面白い!とか、本当にためになった!とか。そういう声を集めまくりたいんです。

創業2年目で運営していたメディアからお客様から多数の「ありがとう」の声や、「運営を頑張ってください!」などの激励など。その当時2名でやっていた会社だったのですが、凄い嬉しかったんですね。だって、自分らで作った我が子も同然なサービスがお客様に喜んで使ってくれるわけですからそれはうれしいですよね!

その時はまだ従業員1名と私一人でしたが、それを、もっともっと大人数でできたらめちゃくちゃおもしろいんじゃないかなっていう。そういった「場」だったり「チーム」を広げていきたいなっていうのが今の会社をやっていてモチベイトされている部分です。

それと、「仕事」っていうことに対するスタンスですが、基本的に3つのポイントが三面等価になっている必要があるのかなって考えています。

  1. 「成長して、報酬は高いけど、やりがいがない会社」
    長く続かないと思います。やっぱり自分が楽しいって思う仕事をしたいですよね。
  2. 「成長はできるし、凄くやりたい仕事だけど、報酬が安い会社」
    それなりの見合った対価は必要だと思います。安く人を使おうっていう会社は今はやはり減ってきているんじゃないでしょうか。
  3. 「成長はなかなかできないけど、やりがいがあってと報酬が高い会社」
    そんな会社はあるのかって思いますよね。

やはり、この3つがバランス良くある会社は働きやすい会社なのかなってつくづく思っています。まだまだ、ですがそういったことを意識した会社作りをイメージしています。

ヴィヴィットの採用情報

ヴィヴィットの採用情報の画像
編集部
ここからは株式会社ヴィヴィットの採用情報についてインタビューさせていただきました。Webディレクターやデザイナーなどを募集しているので、ヴィヴィットに興味がある方はここでしか得ることができない特別な採用情報を得ることができます。

採用活動を行う背景

大きなプロジェクトを動かす際は、強いチーム(=個の力)が非常に大事だと考えております。一人ひとりがビジネスで活躍する現場を作るためにはどうしたら良いのかということを考えて、私が行き着いたところがやる気のある若いメンバーに0→1の事業を任せることです。

早い段階で事業を任されることで、早いスピードでの成長ができると考えています。新規事業をやるということは、ベンチャー企業なので、当たり前のことなのですが、会社にとっても人の成長にとっても良い形になると考えています。

採用活動をする背景としては、既存の事業の拡大を図るとともに、新規事業を行っていくメンバーを集めているという意味合いが非常に大きいです。

ヴィヴィットが求める人物像は?

弊社が求めている人材は以下のような方々です。

  • 事業のゼロから立ち上げてみたい人。
  • パワーが有り余っている人。
  • 最高のチーム(会社)を作っていきたい人。
  • チャレンジ精神が旺盛な人。
  • 人との交流が好きな人。
  • 限界突破体験が有る人。
  • 人よりも100倍も200倍も人生楽しみたい人!

逆にこのような人は向かないと思います。

  • 人と違うことをやることが苦手な人。
  • 人並み(もしくは、人より少し上くらい)に成長していきたい人。
  • 人の愚痴をついつい言ってしまう人。
  • ビジネスとプライベートを完全に分けたい人。
  • 成長が嫌いな人。

転職ってその人にとって一大イベントだと思うんですね。なので、ヴィヴィットとしても採用活動を行っていて手は抜けません。本当にこのページを見てもらって申込みをして貰う場合には、ヴィヴィットが転職中の理想の会社NO.1っていう風な状態になっていて欲しいので、この条件をみてもらって、ご自身と合うかどうかを見てもらえると嬉しいです。(少し上から目線になってしまい申し訳無いです)

ヴィヴィットで働くメリットは?

とにかく0→1の経験をつめます。新しい企画をドシドシやっていきたいと考えています。

自分で事業を回したい!将来起業したい!人の倍以上の成長を積んでいきたい人!そういう人は良いと思います。やりたい人、できる人に関しては裁量をどんどん渡していく予定です。もちろん、数字を出すというのは大事なので、まずは既存の事業で結果を残すというのが最優先です。

また、弊社が現状抱えている課題もまとめておきます。

  • 0→1を達成出来ているメンバーは少ない。
  • 教育の流れが確立していない。
  • 鉄板パターンが決まっていない。
  • 事業が不安定。
  • 仕事に対して子供っぽい=ルールがキッチリしていない。

このようなことは社長の私自身も悩んでいることですが、是非ヴィヴィットの成長ともに改善して良い会社を作っていけたらと考えております。

ヴィヴィットではどのような人が活躍している?

2017年4月時点のメンバー数は12名です。

  • 制作開発:ビジネス:経理= 1名:10名:1名。
  • 男性:女性 = 11名 : 1名
  • パパ/ママ = 2名
  • 平均年齢29.3歳
  • プロフェッショナルとして働くメンバー = 12名

活躍しているメンバーはやはり窮地に陥った時に「こんにゃろ!」って言って踏ん張れる人だと思います。崖から落ちて這い上がる時っていうのが、一番成長するもんだと思いますので。ヴィヴィットはそういう意味で崖は多いですね(笑)ただ、そこを前向きに取り組むっていう力は生きていくためには必要なのかなと。

ヴィヴィットではどのようなスキルが身につく?

お客様を見せたいページを見せてサービスを利用して頂くための、「導線を引く力」は極端につくと思います。サイト設計、UI設計、LP作成とかっていう領域だと思います。大きなプロジェクトを動かしていく場合でも、エンドユーザーの動きを知らずには出来ないと思っております。

ヴィヴィットから求職者へ一言

何かを成し遂げたいアツい人は是非遊びに来て下さい。まだまだ、成長の途中にある会社ですが、一緒に盛り上げて楽しんでいきましょう!

会社概要

会社名株式会社ヴィヴィット
代表名山田俊太郎
本社所在地〒110-0015
東京都台東区東上野3-15-12 野本ビル4F
設立平成21年 7月27日
従業員数12名(平成27年3月末日現在)
資本金1,000万円
株式会社ヴィヴィット|山田俊太郎社長インタビュー|採用・評判情報

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」