ファイナンシャルアカデミーの評判を社員に取材!丸の内本校/新宿校/有楽町校/大阪校/ニューヨーク校で展開するお金を学ぶマネースクールに注目

ファイナンシャルアカデミーのサイトトップ画面 取材企業記事一覧
編集部
『ファイナンシャルアカデミー』と呼ばれるお金の教養を学ぶスクールをご存じですか?

東京の丸の内校、有楽町校、新宿校、大阪校、NY校に校舎を構え、創業から16年で48万人もの受講生がいます。

そんなファイナンシャルアカデミーの多様なカリキュラムや特長から口コミ、評判とは?

採用情報についても社員インタビューを含め詳しく掲載しています。興味のある方はぜひご覧ください!


本記事はファイナンシャルアカデミーの社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

ファイナンシャルアカデミーとは?

ファイナンシャルアカデミーのHPトップ
ファイナンシャルアカデミー担当者
ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけることができる日本最大級の総合マネースクールです。

2002年の創立以来、東京校と大阪校、さらにはニューヨーク校を開設して、総受講生の数は16年間で48万人にも及びます。お金の貯め方や使い方は義務教育や高等教育では学ぶことができません。

お金の貯め方や使い方といった自身の身近なことから、会計、経済などの学問的視点、さらに株式投資や不動産投資などの資産運用に至るまで、ファイナンシャルアカデミーは独自のカリキュラムを作り上げました。

「お金の教養」や「お金の知性」を正しく学び、育むことができれば、今よりも確実に豊かな人生を歩むことができます。

受講生は、幅広い年代の方々がいます。そうした受講生の多様性に対応し、一人ひとりに豊かな人生を歩んでいただくため、経済や金融、教育、法務の各有識者をアドバイザリーボードメンバーとして迎い入れ指導する仕組みづくりを築き上げました。

「お金の教養を学ぶ」とは?

ファイナンシャルアカデミー担当者
お金の教養には以下の7つの要素があります。

  • お金の考え方
  • お金の貯め方
  • お金の使い方
  • お金の稼ぎ方
  • お金の増やし方
  • お金の維持管理
  • 社会還元

これらをバランスよく身につけることによって、豊かで不安のないライフスタイルを実現することができるのです。ファイナンシャルアカデミーではこの7つの要素に焦点を当て、受講生にとって有益な情報を中立的な立場で提供する「教育機関」であることに重きをおき講義を行っています。

入門講座である「お金の教養講座」は、年間3万人が受講する定番講座ですが、その受講生の9割が投資経験のない初心者の方々です。男女比はほぼ半々で、年代は30代の方が最多ですが、20代、40代、50代の方々も多く受講しています。

また、無料で受講することができるのもこの講座が高評をいただいている理由の一つだと思います。

ファイナンシャルアカデミーのサイト画面

講師のご紹介(一部)

渋谷豊 講師

科目

株式投資スクール、外貨投資・FXスクール、定年後設計スクール

経歴

大学院経営学修士、シティバンク、ソシエテジェネラル

実績

  • NYにて「お金の教養講座」を特別講演
  • Jリーグ「湘南ベルマーレ」選手・スタッフ向けの「アスリート向けお金の教養講座」
  • 講談社「インベスターZ」の著者である三田紀房氏と共同講演
  • 「この暴落をチャンスに変える7つの法則」、「相場に動揺しない自分を作る」など

藤川里絵 講師

科目

株式投資スクール、お金の教養スクール

経歴

株式投資スクールの卒業生

戸松信博 講師

科目

株式投資スクール、外貨投資・FXスクール、定年後設計スクール

経歴

立教大学社会学部、大手レコード会社、グローバルリンクアドバイザーズ株式会社

実績

  • 中国株専門の情報配信
  • 『10万円から本気で増やす中国株』
  • 投資顧問会社を買収(MBO)

