メンタルケア協会の特徴と評判!精神対話士についてインタビュー

メンタルケア協会の特徴と評判!精神対話士についてインタビュー
編集部
メンタルケア協会は、精神対話士の派遣を行っている財団法人です。今回ジョブアピでは、メンタルケア協会が登録商標している精神対話士という資格について、その役割やどのようなサービスなのか、これから精神対話士を目指すメリットなど、協会の方にインタビューさせていただきました。
メンタルケア協会から最初に一言!

メンタルケア協会は、全国8地域において、メンタルケア・スペシャリスト養成講座を開催しています。心のケアを担う人材「メンタルケア・スペシャリスト」を育成し、心の訪問ケアの専門職「精神対話士」を認定。精神対話士派遣業務(メンタルデリバリー)の全国展開を行っております。

メンタルケア協会とは

メンタルケア協会を知ろう

メンタルケア協会は平成5年に慶應義塾大学出身の医師たちにより設立された団体です。

日本で初めて「真心の対話で人を癒す」という新しいスタイルの心のケアを研究・開発・実践することによって、人の福利、心の問題解決に貢献することを目的として設立されました。

以来、現在までメンタルケア・スペシャリスト養成講座の開催、心理職精神対話士の認定・派遣、心の問題に関する書籍出版、日本精神対話学会の支援ほか心の問題に関する諸事業を展開してきました。

メンタルケア協会では社会貢献にも積極的です!

また、大規模自然災害被災者の方々への心のケア活動、自治体の支援、後援を受けて自殺予防対策への積極参加をはじめとした活動においても社会貢献を行っております。

メンタルケア協会の理念を知ろう

メンタルケア協会の理念は、

心の問題に関する調査、研究を行い、心の問題に関する講習会を開催して人材を教育、養成し、心の問題を解決するための実践をし、もって心の問題の解決に寄与することを目的として運営されております。

協会の心の問題への対応の特徴は、薬物療法や医療とは一線を画し、対象の心に寄り添い真心の対話により傾聴、共感、受容を基本として、対象自らが自分を理解してくれる存在を認識して心の葛藤を乗り越えて生きることの尊さを共有し、再び生きがいをもてるよう支え、導くことにあります。

メンタルケア協会の「吉村博邦会長」を知ろう

吉村博邦会長を知ろう

編集部
メンタルケア協会の会長を務めている会長、吉村先生とはどのような経歴なのでしょうか!?

東京大学医学部卒業、医学博士、米国テキサス大学留学などを経て、北里大学医学部教授、同医学部長、北里大学常任理事を歴任。

現在は、北里大学名誉教授、一般財団法人メンタルケア協会会長、日本専門医機構理事長、公益社団法人地域医療振興協会顧問など多方面で活躍しています。

メンタルケア協会の会長として、米国エール大学、ホノルル・ケアセンター、ホスピスなどを訪問し、心のケアに関わる意見交換などを行っています。

メンタルケア協会の精神対話士とは

メンタルケア協会の精神対話士とは

メンタルケア協会の精神対話士とは、メンタルケア・スペシャリスト養成講座修了者の中から選考試験を経て認定された心の訪問ケア(メンタルデリバリー)の専門職です。

講座では、死生論、人間論、メンタルケア論をはじめとした人を科学する学問領域における第一線で活躍する科学者に指導をいただきます。

対象者の心に寄り添い真心の対話により傾聴、共感、受容を基本とし、対象自らが自分を理解してくれる存在を認識して心の葛藤を乗り越えて生きることの尊さを共有します。さらに、再び生きがいをもてるよう支え、導くための技術と技能を修得します。

現在精神対話士は、学校、企業などの心理カウンセラーとして、老人ホーム、病院における心のケア担当者として、独り住まいの方、引きこもり青少年など個人を対象とした心のケアの担い手として、また、災害被災者心のケア、自殺予防対策ほか心のケアに関わるあらゆる場面において全国で活躍しています。

メンタルケア協会の精神対話士と周辺資格の違い

臨床心理士と精神対話士の違い

共に対象者への関わり方が精神面の援助にあり、人の心に焦点を当てていますが、異なる特徴もあります。

  1. 精神対話士の派遣対象は何らかの原因で孤独感や挫折感、喪失感、不安感などをおもちの方です。
  2. 従って、精神対話士の活動目的は対象の気持ちの向上と生きる気力の充実にあります。
  3. 精神対話士による心のケアは、派遣(訪問)の形をとるため、限定された場所で行うことはありません。また、形式も対話のみに限られたものではなく、共に散歩しながら、木陰の店でお茶を飲みながらなど対話の効果をより高めるものを、その状況に応じて取り入れています。
  4. 精神対話士は、対象の気持ちをひたすら傾聴することで受け止め、共に生きる姿勢で対象と関わり、安心感と前向きに生きる気持ちの充実を支援します。
  5. 精神対話士は、メンタルケア協会の精神科医師などの協力を得ながら対話、応対を進めていくこともあります。現代の無縁社会において、孤独感や不安感を抱く方にとって「いつでもどこにでも」駆けつけてくれる精神対話士の存在はとても心強いもので、なくてはならない資格です。

