長谷川ネットメディアの社長「壽永 隆之氏」にレピュテーション対策を取材!採用や評判まで公開

長谷川ネットメディア株式会社のエントランス画像 アピール企業
編集部
インターネット上の風評被害や誹謗中傷対策(レピュテーションリスク対策)をご存知でしょうか。ネット上で事実とは異なる情報や企業や個人に対する悪口などを掲示板やブログ、SNSなどで書き込みや拡散をされてしまっている状況を対策するサービスです。

ブロードバンドが普及してから約20年が経過し、今では私たちの生活にインターネットは必要不可欠なものとなり、多くの方々がインターネットを勝義手情報を収集、共有しています。

今回はそんなネット上の風評被害や誹謗中傷対策(レピュテーションリスク対策)を提供している、今注目の企業「長谷川ネットメディア株式会社」の代表取締役「壽永 隆之」氏に取材しました。

本記事は長谷川ネットメディア株式会社の代表取締役「壽永 隆之氏」に完全独占取材した内容を基に記事としています。

長谷川ネットメディア株式会社とは

長谷川ネットメディアのエントランスを横から画像
編集部
宜しくお願い致します!まず始めに長谷川ネットメディア株式会社とはどんなサービスを提供しているのか、教えてください。
壽永 隆之様
長谷川ネットメディア株式会社の設立の経緯は長谷川グループで介護、保育、生活関連事業をやっていて、全てアナログで事業をやっています。そのときにどうしてもウェブ上のレピュテーション、例えば保育園で言うと、滑り台から落ちて擦りむいただけで虐待と言われる時代であり、介護も悪気があって傷付けたわけでもなく、誹謗中傷される時代ということもあり、ある程度対策をしていかないといけないと思い色々な業者を探してみました。

実際に対策を頼んでみたこともありました。しかし、どうしても結果に責任を負えないところが多く、非常に難しい分野なんだと思いました。それならば自分たちで研究しようと思い、多くの研究を重ねたところ、これはある程度うまくいけると感じたことがきっかけです。

主な事業内容

長谷川ネットメディアの社内画像
編集部
主な長谷川ネットメディアの事業内容を教えてください。

WEBレピュテーションリスク対策事業

壽永 隆之様
主軸事業は守りのサービスとしてWEBレピュテーションリスク対策事業です。

リスクとは炎上リスクだったり、事実無根の書き込みだったり、社内の機密情報を書かれた時、内部情報の流出が起きたときの監視やコンサルティングをしています。

WEBプロモーション事業

壽永 隆之様
付随して攻めのサービスであるWEBプロモーションとSEOコンサルティングがあります。インターネット上のリスクの監視と分析、対策を提供しています。プロモーションはWeb広告、LPやサイト制作も含まれます。

SEOコンサルティング事業

壽永 隆之様
また、SEOコンサルティングは公式サイトの内部最適化診断からの改善、コンテンツSEOなどでの集客、人材採用支援などを行っております。

代表取締役社長「壽永 隆之」とは

長谷川ネットメディア株式会社の社長「壽永 隆之」
壽永 隆之様
私は、留学先でインターネットにはじめて触れたことがきっかけで、社会人デビューはホームページ制作・インターネット広告の個人事業主としてスタートしました。

インターネットという言葉が先行していた時代でもあり、面白いくらいに成功しました。その後、会長の長谷川との縁から様々な事業の立ち上げを経験しました。創業当時は数名だった小さな会社もグループ計7,000名以上になり企業の成長というものを経験できたことは大きな財産でもあります。人の手を介すアナログな事業に携わりながらもWebサービスの研究をし続け、再びネット業界に戻ってきました。

風評被害・誹謗中傷対策(レピュテーションリスク対策)とは

壽永 隆之社長が説明する画像
編集部
私も風評被害・誹謗中傷対策(レピュテーションリスク対策)は関わってきている分野なのですが、あえて長谷川ネットメディア様の意見も聞いてみたいと思います。
壽永 隆之様
先程も触れましたが、今の時代ネット上は警察のいない状態だと思います。炎上や祭りという言葉がありますが、正直いつでも誰でも根拠がなくても起こせることでありますが、その事実ではない安易な情報の影響で組織や企業は大ダメージを受けてしまい、最悪倒産まで追い込まれることもあります。
壽永 隆之様
レピュテーションリスクは大きなところでいうと、ある組織や会社、クリニックなどに何か誹謗中傷、風評被害をまかれた場合、ダメージが大きいのが現実だと思います。それは匿名の相手だったり、ウェブ上という不透明なネットワークを利用して意図的に行っているんじゃないかと感じていました。

インターネット上の情報社会の中で健全かと言われると私は現在は健全ではないと感じました。

例えば監視、モニタリングという言葉が風評被害対策にはありますが、三次元で言うパトロールだと思います。警察のいない社会、相互監視のいない世界って国として成り立っていない発展途上国だと考えます。今の状況はそれぐらいひどい状態と考えております。炎上や祭りだという話題は誰にでも意図的に行える状況であるため、誰かが制御しないといけないと思っております。それを少しでもサポートできればと思っております。

他社との違いは?