代表の経歴・人柄

ファイナンシャルアカデミー担当者
当校を創業したのが、代表・泉正人です。

今から20年程前に、社会に出たばかりで貯金もまともに出来ていなかったという、当時の泉は「お金の正しい使い方、管理の仕方、増やし方」といったお金のマニュアルを誰からも教わっていないことに気づいたそうです。

家賃やローン返済のために生活費を削ったりと、当時の泉は「将来への不安」を抱えながら毎日を過ごしていた中で、誰もが正しいお金の知識を付けられるようにと創業したのがファイナンシャルアカデミーでした。

今では、従業員にも、お金の教養を高めてほしいと「世界一研修」という研修もスタートさせました。「世界一」という研修の名前は、「社員のお金の教養が世界一高い会社」を目指すというミッションからついた名前で、社長の泉・自らが講師を勤めることもあります。社員はみな研修を楽しみにしています。

WEB上の評判

家族や友人にもぜひ進めたい

受講生の声
お金について学び始めたことで、経済ニュースにも敏感に反応することができるようになりましたし、お金の使い方にもメリハリが出てきました。これは「浪費?」「投資?」と一度フィルターにかけることで、思い切った決断ができるようになりました。
お金について知らないことは損をすることにもつながるので、私自身も勉強を続けながら、友人にもぜひ紹介したいです。

子供時代のお金に対する「攻め」の教育と「守り」の教育

受講生の声
私は比較的裕福な家庭に育ちましたが、教育という形では「お金の教育」は受けていません。
それでも、教育にはお金を惜しまないという方針から、人生を豊かにするものにはお金を使う「攻め」の教育を感じました。

短い時間で成果が出るなら「学校は投資」

受講生の声
お金儲けも大切ですが、何よりその考え方が大好きになりました。
会社員や自営業は一本の綱を渡っているようなもので、他のロープからお金が入ってくる仕組みが作れれば、心に余裕を持って生きていけます。また、時間とお金を結びつけて考えるようになり、生活に無駄がなくなりました。

採用情報

ファイナンシャルアカデミー担当者
「社員それぞれの個性を大切に、長所をとことん伸ばす」というのが、ファイナンシャルアカデミーの人材育成の基本方針です。

そのため、社員一人ひとりが異なる長所や個性を持っていて、多様な人材が集まっていると思います。

求めている人物像は、早い意思決定が行われていく社風の中で、それぞれの強みを生かして役割を実行していくける人、ベンチャーらしい成長過程の社風を楽しめる人を求めています。興味のある方はぜひご応募ください。

ファイナンシャルアカデミーで働く上でのメリット

ファイナンシャルアカデミー担当者
自社講座を無料で受講できます。お金の教養を教える学校として、そこに関わる人で自分自身も学んでお金の教養を高めたい人は、受講し放題です。

昇給の機会も、年4回(4月、7月、10月、1月)あり、3ヶ月ごとに目標設定をしてその達成度に応じて昇給が可能です。

平均年収

ファイナンシャルアカデミー担当者
講師の年収は役割によって異なります。また役職だけでなく前職の収入も考慮されるので、同じ役職であっても、年収は大きく変わります。

講師の中でも活躍している方は執行役員やエグゼクティブマネージャーといった方々で800万円~3,000万円程度あるかと思います。シニアマネージャーと呼ばれる部長クラスでは500万円~1,000万円、マネージャーで300万円~600万円になります。

社員の評判Q&A(新卒社員編)

編集部
ここからは、実際にファイナンシャルアカデミーで働く新卒社員の方に、インタビューしてみました!
「マーケティングチームに2016年6月に新卒で入社した社員、M.Nさん(仮名)からの評判」です。

Q.ファイナンシャルアカデミーに入社を決めた理由を教えてください。

新卒入社 M.N様
金融経済教育を、小学生から大人まで、日本人の隅々に広めていくという企業理念に強い共感を覚えたことが一番の理由です。

自分が仕事を選ぶ上で、とても大事にしていることが、自分が関わっている仕事が世の中の役に立つと胸をはって思える仕事かどうかです。ファイナンシャルアカデミーは、そんな自分が働く場として最適だと思いました。

Q.実際に働いてみての感想は?

