母と子の上田病院の評判を取材!無痛分娩や上田院長情報/採用/人気の理由

アピール企業
編集部
母と子の上田病院は、名前の通り、産婦人科と小児科を持つお母さんとお子さんのための病院です。

1948年の創業以来、約3万人もの新生児の誕生に立ち会ってきました。

安心安全の出産をするならば母と子の上田病院が一番!と三世代でお世話になっている患者さんもいるようです。

そんな母と子の上田病院の歴史とは?他の病院とは一体どこが違うの?
社員に直接インタビューしてきました。

本記事は母と子の上田病院の社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

母と子の上田病院とは

母と子の上田病院の受付カウンター

受付カウンター

母と子の上田病院担当者様
母と子の上田病院は、神戸市中央区にある産婦人科と小児科です。

両者がしっかり連携することで、妊婦さんや出産後のお母様方はもちろん、生後間もない赤ちゃんの安全処置や、お子様が成人するまでの身体や心のケアまでトータルでサポートしております。

明るい雰囲気の院内、高品質の医療を提供するため協力するチーム体制など、新たな命の誕生をより幸福な瞬間にできるようスタッフ一丸となってケアいたします。

安心安全のお産を望む方はぜひご来院ください。

歴史

母と子の上田病院担当者様
1948年、創業者である上田太が八雲通り1丁目に産婦人科診療所を開設。現在の母と子の上田病院の基礎を築きました。

1966年に増床により診療所から病院となった当院は、1978年に小児科を併設。1995年の阪神淡路大震災の際は病院も大きな被害を受けましたが、のちに復興しました。

2002年に法人化し、医療法人社団直太会「上田病院」となります。

2012年には新病院をグランドオープン。この時に病院名が「母と子の上田病院」に改称されました。

現在は、5代目院長上田大介の下、スタッフ一丸となって患者様の妊娠・出産・育児をトータルでサポートしております。

お客様対応の心得

母と子の上田病院担当者様
母と子の上田病院では、医師やコメディカル(医療従事者)本位ではなく、患者様のニーズにいかに応えることができるかを常に念頭に置いています。

治療方針を決めるときのインフォームドコンセントはもちろん、スタッフが迷った時にはいつも「それは患者様のためになるのか」と立ち返るので、上司や同僚が同じ目線で理解し合い、患者様にも統一した対応ができると思っています。

また、100%安全な医療を提供するのと同レベルで、100%のホスピタリティを提供する努力をしています。

患者様には、安心して安全な医療を心地よく受けていただきたいと思っております。

人気の産婦人科になった理由

母と子の上田病院のキッズルーム

キッズルーム

母と子の上田病院担当者様
「患者様中心の医療」を貫いてきたことが認められたと考えています。

今年開業70年を迎えますが、歴代の院長はじめスタッフが、時間帯や内容を問わず患者様とご家族様の声を聞きつづけてきたことが、今の評価を生んだと思います。近隣の皆様が親子代々にわたってお越しくださるのも、その結果でしょう。

また、母と子の上田病院は小児科を併設しています。出生直後の新生児の安全管理、入院中の時期を逃さない診察、退院後の一週間健診、一ヵ月健診、一歳児健診とお誕生日会など、出産だけでなくその後のつながりが深いこともリピーターを作る一因ではないでしょうか。

最近は、年に1度「母と子のふれあいフェスタ」を開催し、さらに長いつながりを持てるよう努力しています。

診療としては、6年前より無痛分娩を本格的に開始したことが、今を生きる女性の声にタイムリーに反応できたと思っています。

宣伝は苦手ですが、とにかく「それは患者様のためになるのか」を考え、スタッフのホスピタリティを持続・向上させることに取り組んでおります。

無痛分娩の秘密

新生児の手を握る母の手
母と子の上田病院担当者様
6年前に本格的に開始し、現在は3名の医師が無痛分娩を管理しています。

基本的に24時間365日対応する心構えです。現在は年間約500人の赤ちゃんが当院の無痛分娩で誕生しています。

当院の無痛分娩は、とにかく痛みを除去するのが基本的なスタンスです。安全第一で薬剤の種類、量を検討し、それを使う助産師の技術的・精神的能力を高める教育を厳しく行っています。

