EPARK歯科|会社の評判と採用を3人の社員にインタビュー

EPARK歯科|会社の評判と採用を3人の社員にインタビュー
編集部
EPARK歯科とは全国の歯医者・歯科医院を検索することができる業界に特化した検索サイトです。EPARK歯科から検索できる歯医者さんの数は2017年7月現在で56,640医院もあり、ホワイトニングやインプラントなど診療項目などを選択して検索することもできます。今回ジョブアピでは、EPARK歯科を運営するエンパワーヘルスケア様にそのEPARK歯科の仕組みについてや自社の採用PR情報をインタビューすることができました。
EPARK歯科を運営するエンパワーヘルスケアの社員から最初に一言!
「医療×IT×EPARK」で医療業界の新常識を、本気で創りあげている会社です。

EPARK歯科の仕組みとは?

EPARK歯科は「あなたに合った歯医者探しをお手伝い」をテーマに、医療機関ではまだまだ普及が足りない「ネット予約機能」や、歯が痛いときなどの緊急時に、すぐに診療できる歯医者を検索できる「今すぐ予約」、キッズスペースやバリアフリーなど、それぞれに合った設備や特徴を探せる「こだわり検索機能」などで、歯医者さんと患者さんのマッチングをサポートしています。

取材班が取材する!

信頼性重視の方は、「先生」や「口コミ」から検索することもできます。医院の詳細情報や写真も、一件一件取材班が取材をしており、できるだけありのままに医院の方針や先生の考え方を皆さんにお伝えし、ミスマッチが起きない様、医院情報を発信しています。

ユーザーに向けた良質なコンテンツを掲載

また、歯医者さんの検索だけではなく、歯のお悩みを先生から直接回答がもらえる「歯のお悩み相談室Q&A」や、「歯の教科書」等、先生が監修するお悩みコラムなど、総合的に歯に関する悩みを解決できるような、ユーザーが本当に求めるコンテンツを考え続け、運営しています。

編集部
なるほど!現代には必要不可欠なインターネットを活用することで患者さんと歯医者さんのマッチングをサポートすることを目的としているわけですね。たしかに急に歯が痛くなった時に近場で歯医者さんを探そうとしても信頼できるところなのか、いつがお休みなのかわからないことが多く、電話番号を探す手間を大変ですよね。その行動を全て一本化したのがEPARK歯科ということでしょうか。

EPARK歯科は「細かな検索条件で患者さんと歯医者のマッチング」

EPARK歯科では患者さんと歯医者のマッチングを目的としているため、細かい検索条件の設定をすることができます。患者さんによって歯医者さんを選ぶポイントは異なりますので、細かい項目に分けて検索機能を付けております。

地域や路線・駅で検索する

地域や路線・駅で検索する

地域を選択して患者さんのお住まいの近くで探すことも可能です。全国の歯医者を検索することができるので、安心してお探しいただけます。

人気のエリアやキーワードから検索もできる

人気のエリアやキーワードから検索もできる

EPARK歯科で人気とされるキーワードや駅、エリアで検索することができます。

その他、病状や治療方法などからも検索可能

その他、病状や治療方法などからも検索可能

その他にも病状や診療項目によって検索することもできますし、歯医者のこだわりでの検索も可能です。EPARK歯科ではマッチングを重視していることから細かい検索条件でも対応できるよう運営しております。

EPARK歯科に掲載される流れとは?

編集部
EPARK歯科が非常に便利だとわかってきました!それではEPARK歯科に掲載されている歯医者さんってどんな流れで掲載・取材されているのでしょうか!ズバリここも聞いてみました。

①お申込後に取材担当がインタビュー

まず、EPARK歯科にご興味を持っていただいた歯科医院さんに営業担当がサービスのご説明させていただきます。ありがたいことなのですが、近年では、ご参加いただいている医院さんの半分以上は、サイトを見てのお問い合わせからか、参加医院からのご紹介をいただいて医院さんからご連絡を頂いております。お申込みいただいた後日に、あらためて取材担当が撮影とインタビューにお伺いさせていただき、医院の特徴やスタッフの笑顔を引き出していきます。

②取材後に制作

そのインタビュー素材から制作担当がページを作成します。キャッチフレーズや紹介文で、特徴がわかりやすく、ありきたりではなく、ありのままの魅力を出せているかがポイントになります。そして、先生に出来上がったページを確認していただき、微調整を行って掲載となります。

EPARK歯科を利用してもらいたい人たちとは!

