大塚和成 二重橋法律事務所代表からOMM法律事務所までの軌跡とは?

大塚和成の画像 取材企業記事一覧

大塚和成氏は、2018(平成30)年、東京千代田区にOOM法律事務所を開設した弁護士。

ライブドアによるニッポン放送の敵対的買収事件や和泉元彌氏の能楽協会追放事件など、メディアでも話題になった数々の事件や紛争に関わり、解決してきました。

そんな大塚和成氏のモットーは“Client First”

常にクライアントの力になり、全力で成功へと導く。
その諦めずに、やり遂げる姿勢が、高い評価を受けています。

そんな大塚和成氏のプロフィールやOMM法律事務所開業までの経緯、実績・代表的な案件、貫いている信念とは?

大塚和成氏について調査しました。

弁護士になりたい人は、ぜひ参考にしてください。

大塚和成とは

大塚和成のプロフィール画像

大塚和成(おおつか・かずまさ)氏は、1971(昭和46)年1月18日生まれの弁護士。

1989(平成1)年に早稲田大学高等学院卒業後、同大学の法学部へ。

1993(平成5)年に同大学を卒業、1996(平成8)年に司法試験に合格しました。

2018(平成30)年に、現在のOMM法律事務所を開設。
同年に、一般社団法人東京能楽囃子科協議会監事(社外役員)に就任。

2019(平成31)年、立飛グループのコンプライアンスの社外相談窓口に就任するなど、幅広い活躍を見せています。

経営支配権に関する案件が特に得意で、近年では企業法務を中心に企業が抱える問題やトラブルを法律の力を使って解決。

ニッポン放送VSライブドア事件や和泉元彌氏VS能楽協会など、さまざまな著名事件にも関わっています。

プロフィール

1971(昭和46)年、東京都にて誕生。

1999(平成11)年より、弁護士としての活動を始めます。

2002(平成14)年には、東京商工会議所企業行動規範特別委員会幹事に就任。

和泉元彌氏に対する退去命令とその有効性を争う裁判にて協会側弁護士として担当したことで、2005(平成17)年には、公益社団法人能楽協会幹事に就任。

2006(平成18)年、2007(平成19)年には、明治学院大学法学科大学院の非常勤講師として会社法について教えていました。

2011(平成23)年、代表弁護士として二重橋法律事務所を開業。
企業法務を中心に、コーポレートガバナンス、M&A、ファイナンスなどさまざまな案件を手掛けてきました。

2013(平成25)年には、株式会社ユニバーサルエンターテインメント社外取締役、日本ハム株式会社企業価値向上委員会委員に就任。

2018年(平成30)年、現在のOMM法律事務所を開業。

企業法務を中心に、経営支配権争い、商事裁判など数多くの案件を手掛けています。

過去の実績/大口案件や代表的な事例

大塚和成の弁護実績イメージ

1.ライブドアによるニッポン放送買収事件

大塚和成氏が手掛けた有名事件の代表といえば、当時、世間を騒がせたライブドアによるニッポン放送買収事件です。

当時、フジテレビの親会社であったニッポン放送は、フジサンケイグループの一企業で資産規模もフジテレビよりもはるかに小さく、資本のねじれ構造が起きていました。

この状態を是正しようとした、上場後の筆頭株主・村上ファンドの村上世彰氏は、フジテレビと共同持株会社を設立し、両社をその事業子会社にしようとしましたが、経営陣は反対。

フジテレビに対する第三者割り当てを実施することになりました。

その後、堀江貴文氏率いる株式会社ライブドアが株式を取得し、経営権を支配しようとしたことで大きな話題になりました。

2005(平成17)年4月18日、ライブドアとフジテレビは和解。

両社の業務提携が決まり、ライブドアグループが所有するニッポン放送株はすべてフジテレビに譲渡され、フジテレビはライブドアに出資することを発表しました。

大塚和成氏は、この事件の中でも、新株予約権発行差止仮処分命令申立事件に関わりました。

2.和泉元彌氏の能楽協会追放事件

狂言師、和泉元彌氏の能楽協会退会を巡っての事件を能楽協会側について争いました。

公演のドタキャン、遅刻、協会批判などを通じて、野村萬会長率いる、能楽協会から除名処分を下され起きた事件です。

和泉元彌氏は、ついに2006(平成18)年6月9日、能楽協会退会へと追い込まれました。

大塚和成氏は、事態収拾のため記者会見にも出席するなど尽力して、協会側に貢献しました。

3.ジュピターテレコム(JCOM)株式取得価格決定申立事件

2010(平成22)年6月、JCOMが発行する普通株式を当時の大阪証券取引所のJASDAQスタンダード市場に上場しており、住友商事とKDDIが合わせてJCOMの総株主の議決権の7割以上を保有していました。

住友商事とKDDIはすべての株式の保有を計画して、180万1954株を2月27日から4月10日までの間に、買い付け価格を1株、12万3000円として、本件株式とJCOMの新株予約権の全部の公開買い付けを行うことを発表。

これに対して、一部の株主が「価格が安すぎる」という理由で告訴。

大塚和成氏は、本件の第二審まで株主側として関与し、「価格が低すぎる」という決定を得ることができました。

本件は、最高裁にて判決が覆されてしまいましたが、そちらには大塚和成氏は関わっていません。

4.テン・アローズ(現在のシャルレ)の三屋裕子社長不再任事件

2004(平成16)年から2006(平成18)年まで社長を務めていた三屋裕子氏の解任を巡って大株主である創業家側と三屋裕子氏が対立。

創業家側の主張が通り、2006(平成18)年、三屋裕子氏の解任が決まりました。

三屋裕子氏が社長として在任していた3年間、テン・アローズの売上は100億円の減収、純利益も赤字に。大株主である創業家の林勝哉氏が、社長含む取締役全員の解任を要求しました。