医学的に(痛みにより母体のリスクが上がるような)無痛分娩が好ましい方もいますので、そのような方は母と子の上田病院を選んでいただくことも多いと思います。

陣痛を体験したことのある経産婦さんが選択することも多く半数を占めます。

あとは、高齢初産や産後に支援者がいないという場合に、体力温存のために選んだという声も多く聞きます。

陣痛の痛みを母になるための試練として受け入れてきた歴史の中、昨今の女性が抱える核家族や社会復帰といった諸問題は、母としての愛は陣痛有りきではないことを感じます。

無痛分娩は今母親になろうとする女性に不可欠な事のひとつだと感じています。

院長の人柄と経歴

上田大介院長
母と子の上田病院担当者様
院長の上田大介は、兵庫県立兵庫高校出身。

2003年に帝京大学卒業後、兵庫医科大学病院麻酔科、大阪府立母子保健総合医療センター麻酔科にて研修を受けました。

その後、産婦人科医師として、神戸大学病院、兵庫県立こども病院、神戸医療センター、兵庫県立淡路医療センターを経て2011年8月より母と子の上田病院へ赴任。

2015年4月より病院長となりました。

麻酔科標榜医の資格も取得しており、産科麻酔が専門です。母と子の上田病院でも年間約500件の無痛分娩に立ち会っています

現在、母と子の上田病院での無痛分娩数はトータル2,000件超。人柄は素直・冷静沈着で、職員からも慕われています。

採用情報

募集職種

母と子の上田病院担当者様
母と子の上田病院では、現在、以下の職種を募集しております。

常勤

病棟ナースアシスタント、助産師、病棟・ベビー室看護師、医療事務、外来助産師・看護師、外来ナースアシスタント

パート

産婦人科医師(非常勤、女性のみ)、病棟・ベビー室看護師、病棟ナースアシスタント、外来看護師、医療事務、外来ナースアシスタント、ベビー室、LDRナースアシスタント(資格不要)

入社のメリット

母と子の上田病院担当者様
年間分娩件数は約2,000件となっており、関西でもトップレベルの出産数です。そのため、周産期の経験は必然的に習得できます。

小児科外来、産婦人科外来も連日多数の患者様がお越しになり、助産師を志す看護師は増加。実際に母と子の上田病院に就職後、助産師免許を取得する看護師も多数存在します。

放射線技師、臨床検査技師が胎児エコーを行っていることもあり、胎児エコーの免許も取得可能です。

平均年収・平均勤続年数・福利厚生

母と子の上田病院担当者様
  • 平均年収:職種によって異なりますが、他の施設より高額だと思います。
  • 平均勤続年数:職種によって異なります。
  • 福利厚生:梅雨時期にボーリング大会、夏には暑気払いとしてビールパーティ-、忘年会では豪華賞品のビンゴ大会、冬には日帰りバス旅行(カニやフグ等豪華食事付き)など年間を通じて様々な社内イベントがあります。また阪神タイガース年間シートを購入し、職員に分配しています。

採用面接で重要視するポイント

母と子の上田病院担当者様
採用面接では、服装や言葉使いにお気をつけください。病院勤務のため、清潔感があるかどうかチェックします。

ほかにも、他人の気持ちを考えられる優しい人材か?体力・気力はあるか? 周産期に興味があるか?など確認していきます。

社員の評判Q&A(中途社員編①)

編集部
実際に働いている社員の方にインタビューしてきました。
母と子の上田病院の看護部に平成29年4月中途入社した、川口様からの評判」です。

Q1.入社のきっかけを教えてください。

中途入社川口様
もともとは看護とはかけ離れた別の仕事をしていました。自分の妊娠・出産を機に、助産師という仕事に憧れ、看護助手や介護などの仕事をして、看護・助産学校に入学しました。

30歳を超えてからのスタートでしたので、いち早く実践能力のある助産師として働きたいと思っていました。

関西で分娩件数の多い病院を検索していたところ、母と子の上田病院が群を抜いて多いと知りました。

ホームページをみてみると、ホテルのような内装で、正直驚きました。自分自身が出産を経験していたこともあり、こんなに綺麗な病院でケアを受けられたら幸せだろうな、という印象でした。

以前から、患者様の気持ちを『察する』助産師になりたいと思っていたところ、ホームページの看護師長のコメントに全く同じことが書かれており、共感し面接を受けることを決めました。

面接時には、看護師長のケアに対する考えを知り、こんな助産師になりたいという目標ができた瞬間でもあります。

また、実際に病院見学の際には、看護師だけでなく病院で会うスタッフに、笑顔で対応してもらったことで、私もこの病院の一スタッフとして働きたいという気持ちが増しました。

さらに、開院70年と歴史の長い病院で、先生やスタッフがアットホームであることもこの病院の素敵な一面だと思います。

Q2.実際に働いてみての感想は?

中途入社川口様
分娩件数が多いので毎日の受け持ちも多く、最初は驚きました。

一緒に働いている助産・看護スタッフだけでなく、他のスタッフと共に声を掛け合いながら協力して円滑にケアができるように日々を過ごしています。

Q3.毎日働く上でのモチベーションは何ですか?

中途入社川口様
患者様が赤ちゃんを愛おしそうに見る姿ですね。その姿をもっとみたいと自分のモチベーションになっています。

Q4.最後に就活中の方にメッセージをお願いします。

中途入社川口様
母と子の上田病院は、ベビーのケアや産褥(さんじょく)・妊婦のケアを中心に活躍し、産科ナースとして働ける数少ない病院だと思います。

病院理念の『患者中心の医療』は、専門職としての知識や価値観を患者様に押し付けすぎないようにするということかと思っています。

全ての中心は患者様で、スタッフはそれをサポートするための黒子。患者様1人1人のニーズに応えられるようにするにはどうすればいいのか、一緒に考えて、一緒に働きたいです。

そして、お母さんと赤ちゃん、ご家族が幸せと思える環境を一緒につくっていける仲間が増えてくれると嬉しいです。

社員の評判Q&A(中途社員編①)

編集部
続いて、
母と子の上田病院の看護部に平成28年4月中途入社した、辻様からの評判」です。

Q1.入社しようと思ったきっかけは?