  1. 時間を大切にしたい人
  2. ネット予約を使いたい人
  3. 自分に合ったかかりつけ医を探したい人

上記にあてはまる方々には特に使っていただきたいです。

「時間を大切にしたい人」と「ネット予約を使いたい人」は近いと思うのですが、例えば電車の中や、職場の事務所、深夜など、すぐに歯医者に電話をしたくてもできないときでも予約ができるということで、時間を有意義に使うお手伝いできればと考えています。

「自分に合ったかかりつけ医を探したい人」については、こだわりが十人十色あるはずですので、医院や先生の特徴からの検索ができる情報や、医院の思いや考え方を深く知ることができる記事、雰囲気が伝わる写真などを私たちが懸命に取材して集めていますので、多くの情報から自分にあった医院が見つかるはずです。

社員がEPARK歯科にかける想い

社員ひとりひとりが「本当にユーザーの為になるサービスを提供したい」という強い信念のもの働いています。医療業界は人の健康や、しいては命に関わる部分がある業界ですので、サービスに妥協が許されません。そのためもあり、ユーザーの目線に立って、患者さんのためになることを最優先にする考え方が必然として身についている社員が多いです。

EPARK歯科を運営するエンパワーヘルスケアとは

EPARK歯科を運営するエンパワーヘルスケアとは
編集部
EPARK歯科を運営しているエンパワーヘルスケア株式会社とはどんな会社でしょうか。

設立は2000年5月19日で2016年9月30日時点では従業員数は323名とかなり勢いのある企業と言えます。エンパワーヘルスケアはEPARK事業中心に医療系に特化したメディア運営、受付管理システム、スマートフォンアプリ、クラウドサービスのホームページ制作などの各種ITサービスを提供しています。

採用活動も行っています!

編集部
EPARK歯科などメディア事業を中心に成長しているエンパワーヘルスケア株式会社では採用活動も行っているということなので、ぜひジョブアピでPRしていただきたいと思い、インタビューさせていただきました。

採用活動を行う背景は?

2014年1月からEPARK歯科事業が約20名で始まり、現在ではEPARK医療関連で約400名の組織になっています。募集背景としては、参加医院が増え、利用者も増え、規模が拡大したこともありますが、よりユーザーに対して良いサービスを提供するためには、「情報の品質」を上げなければいけないと考えています。そのために、現在サービスをプロダクトしている「メディア企画」の人材強化として採用活動を行っています。

求めている人物像は?

「ルールの中で、新しいものを生み出せる」走攻守どれにもチャレンジできる人物像が理想です。医療広告ガイドラインや薬機法など、医療業界にまつわる「正しいルール」を守り、「真実の情報」を提供し、他にはない、「便利に安心して医療機関を探せる」インターネット環境を、自分たちで創るという使命感を持って走れるメンバーを求めています。

入社するメリットはありますか?

とにかく事業の成長スピードが速いため、社員もそれに伴い成長スピードが速いです。また、他社では確立できていないサービスでもあるため、新しいことに触れる経験はどこよりも多いのではないかと思います。知識としては、社内ライセンステストや教育制度も整備しておりますのでインターネット業界未経験の方でも数か月で戦力になれているかと思います。

入社後の最初のミッションは?

メディア企画部で最初に学んでいただきたいのは、繰り返しになりますが「情報の質」になります。そのため、医療業界のルールやユーザー目線を学んでいただきながら、記事のチェック業務をして頂くことが最初のミッションになるかと思います。その後、本人の適正に合わせて、プロモーション担当や企画担当、コラム記事担当やレギュレーション担当、マーケティング担当や制作担当、提携担当など多岐に渡る役割に移っていく流れになります。

求職者へ一言!

旅行業界はインターネット予約により、更なる発展を遂げました。医療業界は私たちが広げているインターネット予約により、更なる発展を遂げることができると信じています。ユーザーの為に、医療業界の発展の為に本気で働くことに魅力を感じたら、一度話を聞きに来てください。

EPARK歯科の社員に評判をインタビュー①

EPARK歯科に2015年9月に入社したメディア・企画部の岡田様
編集部
EPARK歯科のなかでも女性が活躍している人が多いのが企画職の「メディア企画部」です。今回は2015年9月に入社したメディア・企画部の岡田様に会社の評判についてインタビューさせていただきました。

入社を決めたきっかけは?

