ファイナンシャルアカデミーってどう?講座受講前に知る!口コミ/評判/採用/内容を取材

ファイナンシャルアカデミーのサイトトップ画面 取材企業記事一覧
編集部
ファイナンシャルアカデミーは東京、大阪、ニューヨークに学校がある日本トップクラスのマネースクール。

「お金の考え方」「お金の貯め方」「お金の使い方」「お金の稼ぎ方」「お金の増やし方」「お金の維持管理」「社会還元」の7つを中心に株式投資、不動産投資、外貨投資・FX、そのほか家計管理や年金、税金など生活にまつわる身近なことまでお金全般の教養を身につけられます。

そんなファイナンシャルアカデミーの受講コースや社員おすすめの講座、社長については?

採用情報や先輩インタビューなども、社員の方に直撃取材!
ファイナンシャルアカデミーについて詳しく知りたい人はぜひ参考にしてください。

本記事はファイナンシャルアカデミーの社員に完全独占取材した内容を基に記事としています。

ファイナンシャルアカデミーってどんな会社?

ファイナンシャルアカデミーのHPトップ
ファイナンシャルアカデミー担当者
ファイナンシャルアカデミーは、東京・大阪・ニューヨークで開校している”お金の教養”を身につけられる「総合マネースクール」です。

17年前に創立し、これまで約48万人の受講生が受講。貯蓄や家計管理などの身近なお金のことや、経済新聞の読み方から資産運用まで、幅広くお金の教養を学んでいます。

ファイナンシャルアカデミーでは50種類以上のスクールとゼミがある

ファイナンシャルアカデミー担当者
入門講座の「お金の教養講座」は年間3万人が受講する定番講座ですが、その受講生の9割が、投資経験がない初心者。男女比はほぼ半々で、年代は30代が最多ですが、40代、20代、50代も多く受講しています。

ファイナンシャルアカデミーのスクールは、株式投資スクールや、不動産投資スクール、投資信託スクール、外貨投資FXスクール等、50種類以上のスクールやゼミがあります。

「不動産」「株式投資」「FX」はその中でも定番講座なのですが、不動産と株、株とFXは、それぞれ投資スタイルも特徴があるため、社員も何となく「不動産投資が好きな社員」「株式投資が好きな社員」「FXが好きな社員」に分かれています。

もちろん、全ての投資を回すツワモノもいますが、ファイナンシャルアカデミーのスクールの受講することはもちろん、情報交換や勉強も継続的にしている社員が多いです。

ファイナンシャルアカデミーは教育機関であり「投資信託」「株式」「保険」「不動産」も売らない

ファイナンシャルアカデミー担当者
ファイナンシャルアカデミーの最大の特長は、投資信託も、株式も、保険も、不動産も売らないこと。

受講生にとって有益な情報を中立的な立場で提供する「教育機関」であることにこだわっています。

客観性を保つため、経済・金融・教育・法務と、各分野の有識者から構成する「アドバイザリーボード」を設置しています。

金融商品を販売しないため、ファイナンシャルアカデミーは受講料にて成り立っております。そのため、授業の質には特に力を入れており、生徒の皆さまが各証券会社や投資家の方々などと対等にコミュニケーションできる知識を提供しております。

受講生の9割が投資経験ゼロの初心者!?

ファイナンシャルアカデミーのデータ
ファイナンシャルアカデミー担当者
上述の通り、入門講座「お金の教養講座」の受講生の約9割は過去にお金の勉強をしたことがない、投資経験がない人がほとんどです。

しかし、知識・経験が豊富なプロの講師が、みなさんと同じ目線に立ち、わかりやすく伝えます。

受講を通して「ファンダメンタルズでの売買を経験できた」「株式投資で利益を得られるようになった」「スクール受講から1年で、本当に大家さんとしてスタートを切ることができた」などのお声をいただいております。

どんな受講コースがあるの?