新卒入社 M.N様
入社直後に、未経験だったマーケティング部門に配属になりました。
金融経済教育を広めることを「受講生を増やす」という役割を通じて実現できていると思っていて、多くの人に「当校を知ってもらう」、多くの人に「体験してもらう」機会を自分が作っていることは、モチベーションの維持に繋がっています。

Q.入社前後で感じたギャップはありますか?

新卒入社 M.N様
入社前は「金融経済教育」という字面からも、金融関係の知識が必要では?と思っていて、自分自身が投資経験もなかったため、キャッチアップが大変なのではと不安でした。

入社してみると、試用期間中に、代表の泉社長の本を読んだり、一番の定番講座である「お金の教養講座」を受講したりといった研修が充実していて、試用期間が明けた3ヶ月後には、知識がないことの不安はなくなり、もっと学んでみたいという気持ちになっていました。

Q.ファイナンシャルアカデミーの良い点を3つ教えてください!

新卒入社 M.N様
1つ目は会社が急速に成長していることです。会社が成長する過程で自分が働いていることで、自分自身もたくさんの刺激を受けることが成長に繋がります。

2つ目は経営者との距離が近いことです。月1回の全体会という会で、社長の言葉を直接聞くことができ、自分の部門は社長直轄のため、社長との打ち合わせがありますが、若い自分にとって、経営者の考えやメッセージを直接聞ける機会は、ありがたいと思っています。

3つ目は社員の受講制度があることです。金融経済教育を広めるために、自分自身の金融リテラシーを高めることは大事だと思いますが、その環境があることは嬉しいです。

Q.ファイナンシャルアカデミーの待遇面や評価制度には満足していますか?

新卒入社 M.N様
3ヶ月に1回、昇給の機会があるのは良いと思っています。

3ヶ月間、自分の役割をしっかり全うすることで、そのまま昇給という評価に繋がることは、仕事をするモチベーションにもなります。

Q.最後に求職者の方にメッセージをお願いします!

新卒入社 M.N様
金融経済教育を広めたい、という同じ目標意識を持ったかたがたくさん入社してくれると嬉しいです。

金融の知識がなくても全くなくても、大丈夫です。是非チャレンジしてみてください。

 社員の評判Q&A(中途社員編)

編集部
実際にファイナンシャルアカデミーで働く社員の方に、インタビューしました!
「Webデザインチームに2018年5月に中途で入社した社員、M.Mさん(仮名)からの評判」です。

Q.ファイナンシャルアカデミーに入社を決めた理由を教えてください。

中途入社 M.M様
新卒から夢中に働いてきて、20代の終わりに、これからどんなキャリアでどんな仕事に関わっていこうか考えた時、ファイナンシャルアカデミーのことを知りました。

面接で業務内容や仕事環境、社風などを聞いてみると自分のスキル(Webデザイン)を活かせること、ライフワークバランスを適度にとりながら働けること、知識やスキルのインプットができる環境であること、の3点を満たした自分にピッタリの会社だと思い、即入社を決断しました。

入社してみると、一人でも多くの人に「金融リテラシー」をつけるという理念もすばらしく、自分が誇りをもって働いていける場だなと改めて実感しています。

Q.ほかには、どこファイナンシャルアカデミーの魅力を感じましたか?

中途入社 M.M様
前職ではWebデザイナーをしていました。
転職を決断したのは、前職は少しライフワークバランスが悪く、仕事に偏重しすぎる生活になりそうで、これから5年、10年と長く働いていきたいと思っている中で、自分のプライベートも大事にできる余裕がほしかったです。

仕事面では、アウトプットだけではなく、インプットをしていきながら、自分の成長を実感できる場を探したいと思っていました。その両面を実現できると感じました。

Q.実際に入社してみていかがでしたか?