もともとは、EPARKクリニック・病院の前身となるサイト(ファインドクター)の営業として新卒入社しました。このとき、契約をしていただいたクライアント様への「取材」と「コンテンツ制作」も、営業部の業務のひとつとして実施していたのですが、わたしは、昔から”何かを創る”ということが好きだったということもあり、取材した情報をサイトのコンテンツとしてつくりあげることがとても面白くて楽しくて…熱中している自分に気付いたんですよね。そのことがきっかけで、サイト制作に特化した部門である「メディア・企画部」を志願しました。

前職の退職理由と現在のモチベーション

仕事のモチベーションは、自分自身の”伸びしろ”に気付けることですね。具体的には、メディア・企画部のメンバーは一人ひとり、専門とする分野が異なるので、すこし意見交換するだけでも「あ、こういう方法があるんだ!」っていう、気づきがあるんです。いい仕事をするためには、新しい発見と、自分自身の成長が不可欠だと考えているので、こういう環境に身をおけることにアドバンテージを感じています。

あとは、もちろん給料や評価も重要ですよね(笑)うちは、『完全実力主義』を貫く会社なので、成果を出せば給料も上がるし役職も上がります。そういう意味でいうと、わたしはメディア・企画部へ移動してから、1年半で2度役職を上げることができたのですが、こういうことも努力次第でふつうにあり得る話ですから、新しく入社される方にも是非目指してもらいたいです。

働きがいを感じる瞬間は?

「医療機関のネット予約」はまだまだ日本では浸透していないシステムですし、手探りな部分もあります。ですが、自分の制作したコンテンツを通じて、毎月多くのユーザー様が予約をしてくださっている。その結果を見ると、EPARKの予約システムはやっぱり必要とされているんだなぁと実感します。手探りを確信に変えていく、ここにやりがいを感じています。

感動した瞬間は?

私たちはチームで稼働しており、毎月それぞれ高い目標数値を追っています。時には、なかなか達成するのが難しいと思われる状況もあります。そんなとき、チーム全員で知恵を絞り、目標を達成できたときは本当に感動しました!

会社の長所

チャンスを与えてもらえるところ!

「チャンスをつかめるかどうかは自分次第」という言葉がとても似合う会社だと思います。一人ひとりの成長を大切に考えている会社なので、自分に与えられた仕事に120%で答え続けることができれば、どんどん仕事の領域が広がり、どんどん大きく責任のある仕事を任せてもらえます。意欲の高い方は、こういうところにモチベーションを感じられる方も多いのではないでしょうか。

必要なコストを必要なだけ大きく使わせてもらえるところです!

「もっとコストがあれば、あんなこともできたのになぁ…」という境遇に出会ったことが、幸いにも私はありません。もちろん、なんでもかんでも思いつきで実行させてもらえるという話ではないのですが、サイトの伸張に効果があるという見込みさえあれば、大きく投資してもらえるので、羽を伸ばしてプロジェクトを進めることができるのは、良いところだとおもいます。

尊敬できる上司がたくさんいるところです!

私が仕事に一生懸命になれるのは、「ついていきたい!」と思える上司がいるからだとおもいます。本当にすごいと思える方々の間近で、仕事に対する考え方や、部下のマネジメントなどを学べるのでいい経験になります。

現在の目標

EPARK全業種のコンテンツの品質を、それぞれの領域で最高水準にすること!私が最も得意とする領域は、PDCAを回しながらユーザーニーズに最大限応えられるコンテンツを作成することです。なので、まだまだ最高水準にはほど遠いですが、このまま試行錯誤を続け、日本中の方々に「やっぱりEPARKがいいよね!」と言ってもらえるような、高品質にこだわるコンテンツの責任者になることが目標です。

EPARK歯科の社員に評判をインタビュー②

EPARK歯科のメディア企画部に2017年4月に入社した劉さん
編集部
続きましてEPARK歯科のメディア企画部に2017年4月に入社した劉さんにインタビューしました。

入社を決めたきっかけは?