常に仮説と検証の繰り返し

壽永 隆之様
Googleについての研究は常に仮説と検証です。

Google公式の情報、ネット上のうわさ、同業者からの情報などあらゆる情報を収集し、仮説を立てて検証することで結果的にどのように反応したかを数百、数千と繰り返します。数多くの検証を繰り返した結果からノウハウを蓄積することは時間も労力もかかりますが、お客様の要望に責任を持って結果を出すには地道なことを重ねていくしかないと考えております。

クライアントへの対応も怠らない

壽永 隆之様
我々が実際に風評被害・誹謗中傷対策(レピュテーションリスク対策)を自社で提供する前は、同業他社に依頼していましたが、対策状況の共有やレポートも質が高いように思えない印象がありました。

長谷川ネットメディアは、現場の人間というより業務の人間の方が圧倒的に多いですし、そこで研究あるいは勉強、仮説を立てて実験を繰り返して、効果のある方法があればサービスとして提供していくことを繰り返しております。日々かなりのそういう意味でかなりのリソースが必要となり、営業は社長自ら動くこともあります。しかしクライアントへのレポートなどはしっかりとしたクオリティで提供したいため、そこは一営業社員には任せないこともこだわりですね。

お客様層・ニーズのある層

壽永 隆之様
常に改善を試みて、現状よりもっと良くしようと志す成長企業や学校法人が多いです。

  • 成長企業
  • 芸能プロダクション
  • 大手企業
  • 学校法人
  • 個人事業主や実業家など

当然、要望も高いですがその要望に応えるために日々努力をすることで我々の成長にもなります。

現在積極採用活動中

長谷川ネットメディアの女社員の画像
壽永 隆之様
毎月のように新規の取引先が増え続ける中で人材採用も定期的に行う必要があります。現在長谷川ネットメディアでは積極的に人材の採用を行っております。業界で今一番勢いのある当社で一緒に働きませんか?

どんなお仕事内容?

長谷川ネットメディアの女社員の笑顔
壽永 隆之様
大きく営業系・業務系・管理系の3つに分けられます。

営業系の仕事は一人でも多くのお客様にご利用いただけるために考え、行動し、改善し、事業を拡大することが使命です。

具体的にはお客様のニーズを探し、ご要望をヒアリングし、解決策を提案し、契約することです。業務系の仕事はお客様に喜んでいただくために研究し、仮説を立て、検証し、結果を出すことが使命です。具体的には契約に基づき、お客様の依頼内容に対して結果を出すことです。管理系の仕事は財務・経理・人事・総務・法務・広報など専門的なスキルが必要になります。

求めている人物像

壽永 隆之様
弊社の社訓は「凡事徹底」「奉仕優先」「自主自律」です。

  • 礼儀礼節・挨拶・整理整頓・掃除・約束を守るといった当たり前のことを当たり前に行う「凡事徹底」
  • まずは実績を出す、貢献する、結果を出す・・・それから報酬を得るということが原則という考え方の「奉仕優先」
  • 自ら考え、自ら目標を定め、自ら行動し、自ら結果を出すという「自主自律」

こういった働き方をすることがたぶん一番楽しいと思います。あらゆる部門、立場がありますが共通して言えることは志高く、向上心がある方が多く集まることで互いに成長できると思います。我々はサービス業ですので全ての行動は誰かに喜んでもらうためにあります。誰かに喜んでもらうことで自身も喜びを感じられる方を求めます。

入社後に身につく経験や知識、資格などは?

壽永 隆之様
インターネットサービスが生活の一部になり20年が経過しましたが、今後もインターネットサービスは生活の一部であり続けることだと思います。インターネットに関わっていない業種は少なく、Webの実践的な知識が身につくことは決して無駄ではないと考えられます。その他、お客様からいただく小さなヒントなら新サービスが生まれ、事業として成長する過程を目の前で見られる可能性もあります。

会社概要

会社名長谷川ネットメディア株式会社
本社所在地東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 10F
代表者代表取締役社長 兼 CEO 壽永隆之
設立2016年10月03日
資本金1億円
主要株主長谷川トラストグループ株式会社
従業員数グループ計650人
単体35人(2017年4月現在)
事業内容
  • WEBレピュテーションリスク対策事業
  • WEBプロモーション事業
  • SEOコンサルティング事業