大塚和成氏は、創業家側の担当弁護士として、三屋裕子氏の解任を主張。

本件の記者会見はテレビニュースにもなり、三屋裕子社長の退任会見は話題になりました。

その他、週刊東洋経済2019年8月3日号(同年7月29日発売)のニュース最前線「アスクル社長にクビを宣告「支配株主」ヤフーの蛮行 | 株主総会の2週間前に社長の退陣を要求」と題する記事に、会社法制に詳しい識者として大塚 和成弁護士のコメントが掲載されています。

二重橋法律事務所の代表としてスタート

大塚和成氏は代表弁護士として、2011(平成23)年に、二重橋法律事務所を開業しました。

二重橋法律事務所では、コーポレートガバナンス、M&A、ファイナンス、不動産、会社法一般、金融商品取引法一般、その他一般企業法務などの業務を行っていました。

OMM法律事務所同様、「Client First」を基本理念に、大型の裁判やM&A、世間的に著名な事件・紛争などを数々と手掛けてきました。

二重橋法律事務所では、大手含め120社以上のクライアントと顧問契約を締結。

危機管理、不祥事対応、経営支配権争い、資本政策に関する助言、刑事事件(経済事犯)などさまざまな企業が遭うトラブルを解決してきました。

OMM法律事務所立ち上げまでの軌跡

大塚和成の立ち上げたOMM法律事務所

OMM法律事務所は、2018(平成30)年、大塚和成氏が代表弁護士として新しく立ち上げた事務所です。

技術に裏付けされた“諦めない姿勢”を貫き、クライアントのさまざまなトラブルを解消しています。

決して諦めずに、最後までやり抜いたからこそ、数多くの難題を解決できたのでしょう。

OMM法律事務所立ち上げ前、大塚和成氏は、ライブドアによるニッポン放送敵対的買収事件、テン・アローズ(現在のシャルレ)の三屋裕子社長不再任事件、グッドウィル・グループ委任状争奪事件、カネボウ株式買取価格決定申立事件など、企業が直面するさまざまな難事件に関わってきました。

だからこそ、OMM法律事務所を開業してからすぐ、2件の上場企業のプロキシーファイト(委任状争奪事件)を任されるなど、さっそくクライアントの信頼を勝ち取っている模様です。

株主により上場企業の社長が解任されるというのは珍しいため、両者とも判決が確定してすぐ大きな話題になりました。

OMM法律事務所は、今後所員の一人一人が自らの目標のため邁進し続ける、“個性派集団”を目指していくそう。

また大塚和成氏は、若手弁護士にもっと勉強してもらうため、若い時分から積極的に大型の案件を任せていきたいと思っているそうです。

ベテラン弁護士のノウハウやスキルは、惜しみなく若手弁護士に教え、伝える。

だからこそ、OMM法律事務所に持ち込まれた案件は円満に解決していくのかもしれません。

弁護士として貫く信念とは?

大塚和成の所属するOMM法律事務所の理念

大塚和成氏が弁護士として大切にしていることの一つが“強さ”

やはり問題解決に奮闘する弁護士は“強く”なくてはありません。

弱くて頼りなさそうな弁護士に、自社の重要な問題やトラブルの解決を任せられるでしょうか。

不安にさいなまれるでしょうし、万が一、クライアントの思う通りにならなかったときは「あんな弁護士に相談しなければよかった」と頭を抱えることになるでしょう。

そのような悲劇をできる限り失くすため、大塚和成氏は“強さ”にこだわっています。

そして、“強さ”を得るために大切なものは何か。

それが、“技術に裏付けされた諦めない姿勢”です。

裁判や紛争はときには何年も続くことがあります。一見、カッコいいイメージのある弁護士ですが、その仕事内容のほとんどは地味で地道なものです。

ときには諦めたくなったり、複雑な事件内容に面倒くささを覚えたりすることもあるでしょう。

でも、その一瞬のゆるみが、クライアントに大きな損失を負わせてしまう可能性があるのです。

そのような事態をなくすためにも、大塚和成氏は“諦めない姿勢”を貫いています。

「諦めたらそこで試合終了ですよ」という名言がありますが、まさに弁護士業務も一緒。

大塚和成氏も、弁護士として、より大成するためにも、一つ一つの案件を丁寧のこなし、諦めない姿勢で、“Client First”を実現し続けていきます。

まとめ

以上、大塚和成氏についてまとめてみました。

大塚和成氏は、1999(平成11)年の登録以来、20年間、弁護士として活動し続けてきました。

得意分野は、経営支配権争いや商事裁判。

トラブルに見舞われた企業にとっての正義の味方なのです。

企業を運営するうえで、さまざまな問題が生じてしまうのは避けようがありません。

ときには、上場企業の社長であっても「にっちもさっちもいかない」と頭を抱えてしまうような案件もあるでしょう。

そのようなときに、いつも“Client First”で力になってくれるのが大塚和成氏です。

大塚和成氏は、企業法務の分野ではまさに百戦錬磨の名うて弁護士。

経験・実績ともに豊富な弁護士に弁護を依頼したい人は、ぜひ大塚和成氏の名前を思い出してみてくださいね。

会社概要

事務所名OMM法律事務所
所在地東京都千代田区平河町2-2-1 平河町共和ビル4階
設立2018年2月
所属弁護士
  • 大塚和成
  • 市橋卓
  • 宮沢奈央
  • 榎木智浩
  • 渡辺治