市民住まい向上委員会って?講座/セミナー/社長について社員に取材!

市民住まい向上委員会サイト画面 取材企業記事一覧
編集部

市民住まい向上委員会は、安全・安心な暮らしと住まいのために、啓発活動やセミナー、イベント、相談会なども行っている団体です。

「具体的な事業内容は?」「どういったセミナーを開催しているの?」といった疑問を、市民住まい向上委員会の社員の方にインタビューしてきました!

外壁工事や防犯・防災に興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

本記事は市民住まい向上委員会の社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

市民住まい向上委員会の活動とは?

市民住まい向上委員会のイメージ
市民住まい向上委員会担当者
市民住まい向上委員会は、安全で安心して暮らすことができる住まいの実現を目的に設立いたしました。

安全で安心して暮らすことができる住まいとは、防犯・防災・快適性の3つを兼ね備えた住まいと考えます。

  1. 住まいの防犯とは、空き巣などの侵入盗犯罪に遭わない住まいづくりや、安心して暮らすことができる犯罪の無いまちづくりを地域で取り組むことです。
  2. 住まいの防災とは、地震や台風などの災害を低減し、有事の際には共助力を発揮できる地域にしておくことだと考えます。
  3. 住まいの快適性とは、住み慣れた既存の住宅で快適に末永く暮らしていただくことです。

市民住まい向上委員会では「安全で安心して暮らすことができる住まいの実現」を目的に住まいの防犯講座、住まいの防災講座、住まいのメンテナンス講座等を行っています。

また防犯・防災・快適性は、地域のコミュニティーの向上にもつながります。

市民住まい向上委員会は、市民の皆様の暮らしに役立つよう、情報提供・啓発活動を行い安全で安心して暮らすことができる住まいの実現に努めてまいります。

市民住まい向上委員会の講座・セミナー内容

市民住まい向上委員会のセミナー風景
市民住まい向上委員会担当者
『安全で安心して暮らすことができる住まいの実現』を目指し、防犯・防災・住まいの快適性に関するセミナーや講座を行っています。
市民住まい向上委員会の開催講座/セミナー
  1. 住まいの防犯・防災講座
  2. 住まいのメンテナンス講座
  3. ビル・マンションメンテナンス講座
  4. 戸建て住宅耐震講座
  5. 賃貸住宅大家さん勉強会
  6. 町内会・自治会セミナー
  7. 防犯スポーツプロジェクト(こども防犯)
市民住まい向上委員会担当者
防犯については、住宅侵入等の被害を少なくするため、一般の方がわかりやすく防犯の知識や対処方法を身につけられるような講座を行っています。

防災については、年々災害の規模が大きくなり、被害も拡大しています。

ただし、被災者の多くは災害に対してしっかりと準備していなかったケースが多く、無防備な状態で被災されています。

事前の準備が非常に大切で、ハザードマップを確認し、浸水、土砂災害などどんな危険があるのかを予測し、逃げる準備や行動を前もって決めておく必要があります。

市民住まい向上委員会の活動では、このような災害に対し、減災を考えた勉強会を開催しています。

どの講座も一般の方に向けて、わかりやすく解説していますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

講座/セミナー参加者はどうやって集まる?

市民住まい向上委員会のセミナー会場
市民住まい向上委員会担当者
ラジオでの告知、協賛会社に配布していただいているチラシ、講座受講者による紹介、町内会自治会からの依頼、行政からの依頼、メールマガジンでの告知、その他ホームページを中心に広く知っていただくことが集客につながっています。

市民住まい向上委員会が推奨する『いえかるて』とは?

市民住まい向上委員会のいえかるて
市民住まい向上委員会担当者
いえかるてを普及促進するための活動も行っています。

いえかるてとは住宅履歴情報のことで、住宅がどのようなつくりで、どのような性質があるか、建築後にはどのような点検、修繕、リフォームが施されたかを保存・蓄積したものです。

建築基準法や建設業法などの法律を守ってもそれだけでは自分の家を守るのには不十分です。

例えば、見積もりの表示方法や診断方法は、ガイドラインがあるものの法律では定められていないため、業者によって違うのが現状です。

さらに専門用語は一般の方にはわかりにくく、トラブルが多発しています。

そのため防衛策として、工事の依頼側が「いえかるて」を作成することをおすすめしています。市民住まい向上委員会では「いえかるて」で住宅履歴情報を蓄積することがどれほど重要なことかを説明しています。

代表理事 矢野克己氏の経歴/プロフィール

市民住まい向上委員会代表理事 矢野克己氏の顔画像
市民住まい向上委員会担当者
市民住まい向上委員会の代表理事を務める矢野克己は、建設業で30年以上もの実務経歴を持っています。

建物診断件数約7,000棟、施工実績(新築・増改築・リフォーム・外構・エクステリア・店舗棟)約4,000件、セミナー・相談会開催500回以上といった実績があります。

また、防犯設備士・一級塗装技能士・防災士・一般耐震技術認定者・増改築相談員・外装劣化診断士・雨漏り診断士・防犯環境診断士・2級施工管理技士といった資格を有しています。

ラジオでレギュラー番組ももっており、2014年4月からラジオ日本「住まいのトラブルバスター」のMCを担当しています。

また、関西テレビ(ウラマヨ)、TBS(Nスタ)などのTVにも出演しています。

趣味はゴルフ・ルアーフィッシングです。

市民住まい向上委員会バスター矢野

まとめ

編集部
以上、市民住まい向上委員会の社員へのインタビューでした。

市民住まい向上委員会は、屋根・屋上・外壁の補修・塗装・メンテナンス、住宅・ビル・マンションといった建物の相談、住まいの防犯対策など、“住まい”に関するさまざまな問題を解決するサポートをしている団体です。

またセミナーや勉強会では、プロの講師が外装リフォーム・メンテナンスについての知識を教えてくれます。

自分の住まいや身を守るには、まず知識と事前準備が大切です!
メールや電話で相談することもできるので、不安なことがある方は、市民住まい向上委員会に相談してみてはいかがでしょうか。

会社概要

団体名一般社団法人市民住まい向上委員会
所在地〒183-0055
東京都府中市府中町1-40-12-205
代表者名矢野 克己