ファイナンシャルのコース
ファイナンシャルアカデミー担当者
ファイナンシャルアカデミーでは以下のコースをご提供しております。

メインスクール

1.株式投資スクール

ファイナンシャルアカデミー担当者
株の仕組みから株式売買のタイミングまで株式投資について学べるコース。

受講生の7割以上がプラスの運用実績で株式投資に必要なノウハウがすべて学べると人気です。

2.不動産投資スクール

ファイナンシャルアカデミー担当者
物件選びからリフォームまで、初心者でも不動産投資家になれるコース。

平日夜や土日も開催しているので、サラリーマンとして本業で稼ぎながら副収入として家賃収入を得たい方を中心に人気を集めています。

3.外貨投資・FXスクール

ファイナンシャルアカデミー担当者
FXの仕組みからリスク管理の方法までFX投資に必要なノウハウをすべて学べるコース。

よく海外に行く為、円安円高に敏感でFXをやってみたいけど、始め方がわからず今日まで何もしていない人などにおすすめです。

4.お金の教養スクール

ファイナンシャルアカデミー担当者
家計管理、ライフプラン、税金など身近なお金のことについて学べるコース。

初・中級者向けのコースで、初めてお金について勉強する人たちにも分かりやすいと好評です。

5.定年後設計スクール

ファイナンシャルアカデミー担当者
家計管理から相続・終活など定年後のお金について定年前に学ぶコース。

人生100年時代をどう乗り切っていくのか、現役時代から考えていきます。

現場社員おすすめのコースは「お金の教養講座」

ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座
ファイナンシャルアカデミー担当者
年間3万人が受講する「お金の教養講座」が、私達の一番のおすすめになります。

この講座は、無料で受講でき、3〜4時間かけて次の6つについて学びます。

  1. 効果的に家計簿をつける方法
  2. 効率的に貯金する方法
  3. 収入の2割を自動的に貯める方法
  4. マイホームや保険など、大きなお金を使う時に失敗しない方法
  5. 資産運用でお金に働いてもらう方法
  6. 自己投資について

その上で3つの資産運用についての特徴を知り、自分の興味関心にあった運用方法を知ることができます。

社長「泉 正人」はどんな人?

ファイナンシャルアカデミー担当者
ファイナンシャルアカデミーを創業したのが、代表・泉正人です。

今から20年程前に、社会に出たばかりで貯金もまともにできていなかったという、当時の泉は「お金の正しい使い方、管理の仕方、増やし方」といったお金のマニュアルを誰からも教わっていないことに気づいたそう。

家賃やローン返済のために生活費を削ったりと、当時の泉は「将来への不安」を抱えながら毎日を過ごしていた中で、誰もが正しいお金の知識を付けられるようにと創業したのがファイナンシャルアカデミーでした。

今では、従業員にも、お金の教養を高めてほしいと「世界一研修」という研修もスタートさせました。

「世界一」という研修の名前は、「社員のお金の教養が世界一高い会社」を目指すというミッションからついた名前で、社長の泉・自らが講師を務めることもあります。

社員はみな研修を楽しみにしています。

採用情報

ファイナンシャルアカデミーの採用サイト画面
ファイナンシャルアカデミー担当者
2017年、2018年あたりから、成長のカーブが急になってきたように思います。

その中で採用活動はとても重要で、金融経済教育を広めたい、という同じ目標を持って、個人のスキルを活かして会社と個人の成長を作り上げていく時期に来ているように思います。

ぜひファイナンシャルアカデミーで働いてみたいという方はご応募くださいませ。

求めている人物像

ファイナンシャルアカデミー担当者
「社員それぞれの個性を大切に、長所をとことん伸ばす」というのが、ファイナンシャルアカデミーの人材育成の基本方針です。

そのため、社員一人ひとりが異なる長所や個性を持っていて、多様な人材が集まっていると思います。

求めている人物像は、早い意思決定が行われていく社風の中で、それぞれの強みを生かして役割を実行していける人、ベンチャーらしい成長過程の社風を楽しめる人を求めています。

入社のメリット

ファイナンシャルアカデミーの社内
ファイナンシャルアカデミー担当者
自社講座を無料で受講できます。

お金の教養を教える学校として、自分自身も学んでお金の教養を高めたい人は、受講し放題です!

