ヴァルハラプライベートクラブ

ヴァルハラプライベートクラブの会社概要とサービス概要についてご紹介します。今回はPR記事ということでサービスなどの情報を公開しています。資産サービスに特化したクラブとして長きにわたり、一貫してお客様のニーズに沿った先進的サービスと 商品の開発をしてきた企業です。

ヴァルハラプライベートクラブとは

ヴァルハラプライベートクラブとは

ヴァルハラプライベートクラブは、アメリカ合衆国イリノイ州に本社を置くブルタン Co., Ltd(英文社名:Bruton Co.,Ltd.)が運営する資産運用プライベートクラブです。シンガポールに支社を持ち、最高経営責任者(CEO)はChloe Wilsonが務めております。

ヴァルハラプライベートクラブの歴史

1991年にアメリカ合衆国シカゴにてブルタン社を設立後、1991年には個人投資家向け株式投資コンテンツマーケット情報配信システムを開発し、個人投資家の皆様に向けて情報を配信してまいりました。

その後、1996年にヘッジファンドと裁定取引システムを共同開発し、2000年には銀行、証券会社向け裁定取引システムを開発しており、そのノウハウを蓄積してまいりました。

2008年にはヴァルハラプライベートクラブUSAを、2012年にはヴァルハラプライベートクラブシンガポールを開設し着実に世界展開を進めております。今後は2018年にヴァルハラプライベートバンクUSA、2019年にヴァルハラプライベートバンクシンガポールを開設予定です。

ヴァルハラフィナンシャルサービス

当社の販売商品であるヴァルハラフィナンシャルサービスについてご説明します。

ヴァルハラプライベートクラブ独自の投資信託を活用した資産運用サービスで、主に、国内株式投資、M&A(企業投資)、ヘッジファンド、プライベートバンク、不動産投資信託、国内外債券から構成されております。

このヴァルハラフィナンシャルサービスを提供するために当社独自の『ヴァルハラ金融システム』を構築しております。これはヴァルハラプライベートクラブが1991年から独自に開発を進める金融システムで、MTS(マイクロトレードシステム)と呼ばれるマーケットの変化に瞬時に反応し、発注を行うことを目的とした高速のシステムを搭載しております。個人投資家、ヘッジファンドに向けた独自のシステムも開発が進んでおり、ヴァルハラプライベートクラブのサービスの根幹を成すシステムになります。

ヴァルハラプライベートバンク設立の計画

この他にヴァルハラプライベートクラブでは2018年に世界のヘッジファンドやプライベートバンクのノウハウをひとつまとめ、グローバルな運用ノウハウと資産管理プランを提供するため「ヴァルハラプライベートクバンク」の設立を予定しております。この「ヴァルハラプライベートバンク」では個人では難しい長期で複雑な資産計画を専任の担当者がサポートすることで、その資産価値を最大限にする取り組みを行う予定です。

会社概要

社名ブルタン Co., Ltd
アメリカ本社111 South Wacker, 111 S Wacker Dr, Chicago,Illinois 60606 USA
シンガポール支社105 Cecil St, The Octagon, Downtown Core, Singapore 069534
CEOChloe Wilson
サービスヴァルハラプライベートクラブ

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」