大手企業に入って安定したキャリアを選ぶより、メガベンチャーでアドベンチャーしたいという気持ちで入社することを決めました。 そして今の会社を選んだ理由として、自分のアイデアを提案しやすい環境であり、若いうちから責任ある仕事も任せてもらえます。失敗を恐れないでどんどん挑戦して、仕事で世の中にいい影響をもたらすことが目標です。 

就職活動で苦労したことと現在のモチベーション

外国人でありながら、自分が伝えたいことをいかにして、うまく伝えるかを日々考えてきました。何を答えるとか考えておきすぎて、考えてきたことを聞かれるとスラスラ言えるのに、考えていないことを聞かれるとしどろもどろになってしまっていました。そしていくつかの面接で失敗して、いかに準備するよりも、コミュニケーションを通して、素直な自分を出すことで、評価をえられ、内定を取れるようになりました。

働きがいを感じる瞬間は?

自分はメディア部に所属しており、病院・クリニックの有料検索広告を作っています。自分で検索し、自分が考えた広告文を見たときに、非常にやりがいを感じています。私が作った広告を通して、待ち時間もなしで病院に行けた人がたくさんいましたねって会社に入ってすぐ実感できました。これからも広告を通して、社会に貢献したいと思っています。

感動した瞬間は?

最初は不安と緊張を気持ちを抑えながら、仕事をしていました。そして、自分の生活習慣の問題で頭痛で困り、いろいろな病院で診てもらい、会社を休んじゃいました。上長は大丈夫かな、慰めてあげてねって同期に何回も言いました。いつも厳しく指導してくれている上長がやさしく心配してくれて、すごく感動しました。

会社の長所

実力主義

年齢、国籍、性別を問わず、成果を出すことで、役職が上がります。

将来性がある

社会貢献度が高い会社なので、会社も従業員も成長できます。

人材育成に力を入れている

さまざまな研修制度に参加できます。

現在の目標

私は社内異動制度を使って、さまざまな知識を身に着け、自分で提案するようになり、会社で海外新規事業を立ち上げたいと思います。EPARKというブランドを世界に発信したいです。将来的には起業支援制度を使い、社会に貢献できるような会社を作りたいです。EPARKはきっと私を育てくれる力があると信じて、社会、そして会社に貢献できる自信を持って、歩き続けます。

EPARK歯科の社員に評判をインタビュー③

EPARK歯科のメディア企画部に2016年8月に入社したターニャさん
編集部
最後は3人目のインタビューとなりましたが、メディア企画部に2016年8月に入社したターニャ様です。

入社を決めたきっかけは?

私はインドに住んでた時から、日本の働き方にとても興味がありました。日本人は仕事する時に、だれよりももっと細かい所までちゃんと考えて、安全なシステムを作るように頑張る国だと世界でよく言われています。EPARK歯科のことを初めて聞いた時に一番興味あったのが、日本で医療ビジネスを良くすることを目的としていることでした。それは、会社が国を手伝おうとしていることを意味すると私は考えます。

カスタマーにとってマッチした歯医者を探すことを簡単にすることで、日本にいる人を手伝おうとしています。また、世界では遅れているといわれている日本人の歯に関する意識を芽生えさせることで、予防歯科にも役立つと考えます。カスタマーにとってメディカル・健康のことが何よりも大事で、このことでカスタマーはリスクを受けたくないし、安心して歯医者さんに行きたいと思います。

EPARK歯科はそのカスタマーとダイレクトに関係がある会社ですし、私はカスタマーの立場から考えるのが一番好きなので、この会社に入社しようと思いました。外国人として、海外の考え・海外で生まれたアイデアを出して、日本に役に立つことができたら、いいと思います。それと一緒に日本のシステム・ビジネスを詳しく知ることもできるし、深く知ることで改善・自己成長に繋げていきたいと思っています。

働きがいを感じる瞬間は?

仕事でやりがいを感じるのは、カスタマーからの満足を見る時です。EPARK歯科での仕事は、カスタマーの満足と直接つながっています。EPARK歯科は全部のビジネスをWEBサイトでしてるので、カスタマーに満足がなかったら、どんどん離れていきますし、満足があればカスタマーはリピートして使ってくれます。

新しく企画した時、もしくは改善したシステムができた時に、カスタマーがそのシステムを使ってくれた。それだけではなく、前よりも多くのカスタマーが使ってくれる様になったことを見ると、自分が良い仕事できたと、やりがいをすごい感じます。この会社で私はSEOの仕事をやっています。どんな仕事かというと、いいシステムができた時にカスタマーにそのシステムを見てもらえなかったら、システムは無駄になってしまいます。SEOはWEBサイトのことをカスタマーに知らせることを目的としています。

簡単に言うと、カスタマーがインターネットで歯医者について何か調べる時に、GoogleもしくはYahooなどを使った時に、検索結果ページでEPARK歯科がいいランキングを取ること。これがSEOのメインの目的です。なので、大きな責任があると感じています。

このメインの仕事だけでなく、同時並行で予約システムを良くするために色々と企画を行うこともでき、色々な角度からカスタマーのリアクションを見ることができるので、EPARK歯科での仕事は本当にやりがいを感じています。

感動した瞬間は?