昇給の機会も、年4回(4月、7月、10月、1月)あり、3ヶ月ごとに目標設定をしてその達成度に応じて昇給が可能です。

平均年収

ファイナンシャルアカデミー担当者
年収は役割によって異なります。また前職の収入も考慮されます。
  • 執行役員・エグゼクティブマネージャークラス:800万円~3,000万円
  • 部長クラス(シニアマネージャー)500万円~1,000万円
  • 主任クラス(マネージャー)300万円~600万円

採用面接で重要視するポイント

ファイナンシャルアカデミー担当者
ファイナンシャルアカデミーの理念や考え方を共有できる方、自信を持ってプロフェッショナルな仕事を追求できる方、責任感・チームワークを重視できる方、高い自己成長を目指す方、第二新卒歓迎、業界の経験は不問です。

ご自身の強みをしっかり面接で伝え、一緒にチャレンジしていく意欲を示していただくと良いと思います。ご応募をお待ちしています。

社員の評判Q&A(新卒社員編)

編集部
ここからは、実際にファイナンシャルアカデミーで働く新卒社員の方に、インタビューしてみました!
「マーケティングチームに2016年に新卒で入社した社員、M.N様からの評判」です。

Q.入社を決めた理由は何ですか?

新卒入社 M.N様
金融経済教育を、小学生から大人まで、日本人の隅々に広めていくという企業理念に強い共感を覚えたことが一番の理由です。

自分が仕事を選ぶ上で、とても大事にしていることが、自分が関わっている仕事が世の中の役に立つと胸をはって思える仕事かどうかです。

ファイナンシャルアカデミーは、そんな自分が働く場として最適だと思いました。

Q.入社してみて、ファイナンシャルアカデミーの良いと思ったところを教えてください。

新卒入社 M.N様
一つ目は、会社が急速に成長していること。会社の成長の過程で自分が働いていることで、自分自身もたくさんの刺激を受けて成長につながっています。

二つ目は、経営者との距離が近いこと。月1回の全体会という会で、社長の言葉を直接聞けたり、自分の部門は社長直轄のため、社長との打ち合わせがありますが、若い自分にとって、経営者の考えやメッセージを直接聞ける機会は、ありがたいと思っています。

最後は、社員の受講制度があることです。金融経済教育を広めるために、自分自身の金融リテラシーを高めることは大事だと思いますが、その環境があることはとても助かります。

Q.入社後はどのようなモチベーションで働いていますか?

新卒入社 M.N様
入社直後に、未経験だったマーケティング部門に配属になりました。

金融経済教育を広めることを「受講生を増やす」という役割を通じて実現できていると思っていて、多くの人に「ファイナンシャルアカデミーを知ってもらう」、多くの人に「体験してもらう」機会を自分が作っていることは、大きなモチベーションに繋がっています。

また3ヶ月に1回、昇給の機会があるのは良いと思っています。3ヶ月間、自分の役割をしっかり全うすることで、そのまま昇給という評価につながるのは、仕事をするモチベーションにもなります。

Q.どのような後輩に入社してもらいたいですか?

新卒入社 M.N様
金融経済教育を広めたい、という同じ目標意識を持ったかたがたくさん入社してくれると嬉しいです。

金融の知識がなくても全くなくても、大丈夫です。ぜひチャレンジしてみてください。

社員の評判Q&A(中途社員編)

編集部
さらに、ファイナンシャルアカデミーで働く社員の方に、インタビューしました!
「Webデザインチームに2018年に5月中途で入社した社員M.M様からの評判」です。

Q.入社のきっかけは何ですか?

中途入社 M.M様
新卒から夢中で働いてきて、20代の終わりに、これからどんなキャリアでどんな仕事に関わっていこうか考えた時、ファイナンシャルアカデミーのことを知りました。

Q.入社を決意した理由は何ですか?