中途入社辻様
全国規模でもトップを争う分娩件数であり、たくさんのお産を取り上げることができ、助産師としての経験を積めると思ったからです。

また、患者様からの評判も良く、神戸の産科といえば母と子の上田病院といっても過言ではないほど有名な病院だと思います。

Q2.実際に入社してみてどうでしたか?

中途入社辻様
自分のやりたいと思っていたこと、主にお産をたくさん取りあげたいということを経験できました。

入職して2年間で約250件のお産に立会わせていただくことができました。

ただ件数をこなすだけでなく、「こうしたらもっと良かったのでは……」、「こういう時はこうするといいのか」など経験を通し日々勉強させていただいています。

また、母と子の上田病院では無痛分娩も行っているため、無痛分娩の勉強もできています。

Q3.入社前と入社後で感じたギャップはありますか?

中途入社辻様
入職前まではあまり知らなかったのですが、母と子の上田病院では看護師や助産師の他にもたくさんの職種があり、業務を分担しています。

例えば、ゲストセクレタリーは、患者様の様々なイベント(お食事会やエステなど)の日程の調整を行ったり、患者様や家族の方へ病院案内をしたり、部屋の不備があった時は迅速に対処したりと、患者様がより良い入院生活を送れるように調整してくれています。

またアシスタントは、病室やLDRの掃除、器具の洗浄等を丁寧に行ってくれて、夜勤の際もメンバーの一人として一緒に働いています。そのおかげでどんなに忙しい夜勤でも、看護業務、助産業務に集中することができています。

Q4.待遇面や評価制度は満足していますか?

中途入社辻様
待遇面では、分娩手当というものがあり、分娩件数に応じて多少変動があります。忙しかった月はそれだけ手当も多くなるので気持ち的に頑張れます。

評価面では、毎年2回春と秋に主任と面談を行い、自分の目標や達成度を確認します。できていること、できていないことを自分でも認めるいいきっかけになり、次回への課題を明確にできます。

Q5.ほかにも、病院の長所がありましたら教えてください。

中途入社辻様
残業はほとんどありません。

“分娩件数が多い=とても忙しい”というイメージがあり残業は覚悟していました。転職活動での面接時にも、そのことが気になり質問しましたが、「残業はほとんどないです。だらだらと仕事をせず、就業時間内に終わるよう努力してもらっています」という返答でした。

実際に働いてみて、確かにとても忙しい日はありますが、言われていたとおり、残業はほぼありません。オンとオフのメリハリをつけ、就業時間内は全力で働き、全員が協力し合い、きちんと定時で帰っています。

そのため、日勤後でも、友達とご飯に行ったりと、プライベートも充実させることができています。

また、院内のイベント(歓迎会や忘年会、球技大会、社員旅行など)の内容が充実しており、毎回楽しく参加させてもらっています。普段はあまり関わりのない職種の人達とも関わるきっかけになり、より働きやすい環境づくりになっていると思います。

Q6.最後に就活中の方にメッセージをお願いします!

中途入社辻様
『母と子の上田病院』という名前の通り、母と子のことを第一に考え、思いやりを持って接することのできる人に入職してもらいたいです。

特に産後は精神的にブルーになりやすい時期です。身体的には、どれだけ安産であったとしても、完全に体力が回復している訳ではありません。それに加え、産後すぐに慣れない赤ちゃんのお世話も始まり、疲れていたり寝不足だったりしています。

母と子の上田病院では、母児同室を推奨していて、基本的には24時間赤ちゃんと過ごしてもらっていますが、精神的・身体的に辛いと訴えるお母さんも少なくありません。

そういった時に、ねぎらいの言葉をかけたり、お母さんがどうして欲しいのか気持ちを汲み取り、声掛けができることは大切だと思います。

産婦の希望に添えるよう一緒に考えながら安全第一で業務を行っていきましょう。

まとめ

編集部
母と子の上田病院は関西でも随一の分娩件数を誇る産婦人科です。

その人気の理由は徹底的な患者主義

どうしたら患者様に喜んでもらえるか?安心してお産に臨んでもらえるか?スタッフ一同真剣に考えている様子が伝わってきました。

母親だけでなく、家族にとっても一大イベントである出産。

新生児の誕生という記念すべき日をあなたも母と子の上田病院のスタッフの一員として祝福してみてはいかがでしょうか。

会社概要

名称医療法人社団 直太会 母と子の上田病院
所在地〒651-0066 神戸市中央区国香通1-1-4
理事長上田 達郎
院長上田 大介
診療科目産婦人科・小児科・麻酔科
病床数一般 57床
医師数産婦人科:6名 小児科:5名 麻酔科:3名