海外分析して発見したテクノロジーが日本では、まだできていなかったのですが、一生懸命分析して会社に提案しました。経営陣からぜひやってみて。というお言葉を貰って、体制を作っていただいて、新しいプロジェクトを行うことになりました。色々大変なこともありましたけど良い結果を作ることができて、自分がやったことでどれだけ効果があったかを感じて、感動しました。会社からこんなサポートを貰って嬉しかったです。それ以降も、いつも新しいクリエティブな提案を出す様にしています。こんな時にモチベーションもアップになりますね。

会社の長所

いつも成長のことを考えていることです

成長といっても色々な成長があると思います。会社の規模の成長、売上の成長…etc。私が、この会社で特に成長について考えていると感じるのは、国の医療成長と社員1人1人の成長です。この2つが成長したら自然と会社は成長していくからという理由で、会社員とカスタマーを一番にしていることが本当にいいところだと思ってます。

上司との環境がとても良いことです

何かわからないところや、大変なことや、納得し切れていないところがあったら、いつでも上司はコミュニケーションを取ってくれて、不安を解決するために一番ベストな方法を探すようにしてくれています。私は特に自信を持ってこのことが言えます。外国人なので、日本の文化との違いもあって、不安なことがいっぱいありました。

でも、それについて私は簡単に上司とコミューニケーションをとることができました。私の上司がどれだけ忙しくても、私の不安を解決してくれました。だから満足して仕事ができています。会社で経営陣も会社員に向けて、自分の意見・会社の方針を伝える機会を多く作ってくれますし、会社員の意見も聞いてくれます。どれだけ忙しくても、会社員の満足を一番大切にする会社です。

EPARK歯科は変化にも柔軟に対応する文化を持っていることです

新しいテクノロジーも含め新しいアイデアには常にアンテナを張っていて、自分たちのシステムを良くする為のアイデアは、いつでもウェルカムな状態を作っています。ITについて新しいニュースのほとんどは、最初に海外でリリースされます。その後、時間がたってから日本でリリースされ始めます。私は、海外で出始めた情報をキャッチする習慣をつけ、この会社に色々提案したことがありました。会社は良くするためのアイデアは、どんどんチャレンジしていこう!世界レベルのいいものを作っていこう!と、私からの提案を聞いてくれたし、それによって改善企画を色々と行わせてもらいました。今までのものを変えるのは簡単なことではないことなのに、提案を聞いてくれ、チャレンジする機会を作ってくれた会社に感謝しています。

現在の目標

日本語ができなかった私でもこの会社で成長ができています、これだけ社員のことを大事にする会社で働いて、色んなことが分かりました。

  • 自分のパッションを見つけて、仕事を一生懸命やる人
  • カスタマーと直接つながる仕事が好きな人
  • 言われたことだけじゃなくて、自分でも考えられる人
  • カスタマー心理に興味がある人
  • 自分のポテンシャルにチャレンジしたい人

この5つに当てはまるのであれば、EPARK歯科での経験が本当に役に立つと思います。どの会社でも辛いことがあると思いますが、その時に会社の考えと自分の考えをマッチできると感じることができたら、あきらめないで頑張ることができると思います。EPARK歯科は自分の考えを聞いてくれるし、会社の考えを伝えてくれるので、考えがマッチして、働くのに良い環境を作ってくれます。

会社概要

会社名エンパワーヘルスケア株式会社
設立2000年5月19日
従業員数323名(2016年9月30日現在)
資本金1億円(2016年9月30日現在)
主要株主株式会社アイフラッグ
取引銀行りそな銀行/みずほ銀行
本社〒105-0011
東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館1F
加盟団体
ユビキタスラーニング推進協議会 会員
東京商工会 会員
日本歯科コンピュータ協会 会員
メディアEPARK歯科
EPARK歯科|会社の評判と採用を3人の社員にインタビュー

この記事が参考になったらシェアして「みんなに教えよう」