中途入社 M.M様
前職ではWebデザインをしていました。

転職を決断したのは、前職は少しライフワークバランスが悪く、仕事に偏重しすぎる生活になりそうで、これから5年、10年と長く働いていきたいと思っている中で、自分のプライベートも大事にできる余裕を持ちたかったことと、仕事面では、アウトプットだけではなく、インプットをしていきながら、自分の成長を実感できる場を探したいと思い、転職を決意しました。

ファイナンシャルアカデミーは、面接で業務内容や仕事環境、社風などを聞いてみると①自分のスキル(Webデザイン)を活かせること、②ライフワークバランスを適度にとりながら働けること、③知識やスキルのインプットができる環境であること、の3点を満たした自分にピッタリの会社だと思い、即入社を決断しました。

Q.実際に入社してみていかがでしたか?

中途入社 M.M様
入社してみると、一人でも多くの人に「金融リテラシー」をつけるという理念もすばらしく、自分が誇りをもって働いていける場だなと改めて実感しています。

経営陣との距離も予想以上に近く、自分が所属しているWebチームは黒川取締役の管轄、兼務している別の部門も、泉社長の管轄だったりと、週1ペースで役員を交えた定例ミーティングがあって驚きました。

ただ、役員を交えた打ち合わせは、意思決定も早く、新しい企画やアイディアもどんどん出てきて刺激的で、自分自身もやりがいを感じました。

Q.転職して良かったと思うことは何ですか?

中途入社 M.M様
まずオフィスが快適です。1日8時間過ごす会社ですので、仕事をする空間は大事だと思います。

丸の内本社のオフィスは、丸の内の仲通りに面した窓が大きく、とても開放的。夕方になるとイルミネーションを目の前に眺めながら仕事をして、制作ディレクションを集中してこなすのに最高の環境です。

次に、仕事の効率化を大事にしており、仕組み化が進んでいるところ。私はWeb制作を担当していますが、ペーパーレスでのやり取りや、メーリングリストを使ったチーム内の情報共有、数字集計など自動化できるものは人の手をつかわない、など効率よく仕事ができる仕組みができていて、自分自身もアウトプットに集中できます。

最後に、今、私は株式投資スクールを受講中ですが、社員の受講制度があること。自分の金融リテラシーも高められる環境はとてもありがたいです。

Q.最後に転職中の方にメッセージをお願いします。

中途入社 M.M様
長く働ける会社を探していて、自分の成長を楽しみながら、会社の成長にもしっかり貢献していきたいと思ってもらえる人におすすめの会社です。

転職活動は「入社してみないと分からない」部分はあると思いますが「入社するまで分からなかった」部分が、ファイナンシャルアカデミーは期待以上に良かったと思っています。

スタッフ同士はとても仲がよく、30代と40代が多いのですが、もっと20代も増えるとよいと思っています。

まとめ

編集部
以上、ファイナンシャルアカデミーについてでした。

ファイナンシャルアカデミーは東京、大阪、ニューヨークに校舎を持つ、日本最大級の総合マネースクール。生徒さんはもちろん、社員になると自社の講座を受講し放題!

そのため、働きながら金融リテラシーも高められ、お金もどんどん貯まっていきそうです。

がむしゃらに働くだけでなく、ワークライフバランスにも配慮している会社だそう。

仕事もプライベートもお金関係も上手くいかせたい人は、ファイナンシャルアカデミーに勤めてみるのもいいかもしれませんよ!

会社概要

学校名ファイナンシャルアカデミー
運営法人日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
所在地東京校事務局:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1
大阪校事務局:〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-12-4
ニューヨーク校事務局:211 W 58th St, Apt 10 New York, NY 10019
設立2002年6月13日
代表取締役泉 正人
資本金1億円
従業員数71名(2018年12月31日現在)
※グループ全体の社員数(業務委託・パートは除く)。