介護福祉士と精神対話士の違い

それぞれの専門知識で対象に対するサポートを行い、介護者についての援助を行うところも共通していますが異なる特徴もあります。

  1. 精神対話士は精神面における援助が主になっているのに対して、介護福祉士はあくまでも介護を中心とした生活面における援助が中心になります。
  2. 従って、精神対話士と介護福祉士が協力しあい対象に関わることは心身両面からきめ細やかにケアすることとなり、よりよい効果につながります。

社会福祉士と精神対話士の違い

共に対象への援助のベースに精神面のサポートがありますが、異なる特徴もあります。

  1. 精神対話士は様々な状況で孤独感や挫折感、喪失感、不安感などをおもちの方が対象であるのに対して、社会福祉士は身体あるいは精神面に障害がある方が対象になります。
  2. 精神対話士はあくまでも精神面のサポートが中心になるのに対して、社会福祉士は社会的、経済的な面でのサポートが重要な仕事となります。
  3. 精神対話士は対象が力強く生きることを援助の目的にしているのに対し、社会福祉士は日常生活における障害の解決が目的になります。
  4. 従って、社会福祉士の仕事内容は精神対話士と異なり、指導や助言が中心となります。

メンタルケア協会のサービスを活用する3つのメリット

メンタルケア協会のサービスを活用する3つのメリット

  1. 精神対話士は心の訪問ケア(メンタルデリバリー)を基本としますので、病院、他の心理カウンセラー受診などとは異なり、自宅または指定の場所、喫茶店、散歩しながらなど心のケアの効果をより高めるものを、その状況に応じて取り入れています。

  2. 薬物療法や医療とは一線を画し、精神対話士による心のケアは対象の心に寄り添い真心の対話により傾聴、共感、受容を基本として、対象自らが自分を理解してくれる存在を認識して心の葛藤を乗り越えて生きることの尊さを共有し、再び生きがいをもてるよう導かれることにより、自ら立ち直るきっかけをつかみ前向きに生きる力をもてるよう支援をします。

  3. マンツーマンの形に限らず、老人ホームなどではグループで精神対話士による心のケアを受けることが可能で、その場合、対人関係の円滑化、強化にも有効です。

メンタルケア協会で「精神対話士」の資格が得られる

メンタルケア協会で「精神対話士」の資格が得られる

メンタルケア・スペシャリスト養成講座〔基礎課程・実践課程(基礎課程修了者が受講可)〕受講

人間の生(生きる)の問題を次の3つの視点からとらえた講義を受講、修了して、人間そのものを深く見つめ、人間とは何かを再確認できます。

  1. 人間の心とからだはどうなっているのかを学ぶ「医から見る人間探求」
  2. 仏教およびキリスト教の「死生論」に学ぶ「宗教から見る人間探求」
  3. 生命倫理や看護と介護などより学ぶ「メンタルケアに関する対処論」

基礎課程を修了後「メンタルケア・スペシャリスト認定証」が交付、実践課程を修了すると「メンタルケア・スペシャリスト養成講座実践課程修了証」が交付される。

  1. 独立してカウンセラーとして活動することが可能。
  2. 職場においては、技能を活して組織の心のケアの担い手として活動できる。
  3. 自身、家族、交友関係の心のケアにも活用できる。

精神対話士派遣業務参加選考試験(精神対話士資格試験)の受験資格が得られ、試験に合格すると精神対話士の資格が交付。

  1. 報酬を得て心のケア活動に従事できます。さらに、定期的に研修を受け、知識、技能のレベルアップが図れます。
  2. 精神対話士は、メンタルケア・スペシャリスト養成講座受講において修得した知識、技能を活用して、他の心理職とは一線を画した対象の心に寄り添い暖かな対話に基づく傾聴、共感、受容を基本とした心のケアを実践して、人の福祉向上に貢献します。
  3. 精神対話士は、学校、企業などのカウンセラーとして、老人ホーム、病院における心のケア担当者として、引きこもりその他心のケアを求める個人を対象として、全国で活動しています。

協会概要

団体名 一般財団法人メンタルケア協会
設立 1993年(平成5年)9月1日
会長 吉村 博邦(東京大学医学部卒業 医学博士/元北里大学医学部長)
本部所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-5-8 カ-デ青山201 
電話番号 03-3405-7270 (代表)
資料請求専用電話 03-3405-7282
FAX番号 03-3405-8580
事業内容
  • 心の問題に関する調査、研究
  • 心の問題に関する講習会などの開催
  • 精神対話士の認定およびその派遣
  • 心の問題に関する書籍などの出版
  • 日本精神対話学会の支援
  • その他目的を達成するために必要な事業
メンタルケア協会の特徴と評判!精神対話士についてインタビュー

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」