中途入社 M.M様
はい、良かったと感じています。
転職活動は「入社してみないと分からない」部分はあると思いますが「入社するまで分からなかった」部分が、期待以上に良かったと思っています。

期待以上だった点は、インプットができる環境である点です。

中途採用なので、持っているスキルを即戦力として活かすことが求められているため、アウトプットが中心になると覚悟していましたが、入ってみると、まだ関わったことのないWebに役立つ知識(Git)を、チーム皆で勉強会をしながらインプットをする機会があり、Gitの勉強から導入まで一連を関わらせてもらえたことは嬉しく、そういった環境があるのはよい会社だなと実感しました。

Q.入社前後で感じたギャップはありますか?

中途入社 M.M様
経営陣が予想以上に近かったです(笑)。
自分が所属しているWebチームは黒川取締役の管轄、兼務している別の部門も、泉社長の管轄と、週1ペースで役員を交えた定例ミーティングがあって驚きました。

ただ、役員を交えた打ち合わせは、意思決定も早く、新しい企画やアイディアもどんどん出てきて刺激的で、自分自身もやりがいを感じました。

Q.1日の仕事の流れを教えてください。

中途入社 M.M様
午前中は、その日にやるべき仕事の洗い出しをします。制作ディレクション、打ち合わせといった仕事で午前中が終わります。

午後はオウンドメディアの担当ライターとのやり取りをします。またオウンドメディアの記事の更新やチェックから制作ディレクションを行います。

Q.ファイナンシャルアカデミーの良い点を3つ教えてください!

中途入社 M.M様
1つ目はオフィスが快適です。
1日8時間過ごす会社ですので、仕事をする空間は大事だと思います。
丸の内本社のオフィスは、丸の内の仲通りに面した窓が大きく、とても開放的で夕方になるとイルミネーションを目の前に眺めながら仕事をして、制作ディレクションを集中してこなすのに最高の環境です。

2つ目は仕組み化が進んでいる点です。仕事の効率化を大事にしている会社です。
私はWeb制作を担当していますが、ペーパーレスでのやり取りや、メーリングリストを使ったチーム内の情報共有、数字集計など自動化できるものは人の手を使わない、など効率よく仕事ができる仕組みができていて、自分自身もアウトプットに集中できます。

3つ目は社員の受講制度があることです。
今は株式投資スクールを受講中ですが、自分の金融リテラシーも高められる環境はとても有り難いです。

Q.ファイナンシャルアカデミーの待遇面や評価制度には満足していますか?

中途入社 M.M様
福利厚生は標準的なものが揃っていて満足しています。

出社時間は10時なので、朝、ゆとりを持って家を出て、通勤ラッシュから少しずらして通えるのはありがたいです。

Q.最後に求職者の方にメッセージをお願いします!

中途入社 M.M様
長く働ける会社を探していて、自分の成長を楽しみながら、会社の成長にもしっかり貢献していきたいと思ってもらえる人に入社してもらいたいです。

スタッフ同士はとても仲がよく、30代と40代が多いのですが、もっと20代も増えるとよいと思っています。

まとめ

ファイナンシャルアカデミーのサイト画面
編集部
ファイナンシャルアカデミーは日本最大級の総合マネースクールです。

受講生の将来を考え、まずは指南する立場である講師にこだわりを持っていました。
そのことからも「お金の教養」が人生にゆとりをもたらし、よりよい人格形成の一助となることを本気で目指していることがわかります。

ファイナンシャルアカデミーでは理念や考え方に共有できる方、自信を持ってプロフェッショナルな仕事を追求できる方、責任感・チームワークを重視できる方、高い自己成長を目指す方であれば、第二新卒でも、業界経験も不問で挑戦することができます。

ご自身の強みをしっかり面接で伝え、一緒にチャレンジしていく意欲を示すことができるかが重要です。

会社概要

学校名ファイナンシャルアカデミー
運営法人日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
所在地東京校事務局:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1
大阪校事務局:〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-12-4
ニューヨーク校事務局:211 W 58th St, Apt 10 New York, NY 10019
設立2002年6月13日
代表取締役泉 正人
資本金1億円
従業員数71名(2018年12月31日現在)
※グループ全体の社員数(業務委託・パートは除く)。